« COREMAN × TOOL ランディングフレームinoプラス Lサイズ | トップページ | 時々面倒 »

2015年6月17日 (水)

納屋の雨どい

ずっと前から気にはなっていたんですが

納屋の雨どいがうまく機能していません


綺麗に雨水が抜けないので、軒先とシャッターの間から雨水が溢れ

シャッター前にジャバジャバと降り注ぎます


おかげで、こんな感じにシャッターや地面部分にもコケが生えてしまってます

Amadoi_2

ただ、車の乗り降りにもそんなに支障は無いので、ずっと放置していました


しかし先日、ご近所さんから、「業者でも呼んでちゃんと直しとかんと、せっかく綺麗なのに腐るで」と母が言われたらしく

母から私に、どうにかしろとの依頼がでました


そこでこの週末、おっぺこが痛いのと倦怠感がある中ゴゾゴゾしてみました


まず、詰まっている場所の確認からです

はしごで上に登り、横に渡っている雨どいから下に抜ける部分にはそんなに詰まりが無いのを確認

もしかして、縦のパイプ自体が詰まっているのでは?と思い、そのパイプに耳をつけてトントンしてみると

明らかに空洞ではない


そこで試しに、そんなに支障の無さそうなところにドリルで穴を開けてみると

Amadoi_1

もの凄い勢いで泥と一緒に水が吹き出て、結局3箇所に15mm程の穴を開けましたが、相当な勢いで水が出続け、暫くの間止まりませんでした


これで、やっぱりこの縦のパイプが詰まっているということが判明

ここから下の配管をどうにかするのは面倒だと思ったのと、上の画像の様にドリルで穴を開けた際にパイプが揺れていたことから

もしかしてこれ、配水管とかは無く、ただ地面に突き刺してるだけじゃないの?とも思ったので

どちらであっても一番下側にエルボーをつけ、雨水を舗装している地面の方に流すことにしました


その辺のものを購入するため、パイプ系を計測

Amadoi_3

その後、ホームセンターに行ってそれらしい部品や接着剤等を買ってきました


そして帰宅後、適当に位置合わせしてパイプをカット

Amadoi_4

この時点でこれだけズレているのを見ても分かるように、やはり下側は地面に突き刺さっているだけな感じ


こんなの、あれだけの雨水が抜けるはずが無い


下側のパイプを抜いた後、ちょっと掘ってみましたが

Amadoi_5

当たり前の様にそこからの配管とかは一切ありません


とはいえ、この納屋を建てて数年になるので、今更怒ることではありません

確かに、随分前から雨どいは機能していなかったと思うのと、もしかしたら当初から機能していなかったのかもしれません

ただ、上でも書いた様にそんなに支障が無いので、気にならなかっただけかもしれません

もし当初からなら、その時に気付いて怒るべきでした

でもこれだと、おそらく当初からこんなだったと思います


そんなこんなで、購入してきたエルボーと短いパイプと接着剤を使用し

Amadoi_6

思い通りの向きに配水できるようになりました


これだけのことでも、業者さんを呼んで調査と加工をしてもらうと結構な費用が掛かると思うんですが

自分でやると950円位で収まりました


ついでに、もう汚れることは無いと思ったので

Amadoi_7

シャッターのコケを落として綺麗にしました

地面のコケは時の経過に任せます


車の乗り降りや子どもの自転車なんかにはそんなに支障がなかったものの

雨の多い日にはシャッターの隙間から中にまで雨水が入ってきて、それがカビ臭かったり虫が湧いたりもしていたので

もっと早めにどうにかするべきだったのかもしれません


昨日程度の雨では問題なさそうでしたが、暫くこれで様子を見てみます

« COREMAN × TOOL ランディングフレームinoプラス Lサイズ | トップページ | 時々面倒 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« COREMAN × TOOL ランディングフレームinoプラス Lサイズ | トップページ | 時々面倒 »