« それでもデータギフトは出来ない | トップページ | 2016.10.30の自転車練習 »

2016年10月30日 (日)

2016.10.29の池

先週末の釣行でこんなことを決めてしまったのでflair

同じタックルと同じルアーで釣れるまでは、ずっと同じような釣りばかりしていきますwink


その間は似通ったエントリーばかりになりますしpencil

あまりにも釣れるのが遅れたりすると、画像だけで本文が無くなっていったりするかもしれませんcamera


・・・


そんなこんなで、昨日も同じタックル同じルアーを握りしめ、同じ池に行ってきましたconfident


エントリーの方はだんだん手抜きになっていくと思いますがcoldsweats01

釣りの方は楽しみつつ、本気を出して頑張ってきましたdash


本気の証拠にeye

Fw161029_1

mibroフーディ (ブラック)を着用shine

ルアーはKTWですが、ブレードにはmibroロゴcatface


持って行ったルアーは、いつものこれだけeye

Fw161029_2

前回釣行後に濯いで乾かしていたので、とても綺麗ですshine


ただ、また8色持ってブラブラしても迷うだけになりそうなのでcoldsweats01

Fw161029_3

この日はこの2色でやってみようと思い、この2本だけをボックスに入れましたwink


先週末は、案外簡単に釣れると思っていたので、2,3匹釣れたところでタックルの使い比べをしてみようflairと2タックル持参だったのがconfident

Fw161029_4

今回はこの1タックルのみになりましたsweat02

ロッド:シマノ「WORLD SHAULA 17113R-2
リール:シマノ「'16 ANTARES DC HG LEFT
ライン:東レ「BAWO SUPER HARD PREMIUM-PLUS Hi-Grade(16LB)


最初に使うのはeye

Fw161029_5

このルアーを使い始めてからこの辺の池で一番バイトが多かったこのカラーconfident


風がそこそこあって肌寒いものの、水温の方はeye

Fw161029_6

まだ19度もありましたconfident


空は曇天cloud

Fw161029_7

風もあって釣れそうではあるんですが・・・


gawk

Fw161029_8

何故だdash


・・・と思いつつ、カラーを変更しましたsweat02

Fw161029_9

すると、明らかなバイトを貰うことができましたshine


好感度なロッドから伝わってきたバスの推定サイズはeye

フックまで食いきれない15cmクラスfish


これを丸のみ出来ないような小バスに用は無いのですdash


続いて、大型が潜んでいそうなカバー周りを探っていきますbud

Fw161029_a

カバーに強いチャターだけあって、この程度のカバーならスルスルっと抜けてくれますwink


・・・大型も中型も小型も潜んでいないようなのでsweat02

Fw161029_b

持参していたジャイアントカプリコ いちごを食べて元気を出しますtulip


このタックルにも随分慣れましたwink

Fw161029_c

さすがの組み合わせというか、とても使い勝手のいいタックルですgood


ただ、高弾性気味ということで、キャスト時にロッドティップの使い方というかタイミングがずれてしまうと・・・

Fw161029_d

この程度のバックラッシュはしてしまいますcoldsweats01


風がそこそこあったのもありますが、キャストの強さに対して無駄にスプールの回転初速が上がりすぎるとこうなりがちですconfident

回転初速が高くてもキャストの強さもそれなりなら、ちょっとラインが浮いても勝手に収束してくれてよく飛びますwink


狙ったところにルアーを入れていけ、カバーの隙間や上を通しても根掛かりはしないもののconfident

オーバーハングの真下に入れたところ、何かに掛かってしまいましたgawk


引いてみてもぐにーっとするだけでなかなか取れなかったので、いつも持参しているルアーキャッチャーをスルスルっとしてみるとeye

Fw161029_e

ぐにーっとしながら回収成功coldsweats01


何に掛かったのかと思ったら、他の方が残していたラインeye

Fw161029_f

無駄に太くてゴワゴワしたラインsweat02

バス釣りを始めたばかりのボーイたちのものかな?


私もボーイの頃は良く根掛かりをしてルアーを残してしまうこともありましたが、無理に引っ張ってもラインはほとんどノットの部分で切れるので、ここまでラインを残すことは無かったと思いますthink

よくこんなラインを見つけますが、最近のボーイは根掛かりしたら手元側で切ってたりするのかな?

高いところに掛かったりした場合は、無理に引っ張るとフック付きのルアーが外れて自分目がけて飛んでくることがあるので危険ですがdanger

水中に掛かったりした場合は飛んでくることもないですし、ちょっと頑張ってルアー回収器を買っておくと、すぐに元が取れたりするのでオススメですgood

ラインが傷んでいて引っ張ったらこの位置から切れてるのかもしれませんが、長いラインをそのまま水辺に残していたりすると、他の釣り人やボーイたちがそれに足を取られて危険だったりするので、できるだけ回収できるラインはその場に残さないようにしましょうconfident

そして、大人になってまだ釣りをしていたら、自分がボーイだった頃のことを思い出しながら、ラインを見つけたら回収できる大人になりましょうwink


ちょっと飲んでいるのもあって、小言を書いてしまいましたcatface


そんなボーイが良い大人になってしまったナウなヤングですが・・・

Fw161029_g

良いタックルに良いルアーを使って本気を出しても釣れませんweep


寒くなってきたので、フロントタイヤのエアも足りなげeye

Fw161029_h

もう釣れる気もしなくなってきたので、他のことが気になってきましたcoldsweats01


あと、池のほとりにあったこれが気になりましたbud

Fw161029_i

ぷにぷにしたほおずきみたいな感じのやつにヒゲがいっぱい生えてるsweat02

なにこれなにこれsweat01


タイヤの方は、帰ってからコンプレッサーで四輪ともエアをちょっと多めに補充dash


気になった植物についても調べてみるとpc

フウセントウワタ(風船唐綿)みたいですwink


さようならchick

« それでもデータギフトは出来ない | トップページ | 2016.10.30の自転車練習 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« それでもデータギフトは出来ない | トップページ | 2016.10.30の自転車練習 »