« 2016.02.27時点のシーバスタックル | トップページ | 2016.02.28の海 »

2016年2月28日 (日)

2016.02.27の海

早く寝るので、早く起きるconfident

お年寄りみたいな生活をしているナウなヤングですcatface


昨日も釣りを終えて家に帰って暫くすると、みんなは美味しいものを食べに行くと言って居なくなったので、寂しくなって19時前に寝ましたsleepy

そして2時前に起きたので、今これを書いていますpencil


・・・


金曜日も早めに寝たので、土曜日も3時位に目が覚めましたcoldsweats01

まだ早いので2度寝しようと思ったものの、結局、そのまま釣りビジョンを見たりゴゾゴゾしたりしながら朝を迎えましたconfident


ふと潮汐表を見てみると、干潮が朝の7:30くらいeye


どうせなら個人的に好きな潮位にやってみようと思い、7時前に現地に着きましたwink

Sw160228_a1

根本付近はこんな感じeye


対岸には、大きなタンカーship

Sw160228_a2

ここ最近、シャア専用タンカーを見ていませんが、引退したのかな?think


こちら側の岸壁に船はなく、真ん中にお山があるもののオールクリーンな状態confident

先端には車が止まっていたので、とりあえず根元から始めることにしましたbud


河口には干潮付近独特の流れが出来ており、なんだか釣れそうな感じもありますconfident


この日の車載はeye

Sw160228_a0

釣れる釣れないは別にして、キャスト感や使い勝手、あとは初期不良確認も兼ねて先日揃ったタックルのみnew

できれば掛けたい・・・と思いながら準備を始めますconfident


ベストに入れるボックスはこちらeye

Sw160228_a3

他にも幾つか持ってきたものの、最初はこの2種4本だけで楽しんでみますhappy01


ルアーはeye

DAIWA「morethan MONSTERWAKE 156F」が2本と

前日にフック交換した

DAIWA「Shore Line Shiner Z LUNKER HUNTER 150F-HD」が2本

このタックルで使い易そうで、最初に使ってみたいと思ったルアーになりますconfident


ワクワクしながら準備を進めていると、ブーンと車が1台入ってきましたdash

お久しぶりのTETSUYAさんですhappy01

いろいろと最近の状況などをお話ししましたが、何よりここで合うのも久しぶりでとにかく嬉しいconfident

海が気になりつつも話は長く続き、途中で「こっちの幸せな時間の方が大事」だと思って海は気にせずお話しを続けましたhappy01

ほんと、相変わらずとても良い人ですconfident

今後とも宜しくお願いしますtulip


約30分後、ブーンと帰っていかれましたdash


そして・・・

Sw160228_a4

ここ最近よく見る運搬船が入港ship

その奥からは、先端に入る船もやってきていますcoldsweats01


終わったかもと思ったもののgawk

キャストといろいろな確認はできるのでいいかと気持ちを切り替えますwink


本日のタックルは、タックル愛称:フルアーマーZZガンダム()shine

Sw160228_a5

FA-010S フルアーマーZZガンダム(画像はこんな感じ) 
・ロッド:ダイワ「morethan BRANZINO AGS 110H・J 【MONSTER ROCK CUSTOM】
・リール:ダイワ「'15 SALTIGA 3500H
・ライン:ダイワ「SALTIGA 12 BRAID#2.0(36LB)
・リーダー:ダイワ「SALTIGA LEADER Type F(40LB)


スナップはいろいろなルアーを使いたかったのもあり、いつものヤリエ「グッドスナップ#2にしましたconfident

このスナップも強度があって開いたことはないものの、一通りやって落ち着いたところで、開く心配のないリングやオーシャンスナップとかに替えようと思いますwink


ここまで、スナップ以外はルアーも含めて全部DAIWAのものshine


サンバイザーをかぶり、少々寒かったのでレインウェアを着て始めますconfident

サンバイザーとレインウェアは、SHIMANO XEFOです(。・ω・。)


少々ライン量が心配だったので、最初は軽めにキャストしましたconfident

Sw160228_a6

このタックルでも、他のLBDリールを付けたタックルの時と同じく、薬指と小指の間でフットを挟む握り方eye


これだとフードナットも気にならず、すべすべのフードとリールシートをしっかり握ることができますconfident

この位のタックルになるとフェザリングすることもないので、キャストやロッド操作もやり易いこの握り方が好きですwink

ちなみにグローブは、とても使い易いCOREMAN 5フィンガーレスグローブですpaper


ただ、時々こうなりますgawk

Sw160228_a7

これはまだ軽い方ですが、流れを感じながらミノーを巻いた後だと頻繁にバックラッシュしますsweat02


SALTIGAの3500番にSALTIGA 12 Braidの2号を300m巻きconfident

見た感じ、あまりにも多めだったので20m抜いてみたんですが、どうやらまだ多い様ですcoldsweats01


メンディングに気を付けつつ、緩いと思った時にはフルキャストしないようにしながら続けますconfident

Sw160228_a8

こちらは他のタックルでも使っていた、40gのモンスターウェイクshine


mtb AGS 130M115MHのどちらででも投げられるものの、スイングスピードを上げると重さ以上の抵抗を少々感じていたんですがconfident

今回の110Hでは何の抵抗もありませんsweat02


スペック的には、115MHの上限が60g110Hの上限が70gと10g差でしかありませんがeye

実際のキャスト時に感じる強さは大違いですwink


それでもティップはそれなりにしなやかなので、キャスト時にロッドの撓りをちゃんと感じる事ができ、飛距離もそれなりに出ますgood

※この時点ではバックラッシュの恐怖があったので、ストレスを感じながらのそこそこキャストです。


最初に準備したルアー2種をそこそこ投げてみた後eye

他にも使いたくて持ってきたルアーのボックスに変更ですwink


Megabass KONOSHIRUSshine

Sw160228_a9

ほとんど回らず、綺麗な姿勢で良く飛びますdash

フォール中の姿勢も良く、動きも良く、とても使い勝手の良いルアーだと思いましたwink


また、このタックルで使うと、巻き抵抗もほとんどありませんconfident

ゆっくり目に巻いても振動がハンドルノブにしっかり伝わり、超早巻きしても疲れませんconfident

他のタックルに比べると重めのタックルではありますが、リフトアンドフォールをしてみても疲れませんwink

この辺はタックル重量以上にロッドの長さも影響してくるので、11ftと短い分扱い易く感じるんだと思いますconfident


MonsterKiss bigot-"ZII"shine

Sw160228_aa

セッティングはこんな感じですが、こちらも良く飛びますdash

前から2番目のアイを使ってみると、普通の速度ではほぼ動かず、少し早めたときだけブルっと動くのが何気にいい感じconfident

ただ、雑なキャストをするとそれなりに回りますsweat02

綺麗なキャスト練習用にいいかもですwink


DAIWA「ショアラインシャイナーZ バーティス 140Fshine

Sw160228_ab

標準自重:25.6gと普通のタックルでは普通の?ルアーになりますが、このタックルで使うには軽めのルアーになりますconfident

キャスト時の抵抗はほとんど感じず、僅かにロッドの撓りを感じられるほどcoldsweats01

指をしっかり掛けたキャストだと、ほぼライナーで飛んでいきますdash


ここまでいろんなルアーをキャストしてみて、魚を掛けたわけではないもののいろいろなことが分かりましたflair


このロッド、本当に強いshine

購入前は適合ルアーウェイトから、115MHに毛が生えたくらいの強さだと思っていたらthink

キャストだけに関しては、110HHパワーだとすると、115MHM位に感じてしまうほどですsweat01

※個人的な感想です。


そして、このリールとの組み合わせも思った以上にいい感じconfident

バランスも良く、ロッド操作もやり易いgood


リールの巻き感度も素晴らしく、引き抵抗が強そうなルアーの早巻きもとても楽wink

ここまでやってみても他ではあったフードナットの緩みもなく、横方向時のロッドアクションでリールがズレたりすることもなくconfident


今のところは、何の不満もない良いタックルだと思いましたfuji


ただ、それなりの頻度で起きるライントラブルにはイライラしっぱなしgawk

こちらはただライン量が多いだけですcoldsweats01


入港によって少々荒れた海も落ち着いてきたようなので、再び最初のランカーハンターに戻して丁寧に巻いているとeye

明らかな生命感のあるバイトshine


しかし乗りませんでしたsweat02


男は言い訳など書きませんwave


うわー、どこに食ってきたのか分からないけど、昨日のフック交換で、フロントは乗り重視のRB、リアはバレ難さ重視のSPにしたけど、リアも掛かり重視のRBにしてたら良かったー

うわー、「ショートバイトも弾きにくいファストテーパーHパワーのしなやかなティップを採用」とか書いてるけど、このティップでショートバイトを弾かないのなら他のロッドは全部弾かないー

とか思いました(。・ω・。)


こちら側の岸壁で作業している運搬船ですが、真ん中の山の処理の都合で、だんだんとこっちに寄ってきますeye

投げられる場所が僅かになってしまいましたgawk


お仕事ご苦労様です・・・と思いながら、一旦家に戻りましたhouse

おしっこをして交換欲を満たしclover


ライン量の調整ですconfident

Sw160228_p0

30m抜きましたsweat02

最初に300m巻いた時に20m抜いたので、これでリールに残っているのは250mになりますconfident


うわー、抜いた分だけで牛丼7杯食べられるー

とか思いました(。・ω・。)


その後、牛丼ではなくうどんを食べていると、マユゲから入電phoneto


西の方に走ると、おめめがかわいい103cmさんが居ましたhappy01

うんこを入れるとどうとかいうお話しをしているとeye


いつもお美しいマユピーさんが焼きたてのパンを持ってきてくれましたhappy01

Sw160228_p0p

美味しい(。・ω・。)

面倒なリクエストにも応えてくれて、ありがとうございましたnote


お久しぶりの山先さんも来られて、いろいろなお話しを聞かせてもらいましたhappy01

人見知りする小心者なので、どこか余所余所しくてすみません(/ー\*)


暫く釣り具店みたいなところで過ごした後、そろそろ船が居なくなったころかな?と思って再び朝の場所に戻りましたdash


岸壁、オールクリーンshine

Sw160228_p1

潮位は満潮付近で、個人的に釣れる確率:の中、先端付近でやり始めましたhappy01


ライン量も適正になり、暫く投げてみてもライントラブルはなしwink

Sw160228_p2

やっと安心してフルキャストできますdash


いろいろ気を使いながらキャストしていた朝とは違い、より一層お気に入りになってきたこのタックルconfident

Sw160228_p3

普通にキャストしてもそれなりに飛びますが、これも130Mなんかと同じように、ふとしたときに予想を超える飛距離が出ますcoldsweats02

ただスイングスピードを速くするだけでもなく、引き手を意識して綺麗にロッドを撓らせていくのでもなくthink

この日、いろいろやってみても掴めなかったものの、これはまた今後の課題ということで楽しみつつキャストをしていきますwink


あと、こういった大場所でキャストする場合は、もう少しグリップが長ければいいのにと思いましたconfident

個人的に丁度良い握りの場所だと、エンドに人差し指と薬指のみを掛けて引く感じになりますeye

ただこれもこういった場所での単なるキャストを考えてのことではなく、ロッド操作や磯場での扱いやすさを考慮した長さになっているのでしょうconfident

ただキャストの事だけを考えるのなら、投げ竿でも振っとけ・・・と自分でも思いました(。・ω・。)


暫くすると、押したり引いたりするお船が2隻やってきましたeye

Sw160228_p4

対岸のタンカーがもうすぐ出港する様ですship


このくらいの時間になると風も吹き出し、路面が汚れていることもあってeye

Sw160228_p6

ブーブもこんな状態sweat02


その後もいろんなルアーをキャストしたり、ロッドアクションで操作したりしてみましたconfident

Sw160228_p5

朝は頻発していたライントラブルも皆無で、気持ちよくキャストできましたhappy01


タックルにも慣れてきたのか、バイブを使った大きめのリフトアンドフォールやショートピッチのリフトアンドフォールなんかも、朝以上に楽にできるようになりましたconfident

とても扱い易いタックルですwink


強さ的にも想像以上だったので、130M,115MH,110Hとで用途が被ることもなさそうですconfident


あとは早く魚を掛けてみて、いろいろと感じてみたいものですflair

mtb AGS 115MHの時には食い方の差もあったとは思うものの、たしか10回を超える連続バラシとかを楽しめたと記憶していますsweat02

その中でそのタックルの扱い方を学習すると、その後はほぼ掛けたらバラシなしということにもなりましたconfident

食い方の差もあったとは思うものの(2回目)、その辺もタックルを使う上で楽しい過程だったりしますwink

今回の110Hも、そういった楽しみがあると良いなbud


このタックルでお魚さんを掛けて、そしてキャッチしてfish

・・・までの道のりは遠いかもしれませんが、楽しみつつ頑張りますhappy01


このエントリーも既にまとめに入っているのが分かるかと思いますが、もう少し続きますcatface


お船、出港の時ですconfident

Sw160228_p7

一旦2隻の押したり引いたり船でタンカーを押し、ロープを外すと一気に引っ張っていきますeye


この押すときの水流がこっち側にも来るほど強く、それで底荒れが発生しますgawk

流れが発生した瞬間には、魚にスイッチが入るかもしれないと思ってルアーを投げまくりますがdash

反応はありませんsweat02


お仕事お疲れ様です・・・と思いつつ、タンカーの出港を見守りますconfident


しばらく海が落ち着くのを待って、また再開しようと思ったところconfident


次のタンカー入港ですeye

Sw160228_p8

出港のときは押す時間も少ないのでまだマシなものの、入港のときは大変なことになりますsweat01

ついでに、雨も降ってきましたrain


おわりtulip

« 2016.02.27時点のシーバスタックル | トップページ | 2016.02.28の海 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2016.02.27時点のシーバスタックル | トップページ | 2016.02.28の海 »