« UCの現状(2014.12.07) | トップページ | ペニーサックのイズミジャイアン・ホロ »

2014年12月 8日 (月)

ビヒダスBB536を定期購入

先日のこちらのビヒダスBB536等のエントリーのあと、UCによる大量下血で緊急入院となりました


入院中にそれなりな余裕ができてからは、もうこんなのは嫌だと思ってUCに効果のありそうなものを探してみたところ

簡単に見つけることができました


ビフィズス菌BB536とは - 潰瘍性大腸炎の緩和作用
http://bb536.jp/morinagamilk/morinagamilk05.html


そう、森永乳業さんのBB536のサイトです

そのサイトの説明は

軽症から中等症の潰瘍性大腸炎患者14名に、治療薬とともにビフィズス菌BB536を1日2000~3000億、24週間摂取してもらったところ、14名中12名で症状のスコアが低下し、10名は緩解(かんかい)にいたりました。

※緩解:症状が軽減または消失すること。治癒とは異なり、完全に治癒しない病気などで用いられる言葉

という内容


UCの症状が出ているときに飲む量は半端じゃなく多いものの、それでもBB536はUCに効果があるというのを意識することができました

また他のサイトでは、寛解時に適量を飲み続けると寛解維持し易いという情報もありました


これは続けなければと思い・・・


この前買った瓶タイプではなく、こちら定期コースに申し込み

Mn_bb536_gp_1

その初回分が、入院中に到着していました


キャンペーン中だったからか、おまけで1週間分のサンプル付

Mn_bb536_gp_2

こちらの製品は瓶のものより1カプセルあたりの菌量が多いのか、通常は2錠/日でいいみたいです

2錠でもビフィズス菌は150億個


今後は毎月ほぼ同じ日に1ヵ月分が届けられますので、こちらを日々飲み続けてみようと思います


現在は、入院の途中から経口投与に変わったプレドニンをまだ飲んでいるからか、昨年秋頃の寛解時以上に、大腸が働いていることを実感できています

この先、プレドニンの投与が終わっても、ずっとこの状態を維持出来るといいな

« UCの現状(2014.12.07) | トップページ | ペニーサックのイズミジャイアン・ホロ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« UCの現状(2014.12.07) | トップページ | ペニーサックのイズミジャイアン・ホロ »