« クローン病と痔瘻(その39) また部屋の移動 | トップページ | おいしそう・・・ »

2015年10月24日 (土)

クローン病と痔瘻(その40) 入院から1ヵ月

これまでに書いた、クローン病(CD)痔瘻についてのエントリーの続きとなりますsweat02


・・・


今日は、10月24日confident

地元の秋祭りも昨日で終わったのかな?


私の方は、入院したのが9月24日だったので、既に入院から1ヵ月経ったことになりますhospital

また、入院の翌日に手術をしたので、術後1ヵ月ということにもなりますconfident


日々の過ごし方は、この時からそれほど変わりはなくeye

起床

看護師さんの回診

朝食

内科と外科の先生の回診

昼食

シャワー

看護師さんの回診

夕食

看護師さんの回診

就寝

といったスケジュールconfident


ただ、あの頃は痛みのために眠れなかったりsad

個室でテレビが見放題だったりしたこともあったのでtv

眠れないなりにも寝ようとするのが23時位でしたsweat02

※消灯は22時ですが、個室なので部屋の電気だけ消してテレビをそれなりに見つつ、痛みに耐えていましたsweat02


夜はなんとか痛みに耐えて眠れたとしても、寝返りの度に痛みで目が覚めていましたbearing

少し痛みがマシになってからでも、運動不足のせいか夜中に体が勝手に伸びをしてしまい、その時に無意識のうちに肛門をギューって締めてしまうタイミングの激痛で目が覚めていましたwobbly


個室から大部屋に移動になってからは、テレビを見たり冷蔵庫を使うのにもカードが必要になりましたeye

Hp1510m1_2

それなりに見ていただけのテレビは電源を入れることもなくなり、カードは冷蔵庫の為だけに使用confident

その分、この時準備しておいた自宅に録り溜めた番組を見ることが多くなりましたwink


また、ここ最近は痛みがマシになってきたのもあって、睡眠時間も長くなりましたconfident

消灯時間より前の20時過ぎに寝て、自然に朝4時位に目が覚めるといった、少林寺のような生活sweat02

しらんけど(/ー\*)

それでもほぼ熟睡できるようになったこともあり、睡眠時間は約8時間と十分過ぎconfident


入院の頃から舌の角っこが少しだけピリピリしており、最初は口内炎かな?と思っていたんですがeye

その後段々と範囲が広くなって、数日後には舌全体が痛くなってしまいましたdespair

鏡で見てみても特にどうにかなっているわけでもないeye

しかし痛くて、満足に食事も水分も摂れないほどになりましたsad


勝手に、長期間飲んだり多めに飲んだりしている薬の副作用かなんかかな?と思いつつネットで調べてみると、舌痛症というものに似ていますpc

しらんけど(/ー\*)

ただこれ、原因が良く分からないみたいthink

ついでに、今飲んでいる薬の副作用を調べてみても、それらしい症状はないthink


本当ならここで先生か薬剤師さんに相談するべきだと思うんですが、たぶん寝不足かな?と思って嫁さんにだけ報告sweat02


その後、少しずつ寝られるようになってくるとsleepy

睡眠時間が増えるに従って痛い範囲も狭くなり、痛みもマシになっていくのがわかりましたconfident

やっぱり、(私の場合は)単なる寝不足とかストレスとかが原因っぽいsweat01


よく眠れるようになった今は全く痛くなくなり、普通に食事も摂れる様になりましたhappy01

良かった良かったapple


お尻の方も、良く眠れるようになった頃から日々改善しているのが自分でも分かるようになりましたshine


それまでは1日に4錠飲んでいた痛み止めも2錠で済むようになり、夜中の無意識の肛門ギューにも耐えられるようになっていきましたconfident


その数日後には、仰向けで両足を伸ばせるほどにeye

Hp1510m1_1

両膝を立てたり片足だけ伸ばすということはちょっと前から出来ていたんですが、両足を伸ばすとお尻にえらく負担が掛かりますsweat02


ただ、やっぱりお尻にまだいろいろ入っているという違和感があるのと、痛み止めが切れているときにはとても無理ですsweat01

うつぶせで両足を伸ばすのは随分楽なんですけどねcoldsweats01


股間がやけに膨らんでいるように見えますがeye

ただ紙おむつを履いているだけですcatface


また、この数日後にはeye

ゆっくりではありますが・・・


円座なしでマットの上に座ることもできましたhappy01


しかも、真っ直ぐにfuji


この半年ほどはお尻の右側が痛かったため、右側をかばって左側のみを付ける感じのおかしな姿勢でしか座れませんでしたdespair

最後の方には右側が炎症を起こしてしまい、座るのも大変な位にwobbly


これ、腰を痛めるな・・・とか、これ、ヤバイんじゃ・・・とか思いつつ過ごしたこの半年despair


今回座ったときも最初はその癖で傾いて座っていたんですがsweat02

もうそんなことしなくていいんだflair

と思って普通に座ってみるとeye

真っ直ぐ座ることができましたconfident


嬉しいhappy02


ただ暫く座っていると、やっぱりいろいろお尻に入っているものが気になってしまうのでダメですsweat02

また、お尻の前の方だけで座るいわゆる良い姿勢の座り方ならいいものの、どっしりと尾てい骨周りに圧を掛けて座るのもダメそうですsweat02


でもこれも、その辺に集中している邪魔なドレナージ等が取れれば普通に座れそうでもありますconfident

シートンの方は特に邪魔にはならないのかな?

どちらにしても嬉しい事ですshine


また便の方も、手術のあとはマグミット錠 330mgを毎食後に飲んでいた関係もあってか日に3回くらいしていたんですがeye

今では同じ量のマグミットを飲んでいても、日に1回だけになりましたconfident

マグミットが効かなくなってきたのか腸の調子が更に良くなったのかは分かりませんが、便もあの頃に比べると少し硬めですthink

でも無理しないと出ないほどではないので、日々の生活としてはとても快適confident


そして更に、例の突発性便意の後の突発性便通もなくなりましたshine


以前は、朝起きると立ち上がった途端に便意があり、直ぐにトイレに駆け込まないと我慢すら出来ずに間に合わない状況だったんですが、それがなくなったのですconfident

また日中に便意があった場合でも、健康だった頃のようにそれなりに我慢出来るほどにもなりましたconfident


トイレ付きの個室からトイレが少し離れている大部屋に変わる時eye

どうしよう・・・朝、トイレまで間に合うかな?sad

と心配していたんですがsweat01

その部屋を変わった次の日の朝から少し長く持つようになりeye

今では落ち着いてトイレに行け、便座に座って少し待ったり、お腹のマッサージをしないと中々出ないくらいになりましたconfident


健康だった頃の様ですclover


入院中にしても数日前まではeye

朝起きて横になっている分にはいいものの、立ち上がった瞬間に便意が起き、急いでトイレに行って剥がしづらいガーゼを剥いで便座に座ってギリギリだった便通のことを考えるとsweat01

なぜここまで普通になったのかが不思議なほどですcoldsweats01

入院して余計なものを食べなくなったことと、やっぱり1日に1包のみとはいえエレンタールを追加してるのが効いていたりするのかな?

それとも、この辺も痛みとかからくるストレスが原因だったりするのかな?

どちらにしても、こちらもとても嬉しいことですshine


話は少し変わりますが、大部屋なのでいろんな人間模様を見る(聞く)こともありますear

Hp1510m1_3

老夫婦さんの会話は、聞いていて何気に面白いですconfident


大体どこの老夫婦さんも、入院しているおじいさんの方が直ぐに怒り気味angry

それに対しておばあさんは拗ねてもう来ないと口答えするものの、その後直ぐに仲良くなっていろんな話をしていたりしますcoldsweats01

そんな話の繰り返しだったりしますが、聞いていると何だかほんわかしますconfident


話はまた戻り、ここ最近は痛みの減少と共にドレナージからの膿の量も少なくなったこともありeye

いよいよ来週火曜日にレミケードを使うみたいですconfident


効く人には劇的な効果をもたらし、瘻管も閉じてくれるというこのお薬clover

免疫に影響したりはするものの、使っておいた方がいいとのことなので、お願いすることにしましたconfident


また、レミケードを使って副作用等がなければ、その後はお尻の方も含めて外来でもいいとのことeye


痛みももう少しマシになって自分で運転ができる位になったら、やっと待ちに待った退院かな?

レミケードを使って瘻管も早めに閉じていき、早く邪魔なドレーンパイプが取れるといいなconfident

シートンの方は結構掛かりそうだけどcoldsweats01


・・・


とりあえず、今のところはこんな感じですclover


・・・


これまでの経緯

痛くなりだしてから我慢出来なくなった経緯と、切開排膿・ドレーンパイプの設置までの内容については、その1をご覧下さいclover

その後の経過(3/17~3/20)については、その2をご覧下さいclover

その後の経過(3/21~3/23)については、その3をご覧下さいclover

その後の経過(3/24~3/26)については、その4をご覧下さいclover

その後の経過(3/27~3/29)については、その5をご覧下さいclover

その後の経過(3/30~4/1朝)については、その6をご覧下さいclover

その後の経過(4/1出社後~4/5)については、その7をご覧下さいclover

その後の経過(4/6~4/12)については、その8をご覧下さいclover

その後の経過(4/13~4/19)については、その9をご覧下さいclover

その後の経過(4/20~4/26)については、その10をご覧下さいclover

その後の経過(4/27~5/3)については、その11をご覧下さいclover

その後の経過(5/4~5/10)については、その12をご覧下さいclover

その後の経過(5/11~5/17)については、その13をご覧下さいclover

その後の経過(5/18~5/24)については、その14をご覧下さいclover

その後の経過(5/25~5/31)については、その15をご覧下さいclover

その後の経過(6/1~6/7)については、その16をご覧下さいclover

その後の経過(6/8~6/14)については、その17をご覧下さいclover

その後の経過(6/15~6/21)については、その18をご覧下さいclover

その後の経過(6/22~6/28)については、その19をご覧下さいclover

その後の経過(6/29~7/5)については、その20をご覧下さいclover

その後の経過(7/5~7/12)については、その21をご覧下さいclover

その後の経過(7/13~7/20)については、その22をご覧下さいclover

その後の経過(7/21~7/26)については、その23をご覧下さいclover

その後の経過(7/27~8/2)については、その24をご覧下さいclover

その後の経過(8/3~8/9)については、その25をご覧下さいclover

その後の経過(8/10~8/17)については、その26をご覧下さいclover

その後の経過(8/18~8/23)については、その27をご覧下さいclover

その後の経過(8/24~8/30)については、その28をご覧下さいclover

その後の経過(8/31~9/6)については、その29をご覧下さいclover

痔瘻の診察とMRIによる経路確認(9/9)については、その30をご覧下さいclover

手術前検査等(9/14)については、その31をご覧下さいclover

手術前の感想等(9/24)については、その32をご覧下さいclover

先生からの説明によりクローン病に(9/24)については、その33をご覧下さいclover

複雑すぎる痔瘻の手術(9/25)については、その34をご覧下さいclover

入院中の様子(9/26~10/12)については、その35をご覧下さいclover

病室でのネット環境については、その36をご覧下さいclover

個室から大部屋への移動については、その37をご覧下さいclover

病院食の変更については、その38をご覧下さいclover

再び部屋の移動については、その39をご覧下さいclover

« クローン病と痔瘻(その39) また部屋の移動 | トップページ | おいしそう・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クローン病と痔瘻(その39) また部屋の移動 | トップページ | おいしそう・・・ »