« SUBROC PLIER HOLDER LONG | トップページ | Tomb Raider始めました »

2015年11月28日 (土)

'15 CALCUTTA CONQUEST 401

こちらで少しばかり言い訳を書いたアイテムについて

ロッド以外が揃ったので、改めて詳細をエントリーをしておきます


・・・


まずはこちら

15cc401_1

シマノ「'15 カルカッタ コンクエスト 401


箱の中身は

15cc401_2

プチプチに包まれた金ぴかのリール


私もちょっと前までは


なんでリールが金色

金色じゃなければ欲しいのに、金色なので要らない


・・・とか思っていましたが

昨年、クランキン用に'14 カルカッタ コンクエスト101201を購入してからは


やっぱりコンクは金色じゃないと


・・・と思うようになってしまいました


本体以外には、オイルや交換用のブレーキシュー

15cc401_3

もっさりした感じのリールカバーも入っています


本体は、金ぴか

15cc401_4

もっと大きいのかと思っていたら、横幅はあるものの

想像以上にコンパクト

Sコンパクトボディが効いています


主な仕様は

・ギア比:5.6:1
・最大ドラグ力:7.0kg
・自重:330g
・スプール寸法:径 43mm / 幅 30.5mm

・PE糸巻量:4号-260m,5号-210m,6号-170m
・ナイロン糸巻量:16lb-300m,
20lb-235m,25lb-200
・最大巻上長:76cm/ハンドル1回転
・ハンドル長:48mm
・本体価格:それほどでもない


いつも確認するフットのシールは、NB-S

15cc401_5

シマノ日本工場で2015年2月に製造されたもののようなので、おそらく初期ロット品でしょう

しらんけど(/ー\*)


こちら側から見てみると

15cc401_6

糸巻き量確保のために本体が横長で、スプールの芯も随分と細い事が分かります

スプールは低振動のS3Dスプールになっています


このドライブギヤの部分には

15cc401_7

'14 カルカッタ コンクエスト101201にはあった、マイクロモジュールギアが覗ける黒っぽい三日月窓がありません

無くて良いです


シャキーンして中を確認してみると

15cc401_8

SVSインフィニティの初期状態は、赤が4つに黒が2つで、赤のシューのみがONになっていました


純正ハンドルはしっかりした造りでノブも大きく、それでいて軽量化もされているようです

15cc401_9

仕様のハンドル長は48mmなので、ノブ間は大体96mmといったところでしょうか


・・・


そしていつものように、ハンドルを交換します


今回のハンドルは

15cc401_h1

LIVRE CRANK 110


カラーはクランキン用リールと同じチタン/ゴールドにしました


しかしこちらは

15cc401_h2

シマノ用ではなく、ダイワ/Abu用


LIVREの適合リール一覧を見ると

'15 カルコンの300番と400番は、シマノ用ではなくダイワ/Abu用が合うみたい

また、注文時にリールの機種名も伝えて、こちらにしました


ノーマルハンドルとの差はこのくらい

15cc401_h3

これだけ長くなると、ゴリ巻きも楽そうです


途中の画像がありませんが、交換が完了しました


ノーマルハンドルのセンターナットは、100番と200番はたしか10mmだったと思うんですが、今回の400番は11mmでした

いつものようにナットやワッシャーには薄くグリスを塗り、六角ワッシャーはダイワ用を使いました

六角ワッシャーはシマノ用も入っていますが、穴のサイズが合わずにシャフトが通りません


・・・


ここからは、いつものパシャパシャです

15cc401_h4

カッチョイイ(*´艸`)


パシャ

15cc401_h5

カッチョイイ(*´艸`)


パシャ

15cc401_h6

カッチョイイ(*´艸`)


パシャ

15cc401_h7

メタルッ(*´艸`)キンゾクッ


以上です


・・・


今回のリールですが、いつものクランキン用ではありません


何に使うのかというと

これ(*´艸`)


今回は巻き感度がどうとかいう訳ではなく

もっと握りやすくて力を入れやすいハンドルが良い

ということで交換することにしました

やっぱり、平たいノブは握った瞬間にコリっとすることがあるので嫌いです


あと、今回のCRANK 110を装着してグリグリしてみたところ、ドラグを緩めた状態だとそれほど気にならないものの、ドラグを締め込んだ実使用状態でスプールを押さえながら巻くと

この辺のシマノのリールにCRANK 90を付けた状態とは比べものにならないくらいのガタがあります

AbuのリールにCRANK 90を付けた状態とも違い、こちらこちらのリールに良く似たCRANK 100を付けた状態とも大違いです

回転方向だけではなく、横方向にまで結構気になるガタがあります


横方向のガタは、ハンドルに付属している丸いワッシャーを噛ませるとマシになりましたが

ハンドルが回せなかったりドラグが干渉する訳でもなかったり、ハンドルが外側になってそのワッシャーが見えてしまったりするので、今度はこちらが気になります

ただ、このワッシャーを噛ませてみても、回転方向のガタはどうにもなりません

なので、結局このワッシャーは外しました


これは、ダイワ/Abu用のチェンジワッシャー(六角ワッシャー)とリールのハンドル軸とのクリアランスの問題ですが・・・

純正ハンドルでも同じ様なガタがあったので・・・

こんなもんかな?と思って気にしないことにしました

カタカタさせずに巻く分には何の問題もありませんし、ハンドルが長くなった分、それが余計気になるのかもしれません


・・・とは書いてみたものの、神経質な私はやっぱり気になるので少し調べてみると

同じ様なリールで注文時にリールの機種名を指定すると、特殊なワッシャーなるものが付いてくるっぽいことが書かれていました

購入時にはリールの機種名も伝えているので、この件についてはLIVREさんに問い合わせ中だったりします

返事があったら追記するかもしれません  こうなりました


それ以外は、握りやすいff(フォルティシモ)のノブに長いハンドルということで、ノーマルより力を入れて巻き易くなったと感じます


そして何より・・・

見た目がカッチョイイ(*´艸`)

メタル感というか、HAGANE感も増しました


ラインなんかも届いているので、あとは赤い7パワーだけになりました

ロッドの到着が楽しみです

« SUBROC PLIER HOLDER LONG | トップページ | Tomb Raider始めました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SUBROC PLIER HOLDER LONG | トップページ | Tomb Raider始めました »