« MIDIMATE II | トップページ | PSP版 イース I & II クロニクルズ »

2016年1月 7日 (木)

'15 TOURNAMENT ISO 競技 LBD

先日の初検診の日

特に検査でも問題がなく、いよいよ翌日から仕事復帰ができるということが確定したところで

自分の中の誰かが

それなら仕事復帰記念があったほうがいいね

つぶやいたので、西の方に紙切れを持って走ってみた


今年は節約の年

どうしようか30秒ほど迷ったものの

迷っている時間が勿体ないのでお願いすることにしました


ただ実際は、これまで使っていたリールをこっそり数個手放しての買い換え

個人的には問題はないと思うけど・・・

当然の様に、親愛なる奥様には内緒にしている(`・ω・´)

直ぐバレるけど

│ω・`)チラッ


退院前に小言を書いたものの、やっぱり欲しかった

15tiso_k_1

DAIWA「'15 TOURNAMENT ISO 競技 LBD


仕様は

15tiso_k_2

こんな感じ


中でも、ギヤ比 7.2:1でのハンドル1回転当りの巻取り長 108cmというのが、このリールの特徴だと思われます


先日の当然の様にお魚さんの画像の無いこのエントリーで、ダブルハンドルを弾いてのラインスラックの高速回収について触れましたが

その際に、もっと速いのが必要だと思ったことも、今回の購入の決め手になりました


また、年末にづかさんから、「赤と黒のやつ買わないんすか?(にやにや)」と言われたことも決め手になりました

そう、づかさんのせいなのです

親愛なる奥様に怒られた際には、今度はづかさんの名前を出そうと思います


箱パカッ

15tiso_k_3

リール袋が入っており、いつものにおいがしました


箱の底には、アンケート登録のやつと

15tiso_k_4

たぶんこれも溶けてしまうワッシャー


アンケートに、ワンウェイオシレーションは正直要らないですと書きたいところですが

こちらはシーバス用ではないので書きません


リール袋の中には

15tiso_k_5

ビニール袋に入った軽いリール

ハンドルは別になっているのではなく、付いたままで折りたたまれています


袋から出して、ハンドルをシャキンとしてみました

15tiso_k_6

うぬっ・・・この時点でカッチョイイ


袋から出した瞬間、これなに?ワゴンリール?と思った前モデルとは大違いです


前モデルからの変更点は、ハンドル軸のベアリングがマグシールドボールベアリングになったことと

15tiso_k_7

ドラグがUTDからATDになったことくらい


ATDも、フィネスタイプは実釣未使用ながら疑問に思ったこともありましたが

こういったリールの場合は、何気に良いのかもしれません

しらんけど(/ー\*)


また、逆転の遠心力に耐えられないという理由でモアザンLBDにも採用されなかったラインローラーのマグシールド化は、今回も不採用です

ちっこいマグシールドボールベアリングが出来れば、ソルティガみたいになるのかもしれません

しらんけど(/ー\*)


だがしかし、この見た目の変化は

15tiso_k_8

とてもとても重要です


あと、このタイプのリールを購入する度に確認している

ワンウェイオシレーションの硬さですが


DAIWA「'14 morethan 2510PE-SH-LBD同様、結構硬めになっています


これなら、キャストの反動でスプールが移動することもなさそうです

また、競技はスプールが軽いので、前のモデルでも唯一例の症状が出ないリールでした


とりあえず、今回のエントリーはこの辺で終わります


数日後に、ダブルハンドルなんて飾りです。偉い人には・・・でお馴染みのパーフェクト競技LBDになると思うので

その時は多めにパシャパシャしたいと思います


そして次の連休中、入魂予定です

しらんけど(/ー\*)

« MIDIMATE II | トップページ | PSP版 イース I & II クロニクルズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« MIDIMATE II | トップページ | PSP版 イース I & II クロニクルズ »