PC・Mac・周辺機器他

2021年3月31日 (水)

Resizable BAR Enabled

昨日、NVIDIAから最新のGEFORCE GAME READY ドライバーが配信されました。

Pc202103_rb_1
バージョンは465.89で、RTX 30 SeriesにおいてDesktop版でもResizable BARが有効になるとのこと。

 

まだ一部メーカーでしか提供されていないと思っていたVGA BIOSを確認してみたところ・・・

Pc202103_rb_2
GIGABYTEさんからも提供されていました。

バージョンはF1からF2に。

 

早速ドライバーを適用し、BIOSも自己責任で適用。

一旦再起動。

Pc2021_bsws_a3
マザーボードの方は先走って設定を入れていたので・・・

Pc202103_rb_3
それだけでResizable BAREnabledになりました。

 

SteamUbisoft ConnectXbox Game PassにあるResizable BARが効きそうなソフトを数種類確認してみました。

fpsカウンターを確認しても、とくに体感できません💧

今後に期待かな?

2021年3月24日 (水)

快適

本日は所用があり、在宅勤務もお休みを頂いております。

 

親愛なる奥様はお仕事、末っ子も今日は部活に行っており、天気がいいので布団を干したり洗濯や簡単な掃除をしつつ・・・

自作PC2021で暫く積んでいたゲームを遊ぼうとSteamでダウンロード中。

Steamdl20210324
ダウンロード速度はこんな感じ。

田舎じゃなくて地方の日中ということもあるとはいえ、最大1Gbpsの回線でほぼずっとこの位の速度(約680Mbit/s)が出ているのはある意味凄い。

これだと、60GB程度のゲームも洗濯物を干している間にダウンロードが終わっています。

 

用事が終わったら、のんびりしつつ楽しみます。

2021年3月20日 (土)

DeskMini X300のChipset Driver

ふとASRockのサイトを確認したところ、何の問題もなく快適に動作しているASRock DeskMini X300用のチップセットドライバが出ていたので適用してみました。

AMD chipset ドライバー
バージョン:2.11.26.106
 2021/3/11

 

16.7msほど、何の問題もなく快適に動作しているので適用しなくてもいいかな?と思ったものの・・・

Dmx300_csd_202103_1
ダウンロードしてInstall

Dmx300_csd_202103_2
数十秒でインストールが終わってClose

 

再起動も要求してこないので、念のために再起動。

その後、暫く使っていますが、とくに何の問題もなく快適に動作しています。

インストール前には無かったAMD Chipset Softwareが、プログラムと機能AMD Softwareの上に追加されていました。

何が変わったのかも分かりませんし、調べてもいません。

試しにやってみたファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズ ベンチマークも、1920x1080 高品質(デスクトップPC) フルスクリーンモードでの結果が3862快適と 、あの頃とはグラフィックドライバーが変わっていてもこの時のスコアと2しか変わりませんでした。

 

以上です。

2021年3月14日 (日)

Apple TV 4K

こんな訳があって致し方なくこちらを購入することになりました。

 

注文した翌日、荷物が到着🎁

Atv4k_202103_a1
Atv4k_202103_a2
Atv4k_202103_a3
Apple TV 4K

メーカーサイトはこちら(https://www.apple.com/jp/apple-tv-4k/)

Apple TV 4Kは、あなたの家に最高のエンターテインメント体験を届けます。映画や番組を、目の覚めるような4K HDRと、ドルビーアトモスのサウンドで楽しむ1。Hulu、FOD(フジテレビオンデマンド)、DAZN、Amazonプライム・ビデオなどのアプリから魅力的なコンテンツにアクセスする2。Apple TV+でApple Originalの作品をストリーミングする。コントロールはすべてSiriでどうぞ。声をかけるだけなので簡単です。しかも観る方法や遊ぶ方法、操作できるものがさらに増えました。

 

今回購入したのは、Apple TV 4K(64GB)

容量は32GB64GBの2モデルあり、価格差が2,000円程度だったので64GBを選択。

AppleCareも安かったので、AppleCare Protection Plan for Apple TVを追加。

Atv4k_202103_a4
開梱するとこんな感じ。

Atv4k_202103_a5
電源ケーブルとApple TV Remote充電用のUSB-Lightningケーブルは添付しており、HDMIケーブルや充電用のACアダプターは添付していません。

Atv4k_202103_a6
底面はこんな感じ。

ふとアレのここを思い出しました。

Atv4k_202103_a7
背面の端子類はとてもシンプル。

Atv4k_202103_a8
Apple TV Remoteの上部にはSiri用のマイク、その下の広い部分はTouch サーフェスになっており、指をスライドさせたりクリックするのに使えます。

Atv4k_202103_a9
下部には充電用のLightningポートと、とてもシンプル。

 

本体に電源ケーブルとHDMIケーブルを接続し、適当な場所に設置しました。

Atv4k_202103_b1
電源ケーブルをコンセントに挿すと、前面のランプが点灯。

Atv4k_202103_b2
接続した4KテレビのHDMI入力を確認すると、こんにちはが表示されていました。

Atv4k_202103_b3
指示通りRemoteで操作していくと、iPhoneで設定できるようになりました。

Atv4k_202103_b4
iPhoneにはこんな表示が出ており、設定をタップすると簡単にiPhone上で入力や設定が行えました。

周辺機器の情報もiPhoneと共有している様で、Wi-Fi関連も簡単に接続。

Atv4k_202103_b5
システムよりApple TVのアップデートを行うと、少し時間が掛かったものの14.4(18K802)になりました。

 

初期設定が大体出来たところで、Apple Arcadeの確認。

Atv4k_202103_c1
Atv4k_202103_c2
お目当てのFANTASIANが楽しみです。

 

ここで、Xbox One ワイヤレスコントローラを接続してみました。

Atv4k_202103_c3
Atv4k_202103_c4
本体のBluetooth設定を確認するとペアリングの方法が書かれていたので、その通りにすると簡単に接続完了。

ここからは、iPhoneでもApple TV Remoteでもなく、Xbox One ワイヤレスコントローラを使って直感的に操作出来るようになりました。

これは便利🎮

 

iPhoneでも遊んでみたこちらのゲームをダウンロード。

Atv4k_202103_d1
iPhoneでは縦長になっていたものが、ちゃんとTVで遊び易い表示になりました📺

Atv4k_202103_d2
ゲームパッドでの操作もやり易く、これだともう普通のゲーム機と何も変わらないですね🎮

スマホゲームとも思えません。

Atv4k_202103_d3
この辺も遊んでみました。

Atv4k_202103_d4
こちらの不思議なゲームも中々面白い。

Atv4k_202103_d5
ゲームパッドのバッテリーが少なくなるとちゃんと注意が表示され、バッテリーが切れるとこんな表示になってゲームが止まります。

良く出来ています。

 

映像や音楽系も確認してみました。

Atv4k_202103_e1
4Kなので、メニューの表示やフォントも精細で見易い。

Amazon Prime Videoなんかもappをダウンロードすると簡単に視聴することができ、テレビにある機能で見るより楽な場合はこちらを使うのも良さそうです。

Atv4k_202103_e2
ミュージックも簡単に再生することができました🎵

 

思っていたより高性能。

ただその分、本体が結構熱を持っていました。

Atv4k_202103_f1
下部の放熱性も考慮し、メタルラック上に設置。

ネットワークもWi-Fiから有線に変更しました。

Atv4k_202103_f2
近くのACアダプターと、サイズ的にも形状的にもそう変わりません。

これなら親愛なる奥様の目に入っても、簡単に指摘されることもなさそうです。

 

試しに、4KテレビではなくWQHDモニターに接続してみると📺

Atv4k_202103_g1
60Hzまでではありますが、WQHD他の解像度も選択できる様です。

ただ、モニターの関係かもしれませんが、WQHDのままでHDR設定等を行っていると結局4K HDR出力になってしまうため、(4K HDRも受けられる)WQHDモニターにも4K HDRで入れるようにしました。

Atv4k_202103_g2
どちらに映すかは気分次第ですが、これでFANTASIANの受け入れ準備が整いました。

いきなりApple TV新製品が発表されそうな噂もありますが、FANTASIANのリリースが楽しみです🎵

2021年3月 8日 (月)

Wake On LANの設定

ちょっと前の事なんですが、ネタが無いのでエントリーしておきます。

 

まだプチ無菌室生活がほとんどということもあり、普段から省電力のPCはほぼ常時電源を入れた状態で使っています。

それ以外のPCは使うときにだけ電源を入れる様にし、使わない時はスリープ等にもせずシャットダウンしています。

 

そして電源を入れる時には、基本、Wake On LAN(WoL)機能を使います。

これは、ネットワークを通じて起動しなさいという信号を送ることでPCを起動させる機能ですが、普段から使っているPCから起動させたり、そのPCも落ちている時にはスマホから起動させることもできます。

 

これまで使っていたPCでは、BIOS(UEFI)での設定とWindows上の決まった設定をするだけで簡単にできていたんですが、最近使い始めた自作PC2021ではなかなか上手くいきませんでした。

その原因が、シャットダウンするとLANのポートがリンクしなくなること。

これだといくら他から起動しなさいという信号を送っても起きてくれないはずです。

 

何度もBIOS(UEFI)の設定を見直したものの間違いはなく、そういえば過去のPCでもWindowsのドライバを入れ替えた時にWoLが使えなくなったこともあったことを思い出しました。

そう、シャットダウンしている状態だとWindowsの設定は全く関係ないと思いがちですが、実はそうではないのです。

Pc2021_wol_1s
自作PC2021には有線LANポートが2つあり、2つともHubに繋いでやってみても、どちらもシャットダウンするとリンクが切れてしまいます。

いろいろ調べてみると、WoLに使えるのはたぶんIntelの方のみっぽい。

Pc2021_wol_2
そこで、Intelの方の設定を重点的に確認してみたものの、電源の管理に問題は無く、Windowsの高速スタートアップも切っている。

他のPCでも当たり前のようにやっている、詳細設定Wake on Magic PacketWake on Pattern Matchも有効。

とくにおかしい部分もない。

 

ドライバを最新にしてみても何も変わらない中、結果としてはこの部分が原因でした。

Pc2021_wol_3s
詳細設定PMEをオンにする有効に設定。

この設定でWindowsをシャットダウンすると、一旦Hubのリンクランプは消えますが、その後点灯して待機状態になりました。

こうなれば、あとは起動しなさいという信号を受けられるので、普通にWoLを使うことができるようになりました。

 

こちらの環境では、1Gbit LANのIntel® I211ATだけでも問題はないんですが、せっかく付いている10Gbit LANのAQUANTIA® AQC107も使いたい場合、両方ともHubに接続しておいてWoLにはIntelを使用し、インターフェイスメトリック値を設定してAquantiaの優先順位を上げるのでも良さそうです。

 

そう、ただそれだけなんです。

直ぐに気付いたことではあるんですが、ネタが無いのでエントリーしてみました。

2021年3月 7日 (日)

エヴァンゲリオン初号機 リフトオフ!

先日組み上がった自作PC2021は、その後も安定して使えています。

とても快適。

 

そこで、これが届いたときにはまだPCが組めていなかったので、内容確認だけして片付けていたこちらを引っぱり出す時がやってきました。

Eva20210307pc_1
DYNACTION
Multipurpose Humanoid Decisive Weapon
EVANGELION TEST TYPE-01

汎用ヒト型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン初号機

Eva20210307pc_2
ただ引っ張り出してお気に入りのポーズにしてみた。(到着時のエントリーはこちら)

その辺に転がっていた初号機と一緒に並べると、やっぱり全高約400mmのDYNACTIONシリーズは大きい。

Eva20210307pc_3
予定通り、PCケースの上に置いてみた。

Eva20210307pc_4
ちょっと引いてみた。

かっちょいい!

 

目的を達成できたついでに・・・

Eva20210307pc_5
久しぶりにポンプを最高回転にしてみると、まだどこかに残っていた泡が出てきたので暫くエアー抜き。

その後、リザーバータンクを含めた水路内に膨張し易いエアーはできるだけ少ない方が良いと思い、水温をある程度上げてポンプを停止した状態で、若干余裕がある水位までクーラントを補充しました。

この状態でも動作せると、ポンプの圧によってソフトチューブが膨張するのか、若干リザーバータンク内の水位が下がります。

丁度良い感じ。しらんけど

あとは、時々クーラントの量を確認して減っていれば補充したり、思い立ったときにクーラントを入れ替える位かな?

パーツの組み換え等が無ければ、それほど手間も掛からなさそうです。

 

PCを定位置に押し込んだ状態でも、チラッと覗くと・・・

Eva20210307pc_6
こっちを見ていて目が合うのも良い感じ🎵

 

明日(3/8)は、シン・エヴァンゲリオン劇場版の公開日ですね。

2021年3月 6日 (土)

ジムとキーボードとマウス

今日は、のんびりとYoutube動画を見ています。

釣りに行きたい・・・けど、もう少し様子見で。

 

こちらの動画はテレビ単体で見ているんですが、何となく普段はテレビ下に滑り込ませているキーボードとマウスを引っ張り出してみました。

この時のエントリーでは、ゲーム用PCが新しくなってもキーボードはこれで十分ですし、この先ゲーミングマウスなんかはきっと買うこともないでしょう。 みたいに書いたのが、人の心は変わりやすい・・・

Pc202103kbm
今では、所謂ゲーミングキーボードゲーミングマウスを使っています。

使い勝手が良いですね。

 

以前ここにあったトラックポイント付きキーボードBluetoothタイプなので、普段使いには問題ないもののごくまれにそこそこあるBIOS設定時には使えません。

設定時にはその都度別のトラックパッド付きキーボードを引っ張り出していたものの、それも面倒。

それなら常時トラックパッド付きキーボードでも良い気もしますが、普段使いにはトラックポイント付きキーボードが良かったので・・・

 

そんな頃もあったものの、今のキーボードやマウスはLIGHTSPEEDワイヤレスなのでBIOS(UEFI)でも利用でき、移行も大体終わったのでこれまでテレビ下にあったキーボードを片付けてこちらに置き換えました。

以前ここにあったトラックポイント付きキーボードは片付け、トラックパッド付きキーボードは以前からあったPC専用にして別の場所に設置。

そちらも普段はリモートデスクトップで事足りるようになったので、早めに移行を済ませて末っ子の部屋に持っていこうと思っています。

Pc202103kbms
普段はキーボードもマウスもテレビ下に滑り込ませてこんな感じ。

キーボードの幅が広くなったので、SEGAのテレビスルスルシートの位置も変更。

リモートワーク用のノートPCには、普段使いのキーボードとマウスを切替器経由で接続しているので、リモートワークをする際にも邪魔にならず快適に使えています。

 

釣りに行きたい・・・けど、もう少し様子見で。

2021年3月 4日 (木)

水冷ポンプの件(代理店から荷物到着)

先日書いた水冷ポンプの障害について、購入店に続いて、正規代理店の株式会社リンクスインターナショナルさんにも問い合わせを行いました。

どちらからも直ぐに連絡があり、指示の通り荷物を代理店さんに送付。(エントリーはこちら)

荷物到着時にも、直ちに連絡してくれました。(エントリーはこちら)

 

その数日後、代理店さんから荷物が到着。

Pc2021_pps_l1
配送は佐川急便さんでした。

Pc2021_pps_l2
荷物の中には伝票があり、その一部分はこんな感じ。

Pc2021_pps_l3
届いた交換品は、新品未開封のCORSAIR XD5 RGB Gen2(CX-9040006-WW)でした。

 

コロナ禍等で大変な中、連絡も迅速、対応も迅速、対応内容も文句なし。

購入したショップさんはもちろん、代理店の株式会社リンクスインターナショナルさんも素晴らしい。

 

先日組み上がった自作PC2021は、その後も問題無く動作しているのでこちらはこのまま予備在庫となりますが、また何か買うときには今回のことも十分考慮したいと思います。

担当者様、ありがとうございました。

2021年2月22日 (月)

Kindle Unlimited入ってみた

少し前のことですが、ある本が読みたくてKindle Unlimitedに入ってみました。

 

とりあえず、お試しでたしか3か月間99円のもの。

その後は月額980円の自動継続になるので、内容や読みやすさの確認も兼ねて数冊読んでみました。

Kindleul2021a_1
こちらの6冊はライブラリに登録してみたもの。

Kindleは以前から使っていたので、ライブラリにはそれなりに本が並んでいました。

Kindle Unlimitedのライブラリ登録も簡単で、PCだとブラウザ上で直ぐに読めたり、Kindle for PCでダウンロードしておいてじっくり読んだりできるのも便利。

Kindleul2021a_3
スマホでも簡単に読め、今回は画面サイズの大きなiPhone 12 Pro Maxにしたので、横向き見開き表示じゃなければ普通に読むことができます。

 

お目当ての本を読んでみました。

Kindleul2021a_2
素晴らしい!

 

毎月どのくらい読みたい本があるか、そしてちゃんと読むか。

その辺を考慮しながら、延長するか決めたいと思います。

2021年2月21日 (日)

自作PC2021(組めたぞ!)

先日から組み始めた、自作PC2021の続きです。

組み始めてからの内容のリンクは、長くなってきたのでエントリー下部に移しました。

 

今回は、組むぞ!から始まったこのシリーズは、組めたぞ!で終わります
ネタ不足回避のため、ちょこちょこエントリーしていたシリーズも今回で終わりです。

 

まずは、ほんのちょっと気になっていたCPU用補助電源の接続から。

マザーボードにCPU用補助電源を接続した際たぶん大したこともしないし、ケーブルが硬くて2本だと嵩張るし・・・と思って、8ピンの方だけ挿して隣の4ピンは挿さずに使っていました。

この辺のことをやっても何の問題も無かったものの、ケースを開ける頻度も減っていく中、気になったままなのもどうかと思い、今回追加で4ピンも挿すことにしました。

Pc2021_grats_a1
電源ユニット(CORSAIR AX1600i)にはEPS/ATX12V 8(4+4)ピン電源モジュラーケーブルが2本付いており、1本は使用中。

Pc2021_grats_a2
端子はEPS/ATX12V兼用(8ピン)なので、ピョコっと出ている部分をクイっとして開くと、ATX12V(4ピン)2本に分離できます。

Pc2021_grats_a3
簡単に2本のケーブルを挿すと、嵩張ってこうなったので・・・

Pc2021_grats_a4
チューブがあってあまり動かせられないラジエーターをずらしつつ、できるだけファンに干渉しない様にケーブルを取り回しました。

Pc2021_grats_a5
それに合わせて、裏配線も更に完璧な状態にしました。

相変わらず全く纏まってない感がありますが、ただ綺麗に纏まって見えるようにタイラップで締めあげてぴっちりすればいいというものではないのです。

ケーブルや端子に負荷を掛けず、しなやかに・・・それでいて通るべきところはしっかり通り、纏まるべきところは纏まっている。

信号ケーブルと電源ケーブルは若干の距離を保ちつつ、どのケーブルも無理のない様に配置。

誰がどうみても完璧です!

Pc2021_grats_b1
各部のエアーが集まったり、暫くリザーバー上部の圧力弁付きストッププラグを緩めにしていたので、減っていたクーラントも若干補充。

Pc2021_grats_c1
動作確認し、いつも手元にあるPEにシュッ!を使って追いフッ素しました。

Pc2021_grats_c2
内部もピカピカになり、ちょっと白っぽくなっていたケースのヘアラインも再びテカテカに✨

Pc2021_grats_c3
InWinロゴもキラキラ✨

あとは、電源ユニットに付属していた3色のカスタマイズ可能な磁気サイドラベルを貼ってみました。

Pc2021_grats_p1
クーラントのカラーに合わせたブルーもいいけど、やっぱり赤と黒の組み合わせは男のロマン

Pc2021_grats_p2
アドバンカラーカッチョイイ!

Pc2021_grats_p3
アンダーパネルを装着しても、チラッと見えてカッチョイイ!

Pc2021_grats_c4
他のケースに比べると、マザーボードのバックパネルへのアクセスがちょっと大変ではありますが、環境が落ち着くと普段はそんなに端子類を触らないので問題なし。

Pc2021_grats_c5
背面側なのに端子類がそのまま見えないシンプルさに、どことなくモビルアーマー感もあってカッチョイイ!

ちなみに、フロント側はこんな感じ。(画像は前回のもの)

Pc2021_cscs_a2a
超絶カッチョイイ!

ハード面も落ち着き、OS含めたソフト面もほぼ落ち着きました。

Pc2021_grats_d1
何かするたびに、システムのイメージバックアップや時々C,D,EドライブのフルバックアップをFドライブに取っていますが、システムドライブのみのイメージバックアップだと3分程度で終わるのでとても快適。

ほぼ全てのことが快適、そして今のところとくにこれといった問題も無く、例のUSB絡みの問題も今のところ一度も発生していないか気付いていません。

 

いろいろと環境移行中で、今後はメインのゲーム用PCとしてこちらを使う様になっていきます。

何かしらのアップグレードやメンテをすることもありますが、とりあえずこの自作PC2021シリーズはこれで終わります。

 

満足できるPCが組めたぞ!ということで・・・

おしまい。

 

=== 組み始めてからのエントリーはこちら ===

■自作PC2021(組むぞ!)
https://mru.txt-nifty.com/blog/2021/01/post-4aa59e.html
■自作PC2021(マザーボード周り)
https://mru.txt-nifty.com/blog/2021/01/post-22871c.html
■自作PC2021(マザーボード周りを組む)
https://mru.txt-nifty.com/blog/2021/01/post-1e4e88.html

■自作PC2021(ケースに入れてみた)
https://mru.txt-nifty.com/blog/2021/01/post-12e770.html
■自作PC2021(冷却周り)
https://mru.txt-nifty.com/blog/2021/01/post-9cdb78.html

■自作PC2021(背面ファン装着)
https://mru.txt-nifty.com/blog/2021/01/post-55b8c3.html

■自作PC2021(ラジエーター周りを組む)
https://mru.txt-nifty.com/blog/2021/01/post-4946a7.html

■自作PC2021(水冷ポンプとか)
https://mru.txt-nifty.com/blog/2021/01/post-0cc529.html

■自作PC2021(フィッティング周り)
https://mru.txt-nifty.com/blog/2021/02/post-1ac9ae.html

■自作PC2021(ソフトチューブを引く)
https://mru.txt-nifty.com/blog/2021/02/post-d421b7.html

■自作PC2021(グラボ装着前)
https://mru.txt-nifty.com/blog/2021/02/post-04565a.html

■自作PC2021(リークテストとか)
https://mru.txt-nifty.com/blog/2021/02/post-747949.html
■自作PC2021(精製水とクーラント)
https://mru.txt-nifty.com/blog/2021/02/post-fc231a.html
■自作PC2021(起動してみた)
https://mru.txt-nifty.com/blog/2021/02/post-b1449c.html
■自作PC2021(BIOSとかWindowsとか)
https://mru.txt-nifty.com/blog/2021/02/post-086e7d.html
■自作PC2021(やっぱり漏れていた)
https://mru.txt-nifty.com/blog/2021/02/post-5a8817.html
■自作PC2021(新しいポンプ装着)
https://mru.txt-nifty.com/blog/2021/02/post-99cb19.html
■自作PC2021(漏れてない・・・けど)
https://mru.txt-nifty.com/blog/2021/02/post-5f4528.html
■自作PC2021(ファン交換とか)
https://mru.txt-nifty.com/blog/2021/02/post-b4adfa.html
■自作PC2021(纏めてみた)
https://mru.txt-nifty.com/blog/2021/02/post-296156.html
■自作PC2021(OCとかCOとか)
https://mru.txt-nifty.com/blog/2021/02/post-2deaaa.html
■自作PC2021(組めたぞ!)
https://mru.txt-nifty.com/blog/2021/02/post-3fe64d.html

より以前の記事一覧