« 月刊ZUNTATA NIGHT 11月号 | トップページ | フィルターとホース交換 »

2018年12月 1日 (土)

またオーバーシュート

ちょうど1ヵ月前、普通に走っているときにブーストがオーバーシュートしましたup

その後は負荷を掛けても設定値付近で落ち着いていたので、たまたまかな?と思って設定を少し下げて様子を見ていたんですがconfident

また昨日、一回だけですが同じ症状が出ましたthink


今回はピークホールド値をリセットする前に撮影camera

Car1811os_1

HKS「EVC5」のピークホールドは、1.11sweat02

計測場所の違うダイアグノーシスモニターのBLITZ「R-Vit i-Color FLASH Ver.3.1」ではeye

Car1811os_2

1.03になっていますsweat02

これが1.00を超えると警告音とともに燃料カットが入るんですがdanger

1ヵ月前は丁度リミットに届いたタイミングだったのか警告音のみで燃料カットは入らなかったものの、今回は久しぶりにガクンとなってしまいましたdown

どちらも走り始めてすぐのアクセル開度も少なめの時だったのでとくに影響は無さそうなものの、フルブーストの高回転で走っているときにオーバーシュートするとそれなりに影響もありそうですng


とりあえずエンジンルームを確認search

Car1811os_3

汚いのは別にして、とくに問題がある様には見えませんeye

前回同様、タービン横のアクチュエーターにちゃんと圧が届いていないのが原因っぽいのでsearch

Car1811os_4

またこの時と同じく、タービンからからEVCのバルブユニットまでのホース内にドロっとしたものが溜まっているんだと思いますsweat02


ホースもそろそろ交換したかったので、この時に交換したものと同じHKSのホースをネットで注文しましたpc

届いたら天気のいい日に交換してみますwrench

この時からの4年間で、ホースの中がどうなっているのかも何気に楽しみですcoldsweats01

« 月刊ZUNTATA NIGHT 11月号 | トップページ | フィルターとホース交換 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 月刊ZUNTATA NIGHT 11月号 | トップページ | フィルターとホース交換 »