« 2015.02.21のクランキン | トップページ | シーバスノートの2とThe Live 第四章 »

2015年2月22日 (日)

2015.02.21の海

昨日のこのエントリーからの続きになりますtulip


昨日は午前中からバス釣りに行き、珍しくクランキンでバスをキャッチすることができましたhappy01

なんと、今年の初フィッシュになりますhappy02


その後、一旦家に戻ったものの、せっかくの自由の日なのに時間が余りすぎということでsweat02

潮位的に不満があるものの、ルアーを水に浸けている限り釣れない確率は100%ではないwave

と思い、海に出掛けましたwink


道中、ポリさんの車を発見eye

どこに行ってたのかなcatface


現地に着くと、何故かいつも空いてる隅っこに陣取りますconfident

Sw150221_0

風は穏やかというか、ほとんどない感じcloud


車載はこんな感じでeye

Sw150221_1

バスの時よりはいろいろと増えていますconfident


釣り人の状況eye

Sw150221_2

相変わらずですsweat02


今回のタックルは、よく使う2本の中では短くて扱い易いこちらeye

Sw150221_3

タックル愛称:ガンダムF91()
・ロッド:ダイワ「morethan BRANZINO AGS 115MH 【BLADE ROCK CUSTOM】
・リール:ダイワ「'14 morethan 2510PE-SH-LBD
・ライン:ダイワ「morethan BRANZINO 8Braid+Si#1.5(30LB)
・リーダー:ダイワ「SALTIGA LEADER Type N(30LB)


潮位はまだまだ高くeye

Sw150221_4

個人的に釣れる気がしませんcoldsweats01


それに海を覗いてみるとeye

Sw150221_5

偏光を掛けていると丸見えだったけど、デジカメには何にも写ってないsweat02

大量のクラゲgawk


ルアーを引くと、時々ポニョ、プニョっという感覚がハンドルノブに伝わってきますcoldsweats01

Sw150221_6

それでも、ショートバイトや素早い吸い込みに対応するため、レバーはロックせずにリーリングしていきますwink


何事も無く時間だけが過ぎていきますsweat02

Sw150221_7

ここで元気を出すために、ジャイアントカプリコ いちごを食べますdelicious

おいしい(*´艸`)


狭い範囲をトコトコしながらヘアヘアしていると、ケイちゃんが温かいコーヒーを持ってきてくれましたcafe

ありがとう、ケイちゃん(*´艸`)


その後も先端付近でいろんなラインを通してみるものの、相変わらず何の反応もなしsweat02

Sw150221_8

考えてみると、潮位が違ったり日が違ったりしたとはいえ、前々回の200mmで100gのミノーを使った時には、数回のバイトと1本掛けることもできましたshine

前回の110gや80gのZETTAIを使ったゼッタイングでも、何か分からないもののバイトがありましたshine


今回は普通のシーバス用ミノーを使っているというのにeye

無反応gawk

なんだか寂しいbearing

やはりアピールこそ全てなんでしょうかsweat02

もしかして、マッチザベイト?eye


そしてあるとき突然、キャスト時に大量のラインが一緒に出る症状が出ましたgawk

Sw150221_9

その時のスプールの状況を確認しておけば良かったんですが、すぐに巻いてしまって確認を忘れましたsweat02


このリールだけは例の症状が出ないと思っていたのに、まさか・・・


そう思いつつオシュレートの確認をしてみるとeye

Sw150221_a

スプールを指で引っ張り上げる際の抵抗が、新品時より随分弱くなっているような気がしましたgawk

新品時は対策されているかのように激しく硬かったものが、案外スルっと引っ張れますsweat01


数分掛けてラインを解き、その後は安心してキャストすることができなくなったので、スプール位置を確認したりしながらキャストをしましたsweat02


ただ、キャストも弱くなっていたためか、キャストした際にスプールが反動で移動することはありませんでしたconfident

たまたまかな?


次に同じ症状が出たらスプールの位置を確認し、スプールが上死点に移動していたりしたらeye

その次からは他のダイワのLBDリールと同じようにスプールを引っ張り上げてからキャストするようにしますwink


もう余り文句は言いませんconfident

このリールも、その辺を納得して買ったのですからgood


段々と潮位も下がっていき、目の前に流れの筋が出来てきましたeye

Sw150221_b

その流れの筋にミノーを通していると、これまでのクラゲとは違う何らかのベイトに当たるようになりましたfish

釣れそうな予感flair


ただここでeye

お前、1日の内にそんなに良いことが続いてそれでいいのか?

良いことはまた別の日の楽しみにしといた方がいいんじゃないのか?

という言葉が聞こえてきた気がしたのでear


好きな潮位になりそうなタイミングで、帰ることにしましたsweat02


本日使ったルアーはこれだけeye

Sw150221_c

ある意味偏ったルアーばかりだったりしますcoldsweats01


そして帰宅し、いつものようにルアーを洗ったりタックルをそれなりにメンテしたりしshine

丁度出来上がった親愛なる奥様が作られたカレーライスとハンバーグとマカロニサラダを頂きましたdelicious

おいしかった(*´艸`)


その後は冷え切った体を温めるために入浴spa

日本人に生まれて良かった(*´艸`)


・・・ということで、シーバスをキャッチするのはまだ先のようですsweat02


シーバスの場合は、そこに居るかどうかも問題ですし、居てもスイッチが入っていないと口は使いませんfish

その辺が難しいですねbearing


来週辺りから本気を出してみますdash

やっぱり、100gのミノーや大きめのポッパーやらジグやらかなshine

« 2015.02.21のクランキン | トップページ | シーバスノートの2とThe Live 第四章 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2015.02.21のクランキン | トップページ | シーバスノートの2とThe Live 第四章 »