« SHIMANO ラフトエアジャケット VF-051K | トップページ | 次女の卒業式 »

2016年3月 1日 (火)

スプールワッシャーで調整

先日追加して、2日間程、断じて釣りではなく単なるキャスト練習で使ってみたconfident

DAIWA「'15 SALTIGA 3500Hshine


箱出しの状態でDAIWA「SALTIGA 12 BRAID2.0号(36lb) 300mを巻き上げてみたところconfident

15saltiga3500h_l2

こんな感じになりましたeye


ラインが多めなのは別にして、説明書で言うところの後巻きになっているのが分かるかと思いますthink


この時にも気にはなったものの、そこまで影響は無いと思ったのとconfident

使っている内にズレてきて調整するのはまだ分かるけど、新品購入時に同メーカーのお薦めラインの適合号数を巻いてもここまで合っていないのは精度的に如何なものかgawk

・・・と思ったこともあって、とりあえず調整しないで使う事にしましたthink

ちなみにこれまでは運が良かっただけなのか、ダイワ、シマノといろいろなリールを使ってきましたが、新品時でこれだけ巻きに偏りが出たリールは今回が初めてですgawk


また、PE2号が300m巻けるリールにPE2号を300m巻いてみたのが上の状態eye

ラインが太くてスプールの適合ラインを全部巻けないとか、妙に細いのか全部巻いてもスプールがスカスカというのはこれまでも良くあったのでsweat02

今回もライン量を調整するためにeye

初めてリールに巻いた時に、気になって20m

初めて使ってみた時にライントラブルが頻発したので、その日に30m

その翌日にも1度だけライントラブルがあったので、更に20m

・・・と順に抜いていきthink

結局、高価なラインを70m無駄にして、230mだけがスプールに残っている状態になりますsweat02


ここまで落とすとライン量は適正くらいになり、その後はライントラブルもなく気持ちよくキャストできていたんですがconfident

その状態でもラインの巻き上がり方に変わりはなく、キャストする分にはそれほど影響しないものの、魚を掛けてドラグが動作する状況では、スプールエッジ側だとラインが食い込む形になって、ライン強度やドラグ性能にも影響しそう・・・と思いthink

やっと調整することにしましたcoldsweats01


今回は後巻きなので、ワッシャーを抜くか薄めのものに交換すると改善されますflair

そこで、リールの説明書を読んで標準のスプールワッシャーを外そうとしましたが、少し浮くものの何かに引っかかって外れませんgawk

ワッシャーの真ん中のギザギザ部分が抜けにくくなっている原因かな?とも思ってこちょこちょしてみたものの、やっぱり外れませんthink


説明書には簡単にワッシャーが外れるような図解があり、赤いワッシャーで調整するタイプは簡単でしたが、これはちょっと違う様ですeye


そこで、ダイワのホームページのサポートにあるパーツ検索システムで展開図を見ようとしましたがpc

PDFになっていないものはおま環かもしれませんが、見えないものが多数ありますgawk

ちなみに見えないものは、IE,FF,Chrome,Safariといった有名どころのブラウザのどれを使っても見ることができませんsweat02

枠までは出るブラウザもありますが、中身が表示されなかったりして使いものになりませんgawk

もしかしたら古いバージョンなら見えるのかもしれませんが、セキュリティ的な事もあるのでそういうのは理由にならないと思いますdanger

もうそれほど新製品ということでもないのに、未だに画像がなかったり、PDF版が準備されていないものもあり、今回の'15 SALTIGAのものも同じ様に見えませんでしたthink

さっぱりですgawk


困ったときはネット検索pc

すると、上側のベアリングから外さないといけないという事が分かりましたsweat02


さっそく、標準のスプールワッシャーを外してみたところeye

15saltiga_ss_1

説明書の袋に入っているワッシャーよりも厚めのものが1枚入っていましたconfident


ワッシャーを替えただけでは適正かどうか分からないので、一旦ラインを高速リサイクラーで全部抜き、交換後に最初から巻いて確認しますwink

15saltiga_ss_2

この時、薄めのワッシャーに替えるか、ワッシャー自体を抜いてみるかで迷ったものの、スプールエッジ付近の巻かれていない空間とワッシャーの厚みを合わせてみるとeye

ワッシャーを抜くのが良いかも・・・と思ったので、まずは抜いた状態で試してみましたconfident


こうなりましたeye

15saltiga_ss_3

今度は、下側に隙間ができた前巻きcatface


これで調整幅が大体分かったのでeye

15saltiga3500h_3

説明書の袋に入っている調整用スプールワッシャーを取り出しますpouch


再びラインを全部抜いてスプールを外し、ピンを飛ばさないように外してベアリングも外しますconfident

今度は薄めのワッシャーを1枚だけセットした状態にして、ラインを巻き上げますdash


こうなりましたeye

15saltiga_ss_4

パーフェクトshine


70mも抜いてしまったラインの量も、タックル愛称:フルアーマーZZガンダム()の適合範囲のものをキャストする分には問題なさそうですconfident

また、こういったタックルを使ってでも、ルアーをドリフトさせたりしてメンディングが緩めになったりすることもあるので、そういう場合でもこれなら安心して次のキャストができそうですwink


購入時からこの状態であれば一番良かったんですがthink

初めてラインを巻いたときに気付いたのであれば、その時点で今回の調整をしておけば良かったのに・・・

とも思いましたcoldsweats01

« SHIMANO ラフトエアジャケット VF-051K | トップページ | 次女の卒業式 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SHIMANO ラフトエアジャケット VF-051K | トップページ | 次女の卒業式 »