« 検査行ってきます | トップページ | YAS-203のエージング »

2015年9月15日 (火)

肛門周囲膿瘍とUC(その31) 手術前検査

これまでに書いた、肛門周囲膿瘍annoyUC(潰瘍性大腸炎)についてのエントリーの続きとなりますsweat02


・・・


9/14(月)

予定通り、昨日、大腸内視鏡検査と手術前のいろんな検査をするために、この前行った病院に行ってきましたhospital


受付を済ませconfident

・尿検査

・血液検査(腕と耳)

・血圧測定

・心電図測定

・肺機能測定

・胸部レントゲン撮影

・腰部レントゲン撮影

を行った後eye


いよいよ恐怖の大腸内視鏡検査ですsweat02


テレビのあるちょっとした広間でムーベン(腸洗浄剤)2リットルを指定の時間で飲みつつ、便意があるとその都度トイレへclover

この辺は院内でできるので少々安心できましたconfident


そして11:30に飲み終えたものの、その後の便が綺麗になったり綺麗じゃなくなったりを繰り返しますeye

何だか嫌な予感despair


看護婦さんにもう出ないという状態での便を見て貰ってもeye

うーん・・・

という状況sweat02


当日は3名の検査でしたが、一番早いと思っていた私が結局一番最後になりましたsweat01


14時過ぎから、なんとか大腸内視鏡検査を行う事ができましたconfident

私は今のお腹の状況から、寛解か、ほぼ寛解状態だと思っていたんですが、その結果が明らかになる時ですshine


開始前に内視鏡の先生が、潰瘍性大腸炎で痔瘻はほとんどないので、クローン病かもしれないと、意味深なことを言いますsweat02

はぁ・・・と答えつつthink

寛解状態に近いのでその辺の判断はつかないんじゃないかな?とも思っていましたconfident


まず入れた瞬間、モニタに映し出される綺麗な腸内shine

ほら、やっぱり寛解wink

と思っていたんですがconfident

そのまま進んでいくと、何やら怪しい状況に・・・


まず、素人が見ても分かる大腸の狭さgawk

いわゆる狭窄というやつですsweat02

先生が言われるには、狭窄はクローン病に多いとのことeye


奥に進むに従って、ところどころに明らかな潰瘍が見られますbearing

先生が言われるには、こういう状況を寛解とは言わないとのことeye

寛解じゃなかったcrying


結構な範囲の狭窄から隙間に詰まった便が綺麗に出ていないため、時々水で流しながら進んでいきますsweat01


途中まではそうでもなかったものの、その狭窄している部分からはやっぱりeye

ムググ・・・ハヌッ・・・という声が出てしまいましたgawk

やっぱりキツいですbearing


その後、小腸との境目まで進みましたが、そこもえらく狭くなっているとのことsweat02


また戻ったり進んだりしながら画像を撮影しつつ、結果、4箇所の生検サンプルも採取wrench


なんとか耐えきって内視鏡を終え、一旦着替えたあと、内視鏡担当の先生から話を聞きましたが・・・

いろいろな条件からeye

一旦出来た潰瘍が治った痕を見ても他を見ても、目視の段階ではクローン病っぽい

ただ、一度粘膜が剥がれ落ちておかしな再生をした場合にこうなることはある

生検の結果を待たないと分からない

ということを言われましたsweat02


私もずっとモニタに映った大腸内部を見ていましたがeye

明らかに潰瘍性大腸炎(UC)だと判断されたときの大腸とは違いますthink

あの時は、腸壁こそ血と潰瘍でまだら模様になってはいましたが、どこも広くてこれぞ大腸という感じの大腸でしたeye

当然その時も生検をして、その結果から潰瘍性大腸炎になりましたhospital


それが今回はeye

血はそれほどないものの潰瘍はそこそこ多く、何より腸壁がボコボコしていて狭かったり広かったりと妙にいびつな腸壁になっていますgawk


これはなんでしょう?

あの大量下血で意識を失い緊急搬送されたあとの腸壁再生時にこうなってしまったんでしょうか?

どちらにしろ生検結果が出るまでは分からないそうですが、寛解じゃなかったのはやっぱりショックでしたbearing

でも形状は別にして、腸壁の状態はあのころよりよっぽどマシですsweat02


またeye

直腸は綺麗

とも言われましたconfident

なので、突発性便意からの数秒しか我慢できない便とかは別にして、便の回数自体は減っている様ですsweat02


その後、外科に戻っていろいろな説明を受けましたmemo

・手術前のこと

麻酔のこと

病室のこと

手術へのスケジュール

・その他もろもろ


また、一応今のところは予定通り手術を行うみたいですが、生検の結果で変わるかもしれないとのことthink

手術時は、前日からお泊まりで翌日手術みたいですsweat02


最後に受付で入院に関する説明を受け、この日は16:30頃病院を出ることができましたcoldsweats01


とりあえず、今のところはこんな感じですclover


・・・


これまでの経緯

痛くなりだしてから我慢出来なくなった経緯と、切開排膿・ドレーンパイプの設置までの内容については、その1をご覧下さいclover

その後の経過(3/17~3/20)については、その2をご覧下さいclover

その後の経過(3/21~3/23)については、その3をご覧下さいclover

その後の経過(3/24~3/26)については、その4をご覧下さいclover

その後の経過(3/27~3/29)については、その5をご覧下さいclover

その後の経過(3/30~4/1朝)については、その6をご覧下さいclover

その後の経過(4/1出社後~4/5)については、その7をご覧下さいclover

その後の経過(4/6~4/12)については、その8をご覧下さいclover

その後の経過(4/13~4/19)については、その9をご覧下さいclover

その後の経過(4/20~4/26)については、その10をご覧下さいclover

その後の経過(4/27~5/3)については、その11をご覧下さいclover

その後の経過(5/4~5/10)については、その12をご覧下さいclover

その後の経過(5/11~5/17)については、その13をご覧下さいclover

その後の経過(5/18~5/24)については、その14をご覧下さいclover

その後の経過(5/25~5/31)については、その15をご覧下さいclover

その後の経過(6/1~6/7)については、その16をご覧下さいclover

その後の経過(6/8~6/14)については、その17をご覧下さいclover

その後の経過(6/15~6/21)については、その18をご覧下さいclover

その後の経過(6/22~6/28)については、その19をご覧下さいclover

その後の経過(6/29~7/5)については、その20をご覧下さいclover

その後の経過(7/5~7/12)については、その21をご覧下さいclover

その後の経過(7/13~7/20)については、その22をご覧下さいclover

その後の経過(7/21~7/26)については、その23をご覧下さいclover

その後の経過(7/27~8/2)については、その24をご覧下さいclover

その後の経過(8/3~8/9)については、その25をご覧下さいclover

その後の経過(8/10~8/17)については、その26をご覧下さいclover

その後の経過(8/18~8/23)については、その27をご覧下さいclover

その後の経過(8/24~8/30)については、その28をご覧下さいclover

その後の経過(8/31~9/6)については、その29をご覧下さいclover

痔瘻の診察とMRIによる経路確認(9/9)については、その30をご覧下さいclover

« 検査行ってきます | トップページ | YAS-203のエージング »

コメント

れおさん、おはようございます。
やっぱり健康な方に聞くと、大腸内視鏡検査もそれほど大変ではないらしいので、今回は寛解にちかいと思って行ってみたいんですが、やっぱり大変でした(笑)
検査結果にもよりますが、個人的には潰瘍性大腸炎のままかな?とも思っています。
潰瘍自体は少なくなっており、出血もほとんど見られません。
2週間ほど抗生物質を飲んでいてもあれだということは、やっぱり日々のBB536やヤクルトやビオフェルミンやオリーブオイルなんかが効いてる?とも思えます。
以前抗生物質を飲んだときは、直ぐに再燃っぽいことになりましたからね・・・
また結果のことや手術のことを書けるときに書きますね。
病室が携帯やモバイルルータ使用OKだったので、入院中もいろいろできそうです(笑)

検査おつかれさまです。なかなか痛くて大変てねしたね?狭くなってると痛いですよね?わたしも再燃で入院時はS状の先あたりから浮腫んで、かなり狭くなってたので痛くて、その時はそれ以上はいかなかったです( > <。)
でも、まさかのクローン病かも知れないてのにビックリです。生検の結果で手術日も変わるかもなんですね…
わたしもね、消化器内科の先生には同じ事言われましたよ?クローン病の人は痔瘻なる人多いけど、潰瘍性大腸炎はほとんどないけどねぇ〜って!でも肛門科の先生は、潰瘍性大腸炎の人も下痢回数多いと、なりやすいって言ってはりました。…でも、割合で言うと少ないみたいで、そこに自分が入ってしまったのも何だか運?なんでしょうかね。
わたし手術によってUCの状態が今より更に悪化してしまわないかって不安です。そこは考えても仕方ないのかもですし、きっと肛門科の先生も考えてはくれてると信じて(。・・。)しかないですね。
ロキソニンの飲む回数はどうですけ?変わらずですか?まだ治療した訳じゃないので、痛いのは変わらないですかね?


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 検査行ってきます | トップページ | YAS-203のエージング »