« W01のCA対応ファームウェア | トップページ | カルシウム摂取 »

2015年3月30日 (月)

肛門周囲膿瘍とUC(その5)

これまでに(その4)まで書いた、肛門周囲膿瘍annoyUC(潰瘍性大腸炎)についてのエントリーの続きとなりますsweat02


痛くなりだしてから我慢出来なくなった経緯と、切開排膿・ドレーンパイプの設置までの内容については、こちらのエントリーをご覧下さいclover

その後の経過(3/17~3/20)については、こちらのエントリーをご覧下さいclover

その後の経過(3/21~3/23)については、こちらのエントリーをご覧下さいclover

その後の経過(3/24~3/26)については、こちらのエントリーをご覧下さいclover


・・・


3月27日、金曜日ですconfident


昨日ドレーンパイプが自然に外れてしまい、綺麗に排膿出来ないのでは?と思っていましたがdespair

この日の朝のおむつインナーにもそこそこの量の膿が出ていましたeye

どうやら排膿は出来ているようですconfident


そして朝起きるといつもの便意despair

昨日のことがあったので、ちょっと恐いsad

トイレに座るもののなかなか出ないsweat02

ん?と思い、とりあえず一旦出て朝食を摂るdelicious


朝食を摂ると腸が動き出すのか、また便意despair

トイレに座るもののなかなか出ないsweat02

ん?と思ったが便意はあるので頑張ってみるとeye

まさかの普通便よりも硬い便が少しだけ出ましたsweat02

ん?べ、便秘気味?


UCの方は年末に入院して寛解し、その時は普通便が出る様になっていたものの、ここまで硬い便が出ることはなかったeye

その後再燃して水様便や泥様便が続いていたものの、今回の肛門周囲膿瘍の切開排膿をして激痛から解放された頃から、少し普通便に近い便になっていたconfident

そして今回、普通便よりも硬い便にsweat02

便の数も、もう今はどれだけ食べても朝の1回あるいは2回だけになっているshine

便秘気味というのはまずいけど、これは本当にUCの方は寛解に入ったと言えるのではないでしょうかconfident


プレドニンは飲み続けているものの、やはりお尻の激痛が減ったことと、のんびりさせて頂いているからかもしれませんclover

お尻はただ痛いだけ、UCの方は悪化するといろいろと大変ということでsweat02

どっちに治って欲しいかというと明らかにUCの方confident

やっぱりお尻も痛いので、両方に治って欲しいsweat02

でも、UCの方が落ち着いてきたことはやっぱり便秘気味でも嬉しいconfident


その後、朝食を食べ終わって暫くすると再び便意があったのでトイレに行くと、さっきはちょっとだけだったのが今回は大量に出ましたfuji

スッキリshine


その後はシャワーを浴び、いつもの病院に向かいましたhospital

病院ではいつもと同じ洗浄と、患部を押されたりしましたwobbly

痛いdespair

でも痛みも数日前に比べるとやっぱりマシになっているconfident

この日は他には変わったこともなく、明日も来てねと言われて終わりでしたconfident


家に帰ってからは、頻繁におむつインナーを交換したり、そのたびにマキロンをシュッシュッしたりして過ごしましたclover


・・・


3月28日、土曜日ですconfident


ドレーンパイプが自然に抜けてしまってから2日目になりますが、排膿はちゃんとできているようですconfident

膿が止まらないのは時間が解決してくれるのかもしれませんが、排膿が出来てる分一安心というところでしょうかcoldsweats01


いつもと同じように準備をし、病院に行きましたhospital

同じように観察を洗浄をして貰うとshine

暫く膿は出続けるけど、通院は月曜日で終わりになりそう。

明日は自分で洗浄して下さい。

また月曜日に判断するので、月曜日にまた来て下さい。

とのことconfident

仕事復帰については、自分で痛さに耐えられると思ったらどうぞとのことsweat02


帰宅後、当日私の代わりに作業してくれている方から着信があったようなので連絡したり、またこの辺の状況を上司にメールしたりしたあと、またのんびりと過ごさせて貰いましたclover

痛みの方も、日々若干ずつではありますがマシになっていると感じますconfident


・・・


3月29日、日曜日ですconfident


夜中にふと目を覚ますと、妙に患部が痛いdespair

いつものように仰向けになってお尻を布団に押し付けるようにすると、排膿は出来ているsweat02

ただ、既におむつインナーは結構濡れていて気持ちが悪いものの、交換が面倒だったのでそのまままた寝るcoldsweats01


朝起きてトイレに行き、おむつインナーを確認してみるとeye

ここ数日は膿と体液くらいしか出ていなかったのが、今回は真っ赤coldsweats02

結構な量の血が付いていたgawk


何だろう?と思ったものの、朝には出血も止まっており、病院もお休みだし痛みもそれほどでもなかったので放置sweat02

もしかすると、膿が溜っていた患部が治りかけてきたため、患部内部がくっつこうとしたところで寝返り等で剥がれたための出血かもしれないconfident

しらんけど(*‘ω‘ *)


朝、便をするとまた普通便confident

UCの方はとても良い感じになりつつありますwink

また、普通便を出しても特に問題なく、その後これといった出血もないので一安心confident

痛みも少しマシになっており、若干かゆさも感じるeye

やっぱり治っている様な気もしますconfident


・・・


数日後に続きますchick

« W01のCA対応ファームウェア | トップページ | カルシウム摂取 »

コメント

コメント

おはようございます。クロ子さん、コメントありがとうございます。
エントリーを読んでいただいてるとは思いますが、私は潰瘍性大腸炎との診断からのクローン病となり、このシリーズのエントリーになる前の方が日々高熱、大量下血、何も食べられない等で大変でした。
とはいえ、痛さだけなら肛門周囲膿瘍の方が酷いですね(笑)
私も最初の排膿だけの時はクローン病特有の直腸横まで走る奥深い膿瘍だったので、25cmくらいあるパイプを入れられていましたがそれが抜けてしまい、その後また同じ処置をしてもらえばよかったものの仕事の都合等で痛くても放置したところ、お尻の半分以上が膿瘍となって真黒くなってしまい、瘻孔だらけの複雑痔瘻となってしまいました。
その後全身麻酔での大きめの手術を行い、術後1年半ほど経ちましたが、今でもドレナージは入ったままです。
レミケードを使うと瘻孔が閉じるということでしたが、クローン病はそう甘くはない様です。
というか、瘻孔はふさがってきてはいるものの、膿瘍防止のためにドレナージを置いている感じかな?
先生の判断ではなく私個人の意見としても、またあの痛みになるのなら今のままの方がいいので残しておいてほしいと思っているくらいです。
ドレナージも最初の頃に比べると細いものになっており、どんどん肉の方も盛り上がってきて位置も集まってきたおかげで、女性用の大き目のナプキン数枚で日々過ごせるようになりました。
痛みの方も、そのドレナージのおかげで綺麗に排膿できるので、時々膿が溜まっているときには痛みはあるものの、車の運転中とかにぐにぐにすると排膿されるのでそれ程の痛みではありません。
ただ、ドレナージのキズ口の痛みは数ヵ月はありました。
余り気にならなくなったのは、半年以上経ってからだったと思います。
今でも車のシートに座ってずれるような動作をすると痛いのであまり遠出はできませんが、それでもあの頃からのことを考えると、今はお腹の方の寛解もあってとても幸せだったりします。
膿の色ですが、普通の白か黄色っぽいものです。
浸出液が混じると茶色っぽくなったり私の場合は痔瘻というのもあって便も混じることがあるのでいろんな色だったりはしますが、浸出液が多めの時はかっぱえびせんのにおいがして、膿が多めのときは嫌なにおいがします(笑)
とにかく、排膿が大事です。
上でも書きましたが、綺麗に排膿ができないとあっという間に膿瘍が広がって大変なことになります。
怖くてもしっかり排膿できるような手術をしてもらってください。
膿さえ溜まらなければ痛みもそれ程でもありませんので、私は一生このドレナージ付きのお尻でもいいと思っています(笑)
また何かありましたが、お気軽にコメントして下さいね。

深夜にはじめましてで、しかも過去ログにいきなりコメ、すみません。
私はクローン病で歴20年近くです。
ペンタサとプレドニンで薬剤治療と食事治療できていました。
が、今年1月早々お尻が激痛で、座る事も歩く事も立ちっぱでも、横になっても痛くて検査をしたら、肛門周囲膿瘍(直腸周囲膿瘍?)肛門付近ではなく、直腸奥のしかも直腸外側に膿瘍が見つかりました。
直ぐには手術にならず、1月末に下半身麻酔でのドレーン手術をしました。

2週間近く入院をし、退院もしましたが、
それでも術後の傷口が痛くて痛くて、痛み止めを飲んでも、全く痛みは消えずでした。
退院して2週間後に外来診察があり、お尻を診てもらったら、管がないとなり(-_-;)
そういえば、トイレに入った後にストローの袋みたいなのが、便器に落ちていたんです。まさか、ハズレちゃうとはわからなかったので、生理用品の袋の端か何かだろうと思っていたので、先生にないよ…取れちゃった?ってゆわれた時にはビックリしました(^_^;)
結局、そのまま診察は終わりましたが未だに術後2ヶ月経っても痛いんです。
私も術後退院して管が抜けたまでは、2週間くらいしか刺さってなかったので、ふさがってしまったら、まだ残ったり膿がまたできてしまったら、排膿できずに痛みは続くしまた手術かと、思うと恐怖ばかりです。それで、いろいろ肛門周囲膿瘍で検索をし、こちらにたどり着きました。

管が抜けた!と言う方がいなかったので、おもわずコメしてしまいました。すみません。(_ _;) 因みに、手術前の1月早々から術後、今まで3ヶ月近く…ずっと痛いんです。次回の外来では膿ができてないか?残っていないか?検査をしますが、排膿されていなく、他部に新たにできているか、結果は良くないと思っています。
かなりの長文ですみません。

その後は痛みもなく、治まっていますか?

因みに、膿の色がわからないのですが、
術後から今でも、薄茶色がでていますが膿なんでしょうか。
先生に利いても透明、ピンク色、茶色ぽいとはゆわれましたが、膿なのかわかりません(-_-;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« W01のCA対応ファームウェア | トップページ | カルシウム摂取 »