« 2016.01.10時点のシーバスタックル | トップページ | 起きたときから筋肉痛 »

2016年1月10日 (日)

並べてみた

また、いつものように・・・


並べてみた(*´艸`)

15kg_14mt_n_1

左から

DAIWA「'15 TOURNAMENT ISO 競技 LBD

DAIWA「'14 morethan 2510PE-SH-LBD


競技 LBDの方は、ダブルハンドルを装着したエントリーをしましたが

モアザン LBDの方は、今年に入ってからこっそりダブルハンドルを装着して使っていました


当初、モアザン LBD強めのロッドで使っている事もあり、魚を掛けたときに強めに巻いたり、デイに引き抵抗の大きな鉄板を早巻きしたりすることから

あえてダブルハンドルではなく、ノーマルハンドルにI'ZE FACTORY「RCS パワーラウンドノブ」を装着して使っていました


しかし、今年の初投げの時いつもと違うロッドに組み合わせるということで、ダブルハンドルを装着して使ってみたところ、たぶんロッドは関係なくダブルハンドルの方が使い勝手が良いと思ったので

今後はこちらもダブルハンドルで使うことにしました


反対側

15kg_14mt_n_2

いろんなタイプを使ってきましたが、今はブラック/カーボンでお揃いになってます


見えている部分のカラーが違いますが、どちらも同じラインを使っています

15kg_14mt_n_3

今のところは、リーダーとスナップも同じ

ガイドを通るスナップを付けたままなので、それを留める輪ゴムのカラーも同じ


ハンドルは

15kg_14mt_n_4

競技 LBDの方は、このエントリーで装着した、LIVRE「WING 100

モアザン LBDの方は、このリールのお下がりの、LIVRE「WING 98


どちらも、ノブは握りやすくて力も入れやすいff(フォルティシモ)にしています


ハンドル長は違いますが、メインプレートの厚みやその他のシルエットも結構変更されており

重量は長いWING 100の方が軽くなっています


この時のリール2機種から今回のリールに変わった面もありますが

これから暫くの間は、大場所ではこの2機種をメインに使っていこうと思います


ちなみに、手持のこの2機種は対策されているのか、ワンウェイオシレーションのスプール移動にそこそこ抵抗があります


今のところは、キャスト時にこういったことをしなくてもいいので使い勝手が良いんですが

使っているうちにまた同じ様にならないか、やっぱり心配だったりします


競技の方は基本磯用なのでいいとして

キャストを頻繁に行うシーバス用LBDリールの方は、今後、トラブルの元になるワンウェイオシレーション機構を外して貰いたいものです


そうすれば、もっと安心して購入できるのに

・・・ってまた小言を書いてしまった

« 2016.01.10時点のシーバスタックル | トップページ | 起きたときから筋肉痛 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2016.01.10時点のシーバスタックル | トップページ | 起きたときから筋肉痛 »