« イグジストにライン巻いてみた | トップページ | SLASH タクティカルプライヤー »

2015年2月13日 (金)

ひっぱりあいっこしてみた

先日、釣りビジョンの番組で見た

'12 イグジスト'15 イグジストのひっぱりあいっこでのドラグの説明


強い設定の'15 イグジストATDと弱い設定の'12 イグジストUTDのひっぱりあいっこで

ガッと引くと'12 イグジストの方がラインが沢山出るものの、ゆっくり引くと'15 イグジストの方がラインが出るというやつ


最初に見たときは

'15 イグジストのATD凄い!

と思ったんですが

よくよく考えてみると

えっ?それっていいの?

と思えてしまいました


簡単に考えると、スティックのない滑らかなドラグの様に思えるんですが

それならガッと引っ張った時にもそれなりに出ないとおかしい


あの番組ではドラグは同じ強さではなく、'15 イグジストの方が強いのに、ゆっくり引くとジリジリと'12 イグジストではなく'15 イグジストの方からラインが出ていた

初動の良い滑らかなドラグという説明だったものの

それは強い設定ではなく、ガッと引いたときには出ないだけの事実上弱い設定なのでは?

と思えたのです


書いている意味が分かりますでしょうか?

あっ、ポリさんには聞いてません


良いドラグの定義とは何かということになりますが

どんな引き速度であれ、一定のテンションが掛かればそれなりに出るというのが良いドラグだと思います

強く速く引くと出ないのに、ジリジリとゆっくり引くと出るのはどうなんでしょう

それに、あんなにゆっくり泳ぐ魚は居ないような気もします

掛けられているのに気付いてない、ただ浮かんでいるだけのスナメリ君とかなら分かりますが(/ー\*)


そこで、自分なりにいろいろいと設定しながら、納得いくまでひっぱりあいっこをしてみようと思いました

ガッと引いたときに出る量を合わせてのひっぱりあいっこ

ゆっくり引いたときに出る量を合わせてのひっぱりあいっこ

それぞれの設定でのいろんな速度でのひっぱりあいっこ

魚の引きっぽいひっぱりあいっこ

とりあえずこの辺を考えながら適当に何度かやってみたので、その結果を書いてみたいと思います


※読まれる方への注意

しっかりとした計器での確認ではなく、あの番組でやっていたのと同じ、人の手による比較になります

各リールの個体差もあるかもしれませんし、型番違いでのドラグの差や、使用、未使用、使用期間でも変わってくるかもしれません

個人の手持ちのリールを個人がひっぱりあいっこしてみたらこうなったということです

動画じゃないので分かりづらいとは思いますが

その辺を考慮しつつ、(。・ω・。)へーという軽い気持ちで読んで貰えればと思います


・・・


私も'12 イグジストを持ってはいましたが、シーバス用にはレバーブレーキ付きの方が良いと思ったので、トーナメントISOを選んで手放してしまいました

持っていたのもサイズ違いですし、ドラグ力も違っていたので


今回比較するのは


シマノのフラッグシップモデル、「'14 STELLA C2500HGS」になります

14stl15ex_dc_1

スプール径が小さいものの糸巻き量は2500Sと同じで、ドラグ力は

・実用ドラグ力:2.5kg
・最大ドラグ力:4kg

となります


ダイワのフラッグシップモデル、「'15 EXIST 2505F-H」のドラグ力は

・最大ドラグ力:3kg

となります


ドラグ力は違いますが、どちらもフロロ5LBを100m巻けるリールになるので、そのクラスのラインを上手く使う場合のドラグ設定あたりで確認してみます


まずは、両方のリールのラインを結びます

14stl15ex_dc_2

番組のように硬いリングでも良かったんですが、今回はロッドにフックキーパーを付けるときに使うゴムリングが目に付いたので、それを使ってみました


この状態で、ドラグをそれなりに締め込みます

ラインテンションを考慮しない弱いドラグ力で確認しても、あまり意味が無いと思ったからです


その状態で、まずはガッと引いたときに出る量を同じに設定してみました


この調整ですが、ステラの方は数クリックで大体決まったものの、イグジストの方はクリック数が多いのと、結構決めるのに手間取りました


ガッと引いて同じ位に出る様になったところで

ガッと引いたり、ガーッと引いたりしてみたところ


ガッと引いたときには合っていたのに、ガーッと引いたときには、こんな状態になりました

14stl15ex_dc_3

本当はもっと引き出すまでやっているんですが、両方のリールが見える状態までで止めた時のものを撮影しています

比率は変わりません


ガッっと単体で引くとどちらも同じなのに、ガッガーッと引くと、ステラの方が滑らかにラインが出るのが分かりました

この状態で、ガッガッガッ・・・と短くガッっと引くのを繰り返すと、ほぼ同じ状態かイグジストの方が出し渋るという感じです

しかし、早めにガーッと引くと、ステラの方が出るという感じだったりもします

素早く、そして強めに引き出そうとすると、このATDはより強い設定っぽくなってしまうようです


その同じ設定のまま、番組でもやっていたようなジリジリっとゆっくり引いてみると

今度はイグジストの方からどんどんラインが出ていきます


なんと、こんな状態に

14stl15ex_dc_4

ステラの方は、ほとんどラインが出ていません

ただこれ、初動が悪くてラインが出ないという訳ではなく、出なくて良い状況なので出ないという感じです


そんな状態でラインを巻き取り、また同じ設定のままそれなりな速度で引いてみると、今度はステラの方からラインが出ました

いろいろやってみたところ、ATDはジリジリとゆっくり引くと出るけど、素早く引くと出にくいという感じです

逆にステラは、早く引いても普通に引いても、出るべき所ではちゃんと出て、出なくていい所では出ないといった感じ


続いては、ジリジリとゆっくり引いたときに同じだけ出る様に設定してみました


イグジストの方は、かなり強めな設定になりました

その設定で、ガッと引いたりガーッと引いたりしたときには、ATDはやはり強すぎるといった感じになりました

正直、強めのフッキングをしたりファーストランが強い魚の場合は、このままではどうだろう?という感じです

しかし、そう思ってドラグを調整すると、今度はジリジリ引かれるときに無駄に?出てしまうようになります

これだけ差があるとどちらに合わせて調整するのか悩みますが、やはりジリジリと出るときに合わせるのではなく、フッキング時やファーストランに合わせて調整する方がいいと思います


今回は魚を掛けての検証でもないですし、ただ魚はこんな感じに引くなと思いながらひっぱりあいっこしただけではありますが

そこに疑問を持つと、ダイワの人がやっていることや動画の中でやっていた電動リールで引き出す検証なんかも・・・ということになるのではないでしょうか


ステラのドラグも時々頑張りすぎるということもありますが、今回のひっぱりあいっこではそれ以上にイグジストの方が簡単に出過ぎという感じで、ATDは無理に頑張る部分と頑張らない部分の差が激しいと感じました

これはATDでもフィネスの方だからなのかもしれません

この機種より上のサイズはフィネスではないATDになっているので、動作にも違いがあるのかもしれません

別の番組で'15 ソルティガATD'10 ソルティガUTDでの比較場面がありましたが、あれは見ていて素晴らしいと思いました


どんなドラグが好みかによるとは思いますが、ファーストランやファイトのあと、魚が疲れているときにもそれなりにラインを出したいという場面では、イグジストが良いのかもしれません

必要な場面では的確にラインを出し、余計な場面ではラインは出したくないというのであれば、ステラの方が良いと思います

また、ダイワの人も動画の中で言っていましたが、ストラクチャー周りで使う場合は、'15 イグジストATDよりも、'12 イグジストUTDの方が良いのかもしれません

当然これはドラグに触らない場合の例ですので、頻繁にドラグを調整すればどうにでもなるかと思います


書いていないこともいろいろとやってみての個人的な感想ですが

ドラグを余り触りたくない人はステラ

頻繁にドラグ調整をしたい人はイグジスト

そんな風に感じました

名前こそオートマチックドラグですが、このリールのATDはマニュアルドラグだと思います


当然、リール同士のひっぱりあいっこではなく、実際に使ってみて魚を掛けてみたときにどう感じるかはまた別だと思います

ただ、ドラグは何の引きであれ、出るべき時に出るものでしかないので、そんなに違いはないとも思います


私がこのクラスのリールで5LBラインとかを使う場合は、フッキングで合わせ切れしない程度の強めの設定で使います

強めのフッキングで切れなければ、相当なダメドラグでもない限り、このリールを使う様な魚に走られたからといってラインが切れることはないでしょう

それでもこの'15 イグジストの場合は、そこに合わせるとジリジリ引かれたときにはドラグが作動してしまうと思うので、他の番組でもあったように魚を寄せるだけでドラグを出しながらハンドルを巻くといったことになるのかもしれません


いろいろと良い様に書こうと試みてみましたが、どうやっても

個人的に、ステラのドラグの方が好みです

という事実は隠せそうにありません


また、私もUTDのリールを幾つか使っていますが

個人的には、このATDよりはある意味普通のUTDの方が好みです


ただこのATDも、魚とのやりとりが何気に楽しくなりそうではあります

レバーブレーキのないリールはドラグに頼ってしまいがちですが、そこでも頼り切れずに頻繁に調整しないといけない的な意味で(/ー\*)


・・・


これだけではなんなので、部屋でクルクルしてみただけの他の感想も書いておきます

14stl15ex_dc_5

まず巻き心地ですが、ヌメヌメなステラに比べて、ヌルヌルなイグジスト

どちらも巻き心地はいいですが、巻きが軽いのは断然イグジストです


巻き感度という面でも、おそらくイグジストの方が良いと思います


ただ、引き抵抗がほとんどないようなものをゆっくり引く場合は、ダブルハンドルを抜きにしてもステラの方がスムーズに引けると思います

イグジストはローターの慣性が少ない分、手の無駄な動きがそのまま反映されそうです

当然、それが良い場合もあります


また、上のテストをしてみたところ、ラインのヨレが少なかったのもイグジストの方でした

そこそこのテンションでラインを引っ張ってドラグを出してまた巻いて・・・というのを繰り返しましたが、ラインのヨレには結構な差がありました

ただこれは、巻いているラインの差かもしれません


細かなところでは、スプールにラインの結び目を納められる窪みのあるイグジストが良いです


スプールのライン留めにしても、使い勝手の悪いステラのライン留めより、イグジストのライン留めの方がスムーズに使えます

ステラの方は太めのラインを留められるのかもしれませんが、このクラスで太めのラインを使う事なんて個人的にありません


ドラグの音は、今回のイグジストはスプールも金属になったので、キンキンという音になりました

スプールを持たずに回してスプールで音が響くようにすると、ステラというか音程は違うものの、ステラSWの音質に似ています


・・・


正直、どちらも良いリールです

2大メーカーのフラッグシップモデルなので当たり前ではありますが

ドラグにしても見た目にしても使い勝手にしても、使う人の好み次第だと思います


何となく纏まったところで、さようなら


■追記■

フィネスタイプではないATDについての個人的感想を書きました。
http://mru.txt-nifty.com/blog/2016/02/20160211-81fc.html

« イグジストにライン巻いてみた | トップページ | SLASH タクティカルプライヤー »

コメント

とおりすがりさん、コメントありがとうございます。
そうですね、今回のイグジストには、やっぱりフラッグシップとしての気品等を感じます。
今後とも宜しくお願いします。

 ありがとうございます。すっかりボディのザイオンやめたのかと思ってました。ネジヤマが旧ルビアスとか、ザイオンだと気をつかったので、OHしやすいなと期待してたので。
 でも、やっぱり欲しいです~^^。買おっと^^。今後とも楽しく読ませていただきます。

通りすがりさん、おはようございます。コメントありがとうございます。
私も他のリールでも初期ロットは恐いというのは知っていたものの、組み合わせるロッドが5月発売予定なのに急いで買ってしまいました。
その理由は、気になっていたこのひっぱりあいっこをしてみたかったからです(笑)
スプールエッジの線も事実上問題もなく、ドラグも初期ロットだからという問題ではなさそうなので、巻き心地を考慮しても特に問題なかったと思っています。
ドラグの方も実際に使ってみないと分からない事もありますし、ひょっとしたら好みに感じるかもしれません。
あと、ザイオンやめたので買いですね!の部分ですが、ボディのことでしょうか?
発売前の噂ではG1ジュラルミンになるという話もあって期待していたんですが、結局ボディもザイオンのままですね(/ー\*)

 たのしく拝見させていただきました。僕も14ステラもってますが、主なメインはイグブラや、ブランジーノ3000や、ハイパー2508等の2世代前のイグたちです。ネイティブもつかってた。
 渓流はカーディナル33です。で、リール、フルOHも自分でするんですが、あのドラッグってどうなのよ、だめじゃないの?でちゃ、と同様の疑問持ってました。
 読んで納得。素晴らしい実験です。ところでニューイグジストもぶっちゃけ、ドラグ安定機構はよくなってんでしょうし、ドラググリスかえちゃばまた好みの感じになりそうですね。 DOG1だったけな。シマノのサービスドラググリスなんかにすればいい感じになりそうかなーとおもってます。せっかくのATDぶち壊し^^
 とりあえず、ザイオンやめたので買いですね!!

ステラーさん、コメントありがとうございます。
ステラーさんって、その辺のステラーさんじゃないですよね?

今回は簡単な比較だけだったんですが、これが動作の良く似たUTDとだったらどっちがいいという判断もできたものの、あまりにも動作が違い過ぎてどっちがいいという判断が付きにくかったりします。

初期の設定はフッキングで切れない程度の設定にしておく必要がありそうですが、その状態でもゆっくり引くとジリジリとラインが出てしまいます。
ただ、そんなにゆっくり走る魚は居ないので、魚を掛けたときにその魚の走る速度によってドラグテンションが変化する様になっており、それが粘りに繋がるのかもしれません。
ゆっくり引かれると弱いものの、早く引かれるとそれなりに強いという感じに。
それがいいのかどうかは当然ロッドの特性にも関わるので実釣で使ってみないと分かりませんが、その辺を意図したオートマチックという名前なのかもしれません。

実際このリールに組み合わせようと思っているロッドは5月末発売予定なのでまだまだ先ですが、他の手持ちのロッドに付けて使ってみます。
今週末は残念ながら釣りに行けそうにはないので、また実釣で使ってみたら簡単なインプレを書きますね。
もしかしたら凄い好みのドラグに感じるかもしれません

やっぱりドラグはステラといった感じでしょう!
ステラには勝てないと思いますよ!!

ロードさん、コメントありがとうございます。
私もギアステを見たときから、同じ強さに合わせてやってみたらどうなんだろう?と思っていたので、やっと試せて納得できました。
本分にこっそり追記しましたが、魚とのやりとりを楽しむ分には面白そうなドラグだと思います。
これからも宜しくお願いします。

同じくあの番組を見たときに違和感があったのでとても参考になりました。
これからも見させていただきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イグジストにライン巻いてみた | トップページ | SLASH タクティカルプライヤー »