« 2014.12.05時点のシーバスタックル | トップページ | 退院祝いにティンバーロング150 »

2014年12月 5日 (金)

OCEA EX8 PEを巻いてみた

先日購入したシマノ史上最強PE


シマノ「OCEA EX8 PE

Oceaex8m1412_1

早速ですが、パッケージに書かれている適合リールに巻いてみることにしました


ラインを巻く時にいつも使っているのが、第一精工「高速リサイクラー2.0

Oceaex8m1412_2

初代の高速リサイクラーより、強めのテンションを掛けて巻く時の安定感が良い


・・・


まずは、シマノ「'13 ステラSW 8000HG」に巻いてみることにしました

Oceaex8m1412_3

この8000番は、PE4号が300m巻ける仕様になっています


こちらに巻くラインは

Oceaex8m1412_4

右下に8000番の表記のある、シマノ「OCEA EX8 PE4号 70lb 300m


強めのテンションを掛けてガチガチに巻いてみたところ

Oceaex8m1412_5

この状態


ラインのパッケージには300mと書いているけど、実はケチって250mくらいしか入ってなかったんじゃないの?と思える感じ

Oceaex8m1412_6

これは、このラインが細いということになるのかな


ちなみに、同じ8000番にダイワ「UVF SALTIGA 8BRAID+Si#4 60lbを巻いたときのエントリーがこちら

http://mru.txt-nifty.com/blog/2013/05/post-f93d.html


そう、ソルティガ 8ブレイド+Siよりも細いということになります

これで表記通りの強度があって扱いにも問題無いのなら、良いラインなのかもしれません


スプールエッジまでの距離があるのでキャスト時に抵抗になってしまいそうな感じではありますが、太めのリーダーを少し長めに巻き込んでこのまま使ってみようと思います


・・・


続いては、シマノ「'13 ステラSW 14000XG」に巻いてみることにしました

Oceaex8m1412_7

この14000番は、PE6号が300m巻ける仕様になっています


こちらに巻くラインは

Oceaex8m1412_8

右下に14000番の表記のある、シマノ「OCEA EX8 PE6号 99lb 300m


同じように強めのテンションを掛けてガチガチに巻いてみたところ

Oceaex8m1412_9

この状態


ラインのパッケージには300mと書いているけど、実はサービスで350mくらい入れてくれてたんじゃないの?と思える感じ

Oceaex8m1412_a

更に太めのリーダーを付けて使うことを考えると、ラインの巻きが弛んだあとのキャストでライントラブルが起こりそう


ちなみに、同じ14000番にダイワ「UVF SALTIGA 8BRAID+Si#6 92lbを巻いてみたときのエントリーがこちら

http://mru.txt-nifty.com/blog/2013/07/14000xg-d7fb.html


こちらは、同じく6号 300mを巻ききれなかったソルティガ 8ブレイド+Siと同じ位の太さの様です

6号になると、PEの標準仕様よりも太めになりがちなんでしょうか


これではダメだと思ったので

Oceaex8m1412_b

勿体ないけど、ラインのカラー5色分(50m)を抜いてこの状態にしました

実質、250mしか巻けていないことになります


・・・


あとは、これまでと同じProsele「nanodax CASTING SHOCK LEADER100lb70lbを装着し、また使用感でも書けるように妄想とイメージトレーニング、そしてその辺での練習に行きたいと思います


魚を掛けてからの強度等の感想については、気にせず余所を見て下さい(/ー\*)

« 2014.12.05時点のシーバスタックル | トップページ | 退院祝いにティンバーロング150 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014.12.05時点のシーバスタックル | トップページ | 退院祝いにティンバーロング150 »