« 2016.02.06の池と海 | トップページ | 在庫補充 »

2016年2月 7日 (日)

2016.02.07のクランキン

今日は釣りに行けるんだろうか・・・

そう思いつつゴロゴロしていると、何やら嫁さんと末っ子が寝坊気味でバタバタしたまま出掛けていった

どうやら、剣道のイベントらしい


祝、イベント

・・・ということで、今日は朝からクランキンをしてきました


この日のタックルはこれだけ

Fw160207a_1

いつものクランキンタックルと

いつのもではないクランキンタックル


今日はフワトロ巻きとかのフィネスっぽい巻き方はせず、そこそこ当てていくクランキンをしようと思い

いつものより少々硬めのロッドも持っていきました


クランクもとりあえずこれだけ

Fw160207a_2

年始付近からのシャロクラ2色縛りも、なんとか初バスを釣って解けたので

いかにも釣れそうなクランクばかりになっています


これらの中から、持ち歩き用ボックスにチョイスしたのはこれだけ

Fw160207a_3

最初は、この辺のクランクから巻き巻きしていきます


そして、今回持参した少々硬めのロッド・・・

Fw160207a_4

このナウなヤングは、LFとかLとかの柔らかめのロッドしか使わないな

と思っていた方も全国に2人くらい居るかと思いますが

・・・そう、このロッド、未使用なんです


昨日に続いて、初使用前の儀式を行います

Fw160207a_5

ペリペリペリ・・・

ビニールにピリピリし易い点々が無いので、ビニールはクルクルな感じになりました


また、ガイドにラインを通していくときに、あることに気付きました

Fw160207a_6

ガイドにスレッドのエポキシが垂れています


ちょっと前のモアザン ブランジーノやソルティスト エクストリームといった日本製ハイエンドタックルにも、ガイドにエポキシがたっぷりついたままになっているものもあったので

これも良いロッドの証かも

そんな意味不明なことを思いつつ、カリカリして削り落としました


本日のメインタックルの準備完了です

Fw160207a_7

・ロッド:NORTH FORK COMPOSITES「J Custom 2.0 TCR610M
・リール:シマノ「'14 カルカッタ コンクエスト 101
・ライン:東レ「BAWO SUPER HARD PREMIUM-PLUS Hi-Grade(14LB)
・スナップ:コアマン「こだわりスナップSize #0


この時は少々青空も見えていましたが、気温は低め

Fw160207a_8

昨晩の雨のせいか、水はマッディ


昨日くらいからの冷え込みで、水温もこの程度

Fw160207a_9

5.6度


この池では、バレットヘッドDDでも簡単にボトムノックすることができ

Fw160207a_a

ボトムの滞留物がおひげみたいになって帰ってきます


暫く巻き巻きしていると、ヌンっとなったので、こっちもヌンっとしてみると

Fw160207a_b

シャッドが釣れました


最初の池で暫くやってみても反応がなかったので、違う池に移動です

Fw160207a_c

こっちは釣れるかな


さっきの池より大きめのこちらの池でも水温を測ってみたところ

Fw160207a_d

4.4度

随分違います


でも、このくらいの低水温の方が巻き甲斐があるというものです


こっちは最初の池の様な滞留物はそれほど付いてこず

Fw160207a_e

こんな水草を連れてきます


ロッドの角度を調整しながら、ボトムに当たるか当たらないかのレンジを巻き巻きしていると

ヌンっと来たのでこっちもヌンとしてみたところ

明らかな生命感


なんか来た

と思った瞬間、抜けました


バスかな?

ヘラかな?

・・・とも思いましたが


弾いた?

LFだったら抜けなかった?

・・・とも思いました


クランクチェーンジ

Fw160207a_f

少々ゆっくり目に巻いていて生命感を得られたということで、こういったクランクもゆっくり目に巻いてしまうようになりました


空はどんより曇り

Fw160207a_g

時々雪が舞い降りてきます


寒い


素手なのもあり、コンクをパーミングする手もつめたい

Fw160207a_h

ハンドルノブを握る指もつめたい


丁度水門側に誰かが来たようなので、ここで休憩をすることにしました


お昼は、美人さんばかりのうどん屋さん

Fw160207p_1

うどんで体は温まり、とくに右上の鶏天が美味しかった(*´艸`)


│ω・´)チラッ


体も温まったところで、野池巡り再開です


ヘラ釣りさんにも考慮し、結局、誰も居ない最初の池に戻ってきました


さっき生命感があったときの疑問が残っているので、ここでタックルチェンジです

Fw160207p_2

・ロッド:シマノ「FINAL DIMENSION TS-1610LF
・リール:シマノ「'09 アルデバランMg
・ライン:東レ「BAWO SUPER HARD PREMIUM-PLUS Hi-Grade(12LB)
・スナップ:コアマン「こだわりスナップSize #0


クランクも、ディープ寄りからシャロー寄りに変更

Fw160207p_4

フロント:オーナー針、リア:がまかつのフックに交換済みの、バルサ B2

触れただけで絡め獲るぜ


ノルノルノルノル・・・って泳ぎも気持ちいい


ロッドの角度やニーリングでレンジを変えつつ巻いていると

ガっと来た


地球


・・・当たり前の様に所持しているルアーキャッチャーで

Fw160207p_5

無事生還


天気も良くなって気温も上がってきたので

そろそろ本気を出すか

・・・と持ち歩き用ボックスのクランクを変更


スナブちゃん & ロデオちゃん

Fw160207p_6

プリプリプリプリ・・・

ピュー・・・

ノタノタノタノタ・・・

ユラユラユラユラ・・・


いろんな巻き方をしてみる

楽しい


気温が上がってきたのもあって、アルデバランはパーミングしてもあまりつめたくない

Fw160207p_7

でも、ノブは最初だけつめたい


何度か良い思いをさせてもらった、フックを1番手大きめにして飛距離アップと浮き速度ダウンをしているロデオドライブ type-C

Fw160207p_8

これを使って絶妙なフワトロ巻きをしてみます


今日はフワトロ巻きとかせず、当てる釣りをするといって来たものの

結局こうなります

ガンガン当てる釣りは、水温が8度を超えたら本気を出す


この頃になると日も差してきて、ぽかぽかと温かくなってきました

Fw160207p_9

絶好のクランキン日和


釣れる釣れないは関係なく、こんな良い日に巻き巻きできるだけで幸せを感じます

Fw160207p_a

里芋観察も羨ましいけど、私はクランキンで我慢です


│ω・`)チラッ


さっきまで曇っていたあの辺にも日が差しています

Fw160207p_b

煙突の煙を見ると、風もそれほどないみたい

海もいいな


DTNを巻き倒していると

Fw160207p_c

ベイトが浮いてきたのが分かりました


・・・そろそろ釣れるかも


そんな雰囲気になってきたので

逃げるように帰りました


おしまい

« 2016.02.06の池と海 | トップページ | 在庫補充 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2016.02.06の池と海 | トップページ | 在庫補充 »