« 2018.11.17の海(mtw平狂初使用) | トップページ | うんことらねば »

2018年11月18日 (日)

2018.11.18の海と悲しいと訂正

今日は朝からアイロンかけをしたりして、テスト前で部活もなくごろごろしている末っ子を横目に出掛けましたdash


まずは、母校へschool

Sw181118_a1s

今日は選挙の投票日eye

いつもお世話になっている方が数名居る会場に入り、小声で「お世話になります」と言いつつ投票を済ませましたconfident


そして、いつもの釣れない場所に到着dash

Sw181118_b1

今日は先端に数名の釣り人さんconfident


海の状況は、潮位も好みでとても釣れそうな感じwave

Sw181118_b2

いつも着いた時はそう思うんですがconfident

小一時間後には、こりゃ今日も釣れないわ・・・という感想に変わりますsweat02


ルアーは昨日から変更したものもありますが、今日もショアラインシャイナー縛りですshine

Sw181118_b3

本当ならMM(ムラコシマックス)縛りをしてもいいくらいなんですが、もうちょっといろいろやりたいのでショアラインシャイナー縛りで頑張りますsweat01


内訳はeye

昨日バラシてしまったもののシーバスを掛けることができた、ダイワ「ショアラインシャイナー LH15 F-G」が2本

何となくこれで釣りたい、ダイワ「ショアラインシャイナー MM13 F-G」が2本

他のに比べてサイズが小さく、幅広いレンジを探れるダイワ「ショアラインシャイナー カレントマスター 11 S-G」が1本

の計5本wink


同じランカーハンターでも、昨日の様に掛かりが悪いこともあるかと思いthink

Sw181118_b4

1本はバラシ難さ重視TREBLE SP MH #1で使い、もう1本は掛かり易さ重視TREBLE RB MH #1にしましたshine


この日のタックルも昨日に続きeye

Sw181118_b5

タックル愛称MRX-009 サイコガンダムshine
・ロッド:DAIWA「morethan WISEMEN T150M-5 平狂
・リール:SHIMANO「'18 STELLA C5000XG
・ライン:DAIWA「SALTIGA 12 BRAID#2.0(36LB)
・リーダー:DAIWA「SALTIGA LEADER Type N(30LB)

最初に使うルアーは、昨日とは色違いのDAIWA「ショアラインシャイナー MM13 F-G」ですwink


今日もキャスト練習になればいいという気持ちではありますが、やっぱりそろそろシーバスをキャッチしたいsweat01

Sw181118_b6

そこで、昨日貴重なバイトのあったこちらのランカーハンターをメインに使いますcatface


今日もペンデュラムっぽいしなやかキャストで楽に遠投していきますdash

ゆっくり巻くとチェイスしてくることが数回あったもののeye

今日も履いているDAIWAロゴ入りパンツを見てシーバスは帰っていきますfish


何かのタイミングで口を使うはずdash

しらんけど

そう思いつつ取りあえずルアーチェンジrecycle


すると、いきなりバイトがあったと思ったら、こっちは掛かり重視のフックのためか簡単にフックオンshine


ただ・・・

Sw181118_c1

この子でしたsweat02

モアザン ワイズメン T150M-5 平狂の初フィッシュは、ダツになってしまいましたchick


ここで、悲しい出来事がありました・・・


普段、ルアーを換える場合は、上の画像の様にブランクスを持ってコチョコチョするんですがeye

昨日の使用前に一度確認したっきりで緩んでいたのかthink

ルアーを交換しているときにグリップが抜けて足元に落下しましたdown


あら?と足元を見ると、セメントの上に転がるロッドのグリップsweat02

そして、ステラcoldsweats02


ノーーーォォォーー!!!!!

と思ったものの、周りの釣り人さんの視線を感じたので、そそくさと拾って繋いで何事もなかったかのようにキャストをしましたdash

ただ、明らかに動揺したキャストだったのか、ティップがブインとなったくらいにラインがガイドにバラっと当たってラインに結び目が発生sweat02

一旦巻いてそそくさと車に戻り、ラインを修正してPEにシュッ!をしつつ、リールの状態を確認search


グリップが抜けてもラインが繋がっていたのでそのままとストンと落ちたのとは違い、ロッドのグリップエンドから落ちてゴロンと転がったようですdown

確認すると、ローターのアーム根本とハンドルノブに、気にならない人には気にならないスリ傷があるくらいでしたsweat02

気になる人には気になるスリ傷ですが、ベールの外周やスプールエッジに傷が入ってなくて良かったcoldsweats01

このくらいならなんとか気にせずにいられますsweat01


抜けたのはこの部分eye

Sw181118_c2

バットジョイントっぽくなっているんですが、一旦刺すと簡単に抜けなくなる他のロッドとは違い、片付けたり移動したりする時に仕舞寸法を短くするためにある程度簡単に抜けるようになっていますconfident


ただ、私は思うのですflair


タックル詳細を見ても分かるように、ロッドはダイワ、ラインもリーダーもダイワ、ルアーもダイワ、そしてパンツもダイワthink

そんな中、リールだけがシマノなんですeye

これがステラじゃなくイグジストなら、こんな風にはなっていなかったはずですbearing

これは明らかに、ロッドがリールを嫌ってのことだと思うのですsweat01


そんなどうでもいいことを考えてしまいましたがsweat02

普通にきちんと差し込むと簡単に抜けることはないため、単なる自分の確認不足でしたng

次からは使う前と使用中も時々確認するようにしますbud


重心的にちょっとしんどいけど、これからはフォアグリップを握ってルアーチェンジするようにしましたsweat02

Sw181118_c3

小さいカレントマスターも、ティップがしなやかなのでそれなりに飛んでしっかり巻き感もありましたwink


最初は暑いくらいだったものの、今日はミノフスキー粒子が多めでローライトcloud

Sw181118_c4

そのせいもあり、太陽がこの位置になると一気に寒くなってきましたwobbly


潮汐表を見ても微妙な感じなのと、若潮にあまり釣れた記憶がない事からwave

Sw181118_tgs

寒いと感じながら釣りを続けるのもどうかと思い、体調優先で今日は早めに帰ることにしましたhouse

(次からはレインや防寒を持ってこよう)


帰る途中、昨日も感じたけど書き忘れていたこのロッドの欠点を書きますpencil

Sw181118_z1

車で走っていると振動でガイドが揺れて、頭の上でカチャカチャうるさいear

輪ゴムで留めるか、丁度良さそうなゴムの棒をガイドに突っ込んでおけば静かになりそうですconfident


とはいえ、このモアザン ワイズメン 平狂を2日間使って感じた欠点はこれくらいcoldsweats01

今日も使えば使うだけ、振り易くて楽しいロッドだと感じましたwink


・・・


ここからは訂正ですpen


昨日のエントリーのコメントにeye

グリップが長くなっている関係で13ftのmtBと実効長は1ftちょっとしか変わりません(きりっ

なんてことを確認もせず書いてしまいましたがsweat02


今日、帰って確認してみたところcamera

Sw181118_z2

DAIWA「morethan BRANZINO AGS 130M 【AGS ROCK DANCE CUSTOM】」とDAIWA「morethan WISEMEN T150M-5 平狂」のグリップ長の差はeye

僅かこれだけsweat02

Sw181118_z3

実効長もほぼ2ftありそうですwink

(そのコメントもこっそり)訂正してお詫びしますpen


ついでに、リールシート周りを画像が暗いけど撮影camera

Sw181118_z4

上のは細くて握りやすいものの、力が入れづらくおもちゃみたいで好きくありませんthink

下のはしっかりしていてカッチョイイconfident


以上ですsweat02


どんどん厳しくなっていくかもしれませんが、あの場所のデイでショアラインシャイナー縛りで釣れるまで頑張り続けますdash

これはこれで楽しいですtulip

« 2018.11.17の海(mtw平狂初使用) | トップページ | うんことらねば »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2018.11.17の海(mtw平狂初使用) | トップページ | うんことらねば »