« (/ー\*) | トップページ | い、要らない »

2011年4月 3日 (日)

久しぶりに鳴らしてみた

末っ子が今年から小学校に上がるということで、末っ子用の部屋を準備しないといけません。

 

そこで、今日はプチ引っ越しの日です。

プチ引っ越しといっても模様替えみたいなもんですが、とりあえず居間を1階に移動しました。

 

重いものから運んでいくと、暫くするとこんな感じに・・・

Mg110403_1

最初は私がこの部屋に来て今の部屋を末っ子に明け渡す予定だったものの、いろんな事情からこの部屋を居間にすることにしました。

元々ピアノが置かれていた部屋を改築した部屋なので窓が二重サッシだったりして良い部屋なんですが、今の部屋に比べて電源容量が不足気味なのと、今の部屋にネット等の回線が入ってきてたりそれ用の機器類もUPSで保護してたりすることもあって、それらを全部移動するのは大変だと思って断念。

 

上の写真のオーディオ機器も2階にある時は邪魔扱いされて隅っこに追いやられ、スピーカーは部屋の隅に2つ並べられて金魚の水槽が置かれたりしていました。

どっちにしても鳴らせなかったので、ここ数年は接続ケーブルも全て外して鳴らない様にしてたんですが・・・

今回ここぞとばかりに接続して鳴らしてみました。

 

ちなみに機種は🔍

Mg110403_2
アンプは、サンスイ「AU-α907L EXTRA

Mg110403_3
CDプレーヤーは、ソニー「CDP-X77ES

Mg110403_s
スピーカーは、ダイヤトーン「DS-97C」です

どれも今から20年程前のものですが、当時、この価格帯の中では最善のものだったのではないでしょうか。

 

とりあえず簡単に床置きし、CDプレーヤーとアンプはバランス接続。

Mg110403_4

スピーカーケーブルも接続。

 

そして数年ぶりにこのシステムで聴くCDはこちら。

Mg110403_5
矢野顕子の「ピヤノアキコ。 - the best of solo piano songs -」。

これも4年くらい前の作品ですが、CD層とSACD層のハイブリッドディスクになってます。

 

このCD層を聴いてみた訳ですが・・・

Mg110403_6

部屋の関係でライブ感があるものの、どの機器も完動して良い音を聴かせてくれました。

 

同じソースをSACDで聴いた時はこんな感じでしたが、再生環境の質が違うのでやっぱりCDでもこっちで聴く方が格段に良い音ですね。

改めてどれも良い機器だと感じました。

 

今回は部屋が広いのもあって鳴らせる環境のまま置いておけそうなので、これからは時々懐かしいCDでも聴こうと思います。

« (/ー\*) | トップページ | い、要らない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (/ー\*) | トップページ | い、要らない »