« 長女が帰省 | トップページ | フックホール用のシーラー »

2016年2月 1日 (月)

KORG microKEY Air

microKEY2を購入して、時間があるときにはピコピコ遊んでいたりしましたが


Bluetooth MIDI対応のこちらも遂に発売になったので、購入してみました

Mkeyair61_1

KORG microKEY Air


前回のエントリーでもちょこちょこっと書いていましたが

Mkeyair61_2

今回は迷うことなく、61鍵のモデル(MICROKEY2-61AIR)にしました


箱を開けるとこんな感じ

Mkeyair61_3

microKEY2の49鍵モデルには無かった、上側の押さえが付いています


添付品は、マニュアルUSBケーブル(A-B)

Mkeyair61_4

バンドルソフトのコードが書かれたカードまではmicroKEY2と同じですが

単3乾電池も2本付いていました


microKEY2からの違いは

Mkeyair61_5

サスティンペダル用端子とUSB端子のこっち側に、USBBluetooth MIDIの切換スイッチが付いています


裏面には

Mkeyair61_6

電池を入れるところもあります


電池を入れてみても無反応で主電源もない

Mkeyair61_7

そこで(マニュアルを読まないまま)、側面のUSBBluetooth MIDIの切換スイッチをBluetooth MIDI側にしてみると、ここのLEDがピカピカしだしました

ペアリング待ち


あとは、対応appを起動して設定からBluetooth MIDIデバイスの画面を開くと

Mkeyair61_8

既に機器が認識されて接続待ちになっています


認証すると、簡単に接続済みとなりました

Mkeyair61_9

あとは普通に入力することができ、とくにこれといった遅延もないようです

ここで気になる遅延があったりすると問題ですけどね


一旦接続できると、他のappに切り替えてもそのまま使えます

Mkeyair61_a

KORGのappだけではなく、他のappでも対応していれば鳴らすことができました

これはお手軽です


試しに、名曲、スペースハリアー メインテーマを弾いてみましたが

Mkeyair61_b

今回はキーが足りないということもなく、満足できました(*´艸`)


ただ、61鍵モデルになって大きくなった分、他のものでいっぱいの押し入れに放り込むのは難しい・・・

しかし、親愛なる奥様の目に留まると、怒られてしまう・・・


そこで賢い私は

Mkeyair61_c

少し高めのところに置いて、microKEY Airが見えないようにカッチョイイCOREMANのタオルを被せて隠しました


このタオル、丁度良い長さで隠すのにピッタリでした

また、埃よけにもなるので、使わないときには何かを被せる世代にもピッタリです


あと気になった事は、使う時に操作する側面のUSBBluetooth MIDIの切換スイッチが小さめで硬いということと

毎回使う前にペアリングしないといけないということ


ペアリングに関しては慣れるとそれほど手間でもなく、これまでの様にアダプターをiOSデバイスに突っ込んで、USBケーブルを突っ込んで・・・というのよりはよっぽど楽ではあります


サスティンペダルを使ったり、音量を上げようとiOSデバイス等に音声ケーブルを挿したりするとBluetooth MIDIの手軽さが微妙になったりもしますが

単体で使う分には、本当にお手軽に使う事ができるようになりました


これからはこれまでより手軽に、ピコピコして遊ぼうと思います

« 長女が帰省 | トップページ | フックホール用のシーラー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長女が帰省 | トップページ | フックホール用のシーラー »