XBox

2018年10月31日 (水)

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 4KリマスターBOX

Xbox One XUltra HD Blu-rayが見られるのは嬉しいものの、手持ちのソースが一つもない


そこで、何かいい作品は無いかな?と思ってネットサーフィンしていると

ある作品が目についたので、ポイントを使って購入してみました

Uhdbd_cc_1

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 4KリマスターBOX

内容紹介
30年の時を経て、伝説の劇場作品が、4Kリマスター&HDR化によって新たな姿を見せる!
怨念の隕石が地球に迫る。アムロ対シャア 最終決戦の時きたる! !


ペリペリっとビニールから取り出すと

Uhdbd_cc_2

特製収納BOXの中身が見えてきました


中には

Uhdbd_cc_3

メディアのパッケージと、「逆襲のシャア」ドキュメントコレクションが入っていました


パッケージ、表面

Uhdbd_cc_4

裏面

Uhdbd_cc_5

映像は、本編120分 + 映像特典5分

音声は、リニアPCMの4.1chサラウンドになっています


パッケージ内には、2枚のメディア

Uhdbd_cc_6

白いのが4K ULTRA HD Blu-ray Disc、黒いのがBlu-ray Disc

白い方が綺麗だわ


絵コンテやラフスケッチなど、秘蔵資料が収録されたドキュメントコレクションを見てみると

Uhdbd_cc_7

νガンダム、カッチョイイ


ララァ・スン

Uhdbd_cc_8

白いグローブの方が釣れるわ


最高峰のクオリティ × 4Kリマスター & HDR化 = 圧倒的映像美を堪能しようとテレビの電源を入れたところ

Uhdbd_cc_a1

更新が来ていたので、まずはアップデートを行いました

実施内容は、「ウェブサービスのセキュリティ強化に対応しました。」とのこと


再生に使うのは、Xbox One X

Uhdbd_cc_a2

下側のハードは、ここしばらく電源すら入っていません


製品説明にある「ドルビーサラウンド音声成分を分解・再配置し、低音成分を追加した本編音声」を再生するべく、久しぶりにAVアンプも使用

Uhdbd_cc_a3

再生途中に確認したテレビへの信号情報はこんな感じ

Uhdbd_cc_a4

しっかりHDR信号も入っているようです


映像の方は、さすが4Kリマスター&HDR化という内容で、とても20年以上前の作品とは思えません

音声の方はこちらの環境のせいかもしれませんが、ほぼ2.1chだけっぽい時と4.1ch時の差が気にはなったものの、サラウンド感のある場面では低音成分もしっかりしていて大迫力でした


とてもいい曲

Uhdbd_cc_a5

今回は、映像メニュー:映画プロ倍速モード:クリアスムーズで視聴しましたが、倍速処理も素晴らしく、最後の字幕もとても滑らかにスクロールしていました


4K解像度でとても綺麗なメニュー画面

Uhdbd_cc_a6

映像特典の劇場予告編は、今見ても痺れました


逆襲のシャア」、素晴らしい作品です


νガンダムは伊達じゃない

このカテゴリーには関係ありませんが、次は釣れそうな気がします

2018年4月29日 (日)

Xbox One X

昨年の発売日、こんなエントリーをしました

それから数ヵ月、相変わらずなかなか買えない状況が続いていましたが・・・


発売日から遅れること数ヵ月

やっと購入することができました

Xbox_f_1

Microsoft Xbox One X


さっそく開梱です

Xbox_f_2

箱を開けるとこんな感じで

Xbox_f_3

その下の小箱にはHDMIケーブルとゲームパッド、そして電源ケーブルが入っていました

Xbox 360Xbox Oneの様な大きなACアダプターはなく、この機種では電源ユニットも本体に内蔵されました


こちらは本体

Xbox_f_4

この時点でも小さく見えましたが

Xbox_f_5

出してみてもやっぱり小さい

しかし、電源ユニット搭載ということもあってずっしり重めです


設置の前には、いつものこれ

Xbox_f_6

底面四角にスーパー衝撃吸収を貼りつけました

Xbox_f_7

また、いつもの様に目障りなシールも剥ぎ取ります


設置場所は

Xbox_f_8

Sony PlayStation®4 Proの上

横幅がピッタリで見た目もなんか良い


電源、HDMI、LAN、S/PDIFのケーブルをそれぞれ接続

ゲームパッドにエネループを入れてキノコボタンを押してみると、最初からペアリングできているようで電源が入りました

Xbox_f_9s

言語設定の後はインターネットにも繋がり、本体のアップデートが開始されました

暫く待つとアップデートが終わり、LIVEアカウントでログインするといつもの画面が表示されました

設定を確認すると、当たり前のようにテレビには4K HDRで入っている様です


簡単に手持ちのソフトをやってみたところ

こ、これは凄いやという感想でした


ひと段落ついたところで、今必死な作業に戻ります

2017年11月29日 (水)

Project CARS 2 - Patch 1.3.0.0

ここ最近では一番遊ぶ頻度の高いProject CARS 2に、11月28日、アップデートが実施されました

いつと同じような画面直撮り画像を挟みながら、更新内容を貼っておきます


Project CARS 2 - Patch 1.3.0.0

アップデート内容はこちら
http://steamcommunity.com/games/378860/announcements/detail/1465222868023518028

オンライン / マルチプレイ
新ゲームモード - オンライン選手権ゲームモードが利用可能に。複数のラウンドにまたがる完全な選手権をプレイヤー同士でオンラインで競い合えます。
デフォルトセッティングが有効になっていた場合、コミュニティイベントでカスタムセッティングを読み込むことができていた不具合の悪用を修正。
進行中のオンラインゲームに参加する際のログインと同期を改善。
満員のゲームセッションに参加しようとした時に間違ったエラーメッセージが表示されていたオンラインの問題を修正。
オンライン評価: レースから追放させられた時、システムがランキングスコアのポイントを減少させるべきかどうかを判断する際に最近の履歴を確認するように。
オンライン評価: 接続が切断されたプレイヤーに対して残ったプレイヤーが勝利してもスコアを獲得できなかった不具合を修正。
以前に追放されたプレイヤーが、招待を承諾して再びゲームに参加しようとしても自動的に追放されていた問題を解消。
進行中の予選やフリー走行に参加する際は、セッション終了の3分前に参加締め切り時間を設定。残り時間が3分間を切るとセッションには参加できなくなります。
パスワードで保護されたロビーに入ろうとして間違ったパスワードを入力した際にはエラーメッセージが表示されるようになりました。

Pc2up1711_1s

キャリア
新招待イベント - McLaren 720S VIP チャレンジ。
キャリアのクラス混合レースで、シリーズの進行状況の表示に全体順位ではなく、クラス内のゴール順位を利用するように修正。
Nissan Skyline Silhouette、Nissan Skyline BNR32、Nissan R89C、Porsche 961がキャリアモードで利用可能に。
招待イベントをアンロックした際のポップアップが間違った場所に表示されていた問題を修正。

VR
VR専用のリプレイカメラシステムへの改善。
VRで画面の汚れや雨粒が正しくレンダリングされていなかった問題を修正。
VRをNVIDIA Surroundと組み合わせた時に、VRヘッドセットでウルトラワイド画面のコンテンツを表示しようとしていた問題を修正。
フォトモードやリプレイでUIが無効になった時には非表示にするようにVR Gazeポインターの動作を変更。
カメラモードを切り替えた時のVRフォトモードの初期FOVの設定を修正。
VRフォトモードで撮影したスクリーンショットが<Documents\Project CARS 2\screenshots>フォルダに正しく保存されていなかった問題を修正。

コントローラー
Logitech - G29とG920のロックストップを修正。
Fanatec - CSWBシリーズのanti-joltと高頻度のanti-vibeを改善。
Thrustmaster - 458 Italiaへの改善を実施。
様々なコントローラーの振動エフェクトを改善。

GUIとHUDの改善
レースの長さなどのセッション情報がレース前メニューに表示されるように。
レインタイヤのレースでHUDのカラーリングスケールを変更。
リプレイ保存の進行状況を示すダイアログを追加。
レース設定ダイアログと一致するように、ラウンドダイアログでの「スタートの種類」の表示方法を変更。
メニューの一番下からさらに下に移動した際にメニューが無効化されていた問題を修正。
選択/ハイライトされているボタンが分かりやすくなるように複数のボタンをアップデート。
オンラインのレース後画面で押せるボタンのみを表示するように修正。
HUDのRPMゲージが実際の車両のRPMと一致していなかった問題を修正。
ローカルの読み込みが完了した時に読み込みバーが見えなくなっていた問題を修正。
フォースフィードバック設定のメニュー切替時バネ強度に新たなヘルプテキストを追加。
チューニング画面とICMに燃料予測を追加。
テキストのオーバーラップを避けるために複数の情報フィードにオートスクロールを追加。
現在使用中の車両セッティングの名前をレース前画面の「セッティング」ボタンに追加。
間違って燃料が体積ではなく質量で表示されていた問題を修正。
ラップタイミングとHUDウィジェットのビジュアルスプリットタイミングを改善。
コミュニティイベント画面で間違った数の記録がカウントされていた問題を修正。
プレイヤーがタイムトライアルに複数のゴーストを追加した場合、レース前メニューで読み込んだゴーストとオプションが同時にハイライトされていた問題を修正。
ロビー詳細画面でクライアント向けに間違った天気予報アイコンが表示されていた問題を修正。

Pc2up1711_2s

ハンドリング/ダメージ
タイヤのコンパウンドの違いに応じて複数のタイヤの動作を調整および改善。
レース開始時に最適な温度範囲から外れないように複数のタイヤの予熱温度を変更。
グループC、GTP、フォーミュラの全車両、GT1、LMP900に新たなレインタイヤのコンパウンドの改善。
ヒューランドタイプのギアボックスのシンクロエフェクトを増加してドライブラインを改善
すべてのギアボックスでシフトミス後にギアを絡ませる時間を低下。
ウェット時のスピードバランスを改善するためにビンテージLotusのトレッドタイヤを変更。
ラジエーターのダメージをより加速度的に増やし、小さな衝撃からはダメージを蓄積しないように変更。
特定のコンディションでエンジンがオーバーヒートを起こしていたToyota GT86 GT4とRocket Bunnyバージョンのラジエーター設定の問題を修正。
車速に応じたダウンシフトプロテクションに変更を実施。
Hパターンのレーシングギアボックスを搭載した車両の最小シフト時間を短縮。
Mercedes-Benz 300 SEL 6.8 AMGの物理演算セッティングとダメージを改善。
Ford EscortとFord Mustangの失われていたラジエーターダメージを修正。
フォーミュラRenault 3.5のデフォルトの安定性重視セッティングを改善。
LMP1、GT3、GT4クラスの性能バランスを変更。
ビンテージローグリップタイヤに微調整を実施。
BMW M3 GT4、Ford Mustang Boss 302 R1の性能バランスを調整。
モダンツーリングカーのタイヤコンパウンドを改善。
ロードカーのタイヤ: ハイドロプレーニングと深い水たまりの挙動がより繊細になるように調整。
フォーミュラカーのフロントウィングが外れる閾値を増加。
様々なデフォルトセッティングを調整:
– Aston DB11: ルーズ
– Aston Vulcan: ルーズ、安定性重視
– BMW 320 TC: 安定性重視
– BMW M3 E30: ルーズ、安定性重視
– Chevy Camaro ZL1: ルーズ、OEM
– Ferrari 330 P4: ルーズ、安定性重視
– Ford Fusionストックカー: ルーズ。
BMW 2002 StanceWorks: タイヤテクスチャを修正、キングピンの角度とスクラブ半径のストラットジオメトリを改善、空力モデルのダウンフォースのドラッグセンターを改善。

AI
低速および高速コーナリングでのAIを改善。
ウェットコンディションでのプレイヤーとAI間のバランスを改善。
全コースにおける全般的なAIの挙動とレースクラフトを改善。
AIが雪や氷から受ける影響を調整。
ウェットな天候でのスリックタイヤ使用時のAIのドライビングを改善。
想定された挙動に近づくようにフリー走行と予選のAIのグリップレベルを再調整。
コーナー脱出時のAIの速度を調整して改善。
複数のトラックにおいてAIのレーシングバランスと能力を全般的に向上。

Pc2up1711_4s

オーディオ
複数のAI車両のサウンドをアップデート。
新たにピッチの低いスリップのサウンドを追加。
リプレイ時のAIの音量を改善。
Lamborghini Huracánのエンジンのオーディオを改善。
McLaren 720Sのスリップ音を低下。
路面走行音およびスリップ音の逓減曲線を調整。
トンネルと橋のリバーブ設定を改善してリプレイのサウンドミックスをアップデート。
トレッドタイヤの新たなスリップ効果音。
特定の状況で7.1チャンネルの全スピーカーにオーディオがパンしていなかった問題を修正。

コース
California Highway(ステージ3) - 時々発生していたスタートラインの問題を解消するために代替スタートラインを追加。
DirtFish(すべて) - メインの建物のレンダリングでチラつきが発生していた問題を修正。
DirtFish(ミル・ランコース) - 不自然なラップタイムを出せていた不具合の悪用を修正(さらに、不正なラップタイムを削除するためにDirtFishミル・ランコースのタイムトライアルとコミュニティイベントのラインキングがリセットされます)。
Fuji - ピット建物の前のレンダリングでチラつきが発生していた問題を修正。
Indianapolis Motor Speedway(オーバルコース) - よりクリーンなスタートが可能になるようにダイナミックマークとAIの代替スタートラインをアップデート。
Circuit de 24 Heures du Mans - スタート地点のストレートとロングストレートに入るカーブの左側のフェンスのレンダリング時のチラつきの問題を修正。
Lohéac - 物理演算の挙動がおかしかった一ヶ所の縁石の問題を修正。
Oulton Park - ピットレーン入り口付近で浮いていた白線を修正。
Red Bull Ring(ナショナルコース): 一部のダイナミックバリケードに変更を行い、LODを修正。
Red Bull Ring(GPおよびナショナルコース) - リプレイとレース前カメラの複数の問題を修正。
Sakitto - レンダリング時の複数のポップアップの問題を修正。
複数のコースでレース開始時の問題を修正。
いくつかのコースで侵入時と脱出時のピットリミッターのボードのピットレーン配置を調整。
複数のコースでショートカット設定を改善。

車両
Audi A1 Quattro - 雨とドライの間でAIのバランスを再調整。
BAC Mono - 新たなウェットタイヤコンパウンド。
BMW 320 TC - コックピットのリアの隙間を修正、コックピットのディスプレイのクリッピングを修正。
Caterham Seven 620 R - ウェットタイヤを改善。
Chevrolet Camaro 1969 - リアとフロントSLAのホチキスデザインに合うように新たなサスペンションジオメトリ。
Chevrolet Corvette C7 Z06 - OEMセッティングのデフを開放。
Dallara DW12 Road - プレイヤー用の新レインコンパウンド、新たなAIのウェットグリップ調整。
Formula X & Dallara IR-12 - エンジンのライフタイムモデルを調整。
Ferrari 488 GT3 - 低速時の追加のスリップ許容量を削減して安定性を向上。
Ferrari F40 LM - VRで見えていたコックピットの複数のディテールの問題を修正。
Ford Escort RS1600 - 最新の物理演算の変更に合うようにAIのドライとウェット時のスピードを調整。
Ford Falcon V8 Supercar - 新しいレインコンパウンド。
Ford Falcon V8 Superca - 新しいタイヤカーカスを追加して、車両のハンドリングに小規模な改善を実施。
Formula Renault 3.5 - AIのストレート速度のバランスを取るためにロールドラッグと摩擦トルクを増加。
Ginetta G40 - プレイヤーに近くなるようにAIのタイヤの固さ、グリップ、ロール耐性を向上、新たなジュニアタイヤを追加。
KTM X-Bow GT4 - スプリングとダンパーのデータを変更、最終減速比の選択肢を追加。
Ligier JS P - エキゾーストの位置を修正。
Ligier LMP3 - リアの3つ目のバンプストップにレンジ調整がなかった問題を修正。
Lotus Type 51 - AIに近くなるようにプレイヤーのウェットグリップを増加。
Mazda MX-5 Radbul - 1周でエンジンブローすることがないようにエンジンの冷却と耐久力を調整。新たにドリフトセッティングを追加。
McLaren P1 GTR - 安定性重視とルーズのデフォルトセッティングのデフをアップデートして安定性と操縦性を改善。
Mercedes-Benz AMG GT3 - デフォルトセッティングを改善して安定性を向上。
Nissan Fairlady Z GTS - ラジエーターダメージの有効化、テクスチャの修正、ドラッグバランスの向上、より大きなギア比のセットなど複数の修正。
Nissan Fairlady Z GTS-II - RPMのシフトライトの点灯タイミングを8,000 RPMに上昇。
Nissan Skyline Super Silhouette - 他のグループ5の車両と対等になるようにデフォルトセッティングのブースト調整。
Porsche 936/77 - より大きなギア比のセットを追加。
RWD P20 LMP2 - エンジンのピークパワーに合うようにシフトライトを変更。
Toyota GT86 - エアロの位置を変更、セッティングを変更しなくてもエアロがルーズになる問題を修正。
GT4車両 - タイヤのカーカスモデルを変更。
LMP1車両 - AIがハイブリッドシステムを使用せず、プレイヤーとバランスが取れていなかった問題を修正。
LMP2車両 - エアロのドラッグを150 mphで35lbf減少。
複数のロードカー - OEMタイヤを正しいものに変更。
Kart - デフのセッティング調整を無効化、新たなタイヤカーカス構造。
複数の車両のダートのテクスチャを改善。
複数の車両の泥と雪のテクスチャを改善。

Pc2up1711_3s

その他の改善
タイムトライアルで、選択したゴーストがプレイヤーの車両と同じクラスだった場合、プレイヤーの車両とは違うゴーストの車両のセッティングが読み込まれていた不具合を修正。
オフロード/コース外のLiveTrackの水たまりのエッジのレンダリングを改善。
コックピット内で泥や砂ぼこりのパーティクルが表示されていた問題を修正。
ウェットコースの暗くなるレンダリングエフェクトを改善。
モーションブラー効果とボケ効果を改善。
特定の状況でゲームタイプを変更した時にLiveTrackのコンディションが引き継がれていた問題を修正。
雲、雨、車両上のエフェクトの同期を改善。
時々、路面上に現れていた赤色/黄色のグラフィックの不具合を修正。
影のディテールレベルを変更した時にクラッシュすることがあった問題を修正。
新しいピット戦略でテキストを入力した時に断続的にクラッシュしていた問題を修正。
最初にリプレイを見た時に一部のAI車両が動かないことがあった問題を修正。
ポーズしてピットに戻るを選択するとプレイヤーのチューニングセッティングがデフォルトにリセットされていた不具合を修正。
……その他にも多くの細かな調整、改善、パフォーマンスの向上を実施。


それにしても、凄い量の更新内容です

アップデート後は少ししか遊べていないものの、直ぐに体感出来たのが更新内容の一番下にある「パフォーマンスの向上

当初からこの内容でこの重さなら十分だと思っていたのが、更に軽くなりました

複数コースの一部のエリアで一瞬ガクっとなることがあったのも、今のところ気になるほどの落ち込みは感じられません

AIの挙動でも、なぜそこまで?と思うことが減っている模様

ただ、リプレイを見終わると毎回エラーが出てプログラムが終了してしまいます

今回のアップデート後に走ったものでも、以前保存していたものでも同じ

リプレイでのサウンドも迫力が出て鑑賞するのが楽しくなったので、ここは早めに修正してもらいたいです

他の更新内容でも、これまで気になっていたことが多く改善されているようで、まだバグっぽいものも残ってはいますが、どんどんと良くなっているのが感じられました

今後のアップデートやDLCも楽しみです


・・・


エントリーを分けるのが面倒なのでここに書きますが

こちらも良く遊んでいる、Forza Motorsport 7にも昨日アップデートがありました

改善内容
•ユーザープロファイルが一部のプレーヤーのオーディオ品質に影響を与える問題を修正しました。
•オークションハウスで特定の自動車を販売できなかった問題が修正されました。
•レベルアップカウンターのオーディオがプレイヤーのレベルアップ後も持続する問題を修正しました。
•Livery Editorで意図したように.1のアイテムではなく.2のアイテムを移動している間にDパッドでビニールを回転させる問題を修正しました。
•特定のモードでプレーヤーの服飾が消える問題が修正されました。

上の更新内容と比較すると少な目ではありますが、どちらもどんどん良くなってもらいたいものです

2017年11月 7日 (火)

今日はXの発売日

今日、2017年11月7日


そう、Xbox One Xの発売日です

Xboxox_1

いいな、欲しいな


でも・・・買えないのです


いきなり開始された予約受付に気付くのが遅れ、予約が出来ないまま今日を迎えました

発売日当日も結構な争奪戦だったようで、噂によると今後しばらくの間は入荷すらしない雰囲気とのこと


なぜ・・・


iPhone Xは余裕で入手できました

ただ、同僚はiPhone Xをまだ入手できていません

なぜか

ソフトバンクだから


私もiPhone 3GからiPhoneを使い始め、たしかiPhone 5auに乗り換えるまではずっとソフトバンクで使っていました

そんな私以上に、iPhone 3Gの頃かそれ以前からずっとソフトバンクを利用し、今回のiPhone Xも発売日に入手するべく、予約等を頑張った方も大勢居ることでしょう

しかし、どうやらそんな方々ですら、ある意味裏切られた感じになっているようです

新規のユーザー確保も大事でしょう・・・でも、これまでずっと使ってくれている方はもっと大切なお客様だと思うのです

今回、酷い仕打ちに遭われた方の失望は相当なものでしょう

そういった失望からか、他のキャリアに乗り換える方もそれなりに居る様です


そしてそれと同じように、私も初代XboxからXboxシリーズをこよなく愛し

Xbox 360Xbox Oneでも楽しんできました


なのに・・・なのに

今回は発売日の入手はもちろん、年内に入手することすら難しいと思われる状況


失望です

マイクロソフトには失望です


もう怒りました

本当にプリプリしています


今回、Xbox One Xが買えなかったことで、上に書いた様なスマホのキャリア絡みなら速攻で乗り換えをしているところ

とくに乗り換えるところが無いというか、既に他の機種も揃っているので


致し方なく、マイクロソフトのライバルでもあるアップルにお金を使うことにしました


そんなわけで・・・

Xboxox_2

Apple Watchがもうすぐ届きます

プリプリしているので、Nike+のCellularモデルにAppleCare+もお付けし

ついでにAirPodsも注文


これで少し気持ちも落ち着きました


親愛なる奥様・・・ごめんなさい

お洗濯、これまで以上に頑張ります

定期的にオキシクリーンでの洗濯槽の洗浄も頑張ります

2017年11月 4日 (土)

Samsung QLED Car Pack

日々楽しんでいるForza Motorsport 7にアップデートがあり

Samsung QLED Car Packがリリースされました


今回は7車種が追加になった中、とくに気になったのがこちら

Forza7_ud171103_1

#20 COCA-COLA BLUEBIRD SUPER SILHOUETTE


ふむ・・・

Forza7_ud171103_2

ふむ・・・

Forza7_ud171103_3

ふむ・・・

Forza7_ud171103_4

ふむ・・・

Forza7_ud171103_5

これ、おっさんホイホイなのはおいといてもかっちょよすぎでしょ


とてもとても嬉しい追加車種だったりするんですが

ふと、一体何%の人がこれに喜ぶのかな?とも考えてしまったりします


他の追加車種はこんな感じ

今回、なかなか良い車種が揃っています


鈴鹿でぶいんぶいんしてみました

Forza7_ud171103_6

ごきげん


DLCでも、これまでと似たり寄ったりの車が追加されるんだろうな・・・と勝手に思っていたら

いきなりのこれ

今後のDLCにもとても期待できます

2017年10月 9日 (月)

Forza Motorsport 7

デモ版から楽しんできた、今回のForza Motorsport

レースゲームラッシュだったり、他のゲームもあったりしてなかなかエントリーもできなかったんですが

そこそこ遊んでみたので、この辺で適当なエントリーをしておこうと思います


Xbox One、Windows 10用ソフト

Forza Motorsport 7


起動すると、Turn 10ロゴのあとにタイトル画面

Fm7_1

これまでのPC版Forzaシリーズでは画面の設定が何故か変更されることもあったのが、今回はそういう事もありません


Xbox版の初代から数えて7作目

毎回2年おきに出してくれるので、ハード性能の向上や、同じハードであってもこんなことができるハードだったの?と毎回驚かされるソフトです

今回は、Xbox OneではForza Motorsport 5から続く3作目

この辺を別にすれば、初めてのForza MotorsportのPC版になります


今回もアルティメットエディションをWindows 10 ストアから購入したので、9月末からプレイすることができました

夢中すぎたのでいつものような直撮り画像すら無かったのが、数日後に思い出したかのように撮影しだした直撮り画像をペタペタしながら適当なことを書いていきます

Fm7_2

こういうカラーが直ぐに出てくるのも、このシリーズの良いところ

Fm7_3

バイナル職人さんには毎回感謝です


ぶいんぶいんしてみると

Fm7_4

やっぱり楽しい


ただ当初は、PC版Forza Hrizon 3で数ヵ月悩まされたのと同じような問題があったようで、走行中にカクっとすることが多々あったんですが

Fm7_5

この時のアップデートから、走行中はとくに気にならなくなりました

それでもメニュー操作中に無駄に重い部分があったりするので、その辺は今後直ることでしょう

それ以外は、クラッシュ等もなく楽しめています


あとは、あらら?と思っていたVIPの仕様もやはり問題となったようで

Fm7_7

お詫びの品が届きました


全体的な感想としては、グラフィックやサウンドがとても良くなっています

Fm7_8

こんな直撮り画像では分からないものの、美しい


さらにHDRにも対応したということで

Fm7_9

Windows 10のディスプレイ設定にてHDRと詳細な色をオンに変更

相変わらずデスクトップ画面は微妙な感じになるものの


ゲーム中はしっかりしたカラーになっています

Fm7_a

ハイダイナミックレンジ情報も表示され、こんな直撮り画像では分からないもののテールランプ等がとても美しい


コントローラー関係では、これまでのPC版では当初はFFBすらないという寂しい状況だったのが

今回は最初からFFBもあります

Fm7_b

その辺の感想はもう少しプレイしてから他のソフトのことも合わせて書こうと思っていますが、とくにこれといった不満もありません

ちなみに、PC版Forza Hrizon 3では使えなかったFANATEC「ClubSport Handbrake」も、今回はアナログ対応で使える様になっています(※現時点ではPC版のみ)


このソフトはパッドでプレイしても十分楽しいんですが

やっぱりハンドルコントローラーでプレイすると更に楽しいですね


そんな良く出来たForza Motorsport 7ではあるんですが

先日も書いた、3画面設定に不満があります

ほぼ同時にリリースされた他のソフトがこんなことを出来るようになった中、同じPC版のレースゲームであるForzaシリーズでも同じことがしたい・・・


Xbox 360世代に出来ていたことがXbox One世代になってから出来なくなり、それがPC版Forza Hrizon 3で再び出来るようになった時には

Fh3_aa_8

現在と同じ3画面設定であっても、ただ3画面というだけで喜んでいたんですが・・・

人間、どんどんと欲が出てしまうものです


こんな感じで殆ど内容のないエントリーではありますが、今後も他のレースゲームともども楽しんでいきながら、また余裕があれば適当なエントリーをしたいと思います

2017年9月21日 (木)

Forza Motorsport 7 Demo

昨日の夕方の時点では、アルティメット版のプレイ解禁日までじっと我慢して待つつもり・・・


のはずだったけど

Fm7demo_1

やっぱり待てなかった

Forza Motorsport発売前恒例の、デモ版プレイ祭りだー


インストール後の初回起動時は、小さなウインドウモードで起動

Fm7demo_2

わくわく


暫くすると勝手にフルスクリーンになり

Fm7demo_3

こんな直撮りでは分からないけど、設定画面から既に美しい


FFBの改善が噂されていたのでこちらも楽しみなものの、ハンコンでのプレイは製品版のその時まで我慢することにし

ここ最近はFFXIしかやっていないXbox One スペシャル エディション ブルー ワイヤレス コントローラーでプレイ

Fm7demo_4

当初はPCとのBluetooth接続だとリアルトリガー(インパルストリガー)が効かなかったのが、その後のWindowsアップデート等できっちり振動するようになり

当然このデモ版でもしっかりと情報を伝えてくれます

今作の代表車になっている911 GT2 RSの操作にしても、アクセルを残しつつのブレーキングが有効でドキっとしました


そしてこれまでは、適当な観客は違和感にしかならないから要らない

と思っていた観客も上の画像の様な感じ

何気に凄い


Forza Motorsport 6の時には、雨と水たまりの感触に驚かされましたが

今回のForza Motorsport 7では

コースを走っていると雨が降り始め、路面がだんだん濡れて水たまりができて来たと思ったらハイドロ

・・・というのもこのデモ版で確認できました

Fm7demo_5

そして、濡れた路面の反射も含め、美しすぎ


前作やPCで遊ぶことのできたForza Motorsport 6:ApexForza Hrizon 3でも微妙に思えていた視点についても

Fm7demo_6

元からこんな視点を選ぶことができます

当然製品版にもこの視点はあるでしょうし、これで3画面プレイとかしたら

これまでのシリーズでは違和感でしかなかった、ハンコンの前のハンドルやドライバーの手を見ることもなくなり、より自然な見た目でプレイすることができそうです

それに4K解像度ということで、メーター周りの描画も凄い

オーケーギュー

あとは、PC版Assetto Corsa等のように、モニタの角度調整機能やその辺の詳細設定があると最高なんですが、こちらは製品版にも無いのかな?

さらに理想を書くと、かつてのXbox 360を複数台使ったマルチモニタプレイ時の様に、モニタのサイズ差まで吸収できるような個別レンダリング設定が出来るとなお嬉しいです

あくまでも理想ですが、現在の個人的な環境のこともあるので書いておきます


まだ1画面でのパッドプレイで時間も少ししか遊べていませんが

正直ここまでとは思っていませんでした

ベストレーシング賞総なめというのも頷けます


9月29日のアルティメット版解禁日には、ちょっとおかしくなってしまっている3画面環境やハンコンも準備してプレイしてみようと思います

楽しみです


また、その1週間前(たぶん明日)には、PC版Project CARS2が解禁

レーシングゲーム祭りだー

2017年9月20日 (水)

2017.9.20の日記

発売日を楽しみに待っている、Forza Motorsport 7のデモが出ていた

Fm7d_t

今すぐやりたい

・・・けど、発売日にプレイする際の感動が薄れると思ったので

じっと我慢する


確認してみると、製品版の方もインストール可能になっていた

Fm7_i_t

発売日前にインストールしておき、発売日になったら直ぐにプレイできるのは嬉しいと思ってインストールしてみると

数MBでインストールが終わってしまった

前にも同じ様なことがあった気がするし、解禁日にドキドキ、イライラしながらダウンロードとインストールの完了を待つのも良いかと思い

そっとストアを閉じた


新しいiOS(iOS11)が出ていたので、iPhone 7 Plusに適用してみた

いろんなところの見た目が変わっていて、新しくなったと思った

Ip7_ios11

同時にいろんなappのアップデートもあり、今のところ普段使っているappは普通に使えている模様


あと、先日のミニスーファミの予約失敗に続いて

Xbox One Xの予約に失敗した


それだけ

2017年9月18日 (月)

2017.9.18の予約状況

最近購入したスプラトゥーン2ドラクエXIまでほったらかしにして、必死気味にプレイしているFFXIの方もそろそろ落ち着いてきた感が出てきたので

とりあえず積んでいるソフトからプレイしていこうと思っていたんですが


先日発表になったNintendo Direct 2017.9.14を見ると

いろいろと凄すぎました


たぶん同じ動画を見た末っ子も大絶賛だったようで

末っ子も欲しがったので、自分用と末っ子用の2本を予約注文したのが「スーパーマリオ オデッセイ

ついでに、ウェディングスタイルのamiibo3体セットも1つ注文しました


更に、これは買わねばと思ったのが、「ゼノブレイド2

こちらは自分用だけなので、ゴージャスな方を予約注文しました


あと気になったのが、アケアカの任天堂シリーズ

ファミコン版で遊んでいた当時からデパート等にあった所謂本物との差が気になっていたこともあり、たぶん初回のマリオブラザーズはもちろん、ほとんどの作品を買ってしまう事でしょう


他にも、今回紹介された中に面白そうなソフトが沢山ありましたが、これ以上は積んでしまうだけになりそうなのでとりあえずここまでにしておきます


あとは、注文済のこちらがもうすぐ解禁になります

Yyk_pc2

Steam版の「Project CARS2


他のソフトも含め、ここ最近はFFXIに必死過ぎて車ゲームのブインブインもやっていなかったので、久しぶりに購入するレースゲームソフトになります

あぁ・・・こっそり「DiRT 4」は買っていたんですが、こちらも積んだままです

Steam版はまだ日本語に対応していないソフトも多い中、今回のPCars2の様なソフトがどんどん増えてくれると嬉しいですね


あとは、当然の様にこちらも注文済

Yyk_fm7ue

Windows 10版の「Forza Motorsport 7

今回も、少々お得で先行プレイ権のあるアルティメットエディションにしました


新作レースゲームが今月に2週続けて遊べるのは、嬉しくもあり、忙しいと思ってしまう感もあり・・・

でも、やっぱり嬉しいですね


ちなみに、相変わらずamazonさんからあなたにお勧めとして送られてくるGT Sportに関するメールは即削除しています

かつてのGTシリーズの栄光も、ここ最近はネームバリューしかなくなった感じがしますし、個人的に、いろいろと遅すぎ、中途半端すぎといったイメージしか持てなくなってしまいました

それに、性能や環境に影響されがちなレースゲームにとって、世代交代もあって数年後にプレイできなくなってしまうかもしれない?ゲーム機縛りなのもちょっと考えさせられるところです

とはいえ、私もGTシリーズでレースゲーム好きになったようなものなので、見た目だけに拘らず、いろいろと走ることに拘ったGTを作ってもらいたいと思います・・・

そんなわけで、今回のGT Sportは要りません


あと気になっているのは、FANATECのシマウマさん

続報を待っています


他には、Ultra HD Blu-ray再生やXBOX Play AnywhereのPCのサブ機として気になっているXbox One Xも日本は後発となってしまいましたが

Xbox Oneの時の様に待ちきれずに海外版は買わず、日本発売を楽しみに待っています

当時とは違い、ForzaシリーズをはじめとするソフトがXBOX Play Anywhereということで、PCでもXbox Oneでも遊べるというのが相当ありがたいです


あとは・・・ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンの予約に失敗しました

ショックです

ミニファミコンの時と同じく、ミニスーファミ絡みの雑誌は2冊注文しているんですが

本体の予約開始日当日、母の車のバッテリー上がりの関係で用事をしていたところ、後れを取ってしまいました

一応、ネットの抽選販売に申し込みしているのと、今回は再生産や再販もあるようなので、普通に買えるその時を待とうと思います

転売屋からは絶対に買いません


こんなところです


それでは、連休最終日もヴァナディールで過ごしてきます

2017年5月11日 (木)

Forza Horizon 3 Hot Wheels

GW中に遊びたかった拡張パックが、ついにリリースされました


配信開始日の5月9日に確認してみたところ

Fh3_hw_1s

拡張パックのダウンロードとインストールはできたものの、本体のアップデートが行われずにまだ遊べない状態


日本時間では、10日の朝に解禁となったようで

Fh3_hw_2s

帰宅後にアップデートしてみたところ、バージョンがVer.1.0.64.2になりました

今回の拡張パックに合わせて、いろいろと改善も行われている様です

また、Windows 10 Version 1703の累積アップデートもありました


アップデート後、早速、お手軽にパッドプレイしてみたところ

Fh3_hw_3s

PC版「Forza Horizon 3」で「Hot Wheels」が遊べる状態に


本体側もいろいろと改善されているようで

設定項目が増えたり、フレームレートが安定したことも分かりました

Fh3_hw_5s

暫く、普段通りの車内視点でプレイしてみたものの・・・

今回の「Hot Wheels」ではループが多く、上を見ることが出来ない車内視点はちょっときびしめ

マリオカートの様な後方視点でのプレイが落ち着きます


今回の拡張パックはこれまでとは違った変更ということで、ループのあるコースが少し追加されただけなのかと思っていたら

Fh3_hw_4s

上の画像は今回追加されたマップの一部でしかないという広さにビックリ

これはまた、やりごたえがありそうです


最初はブツクサ書いていたBluetooth接続のXbox ワイヤレス コントローラーも、途中のWindowsアップデートで改善

Fh3_hw_6s

Xbox Oneとのワイヤレス接続時やPCとのUSB接続時同様

Bluetooth接続時でも、しっかりとリアルトリガー(インパルストリガー)が機能してくれる様になりました

もちろん、このゲームでも機能します


そこそこ準備が大変なこともあって、ハンコンでのプレイは週末くらいになりそうですが

この「Hot Wheels」には、パッドの方が合っているような気がしないでもないです


最初は、リアルっぽいこのゲームでこれは・・・と、疑問視していたものの、やってみると何気に面白い

まだやり始めたばかりなので、引き続いてグルグルしたりピョーンしたりを楽しみたいと思います

より以前の記事一覧