« WXR-2533DHP | トップページ | DARIUSBURST CHRONICLE SAVIOURS ORIGINAL SOUND TRACK »

2016年1月13日 (水)

雷魚用ラインを巻いてみた

今年に入り

なんとかクランキンで初バスも釣れた

なんと同じ日に、初シーバスも釣れた


おかしな自分縛りをしていたせいもあり

なんだか一段落付いたような気持ちになれました


そこで、昨年の退院後位から準備を進めていたこちらの方も実釣準備をしておこうと思い

押し入れ保管していたラインを巻いてみることにしました

Sh_line_1

ラインはこのエントリーで紹介した、バリバス 雷魚 マックスパワー


十分強そうな、8号(100LB) 100m10号(130LB) 80mを購入しましたが

Sh_line_2

巻く寸前になっても、どちらから使うか迷ってしまいます


しかし、初心者のくせに細ラインを使うのは如何なものか

Sh_line_3

・・・という声が聞こえた気がしたので

バリバス 雷魚 マックスパワー10号(130LB) 80mの方を巻くことにしました


早速巻き始めると、直ぐくらいにイエローの下からホワイトのラインが出てきました

Sh_line_4

パッケージに入ったものを見る限り、全部イエローだと思っていたら

イエローの部分は最初だけで、ほとんどがホワイトになっているようです


巻き終わり付近になると、またイエローになりました

Sh_line_5

どうやらラインの両端数mがイエローで、それ以外はホワイトになっているようです


ふと、カラー名を見落としていたのかな?と思って、私が購入したショップの商品ページを見直してみると

カラー:ビジブルカラー

になっていました

このパッケージにも、VISIBLE COLORと書かれています


しかし、商品詳細のページを見ると

カラー:ビシブルホワイト(両端10mイエローマーキング)

とちゃんと書いてありました


私は最初のページだけを見て

この派手な黄色のカラー名がビジブルカラーなんだ

と思いこんでいただけのようです

(という言い訳を終わります(/ー\*))


そんなPE10号を80m巻ききった状態がこちら

Sh_line_6

コンクの400番は、さすがの糸巻き量です


また、いつもの第一精工「高速リサイクラー2.0」で強めのテンションを掛けて巻きましたが

LIVREのロングハンドルのおかげもあってか、巻き上げ力も半端ありません


巻き終わったところで、とりあえずいつもの、パシャパシャしておきます

Sh_line_7

やっぱり、PE10号は太い


パシャ

Sh_line_8

ゴールドのコンクにイエローのラインが映える


あとは、フロッグコチョコチョの準備が整い次第

その辺の野池でタックルの使用感を確かめてみようと思います


当然、キャスト感のみの確認となります(/ー\*)

« WXR-2533DHP | トップページ | DARIUSBURST CHRONICLE SAVIOURS ORIGINAL SOUND TRACK »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« WXR-2533DHP | トップページ | DARIUSBURST CHRONICLE SAVIOURS ORIGINAL SOUND TRACK »