« 末っ子との久しぶりの練習 | トップページ | 思わずクリアしてしまった »

2017年3月12日 (日)

寝るとき用のイヤホンの感想

先日、購入してエントリーしたpc

寝るとき用のイヤホン
http://mru.txt-nifty.com/blog/2017/03/post-5a22.html


週末に確認してみたので、とあるサイトでノーマルとハイレゾとの差を5曲すべて聴き分けることができたナウなヤングが適当なインプレでも書いておこうと思いますpencil


まずは、購入価格が600円ちょっとのこちらからeye

Hp_i_a1

Panasonic HJE150

ドライバーユニット:10.7mm
音圧感度:100dB/mW
再生周波数帯域:6-23,000Hz
コード長さ:約1.2m
プラグ:ストレート型ステレオミニプラグ
付属品:イヤーピース(XS,M 各2個)


プラグは、仕様にもあるストレート型eye

Hp_i_a2

ケーブルは、若干心配になるくらい細目sweat02


今回は、iPad Proの3.5mmヘッドフォンジャックを使っていろいろ聴いてみることにしましたear

Hp_i_a3

最初のソースは、リリースされたばかりのnew

GET WILD 2017 TK REMIXshine


イヤーピースは3サイズありますが、標準のものが丁度良かったのでそのまま使用confident

楕円になっており、しっかり耳の穴にフィットして装着感も良かったですear

Hp_i_a4

ユニットまわりの見た目はチープなものの、ドライバユニットが10mm超というのもあってか、低音も十分で纏まりのある音が出ていましたnote

とても600円クラスの音とは思えませんcoldsweats02


続いては、購入価格が1900円弱のこちらeye

Hp_i_b1

SONY MDR-EX150

型式:密閉ダイナミック型
ドライバーユニット
9mm ドーム型(CCAW採用)
感度
103dB/mW
マグネット
ネオジウム
再生周波数帯域
5-24,000Hz
インピーダンス
16Ω
最大入力
100mW
コード長
1.2mリッツ線
コードタイプ
Y型
入力プラグ
金メッキ L型 ステレオミニプラグ


イヤーピースは、本体装着分と合わせて4サイズ付属eye

Hp_i_b2

ケーブルを巻きつけて使うアジャスターが付属していたり、ケーブルのY型分岐部分を絞れたりもしますconfident

さすが、3倍の値段だけのことはありますwink


こちらのプラグは、L型eye

Hp_i_b3

ケーブルはしっかりしていて安心感がありますconfident

プラグは、どちらの製品も金メッキ処理されていましたshine


こちらもイヤーピースは標準のもので丁度良くear

Hp_i_b4

ユニット周りの造りもしっかりしていて、高級感すらある感じshine


こちらを使ってさっきと同じソースを聴いてみたところear

高音が耳に刺さって嫌な感じがしましたsweat02


そこで、ソースを変えてみたところeye

Hp_i_c1

こちらだと大体バランスよく聴くことができたんですが、一部「お前にピタッ!」とかだとハイハットやスネアが少々耳障りに感じることがありましたthink

ただ、ボーカルのサ行に違和感があるような音ではありませんear

ここでパナの方に変えてみたところ、少々高音が足りないかな?という感じもあるものの、それほど違和感もなく、聴いていて疲れませんconfident


続いては、個人的に再生機器のチープさの判断に最適だと思っているこちらを聴いてみたところeye

Hp_i_c2

こちらではソニーの方が良い音に聴こえましたshine

音の広がりや躍動感、繊細さは明らかにソニーの勝ちgood


続いて、オーケストラっぽいものを聴いてみたところeye

Hp_i_c3

こちらでも、中間くらいのボリュームまでだとソニーの方が良い音に聴こえましたが、この画像くらいのボリュームにすると高音に若干の違和感think

逆にパナソニックの方は、このくらいのボリュームで聴くと沈んでいた高音も伸びてきて、逆に違和感が無くなる感じがしましたconfident

ただ、パナソニックのもので聴いた後に再びソニーのもので聴いてみると、解像度の良さと高音の伸びの良さに驚き、先ほどは若干の違和感に思えた高音域も自然に聴こえたりもしますear


ピアノ系はどうだろうと思い、こちらもでも確認eye

Hp_i_c4

このアルバムの最初の曲「BEFORE LONG」では明らかにソニーの方が良い音に聴こえるものの、2曲目の「NEO GEO」が始まったとたん、やはり高音が耳に刺さってきましたsweat02

パナソニックの方だと、どれも無難に聴けましたconfident


ボーカル主体でしっかり作られているこちらだとeye

Hp_i_c5

ソニーの方で聴いても、どの曲も高音に違和感もなく、とくに「ふりむけばカエル」や「自転車でおいで」では音のバランスの良さやボーカルの良さを感じましたnotes

こういうアルバムを聴くと、とても2000円クラスの音ではないと感じますconfident

逆に、こちらをパナソニックの方で聴くと、いろいろと足りない感がありましたthink

ちゃんと作られているアルバムを聴く分には、ソニーの方が良いのかもしれませんcoldsweats01


他にも、いろんなジャンルの曲をいろいろと聴いてみたところeye

Hp_i_z1

ボリュームを小さめで聴く場合はソニーが良く、そこそこのボリュームで聴く場合はパナソニックが良い。

ソニーの方は低音から高音までしっかり出ている分、ソースやボリュームによっては高音が痛く感じる場合もあるが、クラシック系やボーカル優先ものを聴く場合はとても良い音で聴くことができる。

パナソニックの方は高音と解像度が若干不足気味なものの全体的に纏まっているので、どんなソースをどんなボリュームで聴いても疲れることもなく長時間聴いていられる。


エイジングで変わってくるのかもしれませんが、新品購入時に聴いてみたところではこんな感想になりましたconfident

これは個人的な感想で、聴くソースや機器によっても変わってきますし、音の好みによっても意見は変わってくるかと思いますnotes

ただどちらも、この価格で買える製品の音ではないというのが自称、いい耳をもつナウなヤングの感想ですgood


今回の目的でもある寝るとき用として使う場合eye

音質的にはパナソニックの方でも十分で、どんなソースも聴きやすいconfident

薄めのユニット形状から、寝返りを打つときや横を向いたときに痛くなさそうconfident

販売価格が約600円ということで、気兼ねなく使えそうconfident


・・・ということで、寝るときに使うものはパナソニックの方になりましたflair

これから使ってみて、簡単に断線もせず使用感も問題なければ、予備も含めて数個買っておこうかと思っていますwink


ソニーの方は、寝る前にもう少し良い音で聞きたいときや、ゲーム用にも良さそうなので、気兼ねなく使いやすい普段使い用にしようと思いますnotes

« 末っ子との久しぶりの練習 | トップページ | 思わずクリアしてしまった »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 末っ子との久しぶりの練習 | トップページ | 思わずクリアしてしまった »