« 久しぶりのUC通院 | トップページ | カロリーメイトおいし »

2015年3月 8日 (日)

どうやらUC再燃

あの頃ほど酷くは無いものの、この前の発熱の時から下痢が続いている

だた、まだ食べると1時間以内に上下から酷いことになるという症状は出ておらず

食事も普通に出来ているのでそんなに心配していなかったものの


ここ数日は、これらの薬のおかげか明け方には平熱近くに戻るものの、夕方になると段々と発熱

そして、寝床に入る頃には39~40度の熱が出る

という日が続いていました


これはもしや・・・

と思いつつ、昨日、久しぶりの検診に行ってきました

年末に緊急入院した方の病院です

異変を感じたときに直ぐに行けば良かったのかもしれませんが、いろいろな事情で行けませんでした


まずは診察を行い、その時にこれらの症状を説明


血液検査を行うと・・・


この結果

Uc150307

白血球の数が尋常じゃないのと

体内での炎症や細胞破壊の目安となるCRPがまさかの10超え


最近の発熱は、やはり大腸が炎症を起こしてのものの様です


またこの数値、昨年末に入院した直後の数値よりも酷いとのことで

入院した方が良いとの事


でも仕事の都合上、もう入院は出来ないと伝え

薬でどうにかして貰うようにお願いしました


出して貰ったお薬は、アサコールと整腸剤はいつもの量で

プレドニンはこれまでの5mgから、15mgへと増えました


調子が良ければ減量していくはずだったんですが、この状況では増量しかありません

やはりそれほど気にはしてなくても、仕事のストレスかなんかだと思います


また、炎症を抑えるための抗生剤も貰いました


今回は症状が悪化しているということで1ヵ月分の処方だったため、次から掛かり付けだった方に戻りますとは言えませんでした

もう暫くこちらでお世話になります


・・・ということで、年末に入院して寛解導入が成功し、年始から仕事を始めて約1ヶ月間は何の問題も無かったものの、異変を感じ始めたのは2月に入ってから

短い寛解でした


やはりきっかけはストレスでしょうか・・・


家庭でのストレスはどう考えても皆無

仕事でのストレスも、会社もいろいろと気を使ってくれてて激務という事でも無いのでそんなでもないんですが、小さなストレスはやっぱりあります

ただ、その位のストレスでこうなっていたのでは生活できません

そういったストレスをうまく発散できるように、趣味の方も楽しまなくては


普通に食事が摂れているので、前ほど一気に悪化することは無さそうですが

また薬が効いて炎症も治まり、体調も良くなって寛解に入れることを目指して頑張ります


ちなみに、本日からはプレドニン5mgを朝2錠、夕1錠の計3錠/日で15mgなんですが、昨日は朝昼夕に1錠ずつ飲み、抗生物質も飲みました

それだけで夜に出るはずの発熱もせず、今朝の便もこれまでよりは硬めでした


さすがに効きます


・・・が、どうにかプレドニンに頼らなくても良い様にしたいものです

« 久しぶりのUC通院 | トップページ | カロリーメイトおいし »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりのUC通院 | トップページ | カロリーメイトおいし »