« オンコロ | トップページ | 発送された »

2020年7月15日 (水)

Speed Wi-Fi NEXT WX06

今回も契約期間がそろそろ終わりそうということで、GMOとくとくBBから【長期ご利用特典で機種変更】機種代0円で最新のWi-Fiルーターに交換!というメールが届きました

利用頻度が少ない場合は迷うところかもしれませんが、今期は入院中やその前からとても便利に使えてきたので・・・
今回も契約延長を兼ねてWEBから新機種への切り替え手続きを行いました

 

その申し込みから数日後・・・

Wimaxwx06_a1
佐川急便のいつもの感じの良いおいちゃんが荷物を届けてくれました。

今回の機種変更では実質こちらの2機種からの選択だったので
・Speed Wi-Fi NEXT W06
・Speed Wi-Fi NEXT WX06

現在使っているSpeed Wi-Fi NEXT WX04後継のSpeed Wi-Fi NEXT WX06を選択しました

Wimaxwx06_a2
カラーは、クレードルにも合うシンプルなクラウドホワイト


そんなクレードルが今回は機種変更時に選択できなかったので、別途他のショップでポイントを使って入手。

WX06 クレードル
http://mru.txt-nifty.com/blog/2020/07/post-21df67.html

 

箱を開けるとこんな感じ。

Wimaxwx06_a3
Wimaxwx06_a4
本体の下には、バッテリー、USBケーブル、裏蓋、マニュアル類なんかが入っています。

今回も届いた荷物と一緒にこちらの案内が入っていたものの、今回は前回と違ってSIMカードの変更はありません。

Wimaxwx06_a5
それでも念のためにこれまで使っていたSpeed Wi-Fi NEXT WX04を確認。

Wimaxwx06_a6
Wimaxwx06_a7
案内に書いてあるサイトで両端末のIMEIを入れてみたところ、普通に弾かれました・・・
手続き不要の様です。

こちらはバッテリー。

Wimaxwx06_a8
左側がWX06添付の新品、右側がWX04から外したもの。
商品コードはNAD34UAAと同じで、WX04の頃から電池パックに変更は無いようです。

約2年間結構酷使したと思うWX04のバッテリーもそれほど持ち時間の低下も感じられず、見た目の膨張等も見られません。
さすが信頼と実績のMADE IN TAIWANです。

これまでは2年だったのが今回から3年契約になったので、次の機種変更までに少なくとも2年半は使わないといけません。
バッテリーの劣化以外に壊れることはほぼ無いと思うので、簡単にバッテリーを交換できたり、急に何かあった時に旧機種のバッテリーをそのまま使えたり、替えバッテリーの入手が簡単だったりするのは良いですね。

Wimaxwx06_b1
WX04に入っていたau Nano IC Card 04 LEを移し替えて新品のバッテリーをセットし、これまで使っていたSONY CLIEのストラップもこちらに移して裏蓋を閉めたSpeed Wi-Fi NEXT WX06

電源ON⚡

Wimaxwx06_b2
新品バッテリーの充電状態は23%でした。

パッと見、画面サイズが小さくなったくらいでWX04とそれ程見た目も大きさも変わりません。

Wimaxwx06_b3
Wimaxwx06_b4
Wimaxwx06_b5
画像ではWX06の方が小さく見える様に写っているものの、実際に並べてみると縦も横も厚みもほぼ同じ。
サイドの角度のせいもあってか、持ってみると少し小さく感じるくらいです。

続いて、PCをWi-Fi接続して初期設定を行いました。
詳細設定メニューの内容もほとんど変わっていないので、設定はやり易かったです。

休止からの復帰が早くなったのもいいですね。

PCやスマホ等でこれまで同様に接続できる状態になったところで、WiMAX2+の感度確認をしてみました。

Wimaxwx06_c1
単体で机の上に置いた際のアンテナは1本。

Wimaxwx06_c2
WX06クレードルに載せると2本になります。

場所的にはほぼ同じものの、やはりクレードルに載せると感度は上がる様です。

これまでの機種でも自室でアンテナが2本立つことはありました。
しかし実際に通信してみると、50Kbps程度とINS並みの速度しか出ません。

SIMを差し替える前にWX04にiPhoneを接続して確認してみましたが、その辺は以前と変わりなし・・・
エリアの拡張も行われていないのが分かりました。

自室からクレードル毎持ち出して窓際に置くとなんとか下り1Mbps程度は出るものの、WiMAXのエリアマップでギリギリなせいもあって正直自宅では使える状況ではありません。

そんな状況で、今回のWX06でも期待せず自室のクレードルに載せた状態で計測してみたところ・・・

Wimaxwx06_c3
驚きの数値が出ました。
そこそこ速いADSL並みです。

これならある意味普通に使えます。
FFXIを遊ぶ分にはオーバースペックという感じでもあります。

続いて、自室からクレードル毎持ち出して窓際に置いた状態で計測してみたところ・・・

Wimaxwx06_c4
す、凄い・・・

街中のアンテナが近いエリア内に行くとWX04でも40Mbps程度は出て何の支障もなく使えていたんですが、エリアギリギリの自宅でこれは驚きです。

また、WX04だと街中のアンテナが近いエリアの同じ建物内であっても部屋が1つ横にずれると悲惨な感じになっていたのが、WX06ならどんな感じになるんでしょう・・・とか思っているとまた入院しないといけなくなったら困るので考えないようにして・・・

その辺の街中でどのくらいの速度が出るのかも楽しみです。

Wimaxwx06_d1
光回線+Wi-Fi 6環境がある自宅では使うことがないので、しばらく休止で様子を見て電源を落として保管します。

次に外で使うのは、街中のアンテナが近いエリアの建物まで送り迎えしてくれる親愛なる奥様が車の中で待機する際に使う時かな?

 

しばらく使ってみて、また何か気になることがあれば追記したりします

« オンコロ | トップページ | 発送された »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オンコロ | トップページ | 発送された »