PC・Mac・周辺機器他

2019年2月11日 (月)

FFXI日記(アンバスとかANKERとかソニックとか)

復帰(新規スタート)組のFFXI日記です


一昨年の5月に約10年ぶりに新規で再開しまた必死になったりちょっと落ち着いたりしつつプレイを続けているファイナルファンタジーXI


・・・


とても寒い

今日も朝から嫁さんと末っ子は習い事の試合に行っているので、私は部屋からほとんど出ることもなく、ヴァナ・ディールをうろうろしたり他のゲームをしたりして過ごしました


まずは、結構溜まっていたダイヤルキー#SPを全部トレードしてみました

Ffxi190211_1

続けて出たアイテムですが、下側のルアーは抽象的なものなのに、上側のルアーは製品名になっています

えっ


あとは、ほぼ日課のオーメン詰みへ

Ffxi190211_2

ほぼ日課なので、危うく飯盒を溢れさせるところでした

Ffxi190211_3

以前は黒魔道士のマナウォールメインでやっていたものの、お目当ての黒の残魂が3個しか出ないことが続いたので

今はシーフでもサポシでもないモンクや侍で行くことが多くなりました


1回の突入でこのくらいだったり、運がいい時は2桁出る事もあります

Ffxi190211_4

明らかに運頼みではありますが、アビセアの大きな金箱出しで活躍したシーフはまだマスターじゃないので、Oboroに納品できるジョブポが稼げないので今のところ出番はありません

集めた黒の残魂は、このエントリーでは正宗に使うかウルスラグナに使うかで迷っていましたが

今でも迷いつつその日の気分で両方に注ぎ込んでいます


それ以外は、その後ダイバージェンスに誘われることもないので、毎日平均100ジョブポ稼ぐことを100日続けると武器1種を強化できるフラグを立てられるという作業も続けているので、あと数週間でイオニックウェポンの強化もできるようになりそうです


・・・


2019年2月のアンバスケードもそれなりにやってみました

前回のエントリーでは、やり方を忘れているので一章キキルンやさしいに勝てないといったことを書きましたが

フェイス構成を見直してお付きの方からやっつけるようにしたところ、たまーにHP吸収となにやらが被って転がることはあるものの、それ以外は安定して勝てるようになりました

侍/戦、ヨラン、EV、セルテウス、アシェラ、コルモルで、一人連携に邪魔が入ったり絶対回避がなければ5分程度ととても楽

自分がモ/戦だと時間は掛かるものの更に楽

Ffxi190211_b1

おかげで、余っていた焼印も使ってアブダルスの樹脂を10個貰うことができ

Ffxi190211_b2

通常用はもちろん主要WS用マントは仕上がっていましたが、今回ので利用頻度の少ないWS用マントにも被ダメージ-5%を付けることができました


・・・


他には、前回のエントリーで書いていたUSB Type Cケーブルを追加

Ffxi190211_c1

自室で使うANKERの1.8mのものと、某所で使う0.9mのもの

Ffxi190211_c2

箱の中にケーブルがそのまま入っているのかと思ったら、どちらも無駄にゴージャスなケースが入っていました

Ffxi190211_c3

開けるとこんな感じ

Ffxi190211_c4

他のケーブル類でもANKERのものを多く使っていますが、造りが良く、買って失敗したと思ったことの無いお気に入りのメーカーです


これまで使っていた任天堂SWITCHのACアダプターを取り外し、GPD純正のACアダプターに今回のケーブルを繋いでGPD WIN2に挿してみたところ

Ffxi190211_c5

当たり前のように充電できています

まぁ、当たり前です


無駄にゴージャスなケーブルケースは捨てるのが勿体ないので

Ffxi190211_c6

スイッチのACアダプターのケーブルを纏めるのに使っています


・・・


こちらは、GPD WIN2で遊ぼうと600円ちょっとで追加したSteamSonic Mania

Ffxi190211_d1

日々のジョブポ稼ぎで疲れた合間にデスクトップPCで起動してみたところ

Ffxi190211_d2

解像度にフルHDの120Hzがありました

Ffxi190211_d3

テレビにもしっかり120Hzで入っている様で、遅延も気にならず動きも60Hzより良いんですが

画面サイズと視聴距離の関係で高速なこのゲームは目が回ります


でも、静止していると和みます

Ffxi190211_d4

以上、本来ならエントリーを分ける内容ですが、面倒なので続けて書いてみました


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2002 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

2019年2月 2日 (土)

まだまだ忙しい

昨日、某システムの稼働日を迎えることになったので、今週末は土日共に仕事です

今日はとてもいい天気だったので、皆さんはいろいろと趣味等を楽しめましたでしょうか?


そんな忙しい中ではありますが

Dr190202

ちょっとした休憩中に、この組み合わせで息抜きをしています

FFXIの仮想フルスクリーンで性能的にこの程度かな?と思っていたのが、自己責任でやってみたNazuzuさんが紹介されていたことで更に快適になり、もう手放せないアイテムになりました


忙しい間は、こんな同じ様なエントリーが続きがち

ただ、ゲームで忙しい間は全くエントリーもしなくなるので、まだそれよりはマシということなのかもしれません

2019年1月31日 (木)

毎日忙しい

いろいろなもののリプレースが重なっている関係で、毎日とても忙しい日々を送っています

家に帰ると、FFXIの1日平均100JPためていけば~のやつや飯盒を無駄にしないためにオーメンに行ったりもしていますが

オーメンでもジョブポ稼ぎでも途中で寝落ちして気付くと転がってる状況

そんな時は無理せず、そのまま寝るようにしています

近場でもインフルエンザが流行っていますし、何より体調優先です


そんな忙しい中でも、ちょっとしたお昼休みにログインポイントゲットや競売こちょこちょをしていると

Dr190131s

とてもいい息抜きになります


まだまだ忙しい日々が続きますが、体調に気をつけて頑張っていきます

2019年1月28日 (月)

FFXI関連(猫屋さんのアレ)

私がFFXIに復帰するきっかけにもなった、Youtubeの猫屋梅八さんの動画

Ffxi190126_1

そんな楽しい先週の定期配信を見た数日後


こんなアイテムが到着しました

Gpdwin2_a1

チラッ

Gpdwin2_a2

GPDのシールを剥がしてプチプチをめくると

Gpdwin2_a3

こんなメッセージカードが入ってたー

さあ! GPDWIN2で更に楽しいFFXIライフを共におくりましょう!

予想していなかったので、とてもとても嬉しい


先着分に間に合ったので、おまけのACアダプターも付いていました

Gpdwin2_a4

他には、リカバリ用USBメモリや画面がきれいになるすごい布も


箱を開けるとこんな感じ

Gpdwin2_a5

右側の黒いのを外すと、こんな感じ

Gpdwin2_a6

Win2 ユーザーガイド


本体を取り出してみました

Gpdwin2_a7

そして・・・パカッ

Gpdwin2_a8

テンションあがるッ


おもむろに初期セットアップ開始

Gpdwin2_b1

しばらく動作の快適さを堪能したあと


こちらを開封

Gpdwin2_b2

SSDの熱対策にこちらも

Gpdwin2_b3

大容量化と放熱効果アップ


クリクリっとしてカパっとすると標準SSDがピコンとなるので

Gpdwin2_b4

差し替えてメタルカバーを装着

Gpdwin2_b5

最初はSSDのシールを貼ったままにしましたが、しばらく様子を見てから剥がしました


別途USBメモリに入れて準備しておいたイメージからリカバリー開始

Gpdwin2_b7

メタルカバーとセットのゴム足を貼りつけて浮かせてみたものの、それでもメタルプレートがめちゃんこ熱くなるので

冷蔵庫から取り出した冷えピタで放熱させています


OSの設定完了後、FFXIをインストールしていきます

Gpdwin2_b8

細かな設定をする時は、Bluetoothのクリクリ付きキーボードを接続して行いました


FFXIのインストール後、無駄に長いアップデートをしていきます

Gpdwin2_b9

待っている間は、メインのPCでジョブポ稼ぎに精を出します


アップデート完了後にFFXI Configで各種設定を行い、暫くセカンドで遊んでみました

Gpdwin2_c1

少々不安だったコントローラー部分では、ごく普通にプレイすることができました

Gpdwin2_c2

届いたのモデルには振動ユニットも搭載されているようで、時々ブルブル震えてびっくり

直ぐにFFXI Configから振動をオフにしました


他には、取り外した標準SSDを無駄にしないためにこちらを準備

Gpdwin2_d1

Gpdwin2_d2

スルっと抜いたボードに標準SSDを差し込み

Gpdwin2_d3

付属のドライバーでクリクリっとしてケースに挿入してクリクリっとするだけ

Gpdwin2_d4

クリクリっとしたネジ穴も隠せるようになっているので、とてもシンプルでオシャレな外付SSDになりました

小さな穴は、アクセスLED確認用です


また、普段から持ち歩いて隙あらばFFXIをしたいと思ってケースも準備

Gpdwin2_e1

サイズ的にはいいものの、中のでっぱりが想像以上に邪魔でスルっと入ってくれない

Gpdwin2_e2

ギューッと詰め込んだ状態でふたを閉めてみると

Gpdwin2_e3

激しくパツンパツン


丁度、一旦貼りつけたゴム足が邪魔に感じ始めた頃だったので、ゴム足を外すことにしました

Gpdwin2_e4

これで随分マシになるかな?と思ったものの、それでもパツンパツンでした


他には、老眼のナウなヤング世代的に、家で細かなことをするときは大きな画面でやりたいと思い

Gpdwin2_f1

モニタ接続時に使用する、HDMIマイクロ変換アダプタも追加

Gpdwin2_f2

こちらを使ってモニタに接続すると

Gpdwin2_f3

普通のデスクトップPCの様になります

Bluetoothキーボードにマウス、更にBluetoothゲームパッドなんかも接続すれば、嵩張るもののとても快適に使う事が出来るようになります


今から12年以上前

Gpdwin2_vaiou1

こちらも持ち出しの出来るVAIO type UでFFXIを楽しんでいた頃を思い出します
※当時の画像です。


ちなみに、ナウなヤング世代だとシステム領域以外にもドライブがあった方が安心するため、Dドライブに約64GB使ってあとはCドライブにしています

Gpdwin2_f4

標準SSDを詰め込んだものをこんな感じに接続すると、約128GBの高速外付USBメモリとして利用することもできます

Gpdwin2_f5

とても快適


こんな感じで、自室ではいろいろ繋いで使い勝手の良い環境で楽しむことができ、単体で持ち出しても、(Wi-Fiモバイルルーター等のネット環境さえあれば)標準の本体一体型コントローラーで気軽にFFXIを楽しむことができます

これまでは外出先でFFXIをやる場合、FFXIインストール済のSurface Proを使っていましたが

手軽さと単体でのプレイの快適さは段違いです


やっていることは12年以上前から変わっていませんが

Gpdwin2_vaiou2

プレイ環境はとても良くなりました
※当時の画像です。


FFXIに復帰してからずっと気になっていたアイテムなので、この機会に入手できてとても良かったです

FFXI復帰のきっかけになったのも猫屋さんの動画

そしてナイスなアイテムを入手するきっかけになったのも猫屋さんの動画

これからも猫屋さんたちを応援しつつ、FFXIも楽しんでいけたらと思います


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2002 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

2018年11月17日 (土)

YouTube Premiumに入ってみた

もう3年も前に発表されたYouTube Red

私も当時それを見越してGoogle Play Musicに加入してみたものの、肝心のYouTube Redが日本では放置されたままだったので、その後Google Play Musicも解約しました


それから3年、よく似たプランであるYouTube Premiumが始まったので、3ヵ月間無料という事もあって早速加入してみました

Ytp_ad1811_1

個人用メンバーシップは、月額1,180円

3ヵ月間は無料なので、次回の請求は2019/02/16になっています

また、解約も簡単にできるっぽい


まずはPCやTVにキャストして動画を視聴してみたところ、やはり広告が出ないのは気持ちいい

Ytp_ad1811_3

無料だと広告が出るのも仕方ないとは思いつつ、再生開始時や途中で出る広告はやはり鬱陶しい

それが出ないだけで、とても快適に感じるようになりました


あとは、YouTube Music PremiumYouTube Originalsといったものも視聴できるようですが、簡単に確認したところ、こちらはどうでもいいと思いました


続いてはiPhoneでの再生です

私は寝るときには大体寝る時用のイヤホンを使って動画を見たり音声だけを聴きながら寝ることが多いんですが、この時にこれまでのYouTubeアプリだと画面を消すと再生も止まってしまう事から、音声だけを聴く場合はバッテリー的に画面の明るさを一番暗くして、枕横に裏返しに置いてそのまま聴きながら寝ていました

それが今回のYouTube Premium加入によってバックグラウンド再生が可能になったことで、再生中に他のアプリを使っても裏で再生することはもちろんのこと、iPhoneの画面を消した状態でも再生が続くようになりました


見たことのない動画は映像も見ながらウトウトし、一度見た動画でお気に入りのものは音声だけを聴きながらウトウトして眠りに入る

しかも当然広告なし

とても快適になりました

Ytp_ad1811_2

あとは、動画を保存してオフラインでも再生できる様ですが、こちらはたぶん使うことはないと思います


今回のYouTube Premiumで欲しい機能は

・広告なし

・バックグラウンド再生

の2つのみ・・・

できることなら他の機能をカットして、この2つだけの安価なプランを作ってもらいたいものです


他の機能はおまけだと思っても、月額1,180円は少し高すぎかも

月額費用だけを見ると微妙な値段に感じても、年間で考えると結構な金額になります

これを節約して1年間無料プランで過ごしたとすると、この釣り糸が1つ買えます

ん・・・


3ヵ月後に継続しているかどうかは分かりませんが、とりあえず今は快適です

2018年10月18日 (木)

Speed Wi-Fi NEXT WX04

今回も契約期間がそろそろ終わりそうということで、まずはGMOとくとくBBの方から

【長期ご利用特典で機種変更】WiMAXの充電の持ちが悪くなっていませんか?機種代無料で最新機種に交換できます!

というメールが届きました

利用頻度が少ない場合は迷うところかもしれませんが、日々とても便利に使えているので

今回も契約延長を兼ねて、WEBから新機種への切り替え手続きを行いました


その申し込みから数日後

Wx04_1_1

佐川急便のいつもの感じの良いおいちゃんが荷物を届けてくれました


今回の機種変更では、実質こちらの2機種からの選択だったので

・Speed Wi-Fi NEXT W05
・Speed Wi-Fi NEXT WX04

現在使っているSpeed Wi-Fi NEXT WX03の後継機種であるSpeed Wi-Fi NEXT WX04を選択

いつもの様に、その機種用のクレードルもお願いしました


早速、Speed Wi-Fi NEXT WX04の箱を開けてセットアップを行っていきます

Wx04_1_2

箱の中には、今回から変更になるSIMカードも一緒に入っていました


これまで使っていたSpeed Wi-Fi NEXT WX03との比較ですが

カラーは、クレードルともよく合うシンプルなクリアホワイトを選択

Wx04_1_3

サイズは、横幅は若干広いものの、縦幅はほぼ同じ

厚みはこの画像を見るとSpeed Wi-Fi NEXT WX04の方が薄いように見えますが、バッテリーを入れてカバーを閉めるとほぼ同じ厚さになりました

バッテリーが大容量になったからだと思いますが、このサイズ差なら長時間使える方が嬉しいので良しとします


これまで使っていたものと、新しくなったSIMカード

Wx04_1_4

au Nano IC Card 04 LESpeed Wi-Fi NEXT WX04に挿入し、バッテリーも装着

Wx04_1_8

バッテリーはサイズも大きくなり、定格は3.8V 3200mAh 13Whになりました

仕様ではハイスピードモード
 ハイパフォーマンスモード : 約8.1時間
 ノーマルモード : 約11.5時間
 エコモード : 約13.8時間

という連続通信時間になっています


SIMカードを挿入した後は、一緒に入っていたWiMAX2+機種変更手続きのご案内を見ながら端末変更手続きを行いました

Wx04_1_5

旧端末のIMEIと新端末のIMEIをWEB上に入力し、1分程待つと切り替えが完了していました

とても簡単で切り替えも早い


そして、初めての電源オン

バッテリー残量チェック表示の後、NECのロゴが表示されました

Wx04_1_6

前面は綺麗なホワイトですが

Wx04_1_7

背面はゴージャスっぽいゴールドです

今回も、Aterm WM3600Rの時から使っているSONY CLIEのストラップを装着


こちらは

Speed Wi-Fi NEXT WX04用のクレードル(WX04クレードル NAD34PUU)になります

Wx04_1_a

側面パネルには、Wウィングアンテナ搭載

Wx04_1_b

これとTX Beam Forming機能により、Wi-Fiの快適エリアが拡大するとのことです

また、本体の充電用端子やクレードルとの接続は、USB3.0コネクタ(Type-C)になりました


ふと、押入れに転がっていたSpeed Wi-Fi NEXT WX01も並べてパシャ

Wx04_1_c

見た目的には、初代のSpeed Wi-Fi NEXT WX01が一番最近のものっぽく見えます


この後、PCを接続してこれまでと同じ使い勝手になるように詳細設定を行い、この時と同じように速度計測を試みたんですが・・・

ドックに乗せると部屋の中でもアンテナが2,3本は立つものの、どうやら時間帯的にWiMAX回線がどうのというレベルではなく、その上が詰まっている様な感じでINS並みの速度しか出ません

また暫くの間使ってみて、速度等の使用感でも追記しようと思います


■2018.10.18追記

1日ほど使ってみました

バッテリーの持ちや速度を含め、Speed Wi-Fi NEXT WX03との違いが分かりません

Wx04_sp181018s

これまで使っていた場所で同じような使い方をすると、これまでと同じような応答や速度

ただ、これで良いとも思えます

これまでもとくにこれといった不満は無かったですし、カラーも変わったし、バッテリーも新しくなったので良しとします

今後も暫く使ってみて、気になることがあればまたエントリーします

2018年10月 5日 (金)

October 2018 Update当ててみた

Windows 10のOctober 2018 Update(RS5)がリリースされたので、早速3台のPCに適用してみました


ここ最近は大体信用しきっているので、とくにバックアップやイメージを取ったりもせず、スッと「今すぐ更新」をクリックしています

3台ほぼ同時に開始したところ、ゲーム用PCは約20分でログイン後ようこその画面まで行き、遅れて普段使いのPCが35分程、Surface Proは40分程で同じところまで行きました


その後しばらく使用してみたところ、普段使いのPC以外はとくに問題なし

その問題というのも致命的なものではなく、どんなにWindows側のマウス設定で変更してみても

マウスのホイールでのスクロールがほぼ1ページ分になる

というものでした

スクロール行数を変更しても変わりなく、1ページ分スクロールに変更しても同じ状態


そこで、マイクロソフトのHPから「Microsoft マウス キーボード センター」をダウンロードしてインストールしてみたところ

181005_1809

この設定が効いたようでこれまで通りの操作感になりました


それ以外は今のところ気になる問題もなく、何となくスリープや休止状態になるのが速くなった気がします

これまで遊んでいたゲームにも支障はなさそう

そんな感じです


2018.10.06 追記

アップデート後にUsersフォルダの内容が消失しているといった不具合報告により、マイクロソフトが一時アップデートを停止しているようですが、今回、私が行った3台のPCではそういった問題は起きていません

使用頻度の少ないPCは未確認だったのでこのニュースを見てドキッとしましたが、とりあえずどれも問題なくてホッとしています

2018年9月22日 (土)

9年前のPCの電源ユニット交換

購入してもうすぐ9年になるDELLのPC、「Studio XPS 9000

途中、HDDをSSDに交換してからは、普段使いではとくに問題なく快適に使える様になり、OSも最新になっているので今も日々普通に使い続けています


ただ、数年前からスリープから復帰しない事があったり、復帰直後にブルーバックのエラーが出たり途中でフリーズしたりといった不具合が出始めてからは時々イライラしつつ使っていたりしましたが、一旦内部を清掃したりケーブル類やメモリの抜き差しをすると改善したこともありました

それでも、ここ最近また同じような症状が頻発するようになったので、どうするか考え

ほぼ間違いなくたぶん電源ユニットの劣化だと思ったり思わなかったりしたので

お安めのこちらを購入しました

Pc1809_dg_1

玄人志向 ATX電源ユニット 600W (KRPW-N600W/85+)


早速交換するべく、背面のケーブル類を取り外して作業台に乗せました

Pc1809_dg_2

重い


こちらが標準の電源ユニットを背面から見たところ

Pc1809_dg_3

そして、ケースを開けて中から見たところ

Pc1809_dg_4

外しづらいので横向きに置きなおし、ケーブルの抜き差しの邪魔になるCPUファンのエアダクトを外して電源ユニットを外していきます

Pc1809_dg_5

ついでに、他のケーブル類の抜き差しやメモリの抜き差しもして、CPUファンも外してヒートシンクの埃取りなんかもやりました


こちらは、標準の電源ユニットの仕様

Pc1809_dg_6

FLEXTRONICSと書かれており、当時のこのクラスのPCとしてはそこそこの総合475Wの電源の様です


摘出完了

Pc1809_dg_7

ケーブルは直出しで、グラボ用+12Vは6+2pinと6pinがあるタイプ


ついでに、こちらも約9年間頑張ってくれたSapphire「Radeon HD 5870 Vapor-X」を取り外し、この後は押入れ行きとなりました

Pc1809_dg_8

長い間壊れることもなく、お疲れ様でした


続いて、新しい電源ユニットの開梱になります

Pc1809_dg_9

ユニット自体は黒くてカッチョイイ

Pc1809_dg_a

仕様はこんな感じ

Pc1809_dg_b

総合600Wで、+12Vも50Aと余裕があります


早速ケースに装着して元通りに結線していきます

Pc1809_dg_c

ただ、標準の475W電源ユニットと比べると、随分小さいことが分かります


背面から見てみると

Pc1809_dg_d

電源ユニットの下側に隙間が空いてしまいました

ネジは3本でしっかり留まっているので、隙間は気にしないようにしました


PCを元の場所に戻して起動テストのためにサイドパネルは閉めず、背面の結線をして電源ON

Pc1809_dg_e

電源を入れた瞬間から、起動時のファンの回転音が大きくなった気がしました

ケースを開けているので当たり前です


このまましばらく様子を見てみたところ、交換前までおかしかった症状は今のところ出ていません

今回、電源ユニットを交換したからか、ケーブル類やメモリの抜き差しをしたからか、グラボを余っていたものに交換したからかは分かりませんが

安定して使えるのが一番だと改めて感じました

メインのPCともども、このまま壊れるまで使い続けようと思います

2017年12月 5日 (火)

AirPods とても良い

先日から使い始めた、Apple AirPods


これまでのヘッドホンは、購入当初は意識して使うものの、すぐに必要性が薄れてあまり使わなくなっていました

今回のAirPodsもそうなるかも?・・・と薄々思っていたんですが

購入以来、日々持ち歩いて日々使用しています


これまでのヘッドホンとの違いは、なんといっても

準備が簡単、片付けも簡単、おまけに充電も簡単ということで、この気軽さがこの使用率に繋がっているのは確定的に明らか

また、気軽に片側だけ使えるのも良いです


通勤や他でも車で移動することがそれなりにあるので、そんな時はL側だけを左耳に突っ込みます

Ap_l_1712

小さなケースをポケットから取り出し、ケーブルの無いAirPods単体を左耳に突っ込むと

認識したことを伝えるボワンというサウンド


カナル型ではなくオープンエア型なので、両耳に突っ込んでいてもそれなりに外の音も聞こえはしますが、車外の音が良く聞こえる様に右耳は空けた状態にしておきます

車内での音楽は車のスピーカーから流れるものを聴くんですが、そんな左耳に突っ込んでいるAirPodsで何をするのかというと、運転中の着信対応はもちろん

このAirPodsを購入するまではほぼ使うことのなかった、Siriで使います


iPhoneApple Watchに声を掛けて使うこともありますが、設定でR側ダブルタップは曲スキップ、L側ダブルタップはSiri呼び出しにしているので

何か気になることがあれば左耳に突っ込んだAirPodsをダブルタップして聞きたいことを質問したり、何かメモとして残したいことがあればメモに残すように指示すると、視線をずらすこと無くメモを取ったりすることが簡単にできます

これまで使うことのなかったSiriの便利さや認識率に驚くとともに、このAirPodsのマイク感度にも驚かされます

また、運転中に寂しさを感じた時には

適当に今の時間や明日の天気を聞いたりすると、Siriの声で落ち着くことができたりもします

こういうことを続けているとこれが当たり前のようになり、運転前にはAirPodsを取り出して左耳に突っ込むことが普通の様になりました


ただ少し心配なのは、こういう使い方をしているとL側だけバッテリーがヘタったりしないかな?ということ

とはいえ、そういうことを意識して使わないのが一番勿体ないので

今後も普段はこういう使い方をしたり、時には両耳で音楽を聴いたりしていこうと思います

AirPods、とても良いアイテムです

2017年11月14日 (火)

更なる安心のために

先日からApple Watchを使い始め、腕に安心を巻いているといった感じで日々過ごせております

バッテリーの持ちも良く、普段はiPhone Xと一緒に持ち歩いているのでモバイル通信をオフにしておくと、仕事から帰ってもバッテリー残90%以上という状況

こんな感じだと、バッテリー残を気にすることもとくにないものの

もしiPhone Xを忘れてしまい、モバイル通信のみで使用すると数時間しか持たない

・・・とか考えだすと仕事も手につかず、かといってApple Watchの充電ケーブルは本体添付の1本しか持っておらず、節約中の為買い増しするわけにもいかない・・・


そんな中、ちょっとした小物が届きました

Dr171114_1

ANKERの箱が2つと、他の箱が2つ


一番右の箱は

Dr171114_2

嫁さん用は先日準備したものの、自分でも使いたくなったワイヤレス充電台

RAVPower Fast Charge

いろんなところで紹介されており、評判も良かったので買ってみました


左上の箱の中には、長さが3種類のMicro USBケーブル

Dr171114_3

Anker PowerLine Micro USB ケーブル(0.3m×2、0.9m×3、1.8m×1)

ケーブルは添付のものではなく、何となくこちらのケーブルを使います


既に設置後ですが、この前買った4ポートのものから今回の左下の箱の

Anker PowerPort Speed 5に変更し

Dr171114_4

メタルラックの上にQuick Charge 3.0対応ポートに接続したワイヤレス充電台を設置

今後はケーブルを繋ぐ必要もなく、ここにiPhoneを置くだけで充電できるので楽ちんです


最後は真ん中の箱

Dr171114_5

Oittm Apple Watch モバイルバッテリー

商品説明
Apple watchとiPhoneを同時に充電、コンパクトで大容量
スマホとApple Watch両対応なので、Apple WatchとiPhone、Andriodスマートフォン等のデバイスの同時充電可能です。理想的なアップルウォッチ充電バッテリーです。
5000mAhの電池容量、Apple Watchに約6-7回、iPhone7は約2回満充電が可能です。日帰りの出張や旅行にAppleWatchの電源切れの悩みが全部必要ありません。
ご注意:Apple Watchへ充電する場合、予め電源ボタンをお押しください。

洗練されたデザイン
素材はABS、PCとアルミニウムを採用し、滑らかな外観、光沢加工の表面、高級感溢れる仕上げます。本体はお使いのApple Watchとの相性もバッチリです。

残量表示機能付き
4段階バッテリー残量確認LED搭載により、バッテリー残量が一目で分かります。
充電用の接続端子には、汎用性の高いmicro USBコネクターを採用し、手持ちのケーブルがそのまま利用できます。

多重保護システム
バッテリーは内蔵電流保護モジュールで、過充電、過放電、過熱またはショートを避け、iWacthを保護します。フル充電の時、デバイスは過度の充電を防ぐために自動的に電源が切れます。

持ち運びに便利
普段使いには十分な容量ながら、コンパクトなボディーで(約162g)、通勤カバンやハンドバッグなどに収まりがよく、お持ち運びに便利です。


この丸い部分にApple Watchを載せるとピタッとくっつき、モバイルバッテリーの電源を入れると充電が開始されました

Dr171114_6

Apple Watchなら6~7回充電できる様なので、これを持っていれば更に安心


別メーカーの2つの箱の中から

Dr171114_7

Happy?


Apple Watchの充電ケーブルを買い増しする必要もなく節約できたので、親愛なる奥様もきっとハッピーなことでしょう

しらんけど

より以前の記事一覧