« 現時点のお薬(2020.10.19) | トップページ | 未だ解決せず »

2020年10月19日 (月)

X570 AQUAのBIOS更新

毎月ほんの少しずつ準備をしている「自作PC2020intel環境にしようと思っていたものの、先日、赤い所の発表を見たと思ったら・・・

X300_add_2
何故か部屋の隅っこに白い箱がありました。

そして静かに11月某日を待っていたんですが、同じASRock繋がりのDeskMini X300も落ち着いたことから先にできる準備をしておこうと思い、久しぶりに奮発して購入したUSBメモリを1本取り出して念のためにFAT32でフォーマット。

Abiosfb_x570aquq_1
ASRockのWEBサイトから、次の更新内容のBIOS(2.60)ダウンロード。
1. Update AMD AGESA Combo-AM4 V2 1.0.8.0 Patch A
2. Support AMD Ryzen™ 5000 Series processors

あとは、操作手順書に従って作業することにより・・・

Abiosfb_x570aquq_2b
対応CPUの無いマザーボード単体で、ASRock USB BIOS Flashback機能によりUSBメモリからBIOSの更新が行えます。

 

手順に従い、ダウンロードしたBIOSファイルを解凍して「creative.rom」に変名したものをUSBメモリに入れます。

こちらも部屋の隅っこに隠れていた電源ユニットを引っ張り出し・・・

Abiosfb_x570aquq_3
メインの電源ケーブルは、念のためにUPSバックアップのある電源タップに接続。

Abiosfb_x570aquq_4
電源ユニット側には今回の作業に必要な24pinケーブルのみ接続し・・・

Abiosfb_x570aquq_5
反対側をマザーボードに接続。

この状態で電源ユニットのスイッチをオン!

Abiosfb_x570aquq_6
数か所がピカピカ光り始めました。

準備したUSBメモリを専用のUSB BIOS Flashbackポートに挿して隣にあるBIOS Flashbackスイッチを約3秒押すと・・・

Abiosfb_x570aquq_7
BIOS Flashbackスイッチが緑色にピカピカ点滅し始めました。

Abiosfb_x570aquq_8
この時、電源ユニットのファンはピクリともしていません。

Abiosfb_x570aquq_9
暫くすると点滅の間隔が短くなっていき、更に暫く待つと消灯。

おそらく正常にBIOS(2.60)に更新できたかと思います。

 

これでとりあえずAMD Ryzen™ 5000 Series processors対応にはなったので、11月某日以降にZen3を入手できれば、このままでもPost/Bootは出来るはずです。

ただ、先日ASRockから公開されたASRock、マザーボードのAMD Ryzen 5000シリーズへの対応によると、このX570 AQUAが一覧に無いのが気になります・・・

単なる対応表への記載漏れか、それともAGESA 1.1.0.0以降での正式対応で世界の999人を切り捨てるのか💦

X570チップセットだし、まさかそんなことはない!と信じて疑わず、この状態で11月某日を楽しみに待とうと思います。

« 現時点のお薬(2020.10.19) | トップページ | 未だ解決せず »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 現時点のお薬(2020.10.19) | トップページ | 未だ解決せず »