« 肛門周囲膿瘍とUC(その31) 手術前検査 | トップページ | あの時の本がそのまま »

2015年9月16日 (水)

YAS-203のエージング

先日購入して頻繁に使用している

フロントサラウンドシステム、YAMAHA「YAS-203

 

ほとんどは、テレビのチープなスピーカーの変わりとしてテレビを見るときに使ったり、ゲームをするときに使う事が多く

音楽ソースを聴く機会は余りありませんでした

そこで、先日良いソースを入手したので、ちょっと大きめの音で鳴らし、エージングも兼ねてスピーカーの慣らしをしてみることにしました

 

メインスピーカーは、棚の一番手前まで持ってきます

Yas203_ag_1

スピーカーの上下に空間ができることから、他に影響されにくい音になります

サブウーファーも、ポートが邪魔にならない程度に前に出します

Yas203_ag_2

おかしな共振が減ります

購入時のエントリーにも書きましたが、こんな設置方法でここまでいい音が鳴るのにはビックリします

ソースはダライアスバースト アナザークロニクル オリジナルサウンドトラックより

Yas203_ag_3

組曲光導 ~第五曲 暴君~

低音成分も豊富なので、サブウーファーの慣らしにも最適です

このスピーカーですが、ピアノ系の楽曲からこういったデジタル系の楽曲

それに迫力のあるゲーム等の効果音まで遜色なく再生してくれます

 

改めて買って良かったと思いました

« 肛門周囲膿瘍とUC(その31) 手術前検査 | トップページ | あの時の本がそのまま »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 肛門周囲膿瘍とUC(その31) 手術前検査 | トップページ | あの時の本がそのまま »