ゲーム(PC他)

2017年4月27日 (木)

ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

面白い番組が始まっているという情報を入手しましたpc

しかし、初回放送は既に終わっていたweep


だがしかし、今の私には東芝REGZAに搭載されているタイムシフトマシンがあるshine

早速、タイムシフトマシンにて、過去番組表を見てみたtv


・・・無いsweat02

あら?と思って、番組表を見てみたeye


・・・無いsweat01

あら?と思って、番組表を「光のお父さん」で検索してみたもののeye

ヒットしないcoldsweats02


地方ゆえの、放送無しの状態だったcrying


終わったbearing


だがしかし、更に情報を確認してみたところpc

なにやらNETFLIXだと見られるとの事flair


早速、REGZANETFLIXボタンを押して確認してみたところeye

Ffxiv_ho_a1

あったhappy02


見てみたtv

Ffxiv_ho_a2

面白かったhappy01

Ffxiv_ho_a3

私はファイナルファンタジーXI世代なものの、第一話から楽しめましたwink


NETFLIXでの第二話は、4月27日配信開始confident

Ffxiv_ho_a4

今晩見てみようhappy01


また、この番組以外にもちょくちょくNETFLIXを見ていますがtv

まだ数は少ないものの、ストリーミングとはいえ4K動画はとくに綺麗wink

他の映画なんかも、吹き替えや字幕まで選べて好きなタイミングにいろんなデバイスで見ることができるのでconfident

こういう配信系があると、普通の垂れ流し放送系は厳しいだろうな・・・とも思ってしまいますcoldsweats01

便利な時代になったものですbud


あと、FFXIVは一瞬やってみたものの良く分からないのでsweat02

久しぶりにFFXIをやってみたくなりましたcoldsweats01

2017年4月15日 (土)

久しぶりのモニタサイズ違い

末っ子もなんとか自転車通学が出来るようになり、個人的に遊んでいたゲームの方もひと段落ついていろいろ落ち着いたということでgame

今日もお年寄り並みに早起きした後、久しぶりにトリプルモニタを使ったゲームで遊んでみましたconfident


以前の環境はこんな感じeye

Ac_jp_b5

普段使いの4Kテレビをセンター用に使い、サイド用は安価なフルHDテレビを使った同じサイズでのトリプルモニタtv


解像度は、センターが4KであってもサイドはフルHDになるので、低い方に合わせて5760×1080となりますwrench

機種が違っても、色味の方はそれなりに調整すれば合わせられるものの、性能の差もあってサイド用は残像がきつめsweat02

ただ、サイド用は視野角確保とスピード感向上が主な目的なので、ちょっとした残像は臨場感アップに繋がり、それ程問題ではありませんでしたconfident


今回は、センター用が先日購入した新しい4Kテレビになってサイズが10インチ大きくなり、もともとセンター用だった4Kテレビを左側用として使い、右側用はこれまで通りのフルHDテレビに頑張ってもらいますtv

簡単に書くと、サイド用はサイズは同じなものの機種が違い、センター用はサイズも違って3枚とも機種が違うということになりますsweat02


数年前にも、モニタサイズと機種が全て違う3枚を使った環境でプレイしていましたconfident

Fm4k201202_1

前世代の家庭用ゲーム機(Xbox 360)ではありますが、各モニタ毎に柔軟な調整が出来たのでwrench

Fm4k201202_h

センターが37インチで右用が30インチ、左用が27インチということで、今回と同じくセンターと左用のサイズ差が10インチ差だったりしたもののtv

Fm4k201202_g

とくに違和感もなくForza Motorsportシリーズをプレイすることができましたwink


そして今回、新しいモニタ環境でPC版のAssetto Corsa久しぶりにやってみたところpc

Ac1704p1_1

とりあえずのパッドプレイ中なのでこんな表示ではあるものの、センターはいい感じconfident


イン側のサイドを見てもeye

Ac1704p1_2

左側は残像も気にならず、しっかり描画されていていい感じwink


ただ、モニタのつなぎ目を見るとeye

Ac1704p1_3

当たり前のようにこうなりますcoldsweats01


少しわかりづらいと思うので、リプレイ画面にしてみるとこんな感じtv

Ac1704p1_4

画面サイズ差10インチは、縦幅も思った以上に差がありましたsweat02

そして、上で紹介した前世代の家庭用ゲーム機で出来たような設定が出来ないことからthink

物理的に高さの基準を決めつつ、サイドを手前に寄せるかセンターを奥に置いて、遠近法を使って見た目のサイズを合わせるくらいしか方法はなさそうですcoldsweats01


上の車種は左ハンドルなので左側のモニタを見てもそれほど違和感はないもののconfident

右ハンドルの日本車で左側のモニタを見ると、こんな感じになりますeye

Ac1704p1_5

ダッシュボード辺りは違和感ないものの、そこから上、とくにルームミラーの描画ズレが半端ないsweat02

かといって、ルームミラーの位置を合わせようとすると、今度はダッシュボードの位置がズレてしまいますsweat01

サイド用のテレビは以前より少し高めの位置にしてみたものの、これ以上はどうしようもない感じthink


解像度は、4Kテレビが2枚になったものの1枚はフルHDテレビのままなので、以前の環境と変わらず5760×1080のままtv

ベゼル部分でのズレはまぁいいとして、こんな設定ができるとサイズ差10インチも吸収できるんですが、今回はどうしようもないようですthink

地デジ等で使えるHDズームの様な機能がHDMI入力時にも使えると良かったんですが、それも無理think

nVidia Surroundたぶんこういうものですし、全て同じサイズの時には問題なくプレイできていたのを、自分でサイズ違いにしたせいでこうなっただけsweat01


そんなことをぶつぶつ考えながら暫くプレイしていると、これはこれで良いのでは?と思えるようになっていきましたshine

センター用の画面サイズが大きくなった分、視野的にカバーする範囲が広がったこともあってほとんどセンター用しか見ていないことに気付いたのとconfident

サイド用はこれまで同様サイドウインドウ越の風景が流れているので、スピード感もばっちりありますwink

タイトコーナーなんかではイン側のサイドを見たり、ストレートであっても両側のミラーを見たりすることもあるもののeye

意識してズレを見るようにしなければ、自然とコーナーの先やミラーを見られていましたconfident


理想としては同機種3枚・・・せめて解像度違いであっても同サイズ3枚・・・にするというのは贅沢すぎますsweat02

今の異サイズ異機種が3枚揃っているだけでも十分すぎるということを自覚しないと、それぞれが節約している家庭の中での居場所がなくなってしまいますsweat01


そんなわけで、逃げる様にこのエントリーを終わりますdash

先日届いたアレの準備がまだ出来ていないので、その辺も含めてまたエントリーしたいと思いますsweat02

2017年4月 1日 (土)

吊り下げ式のペダル到着

かっこいい・・・

Cspv3i_m1s

欲しい・・・

Cspv3i_m2s

でも、今のでも十分楽しめるし・・・


そう思いつつ、家計のことを考慮して購入を見送ろうとしていたんですがthink

某所でのインプレを見て影響されてしまい、やっぱり良さそうflairと思って無意識のうちに注文pc


数日後、到着しましたwink

Cspv3i_a2s

ゆうパックで届いた、大きな荷物eye


こちらconfident

Cspv3i_a1s

FANATEC ClubSport Pedals V3 Invertedshine


送られてきた外箱を開けるとeye

Cspv3i_a3s

SORRY BUT


ここから更に開けてしまうと寝られなくなってしまうのでsweat02

自分を焦らしつつ・・・再び箱を閉じてリラックマを乗せましたcoldsweats01


できればこの週末にでも使ってみて、適当な感想をエントリーしたいと思いますhappy01

2017年3月24日 (金)

ASSETTO CORSA - v1.13

訳あって、今年の3月3日位からほとんどプレイすることのなかったeye

ASSETTO CORSA(Steam版)shine

まだ暫くの間は本気プレイできなさそうですが、興味のあるアップデートがあったので、少しだけ遊んでみましたconfident


その辺の内容を適当に書きつつ、いつものように適当なパシャパシャだけを載せておきますcamera


今回のアップデートで、バージョンは1.13になりましたnew

更新内容のうち、個人的に気になる部分はこちらmemo

・New Porsche 911 RSR 2017 for Porsche Pack 3
・New Mazda MX-5 Miata NA
・New Mazda 787B


まずは、ポルシェconfident

Ac113_a1

Porsche 911 RSR 2017shine

Ac113_a2

かっこいいhappy02

Ac113_a3

また、音が何とも言えない周波数というか、体に響いてくる感じが良いdash


・・・


続いては、できれば右ハンドルが良かったconfident

Ac113_b1

Mazda MX-5 Miata NAshine

Ac113_b2

ナウなヤング世代にはたまらない車種wink

Ac113_b3

この、ザ・荷重移動感も良いですねhappy01


・・・


そして、公式になるという情報を知ってから、あえてModは使わないようにして自分の心を焦らし続けていたeye

Ac113_c1

Mazda 787Bshine

Ac113_c2

さっそく4Kスキンにして、適当に走ってみましたhappy01

Ac113_c3

リプレイでの甲高いロータリーサウンドはもちろん、ややこしいことをしなくても他の音も当然の様に出ますし、いろいろ他も調整されている様で走っていて気持ちが良いgood


このソフト、やっぱり楽しいですねhappy02

またひと段落ついたら、じっくりと楽しんでみようと思いますhappy01

2017年3月22日 (水)

ゼルダの壁紙と進行状況

先日、任天堂からeye

~様『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』をプレイいただきありがとうございます 限定特典や開発者からのメッセージをお届けします

といった、タイトルが無駄に長いメールが届いたのでmailto

そこにあったものをダウンロードしdown

デスクトップの壁紙にしてみたpc

Zld170322_1

うん、良いgood


また、一度クリアしてしまった後も日々楽しんでおり、今はこんな感じeye

Zld170322_2s

これでも、まだ達成率は20%ちょっとですsweat01

最低でも祠は全てやってみたいので、まだまだのんびりと楽しんでいきますhappy01

2017年3月18日 (土)

NieR:Automata(Steam版)

PS4版を購入してプレイを楽しみ、こちらも楽しみにしていたSteam(PC)版がついに解禁になったconfident

NieR:Automatashine


お年寄りレベルの早寝早起きをしているので、今朝、起きてから少しだけプレイしてみましたhappy01

Nieram_pc_1

前日にプリロードしていたので、まずは前準備pc


起動準備が整ったので起動してみると、ウインドウモードで表示されましたeye

Nieram_pc_2

この時点から普段使っているコントローラーが使えたので、簡単に画面まわりを設定wrench

解像度の初期値はノーマルPS4に合わせてなのか900pになっていたので、とりあえず4K解像度(2160p)に変更shine


モードも変更し、フルスクリーンで表示wink

Nieram_pc_3

今回もいつも同様、4Kテレビに表示しての感想になりますtv


画面設定wrench

Nieram_pc_4

明るさは後で変更しましたが、画面のプリセットはHIGHでやってみましたconfident


MSI Afterburnerでの表示はこんな感じeye

Nieram_pc_5s

4K解像度とはいえ、この画質のわりに無駄にメモリを使っているという印象sweat02

また、現状?SLIには非対応の様で、この画質のわりにGTX1080を使っても30fpsくらいしか出ませんsweat01


そこで、負荷軽減のため、試しにアンチエイリアスをOFFにしてみたところeye

Nieram_pc_6

テレビの画像処理のおかげもあったりするのか、4K解像度だとほぼ誤差レベルの差しかないもののconfident

Nieram_pc_7s

メモリ使用量も随分少なくなり、フレームレートもそれなりに上がりましたup


あとこのゲーム、PS4版をプレイしていたときには意識しなかったものの、途中途中のシーンがリアルタイムレンダではなく30fpsのプリレンダの様で、そこで解像度がPS4レベルまで落ちるのが気になりますthink

操作しないイベントシーンでのフレームレートはこれでもいいとして、解像度は高めで見たかったので少々残念でしたsweat02

また、他のPCゲームだと4K解像度にすると明らかに精細感が出てとても綺麗に感じるんですが、このゲームの場合はテクスチャ解像度以外でもなんだかモヤっとしていて精細感が余りありませんeye


それに・・・無駄に重すぎますねgawk

Nieram_pc_8

こんなシーンですら、GPU負荷は無駄に掛かっているのに、noAAで50fpsそこそこしか出ないとはsweat02


あとは、ゲームパッドでプレイしているのに時々キーボード用の説明表記が出たり、設定の度にマウスカーソルが中央に表示され、ゲームに戻ってもわざわざ移動させないと自動で消えてくれないとかも気になりましたgame

暫く待っていれば、SLI対応はどうなるか分からないものの、少しはマシになるかな?

急いで買って急いでプレイしてみたものの、まだあちらを楽しんでいる最中なので、こちらは暫く寝かせておこうと思いますconfident

SLI対応と最適化が進んで、自分の環境でも4K60fpsプレイが出来ると嬉しいなbud


--- 追記1 ---

いろいろ見てみると、このゲームはフルスクリーンになんらかの問題があるようですね。

私の環境ではちゃんとフルスクリーンにはなるものの、ウインドウ表示と比べて明らかに同じ解像度でもボヤケてしまいます。

そのせいで、上で書いたアンチエイリアスの差も誤差レベルに思えたんですが、ウインドウ表示だと4K解像度でもAAの効果はそれなりにありました。

また、こちらも上で書いた、画面から外したマウスカーソルがポーズの度に中央に戻ってくることもウインドウ表示だとないので、その辺のストレスも減りました。

ただ・・・明らかに検証不足ですねsweat02

どちらにしても、SLI非対応だと4Kでのプレイは厳しく、2560×1440のウインドウモードでプリセットはHIGHからアンチエイリアスだけOFFの設定でほぼ60fpsは出ておりeye

Nieram_s_add1_1

下手にスケールするよりはこの方が綺麗でもあるので、約32インチ相当になるこの設定でプレイしてみようと思いますgame

--- 追記1 おわり ---

2017年3月17日 (金)

モバイルルーターで3桁

今日、某所に行った時confident

市街地なので速度が出るかも?と思い、先日使い始めたSpeed Wi-Fi NEXT WX03で速度を確認してみたところeye

Wx03_s170317_1

WiMAX 2+のモバイルルーターで、初めて100Mbpsを超える3桁の速度が出ましたdash

上りも21.57Mbpsと十分な速度shine

これは凄いですねgood

仕様上の下り最大速度(440Mbps)には及びませんが、モバイルルーターでこの速度が出れば上出来だと思いますhappy01


こちらは、自宅の光回線pc

Wx03_s170317_fhh

プリロードできるようになっていたSteam版 NieR:Automataをダウンロードしてみたところ、混み合っているような時間にもかかわらず、実測で常時60MB/s(約500Mbps)程出ていましたdash

おかげで、26GBほどのゲームも10分も掛からずダウンロード完了shine


数年前には、CD-ROM 1枚分をダウンロードするのに1時間も掛からず終わるということに感動していた記憶がありますがcd

固定通信も移動体通信も、凄い時代になってきたものですconfident

2017年3月16日 (木)

もうすぐNieR:AutomataのPC版

PS4版を購入し、当初からPC版も出るということでそちらも楽しみにしていたconfident

NieR:Automatashine


そのSteam版が、もうすぐ解禁になりますhappy01

Nierautomata_steambuy

ソフトの方は、ライブラリにすでに存在する状態pc


まだまだ続けているゼルダの合間に、今度はPCでニーアを楽しんでみようと思いますwink

2017年3月 1日 (水)

REGZA Z810Xの感想(その1)

いろいろあったことも落ち着いたので、先日購入した東芝の4Kテレビ、「REGZA 50Z810X」の感想でも書いておこうと思いますconfident

REGZA 50Z810X 設置
http://mru.txt-nifty.com/blog/2017/01/regza-50z810x-4.html


感想をただ適当に書いただけでは良く分からないと思うので、これから書く感想はpencil

2014年8月に購入してこれまでメインとして使っていた同じく東芝の4Kテレビ、「REGZA 40J9X」(前使用機種)と比較した個人的な感想になりますconfident

同じく、マルチモニタ用で使っている東芝のフルHDテレビ、「REGZA 40G9」とはあえて比較しませんcatface


最初に見た目からですeye

Z810x_waku

JシリーズとZシリーズの差もあるのか、年式的なものやサイズ的なものもあるのか、流石にZシリーズは高級感があると思いましたconfident

ベゼルもシンプルながら高級感があり、スタンドもピカピカshine

Z810x_stnd

ただ、スピーカーの関係もあるとはいえ、スタンドはもっと低くてシンプルな方が好みですconfident

X910のスタンドはシンプルでいいですねcatface


続いてリモコン(CT-90477)についてですがeye

Z810x_rc1

前使用機種のリモコンには無かった、[NETFLIX]等のボタンが追加されましたconfident

こちらは簡単にお試し契約をしてみたので、このボタンも便利に使えていますwink

しかし、それなりに使うことのある[設定]ボタンが小さなポッチになってしまったのは、正直使いづらいと感じましたthink


このリモコンを使ってみて感じたことは、使い勝手の良かった番組表が前使用機種に比べて更にサクサク動くようになっており、クラウドメニューのモッサリ感もありませんcoldsweats02

この辺の処理性能も随分向上していると感じましたup


次に、録画機能についてですがeye

今回、念願のタイムシフトマシンが使えるということで、純正ハードディスク[5TB]をテレビ本体の背面に設置して使っていますeye

50z810x_b4

東芝 USBハードディスク THD-500D2shine

こちらは、4TBをタイムシフトマシン用、1TBを通常録画用として使うことができ、テレビ本体の別の端子にそれぞれUSB接続されていますconfident


現在の運用としては、地上波から6chを指定して24時間録画を行い、BSの方はBSスカパーを含めて通常録画用の方に番組表から手動で録画指定tv

地上波については、数日中のうちの設定chなら見落とした分も遡って見ることができ、やっぱり便利だと思いましたconfident

タイムシフトマシン録画分も通常録画分として保存することもできますし、設定ch以外に見たいものが無ければこの運用で問題なさそうですwink

ここ最近はちょくちょくある、本体側のソフトウェアアップデート中だけは途切れてしまうので、タイミング的に気を遣えばこちらも問題ありませんconfident


また、録画分をムーブ・ダビング中に別の録画分が視聴可能になっていることにも驚きましたcoldsweats02

前使用機種では、ムーブ・ダビング中には他の録画分を見ることもできなかったので、視聴しない寝る前とかの録画予約に被らない時間を選んでムーブしていたんですが、この機種ならそういうことをあまり意識しなくて良いので、とても便利に感じましたwink

この辺は購入前には気付かず、購入後に使ってみて気付いたことなので、なんだか得した気分ですconfident


続いては、画質ですeye

前使用機種と同じVAパネルということで、HDR信号でも入れないとそれほど差はないと思い込んでいたんですが、普通に地上波を見ている段階からその画質の違いに驚くほどでしたcoldsweats02

これは、前使用機種に対していろいろな機能が追加されていたり、同じ機能でも性能が向上していたりするからだと思うんですが、パネルはもとより、超解像処理やクリアスムーズの動作についても進化を感じてしまう程ですconfident

ちなみに、この辺の感想は前使用機種と比較してのものですので、こちらの前モデルである「REGZA Z20X」と比べてどうなのかは分かりませんcoldsweats01


続いては、PCの画面を映した際の感想ですeye

Z810x_pcin

この機種においても、HDMI入力モードの初期設定が高速通信モードになっていなかったので、設定からモードを変更してからPCの信号を入れましたpc


解像度は4K(3840*2160)と前使用機種と変わりはないものの、画面サイズは40インチから50インチと大きくなって迫力も増えましたdash

それでも視聴距離は変わらず、普通に使う場合の最短距離は60cmあるかないかという感じでしょうかcoldsweats01

この設置方法で平面パネルだと、最短部分と最長部分では距離の差も大きく、見る角度的にも差がついてしまいますが、とくにVAパネルだからといって画面端が気になってしまうようなことはありませんtv


映像メニューはPCではなくゲームで使っており、倍速モードもゲームダイレクトとゲームスムーズを使い分けるようにしていますconfident

このモードにおいても若干の補正は効いているようで、PC画面の文字が若干滲んだ感じになっていますがeye

Z810x_pcin2

この辺の設定を変更すればwrench

Z810x_pcin3

PCモニタ同様、くっきりと表示されるようになりましたconfident

私が見たいのは、テキスト主体のよくあるPC画面ではなくゲーム画面になるので、いろいろな設定を試してみた結果、この辺の設定は初期値が良いような気がしたのでこのまま使っていますwink


そんな設定で、普段から良くやっているゲームを表示して驚いたのがeye

Z810x_pcg1

通常放送の美しさ同様、ゲーム画面の美しさも段違いということでしたcoldsweats02

前使用機種でも出来るだけ綺麗に映るような設定にしていましたし、今でもマルチモニタとして使っているので同じ画面を映すこともできるんですが、比較するとやっぱり違いますeye

上の直撮り画像を見ても分かりにくいかもしれませんが、部分部分の色から輝度から、何から何まで随分違うと感じましたconfident


そして、これまた違うと感じたのが、上でも書いたゲームスムーズの効果ですshine

前使用機種にはなかったゲームインパルスというモードが追加になっていますが、こちらは残像軽減効果よりも画面の瞬きが気になるので、あまり使わないかと思いますcoldsweats01

Z810x_gamemode

ゲームダイレクトは、前使用機種から若干の遅延軽減down

機能的にあまり変わらないだろうと思っていたゲームスムーズにおいては、画面上のよく動く部分とあまり動かない部分の狭間にできていたモワモワ感が気になることがあったものの、同じゲームをやってみてもほとんど気にならなくなっているのが分かりましたeye

Z810x_pcgm

こちらは、画面を静止して撮影したものではなく、リプレイで走っている際のものをそのまま流しながら撮影したものですがcamera

境い目のモワモワがほとんど気にならないのが分かるかと思いますconfident

また、高速に流れている路面も倍速120fps表示になっている関係か、スマホの直撮りでもこの程度のブレで済むところが凄いと思いますwink

これまで同様、そういった部分が気になるゲームもあるにはありますが、これまではこのことでゲームダイレクトを使っていた場合でも、これならゲームスムーズを使う機会も多くなりそうですgood


また、このテレビはフルHD解像度での120Hz設定が可能ですpc

Z810x_120hz

試してみたところ、デスクトップ画面でウインドウを高速に動かしてみたりした際にはそれなりな差がありますが、このくらいの画面サイズになると1フレーム毎の移動距離がそれなりにあるためか、120Hz表示時でもパタパタ感と残像感はありましたtv

とはいえ、当然の様に同じ解像度での60Hz表示時(ゲームダイレクト)よりはよっぽどマシですconfident


また、このモードの時の処理側遅延は0.83msecと非常に少なく、遅延が大きく異なる60Hz表示時でのゲームスムーズ(18.83msec)と比較してみたところ、ゲームスムーズが優秀すぎるのか、若干違うかな?という感じでそれほどの差は感じられませんでしたeye

こちらも、フルHD解像度での120Hz表示で、少しでも遅延を減らしてプレイしたいという場合には便利な機能ではありますがgame

私が普段やっているものは、これまで同様、4K解像度での60Hz+ゲームスムーズを選択してしまいがちですcoldsweats01

でも、選択肢が多いのは良いことなので、いろいろな事に応じて解像度、周波数、モードを変更しながら使い分けようと思いますwink


続いては、ゲーム機のゲームをプレイしての感想ですeye

ここでは、4K表示が可能なPlayStation®4 Proでの感想になりますが、本体側設定によりこういったモードも当然の様に映りますtv

Z810x_r_170212_6

しかし、他のエントリーでも書きましたがpencil

PlayStation®4 Pro本体側の出力設定を1080pに変更するとeye

Ffxv_up170220_g1080p

こんな風になってしまいますsweat02

このモードであっても、ソフト側のHDR設定を変更することができますしwrench

Z810x_hdr1

それに応じてしっかりHDR表示することも可能ですtv

Z810x_hdr2

この信号情報を見ると、ハイダイナミックレンジ情報がおかしく思えますがeye

たぶん、PS4 Proの場合はこうなるのが仕様だと思われますsweat02


ここ最近は、フレームレートを60fpsに近づけてくれるソフトも多いので、ゲームスムーズでのプレイが普通になりつつありますwink

Nieram_c1s

ゲームスムーズ(18.83msec)を使うと、ゲームダイレクト(9.2msec)でやる場合より遅延は増えますが、同じ画面設定でのゲームダイレクトとゲームスムーズでの遅延差を体感できる人はほぼ居ないかと思われますconfident

しらんけど

60fps入力時には効果のあるゲームスムーズですが、前使用機種同様、30fpsのソフトではそういった恩恵が得られないのは残念ではありますthink

でもこればっかりは、遅延を考慮した倍速処理の都合上、仕方が無いような気もしますcoldsweats01


もうすぐ任天堂SWITCHも発売になりますし、PCのゲームを含めたいろんなゲームをこのテレビでやると、これまで以上に楽しく感じる様になりましたgame

地上波放送やBS放送、YouTube等の動画を見る場合も綺麗ですし、タイムシフトマシンも含めてあらゆることが便利で快適tv

購入前の期待以上に、購入して良かったと思えるテレビでしたgood


とりあえず適当な感想はここまでconfident

また機会があれば、これまでは解像度違いの2機種が3台だったのが、今回から解像度違いでサイズ違いの3機種が3台並んでしまったsweat02

・・・からの適当な感想の続きでも書きたいと思いますpencil

2017年2月16日 (木)

DBCSのDLC(CAPCOM編)

ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」のDLC(TAITO編)
http://mru.txt-nifty.com/blog/2016/03/dbcsdlc-taito-6.html

ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」のDLC(SEGA編)
http://mru.txt-nifty.com/blog/2016/04/dbcsdlcsega-b46.html

ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」のDLC(CAVE編)
http://mru.txt-nifty.com/blog/2016/12/dbcsdlc-b63c.html

ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」のDLC(EIGHTING編)
http://mru.txt-nifty.com/blog/2017/01/dbcsdlceighting.html

に続いてconfident

コラボメーカー第五弾DLC(CAPCOM編)が配信されましたhappy01


今回もいつもの様にconfident

Dbcs_dlc5_a1

PC(Steam)版のDLCを配信日に開発pc

Dbcs_dlc5_a2

お得な3本セットの方にしましたwink


ダウンロード後にゲーム内のDLC MODEを左から見ていくとeye

サイドアームshine

Dbcs_dlc5_b1

バースshine

Dbcs_dlc5_b2

プロギアの嵐shine

Dbcs_dlc5_b3

の順wink


ただ・・・今回のDLCは個人的に微妙chick

時期的なものや地域的なものなのか、やったことがあるのはサイドアームだけでしたcoldsweats01

それもPCエンジン版game


今回のキャラアニさんの動画はこんな感じtv

これを見ると、どれも面白そうですねconfident


サイドアームはなんか難しいし、それ以外は思い入れも何もないのでcoldsweats01

ある意味新鮮に楽しめるのかもしれませんcherry

より以前の記事一覧