« コアマン オリジナルパーカー 2016モデル | トップページ | 2016.02.07のクランキン »

2016年2月 6日 (土)

2016.02.06の池と海

祝、週末fuji

・・・ということで、今朝は早くからゴゾゴゾして、池や海を楽しんできましたhappy01


まずは、この日に初使用となるタックルもあるのでeye

自宅から見て、今年の恵方の南南東にある池に向かいますdash


この日のタックルはこれだけconfident

Fw160206_1

今回は最初のタックルだけでやりきる自信がなかったので、3種類の釣りを楽しめるタックルを積んでいますwink


いろいろ装着しているSUBROC モジュラーベルトも、この時はスパイラルリーシュコードだったのをスワッと取り外せるバンジーリーシュコードに交換しconfident

Fw160206_2

R11ワッペンも装着wink


そして、こちらも今回初使用となる、こちょこちょ済タンク・アナコンダを2個持ってきましたhappy01

Fw160206_3

同じタックルでこれを巻くとどうなんだろう・・・と思ったものも下側にチラっと見えていますが、気にしないで下さいcatface


準備も整って、やっと使えるようになったこちらのロッドeye

Fw160206_4

シマノ「ワールド・シャウラ 1787R-2shine


早速、初使用前の儀式を行いますconfident

Fw160206_5

ペリペリペリ・・・

長めのストレートグリップなので、ビニールも長めcatface


ピカピカのコルクグリップがむき出しになったところで、ピカピカのリールを載せますconfident

Fw160206_6

シマノ「'15 カルカッタ コンクエスト 401shine


初使用のフロッグは、こちらのカラーをチョイスしましたeye

Fw160206_7

コチョコチョとシンカー追加で47g位になった、タンク・アナコンダshine


美しすぎるビミニツイストでダブルラインにしたバリバス 雷魚 マックスパワー10号(130LB)を、今回はスナップなしで使いますwink


赤いコカコーラもセット済みcatface

Fw160206_8

釣れる確率、12.5%アップup

しらんけど(。・ω・。)


久しぶりに来てみたこの池eye

Fw160206_9

30年前は雷魚はもちろん、シュレーゲルアオガエルも大量に居た池ですconfident


でもなんだか、この前来た時とも雰囲気が随分違いますsweat02

奥には何やらロープが設置され、最近全抜きしたような独特のにおいと減水あとthink


とりあえず釣り禁止とかになっていないのを確認し、お散歩中の近所の方に挨拶confident

相手からはバイザーをして偏光をかけている私のことが分かっていないとは思いますが、こっちから見ると相手は知っているオッサンcatface

家の近所の池なので、その近所の方は家の近所の方でもあるのですsweat02


暫くトコトコして池の様子を見つつ、初キャストの準備に入りますeye


まずは軽めにキャストをして、ブレーキの調子を確認しますconfident

その後、数投目でフルキャストdash


フロッグは50g近く、ロッドは硬めshine


手首への負担も心配だったので、いつものような3フィンガーでのキャストではなくシングルフィンガーでのキャストを心掛けますeye

Fw160206_a

最初こそ、ガチガチの棒を振っている感じだったのが、慣れてくると目には見えにくい撓りを使えるようになってきましたconfident


それでも、50g近いフロッグはほぼライナーで飛んでいきますdash

狙ったところにキャストもできましたwink


その後、フロッグをピョコピョコさせたりスイースイーさせたりするためのロッドアクションをしてみましたがeye

まったくティップすら入らないのでダイレクトに操作することができconfident

こちらもとてもやり易いと感じましたwink


暫くキャストとアクションを繰り返して慣れてくると、他のベイトタックルと同じ様に3フィンガーのままキャストをして、そのまま3フィンガーでロッドアクションをするということもできるようになりましたconfident

できるようになったというか、こっちの方がやっぱりやり易いということに気付きましたflair

400番といってもパーミングカップも小さめで、リールシートも絶妙で3フィンガーで握っても痛くありませんwink


フルキャストやエアフッキングをやってみても、このままでとくに問題なさそうですconfident

想像以上に扱い易いタックルですgood


コチョコチョしたアナコンダの方も、あとで追加したシンカーが良かったのかeye

Fw160206_b

なかなかの浮き姿勢catface


沖の方の水面でプカプカさせて波紋を出してみたり、そこそこのスライド幅でドッグウォークっぽい動きをしたりしているとeye

・・・いかん、いきなり釣れてしまうcoldsweats02

という錯覚に襲われますsweat01


でも安心、ここにはたぶん何も居ませんcoldsweats01

Fw160206_c

カバーは、浮きゴミと水中に薄めの水草があるくらいのシチュエーションconfident


そして、寒いsweat02

コンクをパーミングする手も、チタンのハンドルノブを握る指もeye

つめたいsweat01


その後もいろんなキャストやいろんなアクション、いろんなエアフッキングなんかをやってみてタックルの感触を掴みconfident

これなら直ぐにでも実戦に行けると思えたところでflair

場所を移動することにしましたhappy01


たぶん2匹は雷魚が居るという池への移動ですdash


でもここで、2匹も居たらこの季節とはいえ釣れてしまうかもしれない・・・

そう思うと、釣れたときの感動はもっと先に取っておきたいという気持ちが湧いてきましたthink

※ネタを多く含みますので、スルー推奨


そして向かったのは、満潮前後のここeye

Sw160206_1

ただ、作業中の大きめの船がいましたship


先端は空いているかな?と思って良く見てみるとeye

Sw160206_2

先端にも別の船ship


どちらも入ってから暫く経っていそうなので、とりあえず根本付近で始めてみることにしましたwave

Sw160206_3

潮汐表で見ると満潮潮止まりですが、そこそこ流れはあるようですconfident


この辺には明らかなヨレeye

Sw160206_4

まずはゴリアテをキャストし、水面の流れを利用してレンジドリフトをしてみますconfident


反応無しsweat02


続いて、見た目的にヨレていないところにペニーサックをキャストし、いつもの超トロ巻きをしてみたところeye

シーバスチェイスfish

居ったかsign01


カラーを替えてみてもeye

さっきのと違うっぽいシーバスチェイスfish

居ったわsign01


ただ、いつものお友達パターンの様ですsweat02


その後、他のルアーを使っていろんなことをやってみましたが、潮位のせいもあってか口は使ってくれませんthink


寒い中、小雨がぱらつきだしrain

尿意despair


近所のすき家に行き、放尿confident

Sw160206_5

そして、中盛り 豚汁卵セットを食べるdelicious


食事後に戻ってみると、先端の船が出たところだったので先端で続きをやってみましたhappy01

Sw160206_6

さっきチェイスのあった、こちらのペニタンを使いますconfident

ペニーサック Tungs10φですcatface


しかし、船が出て間もないからか、チェイスすらなしthink

超トロ巻きはもちろん、初代やモッカの途中プカプカからのスワッを使ってみても、反応なしthink


他のルアーを使ってみても、反応なしthink


暫くすると、中央の船も出船eye

Sw160206_7

終わったか・・・と思いつつ、夕まずめ付近が熱そう・・・とも思いましたconfident

※根拠はありません。


その後、やっぱりたぶん2匹は雷魚が居るという池にでも行こうかと思いましたがconfident

やっぱり釣れたときの感動はもっと先に取っておきたいという気持ちが湧いたのでeye

暫くウロウロして帰りましたhouse


早めに帰っておくと、日曜日も釣りに行けそうな気がしたので(。・ω・。)

« コアマン オリジナルパーカー 2016モデル | トップページ | 2016.02.07のクランキン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コアマン オリジナルパーカー 2016モデル | トップページ | 2016.02.07のクランキン »