« mibro Fury | トップページ | Quantum Break なんとかクリア »

2016年5月 4日 (水)

2016.05.03の池

昨日のことですが、数週間前に納屋の2階から自転車を降ろすときに筋を痛めたっぽい右腕の痛みが気になるもののthink

サイドキャストやロールキャストなら問題ないかな?と思いつつ、久しぶりに釣りに行くことにしましたhappy01


この日に使うのは、KTW LURES コブラチャターのみconfident


まずはお部屋で準備ですcatface

コブラチャターは2色しか持っていないので両方使うとしてconfident

そのトレーラーをどのカラーにするかで少し迷いますthink


トレーラーも1種類の4カラーしか手持ちがないので、どのタイプのトレーラーにするかで迷わない分、早く決めることができましたwink

Fw160503_1

なかなか良いかもhappy01(しらんけど)


釣れるには理由がある。のボックスにeye

Fw160503_2

コブラチャター+S-Stickの組み合わせの2本だけを詰め込んで現地に向かいますconfident


その途中、Furyが入荷している様だったので、東の方でこちらのものを購入してきましたnew

早速Furyを使ってみたかったものの、この日は上の2本しか使いませんgood


タックルはeye

Fw160503_3

ロッド:NORTH FORK COMPOSITES「J Custom 2.0 TCR610M
リール:シマノ「'14 カルカッタ コンクエスト 101
ライン:東レ「BAWO SUPER HARD PREMIUM-PLUS Hi-Grade(14LB) 


先日届いたロッドの初期不良チェックもしようかと思いましたが、そのロッド用のリールがまだなのでやっぱり使う気になれませんthink

自分の気持ちに素直でいたいので、6月末まで放置しますcatface


コブラチャター付属のスナップにラインを結び、まずは♂ギルの方から使ってみることにしましたconfident


ただ、この日はやまじ(地元特有の季節風みたいなやつ)が強く、釣りになるのかすら微妙な感じtyphoon

Fw160503_4

水面は既に風に揺られていますeye


安全のために、ライジャケ着用clover

Fw160503_5

念のために、ランディングネットも腰にぶら下げていますwink


上の方では何の反応も無かったので、下の方に移動しましたsweat02


カバー回避性能が良いチャターではありますが、こんな所も引けるのかな?と思いつつ引いてみたところeye

Fw160503_6

縦の動きだけで回避できる範囲なら、何の問題もなく引く事ができましたwink


その後も丁寧に引いてみますconfident


ただ・・・ここ数年バスはほぼクランキンオンリーな中、相当久しぶりのクランク以外のルアーになりますthink

投げて巻くだけという良く似た感じではあるものの・・・

正直、チャターベイトの使い方が良く分かりませんsign02


これまでにも幾つかのチャターベイトを使ってきましたが、釣れた試しがありませんsweat02

最後は底に置いてワームで食わせるラバージグの様な使い方をして、それでも釣れずにチャターは釣れないgawkと思って止めてしまっていましたgawk


今回もこれまでと同じ様に、何をどうすればいいのか分かりませんsweat02

とりあえず良さそうなところにキャストし、いろんな巻き速度でいろんなレンジを探っていきますconfident

どうやっても何の反応も無いので、どれが正解なのか分かりませんcoldsweats01

もしかしたら単なるただ巻きではダメで、ちょっとしたリフトアンドフォールを入れた方がいいのかな?その方がラバーがフワフワするし・・・

そんなことを思いながらいろいろやってみるものの、何の反応もありませんgawk


やっぱり簡単には釣れないsweat02

Fw160503_7

・・・と思いつつ、護岸に生えた綺麗なお花を撮影camera


これでこの釣行のエントリーを書く際の締めになるcatfaceと思いながらもキャストを続けていたところeye

何も無いところをただ普通にそこそこの速度で巻いていたときに、ヌンっと来ましたshine


あら?来た?と思いつつのファイト突入ですsweat01


ヌンヌンしていますdash

明らかにバスの引きfish


ただ5秒程ヌンヌンを楽しめた後、スッと抜けてしまいましたsweat02


ただ食って反転していただけなのかもしれませんが、フッキングはしていませんcoldsweats01

クランクベイトの様な細軸で沢山あるフックとは違い、こちらの場合はしっかりフッキングしないと運任せになってしまいそうではありますthink


今回は運悪く?数秒生命感を楽しめた後にバレてしまいしたが、もしあれで釣れていてもeye

釣ったdashではなく何となく釣れたcoldsweats01

ということで微妙だったので、これはこれで良かったと思いましたconfident


ここで、もう1つのカラーにチェンジしましたshine

Fw160503_8

さっきと同じ様なレンジ、巻き速度で引いていきますが、反応はありませんthink


時折吹く強風に身体を揺すられながらもキャストを続けますが、このチャターだと風に負けるということも無くキャストできるのでdash

少々飛距離は落ちるものの、バックラッシュしたりすることはありませんwink

これならこの風の中でも続けられるshineと思ったんですがeye


途中から小雨が降ってきましたrain

Fw160503_9

風の当たる面では、小さな池の水面が海の様sweat02


レインも持ってきていないので、風はいいけど雨は風邪を引いちゃうと困ると思いthink

一旦家に帰りましたhouse


その後、ゴロゴロしながら小雨が止むのを待っていると、また風が強くなってきましたdash

風は強弱を繰り返し、小雨は降りっぱなしthink

無理してもいけないと思いclover、その後はBlogを書いたりゴロゴロしたりして過ごしましたconfident


次は、今回のコブラチャターフューリーを持って行きeye

どっちかで釣れたらどっちかも使ってみて両方で釣れるまで帰らないgood

というのを楽しんでみようと思いますhappy01

« mibro Fury | トップページ | Quantum Break なんとかクリア »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« mibro Fury | トップページ | Quantum Break なんとかクリア »