« '14 STELLA C2500HGS | トップページ | '11 SOARE XTUNE S900ULT30 »

2014年12月25日 (木)

ラインはこれを巻いてみた

再びやってみることにした、ライトソルトウォーターゲームconfident

リールはカスタム品も揃い、今回、ラインの方も届きましたwink


バスでスピニングリールを使っていた頃に使っていたラインeye


フロロより軽く、沈まないのでアタリを取りやすい

伸びもナイロンに比べると少ないので、感度もいい

水中に沈んでいたオブジェに巻かれてズリズリしたものの、切れること無くキャッチできた

ライントラブルも無い


そんな個人的に信頼できるラインを、今回も選びましたwink

Nanodax5lb_1

サンヨーナイロン「APPLAUD GT-R nanodaX Crystal Hardshine


パッケージ裏面には、ラインの説明がありますconfident

Nanodax5lb_2

ナイロンよりしなやかで直線、結節強度はナイロンをはるかに超え、フロロカーボンにも勝る低伸度、高感度eye


今回はタックルが強めということもあり、1.2号(5lb)を選択しましたshine

Nanodax5lb_3

良く巻き替えると思い、お得な300m巻きwink


このラインのスプールは幅が広めなので、長めのシャフトに交換するのが面倒な第一精工「高速リサイクラー2.0」ではなく、初代の「高速リサイクラー」を使いましたconfident

Nanodax5lb_4

レトロな感じcatface


75m毎にマーキングがあったので、切りの良い150mを巻き上げましたdash

Nanodax5lb_5

このスプールは、ナイロンの5LBを110m巻ける仕様ですconfident


PE以外のラインをスピニングリールで使うのが久しぶりということで、ちょっと感覚がずれてしまってるのかもしれませんsweat02

ライントラブル等があれば、ラインを少なめにしてみますsweat01


そしてここからが本題ですflair


前回、ライトゲームをやっていたときは普通にPEを使っていたのに、なぜ今回はこのラインにしたかですがeye

このラインの方がスプールに巻いた時に、スプールの金色がラインに透けて見えて綺麗だからですgood


・・・というのは1/4冗談ですがsweat02


PEに比べると飛距離も落ち、感度も落ち、最近ではPEよりも優れたラインがあるというのにこのラインeye

でも、タックルもこのラインでもいいように、感度も良く、そして飛距離も出やすいロングロッドを選択しましたconfident


PEを使っていたときも、リーダーには1号や1.2号のリーダーを付けていたと記憶しているのでeye

これで食わないということはないでしょうdash

むしろ、これで食ってこない様な魚は要らないのです(`・ω・´)


またここでも書いた様に、バイトに合わせて掛けに行く必要もなく、何もしなくてもバイトがあれば勝手に乗っているgawkというのが萎えるきっかけだったことからsweat02

感度もPEや最近のラインに比べると悪く、飛距離が出ないことによるストレスを感じながらgawk

何かをやっている感」を出すための選択だったりもしますconfident


ナイロンでメバルやその時に釣れる嬉しい外道を掛けるとどんな感じなんだろう?と言う好奇心が一番の理由だったりもしますが、実際に使ってみると、これが良かったりするかもしれませんねcatface

また、寒くて手が震える中、リーダーが飛んだときに、リーダーを付けるのが面倒wobblyというのから解放されるのも嬉しいですねcoldsweats01


そんな感じで、とりあえずはこのラインを使ってやってみますwink

使ってみて気が変われば、他の飛距離も出て感度もいいラインを使い出すかもしれませんconfident

« '14 STELLA C2500HGS | トップページ | '11 SOARE XTUNE S900ULT30 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« '14 STELLA C2500HGS | トップページ | '11 SOARE XTUNE S900ULT30 »