« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月30日 (金)

宅外視聴はやっぱり便利

未だに入院中のナウなヤングですhospital


入院中にも関わらず、見たい番組は放送されますcoldsweats01


そこで・・・


次女にお願いして、自宅のテレビで録画予約をしてもらいましたtv

Hp1510skp_1

※次女から送られてきた、ちゃんと予約したよheart04の画像ですwink


BS釣りビジョンの、泉さんが出ている番組fish

ソルトギャラリー 兵庫県相生 シーバスゲームshine


これで録画予約は出来たものの、このままでは退院するまで見ることができませんbearing


そこで・・・


録画完了後に、これまた次女にお願いしてRECBOXにムーブして貰ったところconfident


宅外視聴の設定はしているのでconfident

Hp1510skp_2

病室のiPhoneで快適に見ることができましたwink


やっぱり便利ですねhappy01

2015年10月27日 (火)

YouTube Redに向けて

先日、YouTubeの有料サービス、「YouTube Red」が発表されましたconfident


賛否両論もありますがsweat01


丁度こちらが気になっていたのもあったのでeye

Gpm_c_1

この機会にGoogle Play Musicに加入してみましたnote


このGoogle Play MusicYouTube Redのどちらかを契約しているとeye

両方が使えるみたいですwink


また、今のレートだとyen

月額9.99ドルのYouTube Redよりも、月額980円のGoogle Play Musicの方がお得catface


iOS用appもダウンロードしeye

Gpm_c_2

検索して出てきた、TM NETWORKGift for Fanksを聞いてみましたnotes


ギューgood


あとは、YouTube Redのサービス開始日を楽しみに待ってみますhappy01

2015年10月26日 (月)

iOS 9.1へ

先日、iOSのアップデートがあり、iOS 9.1になりましたconfident


現在はまだ入院中なんですがhospital

今回は入院してから2回目のアップデートになるのかな?


以前はいろいろと怖くて、OTAでアップデートをすることはまず無かったもののeye

今では、バックアップも取らずにOTAでアップデートするのが普通になってしまいましたsweat02


今回も2台のiPhoneを持っての入院hospital

Ios91upip5

リスクを承知で2台同時にアップデートしsweat02

iPhone 5よりもiPhone 6 Plusの方が早く終わったので、そっちで撮影camera


一応、開始前にメモリクリア等はしましたがconfident

両方とも無事にアップデートが完了しましたshine


使い分けとしては、小さい方が良いときにはiPhone 5を使い、大きい方が良いときにはiPhone 6 Plusを使うといった感じconfident

病室のベッドの上だけででも、使い分けした方が便利だったりしますwink


ただ、いつかはマシになると思っていたiPhone 6 Plusのメモリ管理は、未だにダメなままですねgawk

頻繁にメモリクリアしないと、ちゃんと起動しないappもあったりしますsweat02


メモリが倍増したiPhone 6S Plusだと快適なのかな?


タイミング的に、新しいiPhoneの発売と入院が重なってしまったので今回はスルーしましたが・・・

普段から一番良く使っているものですし、快適になっているのなら欲しいなtulip

2015年10月25日 (日)

おいしそう・・・

この週末は、次女の試験か何かがあるということでpencil

嫁さん、次女、末っ子がeye

岡山でそれなりに頑張っている長女の所に行っていますconfident


私は相変わらず、病室でごろごろ中hospital


午前中に試験が終わったのかmemo

昼からは、久しぶりに会う長女と一緒にランチを食べたりプリクラを撮ったりとshine

楽しそうな模様が時々送られてきましたconfident


夜になるとeye

Yt151024_1

こんな馬刺しの画像やsweat02


こんな地鶏焼きの画像もsweat01

Yt151024_2

送ってきやがりましたgawk


おいしそうbearing


こっちはCD用の食事に変更されてしょんぼりしているというのに・・・


でも、大部屋の隣の方は数週間絶食のようなので、それに比べると食べられるだけマシかなsweat02

絶食のあのつらさは、もう味わいたくありませんsad


夕食のあとはみんなでカラオケに行ったようで、また楽しそうな画像を送ってくれましたkaraoke


いっぱい楽しんできてねhappy01

2015年10月24日 (土)

クローン病と痔瘻(その40) 入院から1ヵ月

これまでに書いた、クローン病(CD)痔瘻についてのエントリーの続きとなりますsweat02


・・・


今日は、10月24日confident

地元の秋祭りも昨日で終わったのかな?


私の方は、入院したのが9月24日だったので、既に入院から1ヵ月経ったことになりますhospital

また、入院の翌日に手術をしたので、術後1ヵ月ということにもなりますconfident


日々の過ごし方は、この時からそれほど変わりはなくeye

起床

看護師さんの回診

朝食

内科と外科の先生の回診

昼食

シャワー

看護師さんの回診

夕食

看護師さんの回診

就寝

といったスケジュールconfident


ただ、あの頃は痛みのために眠れなかったりsad

個室でテレビが見放題だったりしたこともあったのでtv

眠れないなりにも寝ようとするのが23時位でしたsweat02

※消灯は22時ですが、個室なので部屋の電気だけ消してテレビをそれなりに見つつ、痛みに耐えていましたsweat02


夜はなんとか痛みに耐えて眠れたとしても、寝返りの度に痛みで目が覚めていましたbearing

少し痛みがマシになってからでも、運動不足のせいか夜中に体が勝手に伸びをしてしまい、その時に無意識のうちに肛門をギューって締めてしまうタイミングの激痛で目が覚めていましたwobbly


個室から大部屋に移動になってからは、テレビを見たり冷蔵庫を使うのにもカードが必要になりましたeye

Hp1510m1_2

それなりに見ていただけのテレビは電源を入れることもなくなり、カードは冷蔵庫の為だけに使用confident

その分、この時準備しておいた自宅に録り溜めた番組を見ることが多くなりましたwink


また、ここ最近は痛みがマシになってきたのもあって、睡眠時間も長くなりましたconfident

消灯時間より前の20時過ぎに寝て、自然に朝4時位に目が覚めるといった、少林寺のような生活sweat02

しらんけど(/ー\*)

それでもほぼ熟睡できるようになったこともあり、睡眠時間は約8時間と十分過ぎconfident


入院の頃から舌の角っこが少しだけピリピリしており、最初は口内炎かな?と思っていたんですがeye

その後段々と範囲が広くなって、数日後には舌全体が痛くなってしまいましたdespair

鏡で見てみても特にどうにかなっているわけでもないeye

しかし痛くて、満足に食事も水分も摂れないほどになりましたsad


勝手に、長期間飲んだり多めに飲んだりしている薬の副作用かなんかかな?と思いつつネットで調べてみると、舌痛症というものに似ていますpc

しらんけど(/ー\*)

ただこれ、原因が良く分からないみたいthink

ついでに、今飲んでいる薬の副作用を調べてみても、それらしい症状はないthink


本当ならここで先生か薬剤師さんに相談するべきだと思うんですが、たぶん寝不足かな?と思って嫁さんにだけ報告sweat02


その後、少しずつ寝られるようになってくるとsleepy

睡眠時間が増えるに従って痛い範囲も狭くなり、痛みもマシになっていくのがわかりましたconfident

やっぱり、(私の場合は)単なる寝不足とかストレスとかが原因っぽいsweat01


よく眠れるようになった今は全く痛くなくなり、普通に食事も摂れる様になりましたhappy01

良かった良かったapple


お尻の方も、良く眠れるようになった頃から日々改善しているのが自分でも分かるようになりましたshine


それまでは1日に4錠飲んでいた痛み止めも2錠で済むようになり、夜中の無意識の肛門ギューにも耐えられるようになっていきましたconfident


その数日後には、仰向けで両足を伸ばせるほどにeye

Hp1510m1_1

両膝を立てたり片足だけ伸ばすということはちょっと前から出来ていたんですが、両足を伸ばすとお尻にえらく負担が掛かりますsweat02


ただ、やっぱりお尻にまだいろいろ入っているという違和感があるのと、痛み止めが切れているときにはとても無理ですsweat01

うつぶせで両足を伸ばすのは随分楽なんですけどねcoldsweats01


股間がやけに膨らんでいるように見えますがeye

ただ紙おむつを履いているだけですcatface


また、この数日後にはeye

ゆっくりではありますが・・・


円座なしでマットの上に座ることもできましたhappy01


しかも、真っ直ぐにfuji


この半年ほどはお尻の右側が痛かったため、右側をかばって左側のみを付ける感じのおかしな姿勢でしか座れませんでしたdespair

最後の方には右側が炎症を起こしてしまい、座るのも大変な位にwobbly


これ、腰を痛めるな・・・とか、これ、ヤバイんじゃ・・・とか思いつつ過ごしたこの半年despair


今回座ったときも最初はその癖で傾いて座っていたんですがsweat02

もうそんなことしなくていいんだflair

と思って普通に座ってみるとeye

真っ直ぐ座ることができましたconfident


嬉しいhappy02


ただ暫く座っていると、やっぱりいろいろお尻に入っているものが気になってしまうのでダメですsweat02

また、お尻の前の方だけで座るいわゆる良い姿勢の座り方ならいいものの、どっしりと尾てい骨周りに圧を掛けて座るのもダメそうですsweat02


でもこれも、その辺に集中している邪魔なドレナージ等が取れれば普通に座れそうでもありますconfident

シートンの方は特に邪魔にはならないのかな?

どちらにしても嬉しい事ですshine


また便の方も、手術のあとはマグミット錠 330mgを毎食後に飲んでいた関係もあってか日に3回くらいしていたんですがeye

今では同じ量のマグミットを飲んでいても、日に1回だけになりましたconfident

マグミットが効かなくなってきたのか腸の調子が更に良くなったのかは分かりませんが、便もあの頃に比べると少し硬めですthink

でも無理しないと出ないほどではないので、日々の生活としてはとても快適confident


そして更に、例の突発性便意の後の突発性便通もなくなりましたshine


以前は、朝起きると立ち上がった途端に便意があり、直ぐにトイレに駆け込まないと我慢すら出来ずに間に合わない状況だったんですが、それがなくなったのですconfident

また日中に便意があった場合でも、健康だった頃のようにそれなりに我慢出来るほどにもなりましたconfident


トイレ付きの個室からトイレが少し離れている大部屋に変わる時eye

どうしよう・・・朝、トイレまで間に合うかな?sad

と心配していたんですがsweat01

その部屋を変わった次の日の朝から少し長く持つようになりeye

今では落ち着いてトイレに行け、便座に座って少し待ったり、お腹のマッサージをしないと中々出ないくらいになりましたconfident


健康だった頃の様ですclover


入院中にしても数日前まではeye

朝起きて横になっている分にはいいものの、立ち上がった瞬間に便意が起き、急いでトイレに行って剥がしづらいガーゼを剥いで便座に座ってギリギリだった便通のことを考えるとsweat01

なぜここまで普通になったのかが不思議なほどですcoldsweats01

入院して余計なものを食べなくなったことと、やっぱり1日に1包のみとはいえエレンタールを追加してるのが効いていたりするのかな?

それとも、この辺も痛みとかからくるストレスが原因だったりするのかな?

どちらにしても、こちらもとても嬉しいことですshine


話は少し変わりますが、大部屋なのでいろんな人間模様を見る(聞く)こともありますear

Hp1510m1_3

老夫婦さんの会話は、聞いていて何気に面白いですconfident


大体どこの老夫婦さんも、入院しているおじいさんの方が直ぐに怒り気味angry

それに対しておばあさんは拗ねてもう来ないと口答えするものの、その後直ぐに仲良くなっていろんな話をしていたりしますcoldsweats01

そんな話の繰り返しだったりしますが、聞いていると何だかほんわかしますconfident


話はまた戻り、ここ最近は痛みの減少と共にドレナージからの膿の量も少なくなったこともありeye

いよいよ来週火曜日にレミケードを使うみたいですconfident


効く人には劇的な効果をもたらし、瘻管も閉じてくれるというこのお薬clover

免疫に影響したりはするものの、使っておいた方がいいとのことなので、お願いすることにしましたconfident


また、レミケードを使って副作用等がなければ、その後はお尻の方も含めて外来でもいいとのことeye


痛みももう少しマシになって自分で運転ができる位になったら、やっと待ちに待った退院かな?

レミケードを使って瘻管も早めに閉じていき、早く邪魔なドレーンパイプが取れるといいなconfident

シートンの方は結構掛かりそうだけどcoldsweats01


・・・


とりあえず、今のところはこんな感じですclover


・・・


これまでの経緯

痛くなりだしてから我慢出来なくなった経緯と、切開排膿・ドレーンパイプの設置までの内容については、その1をご覧下さいclover

その後の経過(3/17~3/20)については、その2をご覧下さいclover

その後の経過(3/21~3/23)については、その3をご覧下さいclover

その後の経過(3/24~3/26)については、その4をご覧下さいclover

その後の経過(3/27~3/29)については、その5をご覧下さいclover

その後の経過(3/30~4/1朝)については、その6をご覧下さいclover

その後の経過(4/1出社後~4/5)については、その7をご覧下さいclover

その後の経過(4/6~4/12)については、その8をご覧下さいclover

その後の経過(4/13~4/19)については、その9をご覧下さいclover

その後の経過(4/20~4/26)については、その10をご覧下さいclover

その後の経過(4/27~5/3)については、その11をご覧下さいclover

その後の経過(5/4~5/10)については、その12をご覧下さいclover

その後の経過(5/11~5/17)については、その13をご覧下さいclover

その後の経過(5/18~5/24)については、その14をご覧下さいclover

その後の経過(5/25~5/31)については、その15をご覧下さいclover

その後の経過(6/1~6/7)については、その16をご覧下さいclover

その後の経過(6/8~6/14)については、その17をご覧下さいclover

その後の経過(6/15~6/21)については、その18をご覧下さいclover

その後の経過(6/22~6/28)については、その19をご覧下さいclover

その後の経過(6/29~7/5)については、その20をご覧下さいclover

その後の経過(7/5~7/12)については、その21をご覧下さいclover

その後の経過(7/13~7/20)については、その22をご覧下さいclover

その後の経過(7/21~7/26)については、その23をご覧下さいclover

その後の経過(7/27~8/2)については、その24をご覧下さいclover

その後の経過(8/3~8/9)については、その25をご覧下さいclover

その後の経過(8/10~8/17)については、その26をご覧下さいclover

その後の経過(8/18~8/23)については、その27をご覧下さいclover

その後の経過(8/24~8/30)については、その28をご覧下さいclover

その後の経過(8/31~9/6)については、その29をご覧下さいclover

痔瘻の診察とMRIによる経路確認(9/9)については、その30をご覧下さいclover

手術前検査等(9/14)については、その31をご覧下さいclover

手術前の感想等(9/24)については、その32をご覧下さいclover

先生からの説明によりクローン病に(9/24)については、その33をご覧下さいclover

複雑すぎる痔瘻の手術(9/25)については、その34をご覧下さいclover

入院中の様子(9/26~10/12)については、その35をご覧下さいclover

病室でのネット環境については、その36をご覧下さいclover

個室から大部屋への移動については、その37をご覧下さいclover

病院食の変更については、その38をご覧下さいclover

再び部屋の移動については、その39をご覧下さいclover

2015年10月20日 (火)

クローン病と痔瘻(その39) また部屋の移動

これまでに書いた、クローン病(CD)痔瘻についてのエントリーの続きとなりますsweat02


・・・


これを書いているのは、10月20日pencil

早いもので、もうすぐ入院から1ヵ月になろうとしていますsweat02


普通の人がこういった酷めの複雑痔瘻になった場合の手術だと、お尻の切開や悪い部分の剥ぎ取り、くりぬき等で、入院最低1ヵ月と言われましたがhospital

普通の人はここまで放置しなかったり、放置したとしてもここまで酷くなったりはしないのかもしれませんsweat02


また、手術前検査で潰瘍性大腸炎ではなくクローン病ということになり、手術方法が一般的な根治手術から、クローン病患者の場合に一般的なシートン法+ドレナージ設置に変更になりましたthink

これまた一般的にシートン法の場合は入院日数も短めなんですが、複雑過ぎたこともあったり、クローン病やプレドニンを飲んでいるせいで治りが遅いのか、結局同じ位掛かってしまっているようですsweat02


・・・


10/19(月)~

10月13日に個室から大部屋に移動になりましたが、またしても部屋の移動がありましたsweat02


10月19日の朝、婦長さんがやってきて、部屋の移動についての確認がありましたeye

Hp15104t4_1

理由としては、看護師の看護効率向上のためconfident

良く診ないといけない患者さんを、ナースステーションの近くに集めたいとのことですclover


病院の大部屋だから仕方ないとはいえ、特に不満を漏らすこともなくヘッドホンを耳栓代わりに使ったりして過ごしていた数日間ear

昼と夜が逆転している方、痴呆気味な方、風邪を引いているような方、頻繁にナースコールを押す方、文句の多い方・・・いろんな方が居られましたsweat02


婦長さんからの部屋変更依頼を快諾した私はeye

その日の午後、ナースステーションから一番離れた4人部屋に移動となりましたconfident

さすがにお年寄りの方々と比べると、私は手が掛からないってことなんでしょうcoldsweats01


最初に部屋が変わるときにお願いしていたのを考慮してくれ、この部屋でも窓際ですconfident

Hp15104t4_2

WiMAXの感度は、前の部屋と同じ位で問題なしwink


痛みも最初に比べるとマシになってきて、調子の良いときには使えるようになったU型クッションも枕元に装備confident

Hp15104t4_3

ヘッドホンも普段はここにぶら下げていますがeye

この部屋の方は皆さん静かなので、無理に使う必要もなさそうですcoldsweats01


私が入ったときには空きもありましたが、10月20日の時点でこの部屋も満室full

それでも、前まで居た部屋に比べると居心地が良いですconfident

もしかして、婦長さんが気を使って部屋を替えてくれたのかな?とも思ってしまいますcoldsweats01


ここの所は毎日良い天気sun

Hp15104t4_4

いろんなところで地方祭が開催されていますが、この病院の周辺はもう静かになっていますear


体調というか痛みの方も、日々マシになってきている感じconfident

毎日4回飲んでいた痛み止めも、今は2回で済むようになりましたclover

痛みがマシになると、心にも余裕ができますmaple


普段は先生の回診で患部の洗浄をしてもらい、もうすぐ術後のCT検査があるようですeye

レミケードの使用はもうちょっと後かな?


退院はいつ頃かな?


・・・


とりあえず、今のところはこんな感じですclover


・・・


これまでの経緯

痛くなりだしてから我慢出来なくなった経緯と、切開排膿・ドレーンパイプの設置までの内容については、その1をご覧下さいclover

その後の経過(3/17~3/20)については、その2をご覧下さいclover

その後の経過(3/21~3/23)については、その3をご覧下さいclover

その後の経過(3/24~3/26)については、その4をご覧下さいclover

その後の経過(3/27~3/29)については、その5をご覧下さいclover

その後の経過(3/30~4/1朝)については、その6をご覧下さいclover

その後の経過(4/1出社後~4/5)については、その7をご覧下さいclover

その後の経過(4/6~4/12)については、その8をご覧下さいclover

その後の経過(4/13~4/19)については、その9をご覧下さいclover

その後の経過(4/20~4/26)については、その10をご覧下さいclover

その後の経過(4/27~5/3)については、その11をご覧下さいclover

その後の経過(5/4~5/10)については、その12をご覧下さいclover

その後の経過(5/11~5/17)については、その13をご覧下さいclover

その後の経過(5/18~5/24)については、その14をご覧下さいclover

その後の経過(5/25~5/31)については、その15をご覧下さいclover

その後の経過(6/1~6/7)については、その16をご覧下さいclover

その後の経過(6/8~6/14)については、その17をご覧下さいclover

その後の経過(6/15~6/21)については、その18をご覧下さいclover

その後の経過(6/22~6/28)については、その19をご覧下さいclover

その後の経過(6/29~7/5)については、その20をご覧下さいclover

その後の経過(7/5~7/12)については、その21をご覧下さいclover

その後の経過(7/13~7/20)については、その22をご覧下さいclover

その後の経過(7/21~7/26)については、その23をご覧下さいclover

その後の経過(7/27~8/2)については、その24をご覧下さいclover

その後の経過(8/3~8/9)については、その25をご覧下さいclover

その後の経過(8/10~8/17)については、その26をご覧下さいclover

その後の経過(8/18~8/23)については、その27をご覧下さいclover

その後の経過(8/24~8/30)については、その28をご覧下さいclover

その後の経過(8/31~9/6)については、その29をご覧下さいclover

痔瘻の診察とMRIによる経路確認(9/9)については、その30をご覧下さいclover

手術前検査等(9/14)については、その31をご覧下さいclover

手術前の感想等(9/24)については、その32をご覧下さいclover

先生からの説明によりクローン病に(9/24)については、その33をご覧下さいclover

複雑すぎる痔瘻の手術(9/25)については、その34をご覧下さいclover

入院中の様子(9/26~10/12)については、その35をご覧下さいclover

病室でのネット環境については、その36をご覧下さいclover

個室から大部屋への移動については、その37をご覧下さいclover

病院食の変更については、その38をご覧下さいclover

2015年10月18日 (日)

クローン病と痔瘻(その38) 食事変更

これまでに書いた、クローン病(CD)痔瘻annoyについてのエントリーの続きとなりますsweat02


・・・


10/15(木)~

10月13日に個室から大部屋に移動になりましたが、神経質なもののそれなりに過ごせていますconfident


ただ、一つ残念な事が・・・


10月15日の昼食より、突然食事が少し残念な感じになりましたeye

Cd1510ec_1

一緒に乗ってくる紙には、CDの文字が・・・

ご飯も軟飯になり、210gと減少down


手術の翌日から食べていたのは、こんな感じの常食eye

20150925_2

こちらでも少々不満はありますが、病院食としては満足できるものでしたconfident


この頃の食事に付いていた紙にはeye

Cd1510ec_2

常食、ご飯240g(大盛)の文字confident

あとは入院時に、牛乳は飲めないのでヤクルトに替えて欲しいとお話ししたことによる指示sweat02


それが今では、ヤクルトすら無くなって牛乳禁止のみの指示gawk


入院の日に潰瘍性大腸炎(UC)ではなくクローン病(CD)という判断になり、ここ3週間近くは常食だったのに・・・

なぜ今になって変わるんでしょうsign02


今は腸機能になんら問題はなく、出された常食も米粒一つ残さず食べて何の問題もなかったのに・・・

ヤクルトも欲しいのに・・・


その頃、特に何らかの検査があったわけでもないですし、こちらから何かを報告したということでもないのでmemo

何故こうなったのかが分かりませんsweat02


おそらく途中から介入してきた内科からの指示だと思うんですが、何か考えがあるのかな?

ちょっと聞くのは気が引けますが、やっぱり常食がいいなdespair


せめて朝のヤクルトは欲しいweep

と配膳してくれる方に依頼してみるとeye


朝食にヤクルトは付いてくるようになりましたshine

Cd1510ec_3

エレンタールとの兼ね合いなのかな?

でも、エレンタールを飲み出したときから数日間はまだ常食でしたし・・・


常食だと、時々AセットとBセットを選べて楽しみだったりしたんですが、それもなくなりましたbanana

悲しいweep


以上、ちょっとした愚痴でしたchick


・・・


とりあえず、今のところはこんな感じですclover


・・・


これまでの経緯

痛くなりだしてから我慢出来なくなった経緯と、切開排膿・ドレーンパイプの設置までの内容については、その1をご覧下さいclover

その後の経過(3/17~3/20)については、その2をご覧下さいclover

その後の経過(3/21~3/23)については、その3をご覧下さいclover

その後の経過(3/24~3/26)については、その4をご覧下さいclover

その後の経過(3/27~3/29)については、その5をご覧下さいclover

その後の経過(3/30~4/1朝)については、その6をご覧下さいclover

その後の経過(4/1出社後~4/5)については、その7をご覧下さいclover

その後の経過(4/6~4/12)については、その8をご覧下さいclover

その後の経過(4/13~4/19)については、その9をご覧下さいclover

その後の経過(4/20~4/26)については、その10をご覧下さいclover

その後の経過(4/27~5/3)については、その11をご覧下さいclover

その後の経過(5/4~5/10)については、その12をご覧下さいclover

その後の経過(5/11~5/17)については、その13をご覧下さいclover

その後の経過(5/18~5/24)については、その14をご覧下さいclover

その後の経過(5/25~5/31)については、その15をご覧下さいclover

その後の経過(6/1~6/7)については、その16をご覧下さいclover

その後の経過(6/8~6/14)については、その17をご覧下さいclover

その後の経過(6/15~6/21)については、その18をご覧下さいclover

その後の経過(6/22~6/28)については、その19をご覧下さいclover

その後の経過(6/29~7/5)については、その20をご覧下さいclover

その後の経過(7/5~7/12)については、その21をご覧下さいclover

その後の経過(7/13~7/20)については、その22をご覧下さいclover

その後の経過(7/21~7/26)については、その23をご覧下さいclover

その後の経過(7/27~8/2)については、その24をご覧下さいclover

その後の経過(8/3~8/9)については、その25をご覧下さいclover

その後の経過(8/10~8/17)については、その26をご覧下さいclover

その後の経過(8/18~8/23)については、その27をご覧下さいclover

その後の経過(8/24~8/30)については、その28をご覧下さいclover

その後の経過(8/31~9/6)については、その29をご覧下さいclover

痔瘻の診察とMRIによる経路確認(9/9)については、その30をご覧下さいclover

手術前検査等(9/14)については、その31をご覧下さいclover

手術前の感想等(9/24)については、その32をご覧下さいclover

先生からの説明によりクローン病に(9/24)については、その33をご覧下さいclover

複雑すぎる痔瘻の手術(9/25)については、その34をご覧下さいclover

入院中の様子(9/26~10/12)については、その35をご覧下さいclover

病室でのネット環境については、その36をご覧下さいclover

個室から大部屋への移動については、その37をご覧下さいclover

2015年10月16日 (金)

クローン病と痔瘻(その37) 個室から4人部屋へ

これまでに書いた、クローン病(CD)痔瘻annoyについてのエントリーの続きとなりますsweat02


・・・


10/13(火)~10/15(木)

このエントリーに書いていたとおり、部屋が移動になりましたconfident

トイレ付きの個室から、大部屋(4人部屋)への移動ですsweat02


この病院での個室は、手術前後の方優先eye

落ち着いたところで、次の手術予定の方に個室を譲らなくてはなりませんclover


そんなこんなで、私も荷物を纏めますconfident

Hp15101t4_1

そして、13日の朝の回診が終わったあと、移動となりましたmaple


もともと居た部屋から数部屋南西の方にある、4人部屋ですconfident

Hp15101t4_2

私が移動したときには、既に2名の方が居ましたeye

翌日の14日には、もう1名の方が入られて満室にsweat01


WiMAXの事を考えて窓際を希望していたんですが、希望通りの窓際にしてくれましたwink

Hp15101t4_3

個室と比べると、さすがに狭くなってしまったスペースに、鞄やらを並べていきますeye

よく使うものは手元に置き、小さな冷蔵庫にはエレンタールのボトルを含む最低限の飲み物を入れましたconfident


窓際ではあるんですが、個室の時の様にWi-Fiモバイルルータをブラインドにぶら下げるのはどうかと思ったのでsweat02

Hp15101t4_4

アンテナの本数を確認しながら、そこそこ通信状況の良さそうなベッドの脇にぶら下げてみましたeye


個室の時はアンテナが5本中3本でしたが、こちらでは4本立っていますwink


速度の方も向上しeye

Hp15101t4_5

下り46.61Mbps、上り5.14Mbpsshine


アンテナ表示が1本違うだけで、下りは2倍、上りは10倍の速度になりましたwink

ここで使う分には、何の不自由も無い速度ですgood


これで暇を持て余すこともありませんtv

時々行う仕事関係の対応なんかもやり易くなりましたwink


・・・


手術後、3週間近く経っての体調の方はeye

痛みも段々とマシになってきているのが実感できますconfident


痛み止めを飲んでいても、痛みに耐えるのが精一杯で何もできなかった時から考えるとsweat02

本当に楽になりましたconfident

とくに朝の回診でのドレナージ洗浄がいいのか、その都度楽になっているとも感じますshine


ガーゼに付く膿の方も、抗生剤のせいもあってか少なくなってきているような感じconfident

これなら、もう少しでレミケードが使えそうかな?


ただ、まだ座ることはできませんsweat02

当然、運転もできませんsweat02


最低でも、一人で車を運転して外来できる様になるまでは居させて貰おうと思っていますがeye

外科だけではなく内科のこともあるので、その辺は先生との相談になりそうですhospital


ちなみに、座れないのでeye

Hp15101t4_6

こんな感じにベッドにSurface Proを置いて、うつぶせで腕をしびれさせながらエントリーしていますpc


やっぱり有った方が快適なマウスも持参confident

シーツの上でも普通に使えて便利ですwink


・・・


とりあえず、今のところはこんな感じですclover


・・・


これまでの経緯

痛くなりだしてから我慢出来なくなった経緯と、切開排膿・ドレーンパイプの設置までの内容については、その1をご覧下さいclover

その後の経過(3/17~3/20)については、その2をご覧下さいclover

その後の経過(3/21~3/23)については、その3をご覧下さいclover

その後の経過(3/24~3/26)については、その4をご覧下さいclover

その後の経過(3/27~3/29)については、その5をご覧下さいclover

その後の経過(3/30~4/1朝)については、その6をご覧下さいclover

その後の経過(4/1出社後~4/5)については、その7をご覧下さいclover

その後の経過(4/6~4/12)については、その8をご覧下さいclover

その後の経過(4/13~4/19)については、その9をご覧下さいclover

その後の経過(4/20~4/26)については、その10をご覧下さいclover

その後の経過(4/27~5/3)については、その11をご覧下さいclover

その後の経過(5/4~5/10)については、その12をご覧下さいclover

その後の経過(5/11~5/17)については、その13をご覧下さいclover

その後の経過(5/18~5/24)については、その14をご覧下さいclover

その後の経過(5/25~5/31)については、その15をご覧下さいclover

その後の経過(6/1~6/7)については、その16をご覧下さいclover

その後の経過(6/8~6/14)については、その17をご覧下さいclover

その後の経過(6/15~6/21)については、その18をご覧下さいclover

その後の経過(6/22~6/28)については、その19をご覧下さいclover

その後の経過(6/29~7/5)については、その20をご覧下さいclover

その後の経過(7/5~7/12)については、その21をご覧下さいclover

その後の経過(7/13~7/20)については、その22をご覧下さいclover

その後の経過(7/21~7/26)については、その23をご覧下さいclover

その後の経過(7/27~8/2)については、その24をご覧下さいclover

その後の経過(8/3~8/9)については、その25をご覧下さいclover

その後の経過(8/10~8/17)については、その26をご覧下さいclover

その後の経過(8/18~8/23)については、その27をご覧下さいclover

その後の経過(8/24~8/30)については、その28をご覧下さいclover

その後の経過(8/31~9/6)については、その29をご覧下さいclover

痔瘻の診察とMRIによる経路確認(9/9)については、その30をご覧下さいclover

手術前検査等(9/14)については、その31をご覧下さいclover

手術前の感想等(9/24)については、その32をご覧下さいclover

先生からの説明によりクローン病に(9/24)については、その33をご覧下さいclover

複雑すぎる痔瘻の手術(9/25)については、その34をご覧下さいclover

入院中の様子(9/26~10/12)については、その35をご覧下さいclover

病室でのネット環境については、その36をご覧下さいclover

2015年10月13日 (火)

クローン病と痔瘻(その36) 病室のネット環境

これまでに書いた、クローン病(CD)痔瘻annoyについてのエントリーの続きとなりますsweat02


・・・


9/26(土)~10/13(火)

痛みも少しマシになり、痛み止めが効いているときにはPCを使う余裕も出来てきたのでpc

今回は病状とは余り関係のない、入院中の過ごし方やネット環境について書いてみたいと思いますhospital


前回の救急搬送からの入院時は、ある程度余裕ができると病室で暇を持て余すようになっていたのでsweat02

今回は入院に向けていろんな準備もしてきましたconfident


そんな中、いつも重宝しているというか必須なのがeye

1510hs1_3

こちらのWi-Fiモバイルルータですconfident


入院当日に許可を得て設置しましたが、その時の場所では入りが悪いthink

この機種の仕様から、WiMAX 2+で接続されていても、知らない間にWiMAXでの接続となっていたりしますgawk


その後、場所をいろいろ変えながら確認してみるとeye

上の画像の位置が最適ということが分かりましたconfident


この病室の向きや周りの影響もあるのかhospital

これ以上高くても低くてもダメで、左でも右でもダメsweat01

ここがベストポジションのようですgood


アンテナは3本という中途半端な状況ですが、速度はこのくらい出ますeye

1510hs1_4

下り22.9Mbps、上り0.49Mbpsshine


上りは遅いものの、下りはこのくらい出ていれば特に不満はありませんwink

PINGも速く、特にストレスなく使う事ができていますconfident

何より契約により、スマホにある通信量による速度制限が無いのが良いですgood


寝るときなんかに、自宅のRECBOXに録り溜めている番組を見たりもしましたが、綺麗な画質で見られて良かったですhappy01


ただ、数日は良かったものの、あるとき急にWiMAXに繋がらなくなってしまいましたcoldsweats02

自宅に録り溜めている番組を見ながら寝落ちしてしまうこともあったので、1日の通信量が結構多くなっていたこともありsweat02

これがいわゆる、速度制限はないと言いつつ実はあるというアレかsign01とも思ったんですがbearing

圏外の表示も出ないのは何だろう?と思ってWiMAXの工事、障害情報を見てみるとeye

丁度この付近で、3日続けて工事をやっているのが分かりましたsweat02


そこで暫くの間はthink

iPhoneをテザリングで使うことにしましたcoldsweats01

1510hs1_5

こちらはデータ量での制限があるものの、速度的には問題ありませんwink


ただこの工事期間中は、録り溜めている番組を見たりすることはなくなり、動画サイトも余り見ないようにしましたsweat02

制限があると思うと、やっぱり気になりますcoldsweats01


工事が終わると、普通に繋がるようになりましたwink

いきなり速度が上がるのを期待していたんですが、特に変化はありませんcoldsweats01


あと気になるのがeye

今は個室に入っていますが、そろそろ大部屋に移されそうな雰囲気が漂っていますsweat02


この病院の個室は基本的に手術前後の方が入る部屋なので、落ち着いたら大部屋に移るのが普通の様ですthink

窓際だといいものの、内側だとすると・・・


同じ部屋にあって直ぐに行けてたトイレが無くなること

慣れない他人と一緒に過ごさないといけないこと

といった事への不安もありますがsweat02


この、そこそこ快適なネット環境が無くなってしまうかもしれないこと

にもドキドキしていますsad


・・・


とりあえず、今のところはこんな感じですclover


・・・


これまでの経緯

痛くなりだしてから我慢出来なくなった経緯と、切開排膿・ドレーンパイプの設置までの内容については、その1をご覧下さいclover

その後の経過(3/17~3/20)については、その2をご覧下さいclover

その後の経過(3/21~3/23)については、その3をご覧下さいclover

その後の経過(3/24~3/26)については、その4をご覧下さいclover

その後の経過(3/27~3/29)については、その5をご覧下さいclover

その後の経過(3/30~4/1朝)については、その6をご覧下さいclover

その後の経過(4/1出社後~4/5)については、その7をご覧下さいclover

その後の経過(4/6~4/12)については、その8をご覧下さいclover

その後の経過(4/13~4/19)については、その9をご覧下さいclover

その後の経過(4/20~4/26)については、その10をご覧下さいclover

その後の経過(4/27~5/3)については、その11をご覧下さいclover

その後の経過(5/4~5/10)については、その12をご覧下さいclover

その後の経過(5/11~5/17)については、その13をご覧下さいclover

その後の経過(5/18~5/24)については、その14をご覧下さいclover

その後の経過(5/25~5/31)については、その15をご覧下さいclover

その後の経過(6/1~6/7)については、その16をご覧下さいclover

その後の経過(6/8~6/14)については、その17をご覧下さいclover

その後の経過(6/15~6/21)については、その18をご覧下さいclover

その後の経過(6/22~6/28)については、その19をご覧下さいclover

その後の経過(6/29~7/5)については、その20をご覧下さいclover

その後の経過(7/5~7/12)については、その21をご覧下さいclover

その後の経過(7/13~7/20)については、その22をご覧下さいclover

その後の経過(7/21~7/26)については、その23をご覧下さいclover

その後の経過(7/27~8/2)については、その24をご覧下さいclover

その後の経過(8/3~8/9)については、その25をご覧下さいclover

その後の経過(8/10~8/17)については、その26をご覧下さいclover

その後の経過(8/18~8/23)については、その27をご覧下さいclover

その後の経過(8/24~8/30)については、その28をご覧下さいclover

その後の経過(8/31~9/6)については、その29をご覧下さいclover

痔瘻の診察とMRIによる経路確認(9/9)については、その30をご覧下さいclover

手術前検査等(9/14)については、その31をご覧下さいclover

手術前の感想等(9/24)については、その32をご覧下さいclover

先生からの説明によりクローン病に(9/24)については、その33をご覧下さいclover

複雑すぎる痔瘻の手術(9/25)については、その34をご覧下さいclover

入院中の様子(9/26~10/12)については、その35をご覧下さいclover

2015年10月12日 (月)

クローン病と痔瘻(その35) 手術後の状況

これまでに書いた、クローン病(CD)痔瘻annoyについてのエントリーの続きとなりますsweat02

ただ、先日の手術前検査により潰瘍性大腸炎(UC)ではなくクローン病(CD)だったという診断結果になったので、前回よりタイトルを変更しましたclover


・・・


9/26(土)~10/12(月)

入院、そして手術を行い、その後も病院での生活を過ごしていますhospital


日々の内容はそれほど変化もなくeye

起床

看護師さんの回診

朝食

先生の回診

昼食

シャワー

看護師さんの回診

夕食

看護師さんの回診

寝る

といったスケジュールconfident


便の回数は、朝起きた瞬間の1回に、昼食後、夕食後の基本3回程度confident

便を柔らかくするお薬を飲んでいるせいもあってか、食後に腸が動き出すと普通に出るといった感じですbanana


飲んでいるお薬やサプリはeye

痛み止め薬、胃薬
便を軟らかくする薬
消化器官用薬

といったものが、この病院の外科から処方されていますhospital


痛み止めと胃薬はセットで飲み、基本は食後ですが、痛みが激しいときには6時間空けて飲んでも良いとの許可の元、1日に4回きっちり飲んでいますconfident

ロキソプロフェンNa錠 60mg
レバミピド錠 100mg

はっきり言って、これを飲まないと痛みでどうにもなりませんsweat01


便を柔らかくするお薬は、マグミット錠 330mgを毎食後に1錠飲んでいますconfident

これのせいか便は柔らかめですが、時々硬めなこともあって排便時にドキドキしますsweat02


消化器官用薬は、ランプラゾール0D錠 15mgを夕食後に1錠飲んでいますconfident


それ以外には、元々飲んでいたこれらのeye

アサコール錠 400mg
ビオフェルミンR錠
プレドニン錠 5mg

潰瘍性大腸炎のお薬もそのままの量を飲んでいますconfident

この辺はクローン病でも同じみたいですねclover


あとはeye

ビヒダス BB536
カルシウム&マグネシウム

もこれまで同様、同じ量を飲んでいますconfident


これらは入院時にサプリ含めて全てチェックされており、飲んでもいいという判断のもとでの服用となりますclover


潰瘍性大腸炎からクローン病に診断結果が変わった際に、アサコールからペンタサ辺りに変更されるのかとも思いましたが、それも特にありませんでしたconfident

入院前にこれまでの履歴を一覧にして先生に渡しており、その中にmemo

アサコールのみで一旦寛解に入れた

ペンタサの時期もあったけどアサコールの方が合っている

ということを書いていたからかもしれませんconfident


看護師さんの回診では、体温と血圧が測定されますeye

最初は指先の酸素量も毎回計測されていましたが、途中からは時々になりましたconfident


また、便の後やシャワーの後は、ガーゼの貼り替えをお願いしていますeye

その都度コールボタンを押して呼び出して貼ってもらうんですが、やっぱり少々気を使いますcoldsweats01

最初こそ、お尻を出すのが恥ずかしいと思っていたんですが、途中からは慣れましたconfident


先生の回診は、日によって来られる先生や時間が変わることもありますeye

また、複数の先生が順番に来ることもありますsweat02

さらに病院の都合上、看護師さん以外に研修生がついてくることもありますsweat01


ここでもお尻を診て貰うんですが、手術跡の確認や触診での状況観察eye

ドレナージの洗浄なんかも行われますsweat01

手術の数日後は、何やら局部麻酔っぽいものをプスプスとそこら中に打たれたこともありましたbearing

麻酔ではありませんでしたが、何だったのかも分かりませんsweat02

触診や洗浄はやっぱり痛いので、1日のうちで一番恐怖を感じるイベントだったりしますsad

ただ、洗浄後はやっぱり少し楽になったりしますshine


手術から数日後に抗生剤も処方されましたが、5日分で終わりましたconfident

その後もドレナージ等から膿が出ていたんですが、先生から自分でも搾って下さいというお言葉があったのでclover


痛いのを我慢しつつ、こんな姿勢で圧を掛けて排膿したりもしていますeye

1510hs1_1

ドレナージの影響か、手術前よりはこの姿勢での排膿状況が良くありませんthink

この姿勢の後、立ち上がったときに結構出ているような気もしますconfident

そして、やっぱり排膿出来ると楽になるのも分かりますconfident


痛みですが、全体的に痛かったのは手術後3日くらいまででしょうかdespair

その後は肛門と二次口を結んでいるシートンのアレが食い込んでいる部分的な痛みが激しくなり、寝返りすらまともに出来ないほどになりましたwobbly

痛み止めを飲んでいても、夜は痛みで眠れないほどですsad


でも朝になると楽になっていたんですが、何故かを考えてみるとeye

排便が影響しているのがわかりましたflair


最初は排便の時に左右のドレナージから何かが出ているのが分かったので、もしかしてドレーンから便が出てる?と思っていたんですがcoldsweats02

どうやら排便時の圧によって排膿されていたようですconfident

そのせいで、排便時の肛門の痛みは相変わらずですが、その後は夜に比べると楽になることがわかりましたconfident


排便の方もいろいろなことが分かってくると恐怖では無くなってくるんですが、やっぱり痛いのは痛いですdespair

そして、この部屋にあるトイレのウォシュレットが強すぎsweat01

ビデもあるので最弱にして使ってみましたが、これでも強すぎsweat01

でも綺麗にしておかないと後で痛みが増したりするので、頑張って洗っていますsweat02


シャワーの方は、入浴はダメなもののシャワーは構わない、むしろお尻を洗いまくって下さいということで、手術の翌々日から毎日シャワーを浴びていますconfident

特にお尻は、擦れないものの丁寧にシャワーを掛けて洗っていますshine

ガーゼがお尻側にあるため、仰向けで排膿している分にはガーゼ側に膿等が付着するのでいいものの、痛みのため排膿時くらいにしか仰向けにはなれませんthink

それ以外は、ほとんどがうつぶせか横向きで過ごしているため、ガーゼに吸収されなかった膿等は下の方に垂れていき、お尻や前の方に付着して気持ち悪かったりするんですがdespair

こちらもシャワーを浴びて綺麗にすると、とてもスッキリしますwink

紙おむつを履き替えるのも、このシャワーのタイミングにしていますconfident


ほとんどごろごろして過ごしているんですが、ベッドはマットが柔らかすぎて沈み込んだときに患部が当たることがあるため、隣にある硬めのソファでごろごろしていますcoldsweats01

途中、看護師さんに硬めのマットがないか確認してみたところ、倉庫に以前使っていたものがあったということで、こころよく交換してくれましたhappy01

マットの硬さで、ベッドの上での過ごしやすさが大違いですwink


あと、座ることはまだできませんgawk

手術前の様に、左側のみを付ける感じで座ることもできませんgawk

食事の時等、結構苦労しますsweat02


円座でもあれば違うのかな?とも思いましたが、ドレナージの出ている範囲が広いためeye

真ん中の開いている部分が小さめの普通の円座では意味がないと思いthink


こんなU字型のものを嫁さんがネット注文して届けてくれましたconfident

1510hs1_2

ただ、今の状況ではこちらでも痛くて座れませんでしたsweat02

U字部分を広げたり向きを変えたりもしてみたんですが、厚めのガーゼを貼っているからか、何かしらが当たって痛くてダメでしたdespair


・・・


数日は外科の先生だけの回診でしたが、手術から10日過ぎたあたりから、内科の先生の回診も始まりましたclover

クローン病についての治療が始まるようですconfident


今のところは、腸の方は特に問題無いので大丈夫だとも思ったんですがsweat02

手術から10日経ってもお尻にそれほど変化がなく、まだ膿等が出ているということについての治療のようですconfident


説明があったのは、レミケードを使うということeye

このレミケードという名前はちょくちょく見ることもあったんですが、腸に影響するだけではなく、どうやらクローン病に関する手術後の傷等を塞ぐ効果も絶大なようですconfident

こちらは、膿の状況を確認したりアレルギー反応の確認を行ってから、数日後に実施するようですconfident

ただ、膿がまだ多い様だと延期することもあるとのことsweat02

何クール行うのかの説明は、まだありませんconfident


そしてもう一つ、こちらの方が処方されましたeye

1510hs1_6

まずいことでお馴染みの、エレンタールgawk


ここでふと疑問がsign02

病院食として出ている普通食も、大盛りのご飯を米粒1粒すら残さず全部食べていますdelicious

それでも何の問題もないのに、なぜここでエレンタール?

摂取カロリーをこれ以上増やす為?

と思ったので、看護師さんを通じて先生に確認してもらいましたeye

まずいことを知っているので、それほど意味が無いのなら飲みたくないだけだったりもしますsweat02


そして確認できたことは、ステロイドの減量と離脱に飲んだ方がいいということclover

説明に納得出来たこともあり、素直に飲むことにしましたconfident


久しぶりに飲むエレンタールgawk

1510hs1_7

最初はお気に入りのパイナップル味のフレーバーから試しましたがeye


普通に美味しく頂けましたconfident


あら?

あの時、あんなに苦労しながら飲んでいたのはなんだったんだろう?

美味しくなったのかな?

それとも味は変わってないけど、気分的に飲めてるだけかな?


どちらにしろ、毎日1包なので特に苦労もなく飲むことができていますwink


10/12(月)には、内科の方から新たなお薬が処方されましたeye

ビオフェルミンR散 1g / 朝夕1包
レボフロキサシン錠 500mg / 朝1錠

整腸剤と抗生剤ですconfident


整腸剤の方は普段から飲んでいるものと同じっぽいので、飲むタイミングが被るときはこちらだけにしますconfident


抗生剤は外科の方でも暫く出ていましたが、今は止まっていますeye

こちらは、まだ膿が出ているといったことから、レミケードを使う前の対策かもしれませんconfident


・・・


とりあえず、今のところはこんな感じですclover


・・・


これまでの経緯

痛くなりだしてから我慢出来なくなった経緯と、切開排膿・ドレーンパイプの設置までの内容については、その1をご覧下さいclover

その後の経過(3/17~3/20)については、その2をご覧下さいclover

その後の経過(3/21~3/23)については、その3をご覧下さいclover

その後の経過(3/24~3/26)については、その4をご覧下さいclover

その後の経過(3/27~3/29)については、その5をご覧下さいclover

その後の経過(3/30~4/1朝)については、その6をご覧下さいclover

その後の経過(4/1出社後~4/5)については、その7をご覧下さいclover

その後の経過(4/6~4/12)については、その8をご覧下さいclover

その後の経過(4/13~4/19)については、その9をご覧下さいclover

その後の経過(4/20~4/26)については、その10をご覧下さいclover

その後の経過(4/27~5/3)については、その11をご覧下さいclover

その後の経過(5/4~5/10)については、その12をご覧下さいclover

その後の経過(5/11~5/17)については、その13をご覧下さいclover

その後の経過(5/18~5/24)については、その14をご覧下さいclover

その後の経過(5/25~5/31)については、その15をご覧下さいclover

その後の経過(6/1~6/7)については、その16をご覧下さいclover

その後の経過(6/8~6/14)については、その17をご覧下さいclover

その後の経過(6/15~6/21)については、その18をご覧下さいclover

その後の経過(6/22~6/28)については、その19をご覧下さいclover

その後の経過(6/29~7/5)については、その20をご覧下さいclover

その後の経過(7/5~7/12)については、その21をご覧下さいclover

その後の経過(7/13~7/20)については、その22をご覧下さいclover

その後の経過(7/21~7/26)については、その23をご覧下さいclover

その後の経過(7/27~8/2)については、その24をご覧下さいclover

その後の経過(8/3~8/9)については、その25をご覧下さいclover

その後の経過(8/10~8/17)については、その26をご覧下さいclover

その後の経過(8/18~8/23)については、その27をご覧下さいclover

その後の経過(8/24~8/30)については、その28をご覧下さいclover

その後の経過(8/31~9/6)については、その29をご覧下さいclover

痔瘻の診察とMRIによる経路確認(9/9)については、その30をご覧下さいclover

手術前検査等(9/14)については、その31をご覧下さいclover

手術前の感想等(9/24)については、その32をご覧下さいclover

先生からの説明によりクローン病に(9/24)については、その33をご覧下さいclover

複雑すぎる痔瘻の手術(9/25)については、その34をご覧下さいclover

2015年10月10日 (土)

クローン病と痔瘻(その34) 複雑痔瘻手術

これまでに書いた、肛門周囲膿瘍annoyUC(潰瘍性大腸炎)についてのエントリーの続きとなりますsweat02

ただ、先日の手術前検査によりhospital

潰瘍性大腸炎(UC)ではなくクローン病(CD)だったという診断結果になったので、これ以降のタイトルを少し変更することにしましたclover


・・・


9/25(金)

予定通り、複雑すぎる痔瘻の手術を行いましたhospital

まだ当たり前の様に痛いんですが、その辺のことを忘れないうちに纏めておきたいと思いますpencil


まず痔瘻の種類ですが、複雑過ぎる痔瘻ですsweat01

痔瘻となってから訳あって半年ほど放置していたこともあったりsweat02

また、クローン病の影響かプレドニンの影響かは分かりませんがeye

自分で言うのもなんですが、凄い事になっていましたsad


この時に行ったMRI検査によるとeye

まず一次口の直ぐ後でいきなり3分岐となっており、そのそれぞれが奥、左、右へと進んでいますcoldsweats02

そしてその先でまた更に分岐し、大きな分岐先では皮膚下で炎症を起こして外から見ても皮膚が変色している状況despair

当然触るだけでも痛く、複数開いた二次口からは膿や浸出液、時には血が大量に出続けていましたsweat02

どうにか排膿は出来ていたので、痛み自体は一番最初の切開排膿して貰う前よりはマシという感じの中、最後の方は痛み止めを飲みつつ頑張って普通の生活を続けていましたwobbly


そして待ちに待った9月末が近付いてきたので、今回の手術となりましたclover


・・・


手術日の前日から入院となりましたhospital

その日に手術前の説明を受けたり点滴を打ったり下剤を飲んだりしconfident


いよいよ手術当日ですsweat02

20150925_1

しかし、当日朝の検温で、いきなり熱が38.6度ありましたcoldsweats02

寝付けなかったのでいつもの睡眠での解熱タイミングがずれたのか、下剤のせいか、うまく排膿できていないせいかは分かりませんsad


これだと手術はどうだろう?ということでeye

ロピオン 50mg

を入れた点滴を行いましたdespair


暫くすると楽になったのが分かり、その隙に排膿しておくと熱も下がったようですdown


今回は外科の先生2人で手術を行うようで、最初から診てくれてたり説明をしてくれた先生ではない先生が来られて、お尻の触診をしてくれましたeye

痛み止めが入っているものの、やっぱり痛いbearing


その後、前日にもあった麻酔の説明がありましたconfident

当初は半身麻酔で行う予定でしたが、手術が長時間になることといろんな事を考慮し、全身麻酔となりましたsweat02


ちょっと前に全身麻酔を同じ病院で受けたマユゲによるとmobilephone

6秒でも8秒でもなく、きっちり7秒で落としてくれるshine

とのことconfident

ほんとかな?と思いつつ、麻酔されるときにはカウントしてみようと思いましたcoldsweats01


いろいろなリスクはあるものの、半身麻酔で頭が起きている中いろいろされていることを何となく感じるよりは、寝ているうちに終わる方がいいと思ったりthink

手術時間が予定で2時間と長めなので、ずっと起きているのも疲れるということで全身麻酔になりましたがeye

こういった麻酔は初めてなので、ドキドキしてしまいますsweat01


その後、看護師さんが来て除毛の確認eye

綺麗なので除毛は必要ないとのことcatface


そして浣腸gawk

できれば数分耐えてみて下さいと言われましたがeye

1分すら耐えられませんでしたsweat01


その後、嫁さんが来てくれましたconfident

前日に潰瘍性大腸炎ではなくクローン病だと診断されたこともあり、朝のうちに保健所に行って受給者証の変更手続きのお願いと書類を貰ってきてくれたのでmemo

書類の方はナースステーションを通じて先生に依頼してもらいましたconfident

また、今回の件についてもクローン病の合併症ということで、受給者証の範囲内になることも確認できましたclover


お昼前になると、紙っぽい服への着替えと、足には血栓防止用のきつめのストッキングを履かされましたeye

そして再度採血despair


暫く待った後eye

13:00より予定通り手術室に入りましたconfident


手術室に入ると小さめのベッドに載せられ、天井を見つめたまま移動させられましたeye

これだけで少々酔いましたdespair


そして麻酔が始まりましたeye


点滴に何かが繋がれ、口にも何かを当てられましたclover

麻酔の先生の、眠くなるお薬入りますよという言葉からカウントダウンを頭の中で始めましたがconfident

3秒までしか記憶にありませんsweat02

マユゲの嘘つきsweat01


その後の記憶は全くなく・・・

名前を呼ばれているのに気付いて意識が戻ったときには、手術も終わってHCUに居ましたeye


暫くすると各先生が来て説明をしてくれましたclover

待ってくれていた嫁さんも来て、少し話をしましたconfident


お尻がどうなっているのかはわかりませんが、痛いのは分かりましたsweat02

足には電動で血流を促す装置みたいなものが付いていましたconfident

そして、おしっこも自動で?出るやつがついていましたdespair


この日は病室には戻れず、各種センサーを付けられたままHCUで過ごしますconfident

夜も痛みと体勢の不自然さから眠れず、途中で痛み止めを点滴してもらいましたsweat02

また、夜中に看護師さんの話を聞いていると、点滴の量に比べておしっこの量が多いという事を誰かに報告していた様な気がしますが、あまり定かではありませんcoldsweats01


・・・


そんな感じで、ウトウトしているのか起きているのか分からない状態のまま朝を迎えますsun


夜中に続き、朝にもカーゼ交換をしてくれましたshine

寝返りが大変ですsweat02


続いて、顔と身体を拭いてくれましたshine

気持ちいいconfident


薬剤師さんが来て、処方された薬の説明をしてくれましたeye


そして、HCUの中で病院食が出ましたconfident

いきなり普通食でしたcoldsweats01


ベッドを動かして食べやすくしてくれようとしましたが、お尻が痛かったので元に戻してもらいましたsweat02

自分で四つん這いになり、正座っぽい姿勢のお尻を上げた姿勢で食べましたdelicious

食後にはさっき処方された薬も飲みましたclover


暫くすると先生の回診があり、その後、点滴の針が抜かれましたconfident

やっぱり点滴がないと身軽ですwink


おしっこの管も抜かれましたeye

おしっこの管を入れられたのは麻酔が効いているときだったので記憶にはないものの、抜かれる今はハッキリした意識がありますsweat02

ちょっと気持ち悪いですよと看護師さんに言われたあと、スッと抜かれましたdash

ヌハッって感じでしたbearing


暫くHCUで過ごした後、9:30頃に病室に戻ることができましたconfident

何となく落ち着きますcoldsweats01


直ぐにトイレに行きたくなったものの、手術直後なのでなんだか怖いcoldsweats02

でも便意は収まらないので、ガーゼを自分で除けて便座に座りましたsweat02


これまで便をするときは、できるだけ一次口に便が流れないように指圧しながらしていたんですが、今回はそれをしませんでしたsweat01

出たのは、ほとんどガスeye

手術前からお腹の中を空っぽにしていたので、当然といえば当然ですcoldsweats01


しかし、手術前はガスだけにしても、同じ様に指圧したり圧迫したり体勢を考えないと、お尻の柔らかい部分の炎症を起こしたところに瘻管を通じてガスが入ってしまい、そこが膨らんでしまうといったことがありましたがeye

今回はそういうことはありませんconfident


ほとんどガスだったこともあってか、排便についての痛みもありませんconfident

何だか嬉しく、やっと手術したんだという実感が湧きましたshine


看護師さんを呼んでガーゼを交換してもらい、お昼前に来た嫁さんといろいろ話したりしましたconfident

その中で、術後の写真を見せて貰った嫁さんからeye

お尻が凄い事になっているという話題が出ましたsign01

自分ではまだ怖いので見ていませんが、さっきお尻を拭いたときにいろんなものが指に当たったのでそれとなくは分かっていますsweat02


昼食も普通食delicious

20150925_2

ご飯はなぜか大盛りですconfident


暫くすると腸が動き出したのかまた便意があり、朝食のものかもしれない便がガスと一緒に出ましたeye

今回は便が少し出たのでお尻に違和感がありましたが、痛みはそれほどでもありませんconfident

なんだか不思議な感じですsweat02


その時にもガーゼ交換をしてもらいましたが、看護師さんを呼ぶ前に恐る恐るお尻を鏡で見てみるとeye

何となくネオジオングを彷彿とさせる感じになっていましたcoldsweats02


当初は解放やくりぬきでの根治手術を行う予定だったのが、クローン病ということでそれに応じた手術になりましたclover

基本的にはシートン法ですが、それだけで終わらない部分には膿等排出用のドレナージが設置されていますeye


最初に切開排膿して貰ったときにも、患部が深いということでドレナージを設置されましたが、その時は1本だけでしたconfident


そして今回は・・・

シートンが3本に、ドレナージがなんと9本coldsweats02


お尻のあらゆるところから金魚のブクブク用のパイプの様なものが飛び出ていますcoldsweats02


自分で言うのもなんですが、怖いですbearing

そして、痛いのも当たり前だと思いましたsad


その日は21時位に寝床に入り、オフタイマーをセットしたテレビを見ながらウトウトしつつ眠りにつきましたsleepy


・・・


手術日以降は先生の回診や患部の洗浄、看護師さんの巡回に頻繁なガーゼ交換があったりしつつ、入院生活を過ごしていますhospital


便を軟らかくする薬も飲んではいますが、手術日の翌日から少し硬めの便が多めに出る様になりeye

シートンのものが既に食い込み始めてるのかどうかは分かりませんが、排便時やその後にも激しい痛みを伴う様になりましたbearing


そんなこんなで、今に至っていますconfident


この辺のことについては、また次のエントリーで書きたいと思いますpencil


・・・


これまでの経緯

痛くなりだしてから我慢出来なくなった経緯と、切開排膿・ドレーンパイプの設置までの内容については、その1をご覧下さいclover

その後の経過(3/17~3/20)については、その2をご覧下さいclover

その後の経過(3/21~3/23)については、その3をご覧下さいclover

その後の経過(3/24~3/26)については、その4をご覧下さいclover

その後の経過(3/27~3/29)については、その5をご覧下さいclover

その後の経過(3/30~4/1朝)については、その6をご覧下さいclover

その後の経過(4/1出社後~4/5)については、その7をご覧下さいclover

その後の経過(4/6~4/12)については、その8をご覧下さいclover

その後の経過(4/13~4/19)については、その9をご覧下さいclover

その後の経過(4/20~4/26)については、その10をご覧下さいclover

その後の経過(4/27~5/3)については、その11をご覧下さいclover

その後の経過(5/4~5/10)については、その12をご覧下さいclover

その後の経過(5/11~5/17)については、その13をご覧下さいclover

その後の経過(5/18~5/24)については、その14をご覧下さいclover

その後の経過(5/25~5/31)については、その15をご覧下さいclover

その後の経過(6/1~6/7)については、その16をご覧下さいclover

その後の経過(6/8~6/14)については、その17をご覧下さいclover

その後の経過(6/15~6/21)については、その18をご覧下さいclover

その後の経過(6/22~6/28)については、その19をご覧下さいclover

その後の経過(6/29~7/5)については、その20をご覧下さいclover

その後の経過(7/5~7/12)については、その21をご覧下さいclover

その後の経過(7/13~7/20)については、その22をご覧下さいclover

その後の経過(7/21~7/26)については、その23をご覧下さいclover

その後の経過(7/27~8/2)については、その24をご覧下さいclover

その後の経過(8/3~8/9)については、その25をご覧下さいclover

その後の経過(8/10~8/17)については、その26をご覧下さいclover

その後の経過(8/18~8/23)については、その27をご覧下さいclover

その後の経過(8/24~8/30)については、その28をご覧下さいclover

その後の経過(8/31~9/6)については、その29をご覧下さいclover

痔瘻の診察とMRIによる経路確認(9/9)については、その30をご覧下さいclover

手術前検査等(9/14)については、その31をご覧下さいclover

手術前の感想等(9/24)については、その32をご覧下さいclover

手術前の先生からの説明(9/24)については、その33をご覧下さいclover

2015年10月 7日 (水)

肛門周囲膿瘍とUC(その33) クローン病

これまでに書いた、肛門周囲膿瘍annoyUC(潰瘍性大腸炎)についてのエントリーの続きとなりますsweat02


・・・


暫く痛みのためにPCよりエントリーできませんでしたがsad

日々それなりにいろいろなことがあり、このエントリー関連についても書くことが溜っていってしまうので、ちょっとでも余裕のあるときにエントリーしておきたいと思いますsweat02

何より、早めに書いておかないと忘れますcoldsweats01



9/24(木)

予定通り、地元の大きめの病院に入院することになりましたhospital


午前中に嫁さんに連れられて病院に行き、受付を終わらせると担当者さんが来て病室付近の待ち合わせ室まで連れて行ってくれましたconfident

その後、担当の看護婦さんが来て病室まで連れて行ってくれ、今後の予定の説明を丁寧にしてくれましたeye

病室はトイレ付きの個室を希望していたので、その通りの部屋でしたhospital


入院が決まったときに、病室での携帯電話やWi-Fiモバイルルータの使用について確認したところ、問題ありませんとのことだったのでconfident

早速それなりに準備しましたmobilephone

Uc150924_1

ただ、この位置ではWiMAX 2+の入りがすこぶる悪いgawk

あとで調整しましたcoldsweats01


その後、いきなり点滴が始まりますsweat01

ヴィーンD輸液 500ml


そして昼食として、ここにきて初めての病院食が出ましたdelicious

ただ、重湯とスープ等の流動食でしたgawk

でも美味しいcoldsweats01


点滴が終わると、ルートを残した状態で点滴は外されますconfident


暫くすると、マグコロール 250mlという激しくすっぱい下剤が出ましたeye

言われたとおり、時間を掛けて少しずつ飲みますconfident

すっぱいものの、何となく癖になりそうな味ですcoldsweats01


そして夕食はまた、昼と同じ様な流動食ですdelicious


予定では、夕方から担当の先生からいろいろな説明があるとのことでしたが、先生はまだ手術中で遅れているみたいsweat02

下剤を飲んだことにより何度かトイレに行きつつ、その時を待ちますeye


・・・


19:00より、別室にて先生の説明が始まりましたconfident


嫁さんと二人で参加して話を聞きますclover


まずは先生より、電子カルテシステムの画像等を見せながら、嫁さんの方に大体の事を説明してくれましたconfident


そして、ついに気になっていた件の話が始まりましたeye

先日の大腸内視鏡検査の時に4箇所から取ったものの生検病理検査の結果も出ているようですmemo


いろいろなことを考慮すると、やっぱりeye

クローン病

ということになりましたsweat02


これまでは潰瘍性大腸炎ということで過ごしてきたんですが、ここにきてクローン病ということになりましたdespair

ただ、心の準備が出来ていたのでそれほどショックではありませんconfident

潰瘍性大腸炎が悪化してクローン病になったということでもなく、最初は判断がつきにくくて潰瘍性大腸炎という判断だったものの、それが実はクローン病だったというだけのことですしeye

これまで過ごしてきたあんなことやこんなことの各症状、そして今のそれなりに落ち着いていることも含めてクローン病ということなのでconfident

ただ診断結果により病名が変わっただけで他の事はそんなに変わらないということでもありますclover


しかし、届いたばかりの特定疾患の受給者証の方は変更しないといけませんsweat02

こちらは先生が診断書を書いてくれるようなので、翌日、嫁さんが保健所に行ってその辺の事を説明し、手続きを行う書類を貰ってきてくれましたmemo


あと問題なのは、このエントリーシリーズをどうするかですsweat02

いきなり「肛門周囲膿瘍とUC(潰瘍性大腸炎)」から、「肛門周囲膿瘍とCD(クローン病)」とか「肛門周囲膿瘍とIBD(炎症性腸疾患)」に変えるのかsweat01

その辺をどうするか悩んでますthink

って、この部分はどうでもいいんですけどねcoldsweats01


先生の説明が終わって部屋に戻ってからはeye

やっぱりかsweat02

という話を少しした後、嫁さんは家に帰りましたhouse


一人残った病室で、クローン病について調べたりしましたpc

これまでにも数回調べたことがあったんですが、改めて潰瘍性大腸炎との差なんかについても調べましたeye


夜中にも、まだ下剤分が残っているのか数回トイレに行きましたが、それ以外でも余り寝付けませんsweat02

翌日の手術が心配というのもありますしthink

やっぱりショックだったんだと思いますchick


・・・


とりあえず、今のところはこんな感じですclover


・・・


これまでの経緯

痛くなりだしてから我慢出来なくなった経緯と、切開排膿・ドレーンパイプの設置までの内容については、その1をご覧下さいclover

その後の経過(3/17~3/20)については、その2をご覧下さいclover

その後の経過(3/21~3/23)については、その3をご覧下さいclover

その後の経過(3/24~3/26)については、その4をご覧下さいclover

その後の経過(3/27~3/29)については、その5をご覧下さいclover

その後の経過(3/30~4/1朝)については、その6をご覧下さいclover

その後の経過(4/1出社後~4/5)については、その7をご覧下さいclover

その後の経過(4/6~4/12)については、その8をご覧下さいclover

その後の経過(4/13~4/19)については、その9をご覧下さいclover

その後の経過(4/20~4/26)については、その10をご覧下さいclover

その後の経過(4/27~5/3)については、その11をご覧下さいclover

その後の経過(5/4~5/10)については、その12をご覧下さいclover

その後の経過(5/11~5/17)については、その13をご覧下さいclover

その後の経過(5/18~5/24)については、その14をご覧下さいclover

その後の経過(5/25~5/31)については、その15をご覧下さいclover

その後の経過(6/1~6/7)については、その16をご覧下さいclover

その後の経過(6/8~6/14)については、その17をご覧下さいclover

その後の経過(6/15~6/21)については、その18をご覧下さいclover

その後の経過(6/22~6/28)については、その19をご覧下さいclover

その後の経過(6/29~7/5)については、その20をご覧下さいclover

その後の経過(7/5~7/12)については、その21をご覧下さいclover

その後の経過(7/13~7/20)については、その22をご覧下さいclover

その後の経過(7/21~7/26)については、その23をご覧下さいclover

その後の経過(7/27~8/2)については、その24をご覧下さいclover

その後の経過(8/3~8/9)については、その25をご覧下さいclover

その後の経過(8/10~8/17)については、その26をご覧下さいclover

その後の経過(8/18~8/23)については、その27をご覧下さいclover

その後の経過(8/24~8/30)については、その28をご覧下さいclover

その後の経過(8/31~9/6)については、その29をご覧下さいclover

痔瘻の診察とMRIによる経路確認(9/9)については、その30をご覧下さいclover

手術前検査等(9/14)については、その31をご覧下さいclover

手術前の感想等(9/24)については、その32をご覧下さいclover

2015年10月 5日 (月)

まだ痛い

手術から10日ほど経ちましたが、まだ痛みに悶絶しているナウなヤングですwobbly


手術前は痛い痛いと言いながらも、日々のエントリーを切らすこともそんなになかったんですがpencil

今はそれ以上の痛みのためsad

入院中で暇を持て余しているにもかかわらず、PCを触る気になれませんpc


まず、動くこと自体が困難sweat02

当然普通には座れず、横向きかうつぶせでゴロゴロしているだけdespair

それでも痛く、スマホすら余り見ることもありませんsweat02

頂いているコメントへの返信も出来ずに申し訳ありませんchick


また詳細は別のエントリーに書きますが、簡単にお尻の状況を書いておくとeye

訳あって手術方法が変わったため、シートン法のラインが数本あっちこっちに渡っていますsweat02

また、お尻のあっちこっちから膿等排出用のドレーンパイプが約10本飛び出ていますsweat01

お尻に細い注射を打たれるだけでも痛いのに、パイプが約10本ってwobbly


これ、いつになったら痛くなくなるのかな?

当然痛み止めを飲んではいますが、余裕ができるのにはもう暫く掛かりそうですsweat02


余裕が出来たら、手術方法が変更になった理由や詳細なんかも書きたいと思いますclover

それでは・・・

2015年10月 2日 (金)

痛すぎる

手術から今日で1週間になりますが、まだPCを触る気力が余りありませんpc


何故かというと、痛いんですbearing


手術前よりも痛いというか、手術前とはまた違う痛みですsweat02


どっちがマシか考えてみましたがeye

どんどん侵食範囲が広がる状態を我慢しているのとsad

手術でそれらを処置してもらった後ではhospital

気分的に大きな差がありますclover


ただ、痛いんですbearing


痛み止めも飲んでいますが、あまり効果がありませんsweat02

少しマシになった瞬間にこれを書いていますが、詳細を書くにはもう少し掛かりそうですthink


痛いんですbearing


それではまたchick

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »