« 肛門周囲膿瘍とUC(その5) | トップページ | 2015.04.01時点のシーバスタックル »

2015年3月31日 (火)

カルシウム摂取

昨年末にUC(潰瘍性大腸炎)の大量下血で緊急入院してから、その後一時的に寛解に入ることが出来て退院しましたがhospital

その時から注射や投薬されていたプレドニンは、現在も常用していますsweat02


今は7.5mg/日となっており、この辺のビフィズス菌の効果もあるのか、UCの方も落ち着きつつありますeye

次の検診日以降は、再び5mg/日に戻るかもしれませんconfident

最終的には離脱したいものですclover


そんなプレドニンの副作用として、骨粗鬆症になりやすいというのがありますeye

プレドニンを長期服用する場合はカルシウム剤を一緒に処方されるのが一般的みたいですが、現在は嬉しい事に普通に食事も摂れるので、たぶん食事から摂るようにということでそういったカルシウム剤は処方されていませんsweat02


でも、食事だけでカルシウムを十分に摂るのはなかなか難しいということでthink


こんなものをおやつ代わりに食べていますeye

P_cal1503_1

いりこfish


いりこにはカルシウムはもちろんのこと、カルシウムを吸収しやすくする成分も含まれていますwink

そして、美味しいdelicious

コップに入れて飲むように口に入れてモグモグすると、手も汚れないのでいいですgood


また、こんなものも食べていますeye

P_cal1503_2

shine


パッケージにもカルシウム入りと書かれていますwink

とにかく、美味しいdelicious


こんな感じで、いろんな栄養にも気を使いつつ、体調維持に努めておりますconfident

« 肛門周囲膿瘍とUC(その5) | トップページ | 2015.04.01時点のシーバスタックル »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 肛門周囲膿瘍とUC(その5) | トップページ | 2015.04.01時点のシーバスタックル »