« 釣り好きおっさん達からの退院祝い | トップページ | 2015.02.08の点検 »

2015年2月 8日 (日)

2015.02.07の海(SPMM縛り)

何でも釣れれば良いと書きつつ、何にも釣れないナウなヤングですgood


小さいミノーを使っても釣れず普通のミノーを使っても釣れないthink

偏光をかけているのがダメなんだと思って偏光をかけないで頑張ってみても釣れずgawk

もうなぜ釣れないのかsign01のネタが無くなりつつありますsweat02


そこで今回はconfident

ルアーが小さいのがダメなんだdash

と決めつけeye


準備はしたものの、あれ以来使っていなかったこちらのミノーを使ってみることにしましたconfident

Sw150207_1

マングローブスタジオ「ストライクプロ・マグナムミノーshine


タイプはフローティング

サイズは200mm

重量はリングとフック無しの状態で100gですwink


このルアーの推奨フックであるeye

Sw150207_2

C'ultiva「STINGER TREBBLE ST-66Size 4/0を装着したものconfident

重量は121gwink


少しサイズを落として浮力もアップさせたeye

Sw150207_3

C'ultiva「STINGER TREBBLE STX-58Size 3/0を装着したものconfident

重量は112gwink


更にシーバスに特化させるために小さめ?のフックにしたeye

Sw150207_4

Gamakatsu「TREBLE RB MHSize 2/0を装着したものconfident

重量は103gwink


また、更に浮力を上げたアシストフック仕様のeye

Sw150207_5

フロントフックにShout!「TWIN ASSIST 43-TASize 2/0
リアフックにShout!「CAST SPARKSize 2/0を装着したものconfident

重量は105gwink


どれもミノー自体は同じものですが、フックセッティングだけで18gもの差になりますflair


浮力や泳ぎにも差が出てくるので、その辺とカラーの使い分けでconfident

楽しんでみることにしますhappy01


・・・


前日のタックル準備ですが、リーダーをどっちにするかで悩みましたthink

Sw150207_6

シーバス狙いなので70LBでいいか、それともまさかの大物が掛かるといけないので100LBにしておくかconfident


ちなみにPEは、シマノ「OCEA EX8 PE6号 99LB 300m(弱) shine

やはり妥協は許されないということで、100LBを装着しましたgood


スナップは、いつものこれeye

Sw150207_7

STUDIO OceanMark「Ocean Snapshine

サイズは、OS6 イメージターゲット:ヒラマサ 破壊強度:58kg(128lb)ですgood


・・・


準備も整ったところで、いざ海へwave


もうこの時点でネタ釣行みたいになっていますが、気にしないで下さい(/ー\*)


・・・


現地に向かう途中、釣れていたときには良くこれを食べていたことを思い出しflair

Sw150207_a

からあげクンを買って食べるdelicious


これで釣れる確率200%アップup


持参したタックルはconfident

Sw150207_b

1タックルのみwink


タックル愛称:MRX-009 サイコガンダム()

Sw150207_c

・ロッド:ダイコー「TIDEMARK ROCKY SHORE PURGATORY TMRPS111/14PS
・リール:シマノ「'13 STELLA SW 14000XG
・ライン:シマノ「OCEA EX8 PE#6(99LB)
・リーダー:プロセレ「nanodax CASTING SHOCK LEADER(100LB)

ごく一般的な普通のシーバスタックルですwink


重いものを投げるので、指先の出ていないグローブを装着confident

Sw150207_d

DAIKO「フィッシンググローブwink


この日は、好みの潮位の時間に出発したので、何となく釣れそうな気がしないでもないconfident


いきなりバイトがあって、フックが太すぎて乗らないということを避けるためeye

Sw150207_e

アシストフック仕様のものから投げてみましたwink


数回目ということで、もうリーダーの長さもバッチリですgood

Sw150207_f

この位の巻き込みだと、バットガイドにリーダーが当たってのズババ・・・という音は出ませんwink


海の雰囲気的には釣れそうなものの、最初のカラーや他のカラーでは何の反応もありませんsweat02


80年に一度のトビウオパターンだと思ったのに、どうやら違うようですchick


そこで、前回このルアーを使った時に反応のあったカラーを使ってみることにしましたeye

Sw150207_g

フックは推奨の、C'ultiva「STINGER TREBBLE ST-66Size 4/0ですshine

暫く引いているとeye


ゴンdash

という明確なバイトfish


うぉっcoldsweats02

と思いつつsweat01


右投げ左巻きだけど、キャスト時に右手に負荷は掛けてないので、フッキングパワーは有り余っているぜフッキーングdash


乗らないgawk


・・・と、前回の釣行時と同じ様なことがありましたsweat02

やっぱりフックが大きすぎるのか、フッキングパワーが足りていないのかthink


ここまで投げてみたフックセッティングの違う同じルアーを見ていると、あることに気付きましたflair

それは、フックセッティングで泳ぎ方が全く違うというある意味当たり前のことですeye


この推奨フックであるC'ultiva「STINGER TREBBLE ST-66Size 4/0だと、スローシンキングみたいにはなりますが、とてもなまめかしく泳ぎますconfident


少しサイズを落としたC'ultiva「STINGER TREBBLE STX-58Size 3/0になると、若干動きが大きくなりますconfident


ここまではとくに違和感がないもののeye


掛かりを重視したGamakatsu「TREBLE RB MHSize 2/0のものだと、とても同じルアーとは思えないほどのロールをし、高速で引くとあまりにもロールが酷くて水面から飛び出て逃げ惑うベイトの様にもなりましたsweat02

そういう場面では効きそうな動きだったりしますが、これだと、スローに引いても動きすぎな感じですthink


フロントフックにShout!「TWIN ASSIST 43-TASize 2/0、リアフックにShout!「CAST SPARKSize 2/0を装着したものは、垂れ下がったアシストフックの抵抗でロールは抑えられ気味なもののウォブルが強めsweat02

どうやら軽めのフックをつけると、その抵抗の無さで動きが大きくなってしまう様ですconfident


その大きな動きがいい場合もあるとは思いますが、今回狙っているのは1m弱のデイシーバスなのでfish

少ない経験上、あまり激しすぎるのはダメな気がしますsweat02


そこで、同じくC'ultiva「STINGER TREBBLE ST-66Size 4/0を付けているこのカラーを使ってみましたeye

Sw150207_h

トレンディカラー、ギーゴ系のソルティギーゴですwink


フックも大きく動きを抑え、その重さで深度もそこそこになりますconfident

そしてこのカラー、背がグローなのですshine

釣れそうな予感flair


このころから、あちらこちらでナブラが起こりはじめましたfish

見た感じ、5cmくらいのイワシが散っていますsweat01

ただ、シーバスのボイルはありませんconfident


そこには鳥さんが集まり、下からは何かが突き上げているようですeye


暫く見ていると・・・アレでしたsweat02


・・・アレが入ると、釣れないと良く聞きますgawk

Sw150207_i

最初からネタ釣行で、この日も釣れるとは思ってなかったとはいえsweat02


一度当たってきたのでちょっとその気になっていたんですがup

残念ですchick


ナブラを気にせず、よく目立ちそうなこちらのカラーを使ってみましたeye

Sw150207_j

フックはC'ultiva「STINGER TREBBLE STX-58Size 3/0で、腹側がグローになっていますshine

ナブラの無い方に投げてトロトロ巻いていたところeye


ゴンdash

という明確なバイトfish


うぉっcoldsweats02

と思いつつsweat01


右投げ左巻きだけど、キャスト時に右手に負荷は掛けてないので、フッキングパワーは有り余っているぜフッキーングdash


乗ったfuji

・・・というか、乗ってた?


太めのフックを根元まで入れようと、数回の追い合わせをくれてやりますimpact


いつものシーバスタックルの時は、ドラグやレバーブレーキ等でいなしながらキャッチに向かう訳ですがclover

このタックルの場合、いなしという言葉はありませんwave

ラインブレイクの心配も無いため、ドラグも全くもって出ませんgood

ただ、万が一アレが掛かると引きずり込まれるため、それなりに弱くはしています(/ー\*)

これでバレたらバレた時dash


ゴリ巻きだぜーdash

と思いつつ巻いているとeye


見たところ80cmくらいのシーバスが水面に浮いたと思ったらfish


ルアー ポーンcoldsweats02


・・・


フッ( ´,_ゝ`)

フックが綺麗に刺さっていなかったか、追い合わせをくれすぎで穴が大きくなっていたのか( ´,_ゝ`)

質量の高いルアーは、首振りに弱いぜ( ´,_ゝ`)


シーバスが見えた瞬間、あまりにも久しぶりだったので巻きを止めちゃったのがバレた原因かな(´・ω・`)

次からは気にせず水上スキーだ(`・ω・´)


・・・


しかし、今回はバイトだけではなく掛けることもできfish

シーバスの姿を久しぶりに見ることもでき、シーバスの生命感を久しぶりに味わう事もできましたshine


満足(。・ω・。)


相変わらず、あの辺では頻繁にナブラがおこりますeye

Sw150207_k

鳥さんも、普段あまり見ない数が集まっていますconfident


あの辺に投げてもナブラが収まるだけなのでsweat02

また内側の少しドリフト気味に引いてこられる方向にキャストしてトロトロ巻いているとeye


乗らなかったものの、またしてもバイトがありましたfish


しかも中途半端な潮位になってからなので、個人的にこのルアーはやっぱり凄いと思いましたwink


こんなに生命感があるのに、釣り人は皆無eye

Sw150207_l

貸し切りの岸壁をトコトコしながらヘアヘアしようかとも思ったんですがconfident

もう満足に近い状態になっていたのと、キャッチはまた次の楽しみに取っておこうと思い始めていたのでconfident


さっきLINEに入ってきた、「お店にいいものあるよ」というのが気になったのでshine

一旦、西に向かうことにしましたdash


丁度ポリさんがナブラ情報に釣られたのかここに向かっていたようですが、すれ違いになっちゃいました(/ー\*)


・・・


暫くマユゲを眺めたり、膝から下だけ激痩せの方や、あの人をひょうたんに吸い込ませる策をJr.君に教えていた皆さんとワイワイしhappy01

良いものを貰ってpresent


また同じ場所に戻ってきましたconfident


・・・


午後からは釣り人さんもそこそこ増えていたもののeye

やっぱり角が空いているsweat02


朝と同じように、このルアーだけのローテーションを開始shine

Sw150207_m

潮位は満潮付近wave

個人的に、釣れる気がしない潮位だったりしますsweat02


さっきは中途半端な潮位で反応があったこともあり、もしこの潮位で反応があれば更に凄いと思って投げまくってみましたdash


さすがにこの潮位になるとeye

Sw150207_x

何事もありませんcoldsweats01


暫くトコトコしながらヘアヘアしてみたあとconfident

良い日に自由を頂けたことに感謝をしながら、おうちに戻りましたhouse


今回の釣行もキャッチこそ出来ませんでしたが、とても楽しかったですhappy01


次は、トレンディーなゼッタイングとか楽しそうですねhappy01

使うのはもちろん、コアマン「CZ-110 ZETTAI」もしくは「CZ-80 ZETTAI」です(*´艸`)

« 釣り好きおっさん達からの退院祝い | トップページ | 2015.02.08の点検 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 釣り好きおっさん達からの退院祝い | トップページ | 2015.02.08の点検 »