ゲーム(PC他)

2020年11月23日 (月)

押し入れ掃除(自作PCの本とか)

ここ最近、なんとなく押し入れの掃除をしているので、そこから出てきたネタになりそうなことをぽつぽつエントリーしておきます。

 

まずは、最新の自作PCの本です。

Jpcbook_202011o_1
タイトルは、PC自作派 Vol.6 April

ちらっと中を見てみると・・・

Jpcbook_202011o_2
自作の心得 平成十年 春

読んでみると、規格こそ古いものの内容は今と変わっていない気もします。

Jpcbook_202011o_3
ソケット7 & AGPで次世代標準機を作る

左のページには懐かしのFINAL REALITYも・・・当時は良く走らせていたのを思い出します。

Jpcbook_202011o_4
裏表紙の広告も懐かしい感じ🔍

 

あと、こんなものも出てきました。

Jpcbook_202011o_5
フライトシミュレータ 出撃マニュアル

この本が一緒に並んでるということは、自分的には自作PCといえばフライトシミュレータ!

何時の時代も、フライトシミュレータを快適に遊びたいからこそ自作PCを組んだりする!んだと改めて思いました。しらんけど

Jpcbook_202011o_6
Microsoft Flight Simulator Ver.5.0

今回の自作PC2020計画は、Microsoft Flight Simulator 2020を快適に遊ぶためのものになります。

Jpcbook_202011o_7
この本は、約26年前のものでした・・・

しかも光栄さんの本。

 

Webや電子データなんかももちろん良いものですが、こういった紙の本を残しておくと読み返した時にいろんな気持ちになれていいですね。

フライトシミュレータ出撃マニュアルは、もっとじっくり読み返してみようと思います。

押し入れ掃除(UOとかの本)

ここ最近、なんとなく押し入れの掃除をしているので、そこから出てきたネタになりそうなことをぽつぽつエントリーしておきます。

 

まずは、懐かしのゲームソフトのマニュアルや攻略本から📖

Uobook_202011o_1
ULTIMA ONLINE SECOND AGE PlayGuide

これはたしか、ウルティマオンライン セカンドエイジのパッケージに入っていたマニュアルだと思います。

Uobook_202011o_2
ウルティマ オンライン 公式ガイドブック

宝島社のUOの攻略本

Windows95 インターネット専用というところに時代を感じます。

Uobook_202011o_3
ウルティマ オンライン 公式ガイド

こちらはソフトバンクの攻略本

Uobook_202011o_4
ウルティマ オンライン ザ セカンドエイジ

Windows 95にWindows 98も追加されました。

 

あと、こんなものも一緒に出てきました。

Uobook_202011o_5
ウルティマIX アセンション 公式ガイド

Uobook_202011o_6
ディアブロII 公式ガイド

ただ押し入れに放り込んでいただけではありますが、物持ちがいいですね・・・

 

ちらっと中を見てみると📖

Uobook_202011o_7
Minocとか、とても懐かしい。

Uobook_202011o_8
でも、自室の壁にはまだ布製マップが貼られているので、UO自体はそれほど古いものだと感じません。

 

一緒に出てきた他のネタに続きます。

FFXI日記(2020年11月)

復帰(新規スタート)組のFFXI日記です

2017年5月に約10年ぶりに新規で再開しまた必死になったり落ち着いたりしつつプレイを続けているファイナルファンタジーXI

 

・・・

 

少し前になりますが、2020年11月のアップデートがありました✨

Ffxi_202011u_e_1
10月のアップデートがしょぼめだったことから、11月のアップデートには期待。

Ffxi_202011u_e_2
前日眠くて見逃してしまった、もぎヴァナのえみりん登場回(←動画が再生されます)を見ながらメンテ明けを待ちます。

 

メンテが終わると、まずはいつものマンスリー目標をこなしていきます。

Ffxi_202011u_e_3
メインはSPキーも持っていたので即日完了。

倉庫でも順に嫌々イベントを見るだけの無駄な時間を過ごす作業をこなしていきました。

おかげでメインと同アカウントの倉庫もディードが貯まり、ほぼ全てのキャラでパルスアームズが貰える状態になりました。

 

そして、忘れない様にノマドモグボナンザも全アカウントの全キャラで購入。

良いものが当たるといいな🎵

 

あとは、蝕世のエンブリオ」のストーリー追加分を楽しみました。

Ffxi_202011u_e_a1
Ffxi_202011u_e_a2
Ffxi_202011u_e_a3
メインキャラですら、水着でもアレでもワープする術がないのに今更気付き、久しぶりに船が来るのを待ちます・・・

Ffxi_202011u_e_a4
これに乗るのは何時ぶりだろう・・・

あとは、ナニ持ってこいソレ持ってこいというお使いをこなしていきますが、何気にめんどくさいと思わずに楽しむことができました。

どうやらお使いに飢えているようです。

Ffxi_202011u_e_a5
ネタバレ回避で途中のことは書かず、シャントットたんに報告したりして楽しかったシナリオ追加分はおしまい。

 

しかし、シャントットたんかわいいですね。

無性にもぎヴァナでも紹介されていたこちら(←動画が再生されます)が欲しくなりました。

Ffxi_202011u_e_b1
ファイナルファンタジーXI BRING ARTS シャントット&チョコボ

Ffxi_202011u_e_b2
・・・と思っていたら、無意識のうちに注文してしまってました。(消費税分はポイント利用)

 

発売日は2021年4月24日とちょっと先。

その頃には蝕世のエンブリオ」はどんなストーリーになっているんだろう。

どちらも楽しみです🎵

ただ、白魔道士のパーカーを着たナウなヤングがシャントットたんのお人形さんを愛でてる姿は想像しないで下さい。

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2002 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

2020年11月22日 (日)

IvyおじさんからZen3おじさんへ

3連休の中日にこんにちは。

 

先日、サブPC(汎用)ではBloomfieldおじさんからRenoirおじさんになったところではありますが・・・

メインPC(ゲーム用)ではまだIvyおじさんです・・・

少しカッコよく言い直すと、Ivyナウなヤングです。

 

これまでもゲームをプレイする際に

CPUやメモリ周りがボトルネックになっている!

と思うことは多々あったものの

4K解像度ならグラボ性能が大事でCPU周りはそれほど影響しないからまだ大丈夫!

と自分に言い聞かせながら、既存のゲーム用PCの購入から約6年の間に5種のグラボを使ってきました。

※全てnVidiaのもので、元々載ってた700系のアレ > GTX 980 ti > GTX 1080 SLI > RTX 2080 ti > RTX 3090

 

これまではなんとかそんな感じで凌いでこれたものの、最適化不足のアレは置いておいてもここ1,2か月の間に発売されたUbiのゲームが重い💧

昔からUbiのゲームはCPU性能が大事だったものの、今回の2本はとくに重い💦

 

まずは、発売日が後なものの都合によりこちらから始めた・・・

Xbsx_p_g1
アサシン クリード ヴァルハラ(ASSASSIN CREED VALHALLA) 

こちらはある意味これまでのアサクリシリーズと同じような造りなので、重いのは重いけどそこまでではありません。

Xbsx_p_g2
CPU負荷が高めなものの、(ほぼ)最高設定でも4K解像度で(ほぼ)60fpsでプレイ可能。

ただ、CPUがもっと良いものなら、もっと(ほぼ)最高設定にしても安定してプレイできるんだろうな?とは思います。

あと、先日出たAMD Radeon RX 6000シリーズnVidia系グラボのベンチマークを見ると、ゲーム起動時にAMD系ロゴが出る分、次世代CS機を含むAMD系に最適化されているのが分かりました。

 

・・・

 

そしてもう一つのゲームがグラボの発送が遅れたせいでキャンペーンに乗り遅れたこちら。

先に始めたアサクリが終わるまでは手を付けないでおこう!と思っていたものの、アサクリがあそこまでAMDに最適化しているのならnVidiaに最適化しているはずのこっちはDLSSやらもあって軽いのかな?と思って起動してしまった・・・

Wdl_pf_0
ウォッチ ドッグス レギオン(WATCH DOGS LEGION)

Wdl_pf_1
起動時にはNVIDIA GEFORCE RTXロゴが表示。

Wdl_pf_2
まずは解像度やHDR有効等の基本的な設定を行い、グラフィックの詳細設定を変更しながらゲーム内にあるベンチマークを走らせてみます。

こちらはリアルタイムレイトレーシングがバリバリ使われていて何気に綺麗。

Wdl_pf_3
ただ、いろいろと設定を変更してみてもベンチマーク結果にそれほど差が出ません。

レイトレの設定を変更したり、DLSSの設定(レンダリング解像度)を変更しても、そこまで結果は変わらないのです。

何故だろう?・・・と思って影響タブに切り替えてみたところ🔍

Wdl_pf_4
FPSへの悪影響:CPU性能が低いと、ある意味ハッキリと厳しめのことを指摘されてしまいました💦

どうやらCPU周りのボトルネックにより、グラボが本気を出せないようです。

グラボは最新(RTX 3090)、ドライバーも最新、OSも最新、でも・・・

Wdl_pf_5
CPUがIvy Bridge-Eではダメな様です。

このCore i7-4930Kは、発売当時はSandyおじさん最上位の3960Xをも凌ぐ程の6コア12スレッドCPUでした。

ゲーム上のスペック表記ではデフォルトクロックなものの、メーカーOCにてベース3.8GHz(ターボブースト時4.1GHz)で動作するようになっています。

だがしかし、このゲームでは・・・FPSへの悪影響:CPU性能が低いとの判断。

実際に設定を変更しながらキャンペーンをちょっとやってみたところ、デフォルトTDP130WのCPUがほぼ常時高負荷で動作し、それ周りの冷却ファンも煩く、フレームレートも場面によって大きく上下してしまいます。

その割にグラボの負荷はそれほどでもなく、GPU温度も安定している模様。

 

・・・

 

これを見てください🔍

Wdl_pf_a1
レギオンの直後に動かしたのでまだ温度は高めなものの、同じ最新グラボが乗ったWindows 10 PCで動いているD3D8世代のほぼ無負荷のこのゲームソフトでは、時々負荷の上がる1スレッドだけが4.1GHz動作しているのが分かるかと思います。

グラボは、このソフトの4K解像度最高設定でもほぼ無負荷。

暫く遊んでいるとCPU,GPUともに温度も下がり、さっきまでのは何だったのかと思うほど静かなPCになりました。

これでは・・・

Wdl_pf_a2
Ivyおじさんは無理してDirectX12世代のゲームなんか遊ばず、DirectX8世代のゲームでも遊んでいなさい!

・・・と、FFXIメインキャラ同アカウント第一倉庫さんに言われている気がしてなりません💧

 

でも、時々こういったことがあるからこそ、PCをアップグレードしたい!と思えるんですよね。

これまではグラボのアップグレードだけでなんとか?なってきたのが、ついに難しくなってきました。

今回の2本のソフトももちろんそうですが、一番の目的はMSFS2020をもっと快適にプレイしたいという思いがあっての自作PC2020計画。

※MSFS2020は取り急ぎハード性能を活かせるような最適化をお願いしたい・・・という気持ちもあるものの、ある意味このソフトは長年に渡ってソフトウェアの最適化やハードウェアの進化を楽しめたり実感できるソフトという意味でも期待しています。

 

PCの性能アップも全て遊びたいソフトのため!

PCだけではなくCS(家庭用ゲーム機)も含めたハードウェアの性能向上は、そのハードウェアで遊べるソフトウェアを快適に動作させるために必要不可欠なのです!

そんな高性能PCでこれまで重かったソフトやこれから発売になる重そうなソフトも遊びますし、これまででも軽すぎたFFXIも遊びます。

 

今は時期が悪いおじさんもほぼ納得の良いタイミングです。

Zen3 CPUを含むパーツ類がほぼ揃った自作PC2020を組むのにとても良いタイミングなのです。

 

私はもうすぐ、IvyおじさんからZen3おじさん・・・

少しカッコよく言い直すと、Zen3ナウなヤングになるのです✨

なんとなくVermeerおじさんとは言いません。

 

こんなどうでもいいエントリーをする暇があるならさっさと組めばいいのに・・・というのも分かりますが、自作PC2020用のグラボがまだなのです。
ベアボーンは無かったことにするとせっかく久しぶりに組む自作PCなので、たとえGPUは既存PCと同じ緑の所の9になっても、グラボにも拘ってできれば最初から水冷ブロック付きのものにしたいのです。
赤い所の9の実ベンチが出た直後位に、主要メーカーからWB付きの9のやつや3スロットのあれが出ることに期待しています。

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2002 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

2020年11月13日 (金)

XBOX Series X

発売日に到着したもののやけに長引く風邪気味のため、数日放置していた夢の次世代機を開梱、設置、プレイ等してみたのでエントリーしておきます。

Xbsx_p_a1
Microsoft XBOX Series X

箱は思っていたよりコンパクト・・・だけどその分ずっしり重い。

お持ち帰り用の専用バッグっぽいものがあるのも分かります。

Xbsx_p_a2
開けてみると、中央に本体が入っていました。

Xbsx_p_a3
上側の白い部分には、電源ケーブルやHDMIケーブル、ゲームパッドなんかが入っています。

Xbsx_p_a4
本体を取り出すと、その下には簡単な端子の説明や、スマホアプリを使ってのセットアップ方法なんかが書かれた紙が入っていました。

Xbsx_p_a5
こちらは新型のコントローラー。

十字ボタンの形状が変更になり、ちっこいボタンが1つ増えたりトリガーの形状が変わったりしました。

ちょっと握ってぐりぐりしてみましたが、とても使い易く何の違和感もありません。

別途購入した白い方PCで使うので、XBOXPCでのゲームパッドの操作感も揃います。

Xbsx_p_a6
やっぱりバッテリー内蔵の充電式より、エネループが使えるのが嬉しい。

Xbsx_p_a7
こちらは電源ケーブルで、細めの2PなのでXBOX One Xのものと見た目はほぼ同じ。

添付のHDMIケーブルは使わないので取り出してもいません。

Xbsx_p_a8
重い本体を取り出してみました。

これまでWEB等でしか見たことのなかったこの形状の本体がついに自室へ・・・いつも新型ゲーム機を入手した時は感慨深いものがあります。

Xbsx_p_a9
本体上部はこんな感じで、中には大型のファンが見えています。

縦置きだと未使用時のホコリ侵入が気になりそうではありますが、動作時は静かに良く冷えそうでもあります。

Xbsx_p_aa
これまで頑張ってくれていたXBOX One Xちゃん。

Xbsx_p_ab
早速取り外し、なんとなく2台並べてみました。

こういう本体があってもカッコいいですね。

Xbsx_p_ac
本体背面はこんな感じでシンプル。

S/PDIFが無くなったのが微妙に残念ではありますが、時代の流れやコスト削減ということで仕方ないのかもしれません。

長めのスロットに挿す拡張SSDもあちらのAmazonで注文しているので、届いたら挿してみます。

 

仮設置してみました。

Xbsx_p_b1
念のためにUPSバックアップのあるタップから電源を取り、有線LANとHDMIを接続。

HDMIは、まずは普段からゲームでも使っている4Kテレビ(東芝 REGZA 50Z810X)に接続してみました。

Xbsx_p_b2
残念ながら一番最初の初期起動画面は撮れなかったものの、本体のアップデートがあり、その後コントローラのアップデートもありました。

どちらも思ったより早く終わりました。

接続モニターも勝手に認識しているようで、自動的に4Kモードになっています。

Xbsx_p_b3
最初から、XBOX Series Xが届いたらまずはパンツァードラグーン オルタから遊ぶと決めていたので、まずはこちらからインストール。

Xbsx_p_b4
他には、X/Sアイコンがついている最適化されたソフトも気になったのでインストール。

このOri and the Will of the Wispsは発売時に丁度PCXBOX One Xで交互にプレイしており、XBOX One X版に微妙に不満があったのでその辺の確認もしてみます。

Xbsx_p_b5
ダウンロードの途中、設定からHDR Game Calibrationをしてみました。

この画像では全くもって分かりませんが、調整された画像がとても美しい。

Xbsx_p_b6
全般ビデオモードの設定はこんな感じで、自動HDRもオンになっています。

Xbsx_p_b7
そしてやってみたパンドラオルタ・・・

テレビの入力にもHDRが入っており、プレイ中の4KレンダリングはこれまでのXBOX One Xと変わらず美し過ぎるものの、自動HDRによっていろんな場面でHDR感を味わえました。

これは、パンドラオルタのためだけにXBOX Series Xを買うのもありですね。

同じようなことをXBOX One Xを購入した時にも書いたような気がします。

Xbsx_p_c1
続いてOri and the Will of the Wispsです。

タイトルが出た瞬間、あら?こんなに綺麗だったっけ?と思いました。

これもHDRキャリブレーションのおかげかもしれません。

Xbsx_p_c2
起動後、お前のテレビは4K/120Hzが入らないうんこなので、仕方なくスーパーサンプルの6K/60fpsで動作してやんよ!とのメッセージ。

とりあえず、以前PCXBOX One Xで交互にプレイしたときにあった違和感がないかを最終セーブデータからプレイして確認してみましたが、なにも感じません。

当時の違和感は、XBOX One Xでも綺麗なものの、やっぱりPC版に比べると画面がぼやけていたりプレイすると微妙にひっかかりがあったり操作タイミングが微妙に違っていたりしてプレイしづらいというもの。

当時からのアップデートによる改善かX/Sアイコンによる最適化によるものかは分かりませんが、これならどちらでプレイしても問題ない・・・むしろ簡単に綺麗にHDRの絵が出るXBOXでやる方が良いとも思えました。

Xbsx_p_c3
デイトナUSAも当たり前のように良いですね!

 

続いて、4KテレビからWQHD 144Hz(HDMIの場合)まで入るゲーミングモニターに変更して確認してみました。

モニターはGIGABYTE G32QCです。

Xbsx_p_d1
設定を変更し、解像度を1440p、リフレッシュレートを120Hzに設定。

Xbsx_p_d2
このモニターにはFreesync Premium Proが付いているので、可変リフレッシュレートを許可するもオンにできます。

そのままOri and the Will of the Wispsをやってみたところ、4Kを許可にもチェックがついていたので4Kで出力され、4K 60Hzで入ったものがモニター側でダウンスケールされたWQHD 60Hzになって微妙な感じ。

そこで4Kを許可のチェックを外してみると・・・

Xbsx_p_d3
モニターにはWQHD 120Hzで入るようになり、AMD Freesync Premium Proも効いているようです。

ゲーム側設定を120fpsモードに変更し、同じように最終セーブデータからプレイ。

Xbsx_p_d4
120Hzで出てはいるけどこの環境で120fps動作しているのかは正直不明なものの、こちらでもスムーズに違和感なくプレイできました。

ただ、こういったゲームの場合は60fpsでも普通に楽しめますし、映像美的にHDRが重要だと思うので、いわゆるゲーミングモニターのただHDRに対応してますよ的なDisplayHDR(このモニターはDisplayHDR 400)では見栄えがそこそこのテレビと雲泥の差です。

このソフトは出来ればそれなりにHDRのしっかりした4Kテレビでプレイした方が良いと思います。※個人的な感想です。

Xbsx_p_d5
続いて、こちらも気になったのでインストールしてプレイしてみました。

※ここからは、また最初の4Kテレビ(東芝 REGZA 50Z810X)でのプレイになります。

このGears 5XBOX One Xでも十分綺麗にプレイ出来たものの、やはりPC版と比較するとタイトル画面からテクスチャが大違いだったり、プレイ中もいろいろ微妙だったりしたのを感じていたんですが・・・XBOX Series Xでプレイすると全くそういうことは感じません。

むしろ、これもXBOXでプレイした方が良いなと感じました。

相当価格も頑張ってくれているのは分かりますが、わずか5万円のゲーム機でこんなことを思えるなんて・・・素晴らしいと思います。

Xbsx_p_d6
続いて、Forza Horizon 4もやってみました。

こちらはXBOX One Xでは4Kだと30fpsになっていたのが、XBOX Series Xになると4Kでも60fpsで動作するとのこと。

そのせいもあってこちらのソフトはほとんどPCで遊んでいたんですが・・・これもHDRから何からを考えると、シングルモニターでパッドプレイする場合はXBOX Series Xで遊ぶ方が良いと思えました。

いろいろと凄すぎますね。

Xbsx_p_d7
他にも大作ソフトを順次ダウンロード。

これまで動いていたものはしっかり動くという安心感。

 

そんな感じで、XBOX One X比ではPCで遊ぶよりXBOXで遊ぶ方がいいと思えるものが増えたのは事実。

・・・ですが、相当重いものはやはりPCで遊ぶ方が良いものもあります。

Xbsx_p_g1
こちらは、アサシン クリード ヴァルハラ

以前からPC版を購入していたのでPCでプレイしていますが、さすがにこのソフトはXBOX Series Xの性能を以ってしても重いみたいですね・・・

Xbsx_p_g2
でもそんな重いソフトでも、PCでプレイすると最高設定から少し変更するだけで4K解像度でもほぼ60fpsでプレイできます。

ただ、それなりなグラボが必要になったり、これ系はCPU周りの性能も重要なので、自作PC2020でこちらになれば今のゲーム用PCよりもっと快適に楽しめそうです。

Xbsx_p_g3
MSFS2020も今のところPCでしか遊べません。

早くXBOX向けの最適化をして、ついでにPC版の最適化もしてもらいたいものです。

 

そんな感じで、ゲームをする際のゲーム機(PC含む)やモニター、コントローラーなんかも遊ぶものによって使い分けるのが良いと思います。

XBOXでしか遊べないものも過去作や互換があるものを含めると沢山ありますし、そのせいで今後も互換がある限りずっとXBOXを買い続けていくことでしょう。

Game Pass Ultimate含めてどちらでも遊べるものは好きな方で遊び、場合によってはセーブデータの同期も簡単なので交互に遊んでみるのも良いかもしれません。

その比率が今回のXBOX Series Xの性能アップによってグーンと上がりました。

PCでしか遊べないものやPCで遊ぶ方が良いものはPCで遊び、他のゲーム機も同様に遊びたいものを遊びやすいもので遊ぶという使い分けが良いかと思います。

~があれば~は要らないなんてことは人それぞれですし、必要な人にはそこそこなPC主要CS全機種程度はごく当たり前のように必要になることもあります。

逆に、スマホがあれば他はとくに何もいらない・・・って人が増えてきているのが残念でもあります。

ただ・・・欲しいのに買えないのはどうにかしてほしいです。

 

一通り確認もできたところで、予定していた場所に設置しました。

Xbsx_p_z1
今回も底面には、信頼と実績の押し入れ在庫からハプラゲルのスーパー衝撃吸収を四隅に貼って横置きに。

下側のお洒落な台座ちゃんも頑張ってくれています。

もし今後PS5が買えた場合、形状的にXBOX Series Xの上にPS5が横置きで乗るようになるでしょう・・・もうどうせなら黒い本体が出るまで待とうかな。

 

設置場所は床から随分高いメタルラック上なので吸気口から埃を吸うこともほぼないでしょうし、これならフルシャットダウン時に排気口に埃が乗ることもほぼないでしょう。

ちなみに、ゲームの動作中含めてXBOX Series Xはほぼ無音。

この辺はXBOX One Xの実績があったので心配していませんでしたが、この性能でこの静寂性は驚きです。

排熱もしっかり行われており、設計の素晴らしさを感じました。

XBOXでは初めてローカルドライブがSSDになりましたが、その恩恵もありまくりでとても快適。

サーバも強いので、容量が大きめなソフトのダウンロードも速い。

 

最後に、4K Ultra HD Bru-Rayを再生してみました。

Xbsx_p_z2
普通に再生できますが、本体に近寄るとドライブ音が気になります。

サザビー出ます!サザビー発進!の音声が煩くない程度に音声のボリュームを上げると気にならない程度です。

君のような支えがいる・・・まで見ていると、全く意識しない様になっています。

 

とりあえずこの辺で終わります。

 

=== 関連エントリー ===

■Xbox Series X|S用 Seagateストレージ拡張カード
https://mru.txt-nifty.com/blog/2020/11/post-c65573.html

届いた荷物(ゲーム関連他)

数か月前から注文していた荷物をはじめ、昨日のこれに続いていろいろ届いたので自分メモ的にエントリーしておきます。

 

まずは、9月のXBOX Series X予約開始日に何となくMicrosoft Storeで注文していたコントローラーが、他のショップで注文した本体到着から2日遅れで届きました。

Nmt20201112_a1
Xbox ワイヤレスコントローラー ROBOT WHITE

XBOX本体もXBOX Series Xになったので、PCで使っているコントローラーも同タイプにしようと思って購入しました。

 

続いてはこちら。

Nmt20201112_b1
Microsoft Sculpt Ergonomic Mouse L6V-00013

普段使いのPCで愛用しているマウスですが、押し入れ在庫が無くなったので補充しました。

暫く欠品している期間があったので生産中止かと心配しましたが、ちょっと待たされたものの入荷後に発送されました。

余裕のある時にもう一個買っておこう。

 

続いてはこちら。

予備があっても予備を使ってしまうと予備が無くなるので勿体なくて使えない・・・誰に似たのかそんな性格の末っ子が未だに効きの悪いジョイコンを使っているのを不憫に思い、この前購入した予備の予備となるものを追加。

Nmt20201112_c1
スーパーマリオブラザーズ35周年シールの下には・・・

Nmt20201112_c2
任天堂 Joy-Con(L) グレー
任天堂 Joy-Con(R) グレー

単品なら、もう普通?にMy Nintendo Storeで購入することが出来るようになりました。

しかも、セットで買ってもバラで買っても同じ値段になったようです。

これで、やっと前に買ったのを使い始めるかな?

 

最後は、末っ子のスマホケースです。

Nmt20201112_d1
Apple iPhone11 Silicone Case - Black

今使っているのもこれと同じで、カバンに入れていると角が痛んだので新しいのが欲しいということでこちらを購入しました。

高校生にもなるとスマホのケースは自分で好きなものを選んだりするような気もするんですが、誰に似たのか一度気に入ると同じものばかりを選んだり変な拘りがあったりする性格なため、今と同じものがいいとのことでこれになりました。

親愛なる奥様にも、つまらん男じゃのぉ・・・もっと他のもの選んだり冒険しなや!と言われてました。

末っ子いい子いい子。

2020年11月 8日 (日)

SimVibeがMSFS2020に対応?

ぶいんぶいんゲームでお尻をどかどかしてくれたりする、SimVibe(SimXperience Sim Commander 4)

そんなナイスなソフトをアップデートすると、気になる記載がありました。

Sv202011ud
Version 4.2.17.0のDetailsに・・・

Microsoft Flight Simulator 2020 initial support

 

およよ?

SimVibeが結構楽しんでいるMSFS2020に対応?

ただ、後ろの注意書きを読むと暫く様子見した方が良いのかもしれません。

2020年11月 7日 (土)

MSI GeForce RTX™ 3090 GAMING X TRIO 24G

日々節約を重視する生活を送っているため、国内ではなくわざわざ海外で購入したアイテムが到着したので、初期不良確認、動作確認の模様をエントリーしておきます。
※先に書いておきますが、大した内容はありません。

ちなみに、遅れて届いたものの一応最新グラボということで、これから組む自作PC2020のパーツになりそうではあるんですが・・・今回は既存のゲーム用PCで使うことにしました。

そう、何を隠そう、赤い系のCPUが届いたら組み始められそうな自作PC2020を組むのも、今回のグラボをあえて既存PCに入れるのも、この辺から続く末っ子のためを思ってのことなのです!

末っ子の将来を思えば、致し方ないのです!

 

もう少し前置きが続きます。

既存のゲーム用PCと言えば、購入からもう6年が経ったものの故障することなく頑張ってくれているALIENWARE Aurora R4
ケースはALXタイプで、電源ユニットは875Wのもの。

このBlog的には、現時点のグラボは最後にちゃんとエントリーしたGTX 1080のSLI構成になってはいますが、現在使っているグラボは当時の家庭の事情でエントリーできなかった別のものになっています。
そんなグラボを今回届いたグラボに交換し、そんなエントリーをこっそりちょっと前のエントリー間に差し込む感じにすることにします。

前置き終わり。

 

・・・

 

今回購入したグラフィックカードはこちら。

Rtx3090gxt_1
Rtx3090gxt_2
MSI GeForce RTX™ 3090 GAMING X TRIO 24G

ペリペリを剥がし、開梱していきます。

Rtx3090gxt_3
Rtx3090gxt_4
使い勝手の悪いボードを支えるステーが付いています・・・が、今回も使いません。

Rtx3090gxt_5
本体を取り出してみました。

RTX 3090は大きくて重いイメージがありますが、それ程大きくもなく重くもない気がします。

仕様を確認すると、今回のグラボが1,565gで、今使っているグラボが1,582gでした。

Rtx3090gxt_6
出力ポートは、HDMI2.11ポートDP1.4a3ポート

Rtx3090gxt_7
補助電源は8-pin x 3と、既存のグラボは8-pin x 2 + 6-pin x 1なので75w増えた感じでしょうか。

仕様上の消費電力は370wになっています。(既存グラボの消費電力は300w)

Rtx3090gxt_8
こちらが既存グラボのMSI GeForce RTX™ 2080 Ti GAMING X TRIO

今から2年ちょっと前にこっそり入れ替えて以降、この日まで頑張ってくれました。

Rtx3090gxt_9
並べて比較。

サイズもほぼ同じで、長さはRTX 2080 Ti327mmなのに対し、RTX 3090323mmと少し短くなっています。

Rtx3090gxt_a
簡単に入れ替えして動作検証中。

ドライバは457.09を入れておいたので、最初は差し替えただけ。
あとで気持ち悪いので一旦削除後、再度ドライバを入れました。

グラボに挿す補助電源ですが、PCIe用の12vのケーブルが2本でそれぞれに8-pin(6+2)と6-pinしかありません。

この機種の同じ875w電源ユニット搭載モデルのグラボラインナップを確認すると8-pin+6-pinのグラボをSLIで搭載していたり、電源ユニットの12v容量を確認しても問題なさそうだったので、今回は2本分の6-pinを束ねて8-pinに変換するケーブルを使用して8-pin x 3にしました。

Rtx3090gxt_b
暫く重めのソフトを動作させて、動作に問題がないこと、ケーブルやコネクタが熱を持っていないこと等を確認。

ケーブルの取り回しを変更して小奇麗にしたあと、再度簡単に動作検証。

グラボの支えは、高さを少し変更した長尾製作所 VGAサポートステイをこれまで通り使います。

 

ここからは、今回のグラボ変更によってどうなったかを少しだけ書いておきます。

Rtx3090gxt_g1
レイトレーシング多用で重めのソフト、Control

Rtx3090gxt_g2
RTX 2080 Tiの時にはDLSSのレンダー解像度はFullHD(1920x1080)でなんとか4K 60fpsで遊べるくらいだったのが、RTX 3090にすることによってレンダー解像度をWQHD(2560x1440)にしても4K 60fpsで遊べるようになりました。

Rtx3090gxt_g3
これは大きい!

Rtx3090gxt_g4
また、試しにやってみたSNK 40th Anniversary Collectionサイコソルジャーも60fps維持できました。

ほぼ無負荷・・・そしてネタっぽい・・・

 

FFXVベンチマークは、4Kフルスクリーン高品質RTX 2080 Ti時の6444からRTX 3090にしたことで8428になり、約2000もスコアが上昇。

Rtx3090gxt_gb
どちらもCPU周りのボトルネックはあるものの、グラボ定格でのスコアです。

 

それ以外の感想としては、ファンはこれまで通りMSI Afterburnerで制御しているもののとても静か。

GPU温度も性能向上の割に驚くほど上がりません。

これがTuringからAmpereへの進化というものでしょうか。

 

結論としては、満足です。

これなら末っ子も大喜びすることでしょう!

 

さて、自作PC2020の方ですが、あちらは本格水冷にするので同じRTX 3090のWB付を2枚入れてNVLinkにするか、Zen3に合わせるとパワーアップするらしい赤いところのグラボにするかで迷っています。

争奪戦に敗れたCPUの納期がたぶん遅めなので、赤いところのグラボの実ベンチが出たくらいに組み始められるといいかな・・・

例のブツ確認

長旅の末にやっと自宅に到着した某荷物🎁

初期不良確認もしないといけないので、まずは荷物の梱包状態チェックから。

 

あちゃらのAmazonさんからどのように届いたのかは分からないものの、いつもお世話になっている転送屋さん(Spear-Net, Inc.)では今回も特別梱包のお願いをしました。

今回の荷物だと、明細的にはこうなります。

送料:$48 + 転送手数料:$9 + 特別梱包手数料:$5 合計:$62

Snnmt202011_0
転送屋さんから自宅に届いた荷物を確認すると、結構大きめの箱。

箱を開けると・・・

Snnmt202011_1
大量の梱包材。

これなら国際便で雑に扱われても何の問題も無さそうです。

Snnmt202011_2
上側に載っている梱包材を取っていくと、ビニールでパックされたものが見えてきました。

そちらを取り出してペリペリ、バリバリしていくと・・・

Snnmt202011_3
プチプチに包まれた製品が薄っすら見えました。

 

梱包的には、実製品の箱をプチプチで包み、それをさらに紙の梱包材で包んでズレない様にビニールでパッキングし、それを紙の梱包材を敷き詰めた大きめの箱に入れて周囲にも紙の梱包材を大量に詰め込んで箱を閉める。

その段ボール箱を綴じた部分には別の段ボールを使った栓の様な処理をし、その上から厳重にテープを貼り付けた状態で送ってくれました。

いつもながら完璧な梱包です。

 

取り急ぎ初期不良確認をしてみましたが、問題なく動作することを確認しました。

その辺の模様は後日にでも、こっそり目立たないエントリー間に滑り込ませる感じでアップしておきます。

例のブツ到着

来週中に届くかな?・・・今週中に届くかな?・・・日曜には届くかな?・・・からの日曜無理そう?・・・からの船便かな?・・・からの先日、数日ぶりにステータスが変わり

そしてついに・・・

Tt20201106as
配達完了

 

予約注文したのがたしか9月初旬。

発売日を過ぎても一向に発送される気配もなく、いわゆるkonozamaかな?と思っていたら現地日時10/22にショップから発送。

いつもお世話になっている転送屋さんを経由し、転送屋さんを出たのが10/27。

出国から入国まで結構掛かりましたが、何とか自宅まで届いてくれました。

 

ただこれ・・・届いたときにちょっとしたお金を払わないといけないんですよね。

今回は1万円ちょっと・・・しかも配達完了の時間を見ても分かるように、これを受け取ったのは夕食準備中の親愛なる奥様

この荷物はなんな?1万円ちょっとはなんな?と脅され、思わず正直に税金とか・・・と言ってしまい、税金で1万円以上?はぁ?とか言われていかん!と思ったので送料・・・わざわざ節約のために海外から取り寄せたので、送料込みのこの荷物の値段と言い換えましたが・・・

さてどうでしょう?

 

なにもかも、昼過ぎに配達に出たのに19時まえまで持ってこなかった配達のおばちゃんのせいです。

より以前の記事一覧