« Over Spec! Day2視聴 | トップページ | 現時点のお薬(2020.10.19) »

2020年10月18日 (日)

G32QCのファームウェア更新

つい先日、親愛なる奥様換わっていることを指摘されたナイスなモニター📺

G32qc_up202010_1
GIGABYTE G32QC
http://mru.txt-nifty.com/blog/2020/06/post-c6c2e1.html

 

正面から見るとそれほどでもないものの、部屋に入ってきたところから見ると湾曲が目立つ・・・

G32qc_up202010_2
これだと確かに、こんなの前はなかった!前は普通のだった!こんなに曲がってなかった!親愛なる奥様指摘されるのも分かります💦

 

そんなG32QCですが、ここ数日この辺の関係で入力切替を頻繁に使ったりした際、入力自動切替オフにしていると信号のない入力から信号のある入力に切り替えするのがなかなかうまくいかなかったりした関係でファームウェアのアップデートが無いかOSD SIDEKICKから確認したところ、OSD SIDEKICKモニターファームウェアもアップデートは無いとのこと。

ただ、直接GIGABYTEのWEBサイトを確認すると・・・どちらも新しいものがありました🔍

Firmware:F09

Update include:
1. Optimize back light power supply compatibility.
2. Fixed ghosting issues in sRGB mode.

Note : It needs to install OSD sidekick first to update firmware.

 

説明にある通りとりあえずOSD SIDEKICKをWEBサイトからダウンロードしてアップデートしてみたところ、OSD SIDEKICKファームウェアも別のものがあるという表示になりました。

G32qc_up202010_3
さっそく、モニターファームウェアF07からF09にアップデートしてみました。

そのままダウンロードを押して電源は切らないでね!のメッセージがピコピコする中数分待つと、アップデートが終わってモニターが再起動しました。

G32qc_up202010_4
モニターファームウェアは正しく更新されてバージョンが揃ったものの、OSD SIDEKICKLAST VERSIONの方が古いっぽいのでそのままにしました。

モニターファームウェアを更新するとこの辺の設定がクリアされてしまうようなので、設定呼び出しもせず再設定。

G32qc_up202010_5
結局、無信号の入力から別の入力に切り替えをする際、暫く背面のクリクリを押した上で入力切替メニューを出す操作をしないと本体で入力切り替えができないのは変わらずでした。

入力自動切替オンにしておくと勝手に切り替わってくれるものの、数秒の無信号では勝手に切り替わって欲しくない時の方が多いのでこのままオフで使います。

« Over Spec! Day2視聴 | トップページ | 現時点のお薬(2020.10.19) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Over Spec! Day2視聴 | トップページ | 現時点のお薬(2020.10.19) »