« 空気清浄機 故障 | トップページ | お願いソニーストアさん »

2020年10月 7日 (水)

MSFS2020をより楽しむために(その2)

先日リリースされた、新作フライトシミュレーションソフト「Microsoft Flight Simulator(2020)」。

■Microsoft Flight Simulator
http://mru.txt-nifty.com/blog/2020/08/post-2ca61d.html

こちらはゲームパッドやキーボード操作でもそれなりに楽しいものの、数年ぶりのフライトシミュレーターをより楽しむために、FLIGHT YOKE SYSTEM(プロ フライト ヨーク & スロットル クアドラント シミュレーション コントローラー)やFLIGHT RUDDER PEDAL(トーブレーキ搭載 プロ ラダーペダル シミュレーション コントローラー)を追加しました。

■Microsoft Flight Simulatorをより楽しむために
http://mru.txt-nifty.com/blog/2020/08/post-90bbf5.html

 

・・・

 

そして今回、フライトヨーク以外にフライトスティックもあった方がより楽しめるに違いない!と思ってこちらを追加しました。

Lg_x56hotas_a1
今回もGのロゴが入った段ボール。

開けると・・・

Lg_x56hotas_a2
logicool

今回追加したのはこちら。

Lg_x56hotas_a3
Logicool X56 HOTAS
(RGBスロットルおよびスティックコントローラ)

Lg_x56hotas_a4
6DoF , VR , RGB

開梱と動作確認を兼ねた使用前の準備をしていきます。

Lg_x56hotas_b1
こんな紙製のモコモコを見ると、いつもSuper32Xのパッケージを思い出します。

Lg_x56hotas_b2
中にはベース部分が2つ重なって入っており・・・

Lg_x56hotas_b3
中身を取り出すとこんな感じ。

Lg_x56hotas_b4
ビニール袋から取り出すとこんな感じ。

白い小箱には、フライトスティックを倒す際の強さを調整できるスプリングが3種入っていました。

Lg_x56hotas_b5
元から付いているスプリングと合わせると4種類。

Lg_x56hotas_b6
暫くグニグニしてみた感じでは、元から付いているタイプでとくに問題なさそうなのでそのまま3種のスプリングは箱に仕舞いました。

そして余ったこちら・・・

Lg_x56hotas_b7
これは何だろう?

Lg_x56hotas_b8
添付のマニュアル?を見てみても何も載ってない・・・

メーカーサイトを確認すると🔍

Lg_x56hotas_b9
スティック下部に同じものが付いている画像を発見。

とくに無くてもいい気もしましたが、一応装着してみました。

Lg_x56hotas_ba
広くなった場所に右手を載せておけるので、長時間のスティック操作が楽になった気がしました。

 

フライトスティックはこんな感じ。

Lg_x56hotas_c1

スロットルはこんな感じ。

Lg_x56hotas_c2
Lg_x56hotas_c3
スロットルには、ボタンやらダイヤルやらレバースイッチやらが沢山ついていてメカメカしい。

USBケーブルを接続すると・・・

Lg_x56hotas_c4
Lg_x56hotas_c5
フライトスティックはボタン周りの一部が光り、スロットルはベースのスイッチ周りが光ります。

Windows 10のゲームコントローラーではこんな感じ。

Lg_x56hotas_d1
コントローラー名にSaitek Pro Flightが付いたものがドライバ不要で並びました。

前回のコントローラーでは、FLIGHT RUDDER PEDALFLIGHT YOKE SYSTEM経由でPS/2接続のフライトスロットルクアドラントも合わせて3つの機器をUSBケーブル1本で接続するだけだったんですが、今回はスティックスロットルを個別に接続する必要があります。
別途FLIGHT RUDDER PEDALも使う場合には、スティックスロットルラダーの3本の接続となりそうです。

Lg_x56hotas_d2
Lg_x56hotas_d3
一通りグニグニしたり各種ボタンを押してみたりしましたが、スロットル側の一部がダミーなのか効かないものもあるようです。
※ドライバを導入すると画面構成も変わり、この時点で効かないと思っていたものも効くようになりました。(下の方で追記)

 

MSFS2020を起動してみたところ、今回のコントローラー類も勝手に認識してくれています。

Lg_x56hotas_e1
Lg_x56hotas_e2
割り当てがややこしすぎるので、とりあえずデフォルトのまま開始。

Lg_x56hotas_e3
フライトスティックの機体はスティックで操作したい!

Lg_x56hotas_e4
それが今回のコントローラー追加で出来るようになりました。
嬉しい。

Lg_x56hotas_e5
見た目も良くなった東京付近をフライト。

Lg_x56hotas_e6
良い🎵

 

また、ちょっと前のアップデートでこちらのソフトもこのフライトスティックに対応した記憶があったので試してみました。

Lg_x56hotas_f1
Steam版 ACE COMBAT 7 -SKIES UNKNOWN-です。

画面上では某T社のものになっているようですが、このX56 HOTASも普通に使うことができました。

Lg_x56hotas_f2
このゲームは既にゲームパッドで遊んでしまったので、機会があればDLC分含めてまた最初からこのフライトコントローラーで遊び直してみようと思います。

こちらもゲームパッドで操作するより、フライトスティックスロットルを駆使して操作するほうが楽しいですしね。

 

・・・

 

ここで、エントリーのアップ前にポチっとしていたUSBハブが届いたので、MSFS2020AC7でも今回のフライトスティックスロットルラダーが別々に使えるか確認してみました。

今回購入したUSBハブはこちら。

Lg_x56hotas_u1
Anker USB3.0 ウルトラスリム 4ポートハブ

Lg_x56hotas_u2
バスパワータイプのシンプルな4ポートUSBハブになります。

これまでいろいろと購入してきた中で、このメーカーの信頼度、そしてシンプルな見た目からこちらを選択しました。

 

早速、この時と同じくPC本体ではなく、PCと接続しているモニターのUSB端子にこのUSBハブを接続。

これで空きが2つしかなかったUSBポート不足から解放されました。

Lg_x56hotas_u3
そこに、今回のX56 HOTASフライトスティックスロットル、そしてFLIGHT RUDDER PEDALをそれぞれのUSBケーブルで接続します。

それぞれのUSBケーブルを挿すたびにWindowsの認識音が鳴り、簡単にゲームコントローラーに3つのコントローラーが並びました。

Lg_x56hotas_ua1
ただ、今回のX56 HOTASもドライバ不要でWindowsでの認識と上の二つのゲームでも使うことが出来たとはいえ、デバイスとプリンターのデバイス画面ではX56 HOTASの2つに!マークが付いているのが気になりました。

そこで、LogicoolサイトからX56 HOTASFLIGHT RUDDER PEDALのソフトをダウンロードしてインストールしてみたところ、ゲームコントローラーのプロパティがドライバインストール前(上の方の画像)から随分変わりました。

Lg_x56hotas_ua2
フライトスティックでは、なぜか15番ボタンが押されたままになっていたのが気になった画面からより分かり易い画面になり・・・

Lg_x56hotas_ua3
軸ブレのせいでゲーム中に時々視点が変わっていた軸のデッドゾーン調整もできるようになっています。

スロットルのプロパティもこんな感じ。

Lg_x56hotas_ua4
上の方のドライバ未導入時の標準のプロパティでは認識せず、このボタンはダミーかな?と思っていた部分もしっかり機能することが判明。

フライトスティックと同じく、グニグニする軸のデッドゾーン調整も可能になっていました。

Lg_x56hotas_ub1
また、今回のツール導入によりLEDのカラーも変更できるようになりました。

元から項目数の少ないFLIGHT RUDDER PEDALのプロパティにはそれ程変化はありません。

 

早速この状態でMSFS2020を起動してみたところ、コントローラー画面には3つのコントローラーが並んでいました。

Lg_x56hotas_ub2
割り当てがややこしすぎるので、とりあえずデフォルトのまま開始。

とくに何をするわけでもなく、フライトスティックスロットルラダーの全てが機能することが確認できました。

ラダーについては、ラダーペダルを使っての足での操作でもフライトスティックを捻る手での操作でもどちらでも操作可能でした。

Lg_x56hotas_ub3
やっぱりラダーは足で操作するに限る!

Lg_x56hotas_ub4
そんなことを思いながら地元港湾付近をナイトフライトしてみました。

良い🎵

 

同じくSteam版 ACE COMBAT 7でも確認してみたところ・・・

Lg_x56hotas_uc1
幾ら足で操作してもラダーはピクリとも動きません。
これまで同様、スティックを捻る操作だと動きます。

ゲームをウィンドウ表示に変更してラダーのプロパティも同時表示で操作してみたところ、しっかり操作は入っているもののソフト側は認識してくれません。

試しに、今回導入したLogicoolのツールにて軸の割り当て等をしても無反応。
キーボード操作で使うキーをラダーに割り当てしても無反応。

当然、キーボードからの操作は効くものの、どうやらソフト的にキーボードマウス、アップデートにて対応したX56 HOTAS以外(ラダーコントローラー)からの信号を無視しているようにも感じられます。

別途、コントローラーのキー割り当てを変更できる一般的なツールを使うと何となく使える様な気がしないでもないものの、MSFS2020では普通に使えたしAC7は別にこのままでもいいかな・・・と今回はここで妥協💧

またクリア済のAC7をこのセットで遊ぶことがあるようなら、その時には再度いろいろと検証してみようと思います。

 

他には、今回追加したX56 HOTASでも前回からのFLIGHT YOKE SYSTEMでも同時に使うことになったFLIGHT RUDDER PEDALですが、長年酷使すると一部パーツに強度的な心配があるとのこと・・・

余計な心配はしたくないので、壊れた時のために海外通販にて強度をアップした金属製パーツを準備しました。

Lg_x56hotas_z1
大体こういうものを準備すると壊れることなくずっと使い続けられるんですが、備えあれば憂いなしということで。

 

これからどんどん進化していくと思われるマイクロソフト フライトシミュレーター(2020)ですが、今回追加したコントローラーによって没入感の上がる方を機体によって使い分けられるようになりました。

今後10年・・・またはそれ以上、ソフト側の最適化やいろんな機体等のコンテンツの追加、コントローラーを含めたPCやモニター環境も更に進化していく中で、じっくり長く楽しんでいけそうなソフトウェアの登場がとても嬉しいです。

 

■追記■

ふと気になったので、これまでは標準で入ったドライバーで使っていたFLIGHT YOKE SYSTEMの方にも、上のX56 HOTASFLIGHT RUDDER PEDAL同様Logicoolサイトからダウンロードしたソフトウェアを入れてみました。

ゲームコントローラーのプロパティは、初期導入時とは違ってこんな表示に。

Logi_yc_da1
Logi_yc_da2
デッドゾーンの設定追加も含めて、とても確認し易くなりました。

Logi_yc_da3
プロパティには時計の設定もあり、12時間表示や24時間表示なんかの切り替えもできるようになりました。

改めてLogicoolのコントローラーは、懐かしのハンドルコントローラーを思い出しても値段の割に良く出来ていると感じました。

« 空気清浄機 故障 | トップページ | お願いソニーストアさん »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 空気清浄機 故障 | トップページ | お願いソニーストアさん »