« これ旨い | トップページ | 6000ポイント貰えた »

2015年5月21日 (木)

YAMAHA YAS-203

これも、明らかにいつも飲んでいる薬の影響だと思うので致し方ないことなんですがeye

ふと欲しくなったスピーカーを購入しましたhappy01

※親愛なる奥様には、注文後に承諾を頂きました(/ー\*)


フロントサラウンドシステムshine

Yas203w_1

YAMAHA「YAS-203shine

箱は大きめeye


カラーは、ブラックとホワイトがあったのでeye

Yas203w_2

今回は、設置場所に合わせてホワイトにしましたwink


本来の設置場所は、テレビの前面になるんですがtv


私の場合はテレビを動かすことが多いので、この棚の上に設置することにしましたeye

Yas203w_3

ここには、Bluetoothで鳴るようにしたiPod Hi-Fiや、7.1chサラウンドシステムのセンタースピーカーなんかも乗っていますconfident


今回は、この2つのスピーカーも1つにしようと思い、このYAS-203を選択しましたwink


まずは片付けからということでconfident

Yas203w_4

棚の上を綺麗にしましたshine

あとでNASも移動しましたconfident


背面の端子はこんな感じで、ここにいろいろと接続していきますwrench

Yas203w_5

光デジタル入力(TV)
 TVと接続し、通常のTV放送はもちろん、手軽なサラウンドシステムとしてゲーム等でも使用しますconfident

同軸デジタル入力(BD/DVD)
 今のところ使用する予定はありませんconfident

アナログ入力(アナログ)
 AVアンプのセンタースピーカーとして利用
 プリアウトからモノラル-ステレオケーブルでセレクターに接続

 MIDI音源のスピーカーとして利用
 棚の上にあるSC-88 Proからステレオケーブルでセレクターに接続

 ステレオケーブルでセレクターを接続し、あるときは7.1chサラウンドシステムのセンタースピーカーとして利用し、あるときはMIDI音源の再生に利用しますconfident

Bluetooth
 このYAS-203はBluetooth接続もできるので、これまでiPod Hi-Fiで使っていたような使い方もできますconfident


そのまま設置しようと思ったんですがeye

Yas203w_6

信頼と実績の衝撃吸収を、足のゴムがある部分4箇所に貼付けましたconfident

ハプラゲルで、衝撃吸収性90%以上shine


サイズ的にはこんな感じeye

Yas203w_7

フロントは少し曲面になっていますconfident


メーカーの売り文句はこんな感じeye

スリムなスピーカーユニットには、高音質5.5cm口径スピーカーを左右に搭載。ヤマハ独自の7.1chバーチャルサラウンド技術「AIR SURROUND XTREME」により、前方だけでなく左右や後方にもスピーカーを設置しているような、音の移動感や包囲感、定位感に優れた迫力の7.1chサラウンドを再現します。また、独自技術「Advanced Bass Extension Processing」を搭載し、豊かで広がりのある低音を実現。


サブウーファーは結構大きめで重めeye

Yas203w_8

右側面にはバスレフポートもありますconfident


メーカーの売り文句はこんな感じeye

大口径16cmスピーカーを搭載したサブウーファーには「A-YSTⅡ方式」を採用。空気そのものを振動板として利用することで、よりパワフルで迫力のある重低音再生を可能にしています。


こちらは重めなのでeye

Yas203w_9

厚めの衝撃吸収を、足のゴムがある部分4箇所に貼付けましたconfident


サブウーファーはここに設置eye

Yas203w_a

どちらのユニットとも、設置場所に問題があるのは分かりますが・・・

気にしませんcatface


このサブウーファーはメインユニットとBluetoothで接続されるので、電源以外の配線が不要なのもありがたいですwink


・・・


設置が完了したところで、再生してみましたhappy01


まず最初に再生したのは、アナログ接続したMIDI音源note

Yas203w_b

SC-88 Proで適当なデータを鳴らしてみましたnotes


こんなに音が良かったんだ・・・と思ってしまうほどの音で鳴ってくれましたshine


こんな設置状況なのでポンポコした音になると思ったら、しっかりした音で鳴ってくれますconfident

サブウーファーの音との繋がりも自然ですwink


耐震ゲルマットで貼り付けている、この上の重りも効いているのかもしれませんcatface

Yas203w_c

スピーカー自体が少々上を向いている関係で、キネクトは随分下向きにしていますconfident


MIDI音源の場合は基本ステレオでいいんですが、サラウンドを掛けても良い感じに鳴ってくれるものもありましたnote


また、バランスが心配だった7.1chサラウンドのセンタースピーカーとして利用した場合も、AVアンプ側で少々設定すれば問題なく使えるレベルになりましたconfident

これまで使っていたスピーカーよりも、セリフなんかは聞きやすいとも感じますwink


続いて、TVのスピーカーとして使った場合の感想ですが、TV側の光デジタル音声出力を「サラウンド優先」、デジタル音声出力タイミングを「AVアンプ」に設定して普通に鳴っているようですconfident

TVのスピーカーと一緒に鳴らしてみましたが、映像と音のズレ(遅延)もありませんwink


単なるステレオ放送でもテレビの純正スピーカーとは雲泥の差で、サラウンド放送されているBSデジタル放送の映画なんかでは、結構な迫力で鳴ってくれますdash

ただ、音に広がりはあるものの、定位のあるサラウンド感は得られませんthink


そして、同じTVからの光デジタル出力での使い方ですが、ゲームをやってみましたconfident


凄い迫力happy02


定位を重視したり更に大きな音を出したりする為にAVアンプを使うまでもない場合は、十分過ぎるほどの迫力ですshine

こちらもステレオのままが良い場合とサラウンドの方が良い場合がありますが、その辺も簡単に切り替えられるので、ソースによって選べば良いと思いますwink


最後は、Bluetooth接続での確認ですconfident

Yas203w_d

こういったツールが提供されており、iPhone等からサラウンド設定等の一部の機能ではリモコン以上の操作をすることもできますwink


また、iPhoneのライブラリを再生させてBluetoothスピーカーとして鳴らすこともできますnote


試しに、システムのチープさがモロに出やすいと個人的に思っているソース(※)を鳴らしてみたところ、想像していたよりよっぽどマシcoldsweats02

ただ同じアルバムの中でも、曲によっては少々チープに感じるものもありましたthink

※浅倉大介「LANDING TIMEMACHINE

このアルバム、それなりなシステムで鳴らすととてもいい感じに鳴るんですが、チープなシステムで鳴らすと安いラジカセかと思える程とてもチープになりますcatface

同じ大ちゃんのアルバムでも最近の曲だととてもいい音に聞こえますし、DAIVAなんかもベリーグーですgood


ただ、これだけの事ができるこれだけのユニットセットがこの価格なのですから、その辺は当たり前かもしれませんcoldsweats01

そう考えると、そこそこなランクのテレビのスピーカーって、どれだけチープな音なのかがよく分かりますgawk

薄型ということで、空間も設置場所も取れなくなっているので、ある意味仕方のない事だとは思いますが・・・


価格を考えるととても良いシステムだと思いますし、何より小音量であってもテレビやゲームの音に迫力や深みが出たのは購入して良かったと思いましたconfident

大音量にすると、もうテレビの標準スピーカーには戻れませんcoldsweats01


・・・


ちなみにconfident

・ユニボリューム:オフ
・クリアボイス:オフ
・バスエクステンション:オフ
・サブウーファー:+1

こんな設定で使っていますwrench


最初は、センタースピーカーとして使う時だけ、ユニボリュームをオンで使っていましたeye

AVアンプのセンタースピーカープリアウトの出力レベルが低いのか、AVアンプ側のLevel SrttingsにてCENTERを+10.0dBにしても、通常使用時の設定だとYAS-203のボリュームを30位(結構大きめ)にする必要がありますgawk

同じアナログ入力のMIDI音源は普通のレベルで鳴るので、アナログ入力がおかしいということもなさそうですthink

また、よくある抵抗入りのケーブルを使ってしまっているということもありませんsweat02

これがユニボリュームをオンにすると、レベルが上がってボリューム20ちょっとでも使えるようになりましたflair

このユニボリュームというのは、大きなレベルの音声入力時にフィルターを掛けて小さめにしてくれる機能だけかと思っていたんですがdown、どうやら入力レベルが小さいとブーストもしてくれるようですup

ただ、なんとなくユニボリュームを使いたくなかったので、センタースピーカーとして利用するときだけ、大きめのボリュームで使うことにしましたconfident


・・・


テレビ放送やゲーム機等を含むテレビからの入力に、AVアンプのプリアウトからの入力、そしてMIDI音源からの入力、更にiPhone等のBluetooth接続での再生confident

これが1台でこなせるので、とても重宝していますwink


こういった形状のスピーカーに定位のあるサラウンド感を期待する場合は、もっと高価なものの方が良いとは思いますがconfident

テレビの音をもっとどうにかしたいとか、ちょっと他のものも鳴らしてみたいという場合にはeye

買って損はないと思いますgood


私も、これを購入するときに参考にするインプレが少なくてちょっと心配だったんですがsweat02

今では心配する必要はなかったと思っていますfuji


iPhoneの音楽を鳴らしたり、MIDIデータの再生も楽しくなりましたnote

またそれ以上に、ゲームの迫力が上がったのが嬉しいですwink

あと、これまでは棚の上のスピーカーが2台だったのがこれ1台になったことで、省スペース化できたのも良かったですhappy01


ただ、ちょっと・・・

ブラックにしたほうが良かったかもgawk

とは思いましたsweat02


でもブラックは埃や指紋が目立つので、やっぱりホワイトで良かったかな?catface

« これ旨い | トップページ | 6000ポイント貰えた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« これ旨い | トップページ | 6000ポイント貰えた »