« ATOK再インストール | トップページ | MARIE »

2015年9月28日 (月)

サラウンドシステムと比較してみた

先日、エージングも兼ねて大きめの音で鳴らしてみたnotes

YAMAHAのフロントサラウンドシステム、「YAS-203shine


実質四畳半の自室では十分なボリュームと音圧で鳴ってくれましたがwink

ふとeye

メインの7.1chサラウンドシステムだとどうなんだろう?

と思いましたthink


そこで、同じ様な設置方法だけど御影石のボードに載せていたりする大きめのサブウーファーも含むeye

Sw_chk1509_1

7.1chサラウンドシステムで鳴らしてみましたnotes


ソースはもちろん同じくeye

Sw_chk1509_2

ダライアスバースト アナザークロニクル オリジナルサウンドトラックより

組曲光導 ~第五曲 暴君~


ソースの再生は、デジタル接続しているPCでやっても良かったんですがpc

ここはメディア自体を再生してみようと思ったのでconfident

CDの再生にはXbox Oneを使いましたnotes

最初はPlayStation 4で再生しようと思ったんですが、PS4ではCDの再生ができないようですsweat02

PS3の頃は、CD再生はもちろんSACD再生なんかも楽しかったのに、なんでこうなったんでしょうsweat02


・・・


実際鳴らしてみると、実質四畳半の部屋のいろんな部分が共振しまくりますsign04

さすがにパワーが違う様ですcoldsweats01


また、最初の設定ではフロントスピーカーだけで全てをこなそうとしていたのでeye

K10set2

当時の画像の使い回しです。


あえて2.1chの設定にしてサブウーファーにも頑張ってもらいましたcatface


でも正直、実質四畳半に7.1chサラウンドシステムは設置状況的にもどうかと思いますし、パワー的にもオーバーパワーでしかありませんcoldsweats01


ただ、ゲーム等を大迫力でプレイする際にはeye

とても重宝します(*´艸`)


また機会があれば、こちらのオーディオ環境でも鳴らしてみようと思いますnotes

« ATOK再インストール | トップページ | MARIE »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ATOK再インストール | トップページ | MARIE »