« 2016.02.27の海 | トップページ | SHIMANO ラフトエアジャケット VF-051K »

2016年2月28日 (日)

2016.02.28の海

日曜日は朝から末っ子とお買い物に行きgame


その後、なんとかこの時間から自由を頂くことができましたhappy01

Sw160228_0s

潮位的に微妙なので、海かクランキンかで迷ったものの・・・


土曜日に初下ろししたタックル愛称:フルアーマーZZガンダム()でどうにか魚を掛けたいと思い、また同じところに行ってみましたwave

Sw160228_1s

現地に着くと、根元の方にシーバサーさんらしき方が居たものの、岸壁側は貸し切りshine


岸壁ががら空きの時は釣れないということも学習しつつありますがsweat02

気にせず先端で始めますwink


この日、最初にベストに入れたルアーボックスにはeye

Sw160228_2

使い勝手が良いので気に入ったコノシラスに、サーチ用として使えるペニーサックconfident


あとはカラーが偏り気味ですが、昨日バイトを貰ったものの乗せられなかった新しいランカーハンターに加えconfident

前後共に掛かりやすさ重視のがまかつTREBLE RB MH #1/0に交換している、前モデルのランカーハンターも入れてますwink

触っただけで掛かるぜdash


対岸には、昨日入ったばかりの新しいタンカーship

Sw160228_3s

潮位も既に高いので、あまり釣れる気がしませんsweat02


それでも天気の良い中、暫くキャストをしているとconfident

ミノーが着水時にフック絡みをしたようですthink


引き抵抗がなく水面を滑ってくるミノーを回収してフック絡みを修正し、その後キャストしたところeye

昨日はもう起こらないと思っていたライントラブルがまた起こりましたbearing


今回は少々複雑で硬めだったため、なかなか解けてくれませんsweat01

暫く頑張ってみましたが、解けにくかったので爪でグリグリしたため解れができてしまい、修正できたとしても強度的に不安が残る状態になってしまいましたgawk


不安の残るラインをそのまま使いたくはないので、一旦車内に入りeye

Sw160228_4s

昨日に続いて、また2色(20m)抜きましたsweat02


これで緩めに巻いてもスプールエッジを超えることはなくなりましたがthink

最初に300m巻いて多めに見えたので20m抜き昨日のライントラブルで30m抜きthink

この日、更に20m抜きましたgawk

これで、今のリールのライン量は230mになりますsweat02


ここから30m出したスプールの状態を見てもそれほどキャストに影響しなさそうなので、次からは300m巻きではなく、200m巻きで良いかもしれませんsweat01

ダイワの3500番にPE2号が230mで丁度良いって、これはやっぱりラインが太いということなのかなsign02

(同じ号数ではないものの)SALTIGA 8 Braidは細くて強くて良いラインだったのに(※mtb 8 Braidは太い)、こっちは性能が上がっていても太くなっているのではあまり意味がありませんgawk


そして、海の状況も良くありませんthink


ベイトは皆無で、ベイトに見えるものは全て偽物sweat02

おまけに、おかしなクラゲがそこそこ増えてきていますgawk


表層を意識しているシーバスがいれば大体チェイスしてくるルアーを投げて超トロ巻きをしてみてもeye

Sw160228_5

何もなしsweat02


でも天気が良いのでsun

Sw160228_6

エソブラックが綺麗shine


表層を意識しているシーバスは居なさそうなので、バイブを使ってみたりconfident

Sw160228_7

久しぶりにシンペンでの中層狙いをやってみましたがconfident


何もなしsweat02


おかしい・・・

Sw160228_8

今日も元々黒くて白っぽくなったズボンを履いてきているというのに・・・


さっきラインを少し抜いてからは、少々メンディングが雑でもライントラブルは起こらなくなり、昨日以上に安心してキャストできるようになりましたwink

昨日と同じルアーも、風向きのせいもあって昨日よりも良く飛ぶので、更に気持ちいいhappy01


そんな感じで、全く同じ場所でルアーだけを替えながら、3時間ほどThe 回遊待ちをしてみましたがconfident

ボラや他のベイトに当たることすらありませんgood


その後、がら空きの岸壁をトコトコしながらヘアヘアしつつdash

表層から中層、ボトムに至るまで、いろんなルアーを使って探ってみますがeye

何にもありませんsweat02


流れが効いている場所、方向、層なんかも手に取るように分かりましたがconfident

それがどうしたといわんばかりに、何もありませんsweat02


それでも、そこそこ抵抗のあるバイブの超早巻きなんかもやっているため、リールの良い慣らしにはなっていると思いますcatface

Sw160228_9

昨日は分からなかったふとしたときに思っていたよりも飛距離が出るというキャストの仕方も何となく分かってきましたflair


コツは、テイクバック時の右手首の深めのコックからの振り終わり寸前でのフルリリースですconfident

ただ、フィニッシュの角度は変えませんconfident

こうすると、単なるバンザイからのドーンよりも硬めのロッドの撓りのタイミングが合うのか、昨日よりも頻繁に良く飛んだと思う事がありましたwink

ただ、ゴルフなんかでも同じですが、リリースタイミングがズレると逆に飛ばなくなる場合もあるので、平均的に飛ばしたければその辺を意識せずにキャストした方がいいですconfident


また、ちょっと握り方も変えてやってみましたpaper

普段はLBDリールを扱う場合にもやり易く、ロッドアクションもやり易い(と個人的に思っている)薬指と小指の間でフットを挟む握り方でやっているんですがeye

今回は一般的な?、中指と薬指の間でフットを挟む握り方になりますconfident

この握り方だと、機種によっては小指にもっこりしたフードナットが当たって激しい違和感があったり、場合によってはフードナットに手や指が当たって痛くなることもあるんですがsweat02

このロッドの場合はフードもスベスベでフードナットも細身になっており、更にフードナットの中央に窪みがあって小指の収まりも良かったですwink

ただ、フェザリングをよく使う軽めのタックル以外でこの握り方をするのは久しぶりで慣れていないのと、キャスト時に指一本分リアグリップが短くなってしまうということから、暫くすると元の握り方に戻しましたcatface


こんな感じで、この日は魚に全く邪魔をされることもなく、このタックルのいいキャスト練習と慣らしができましたhappy01


様子を見ながら、次の潮流時間の開始くらいまで場を休めようと思って少し休憩していると、何やら人が増えてきましたeye


ん?そろそろ釣れるタイミングかな?・・・と思いつつconfident

Sw160228_as

この時間に逃げるようにその場をあとにしましたdash


ノーバイト、ノーチェイス、交換欲現地対応、前に止まっていたトラックバッテリー上がりで奥さんっぽい人呼び出し・・・といった内容でしたがeye

天気の良い中、ルアーをキャストしまくれたので楽しかったですhappy01


家に戻ると、今日は私も食べに連れて行ってくれるというので、みんなで居酒屋っぽいところに行きましたconfident


そこであることに気付きましたflair


うわー、あれだけ気を付けていたのに、パーカーのフードを絞る紐の長さが左右で微妙にずれてたー

これじゃ釣れるはずないわー


おわりtulip

« 2016.02.27の海 | トップページ | SHIMANO ラフトエアジャケット VF-051K »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2016.02.27の海 | トップページ | SHIMANO ラフトエアジャケット VF-051K »