« シーバスタックルについて | トップページ | 2018.11.01時点のシーバスタックル »

2018年11月 1日 (木)

'18 STELLA C5000XG

あの人、タックルは良いの持ってるのに・・・

あんまりお魚釣ってるところ見たことないよね・・・

( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )

というか、ここ最近全然見なかったよね・・・

で、お馴染みだったナウなヤングですcatface


ただお魚さんを釣ることだけが、「釣り」という趣味ではないのですdash


│ω・`)チラッ


・・・


一旦整理したタックル的に、どうしても必要だと思ったので追加しましたconfident


こちらのエントリーを読まれた方がまず察したのは、コメントにもあるように「ハハーン、こいつ何かポチったな?」という事だったかと思います・・・が、残念ながらそうではありませんcatface

ご無沙汰しておりましたが、今後とも宜しくお願いします」という気持ちも込めて、こちらはマユゲショップで購入しましたhappy01

ただ、たったリール1つぽっちでは心を開いてくれないのか、お疲れなのか、何かに忙しいのかは分かりませんが、以前の途中から同様、愛想のない感じでとても寂しかったですchick

また何か買いますので、以前の最初のような笑顔を見せてくださいweep


そんな雰囲気の良いショップで引き取ってきたconfident

18stlc5kxg_a1

シマノ「'18 ステラ C5000XG」ですshine


永遠に変わらない滑らかな巻きごこちを求めて。
ドライブギアの歯の一つにいたるまで設計を見直し、理想的な歯形状にしたマイクロモジュールギア IIを搭載。さらに巻き上げ時の微かなカタカタ感やコツコツ感を徹底的に排除するため、機構部のガタつきを抑制する新設計サイレントドライブを新採用。ボディ、ラインローラーには防水性をアップさせたXプロテクトを採用し、ステラの真骨頂であるスムーズ&サイレントを守り続けます。


いつもドキドキする箱開けの瞬間confident

18stlc5kxg_a2

これを使う人は何%なのかを確認したい、STELLAロゴ入りのリール袋が見えてきましたshine

'18 ステラは残念ながら初期ロット問題がいろいろとあったようなので、その辺の心配もあって、珍しく今回は一旦店内で確認させて貰いましたcoldsweats01


本体を取り出していつも確認しているフットのシールを見ると、QI-Seye

18stlc5kxg_a3

お店で確認した時は、2桁目は数字の「1」だと勘違いして2018年1月製造だと初期ロットかな・・・と思っていたんですがthink

後で確認するとこれまで通りの表記なら2桁目も英字なのが分かり、これは「I」(Aから数えて9番目)なので初期ロット分ではなく、ここ最近に国内シマノ工場で作られた2018年9月製造分となりますwink


こちらは、分離された状態で納められていたハンドルの根元部分search

18stlc5kxg_a4

ここにも防水対策が見られますconfident


そんなハンドルを本体にねじ込んで装着shine

18stlc5kxg_a5

スプールエッジのみがゴールドで、他はシルバーのとてもシンプルな見た目confident

18stlc5kxg_a6

WEBサイトで見る画像よりとても高級感があり、ここ数モデルのステラの中で一番好みの見た目ですwink

また、現状出ているサイズの中では、このC5000XGだけがアルミラウンド型ハンドルノブとなっていますconfident

金属製のハンドルノブは、巻き感度的に必須アイテムですgood


仕様はこんな感じmemo

ギア比:6.2
実用ドラグ力:7.0kg
最大ドラグ力:11.0kg
自重:260g
スプール径/ストローク:52mm/19mm
PE糸巻量:1.5号-400m , 2号-300m , 3号-200m
最大巻上長:101cm
ハンドル長:57mm


ハンドルの反対側には、こちらも金属製で薄めのハンドルスクリューキャップがありますshine

18stlc5kxg_b1

手持ちの他のリール同様、リールスタンドを装着しようと押入れをゴゾゴゾしてみたところeye

18stlc5kxg_b2

夢屋のアルミリールスタンドや他のリールスタンドがいろいろ出てきたものの、なんだかどれもカラー的や形状的にマッチしないthink

かといって、'18 ステラ専用のチタンリールスタンドは高すぎるsweat02


そこで、更にゴゾゴゾしてみたところeye

18stlc5kxg_b3

LIVRE「Custom Balancer」のサイズC1サイズC2が出てきましたshine

なぜこれがあるのか思い出せないものの、カラーはガンメタ × チタンで似合いそうconfident


早速、サイズC1(シマノ2000~4000用)を装着してみたところeye

18stlc5kxg_b5

お似合いshine

LIVRE「Custom Balancer」にはスプリングもウエイトも入れず一番軽い状態で使い、追々バランスを見て調整していく予定ですconfident


この角度から見るとeye

18stlc5kxg_b4

超絶かっちょいいheart02


それ以外ではconfident

18stlc5kxg_c1

ベールがとても開くeye

マイクロモジュールギアII搭載shine

'14 ステラ比でギア強度が2倍coldsweats02

非接触型X-プロテクト、撥水効果とラビリンス構造でラインローラーの耐久性は5倍以上dash

C5000番はドラグワッシャーが耐久性重視のクロスカーボン製shine


・・・


巻き心地ですがeye

お店で確認させてもらった時からとくに気になる点はなく、微妙に指にノイズが伝わるもののとてもスムーズconfident

自宅で確認すると、あまり気にならない程度に少しシャーシャーとギアが擦れる感触sign04と音がありましたear

こういうエントリーでは毎回書いていますが、最初から感触が無いような滑らかなものより、最初は少しギアが擦れる感触や音がある方が暫く使った時にとても良くなるという経験があったりしますconfident

気になるようなパーツのガタもありませんconfident

なのでこのリールは、間違いなくアタリだと思われますgood

(しらんけど)


早速、ラインをそこそこのテンションで巻いてリーダーとスナップも装着wink

18stlc5kxg_d1

シマノのリールに、ラインはダイワの「SALTIGA 12 BRAID#2.0(36LB)を巻き、リーダーもダイワの「SALTIGA LEADER Type F(40LB)を装着shine

これと組み合わせるロッドの方も、しばらくリールの無かったダイワのアレとかになりますconfident

禁断の組み合わせですcatface


このラインの巻き取りだけでギアにグリスがそこそこ馴染んだのか、ノイズも減って巻き心地も少し軽くなりましたwink

今後、狙いの魚は釣れなくても、ルアーを巻き続けるだけでギアは更に馴染むと思いますし、むしろいきなり魚を掛けるよりも、暫くはルアーだけを巻いて慣らしをした方が、今後のことを考えると良いような気もしますconfident


│ω・`)チラッ

« シーバスタックルについて | トップページ | 2018.11.01時点のシーバスタックル »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シーバスタックルについて | トップページ | 2018.11.01時点のシーバスタックル »